• 09 Jun
    • 10.自らの星を生きる、と言うこと【双子座神話・オマケ】

      占星術には四季の移り変わりを基準にした、活動宮・不動宮・柔軟宮と言う分類があります。 活動宮(季節の初め) ⇒ 起動力、活発性、働きかける力 不動宮(季節の間) ⇒ 持久力、定着力、留まる力 柔軟宮(季節の終わり)⇒ 柔軟性、変化に対応する力 牡羊座から双子座の、「個人の成長」は春。 春分点よりスタートする牡羊座は活動宮で、命の芽吹きを示します。 不動宮の牡牛座は、内省を繰り返して個を温め、 柔軟宮の双子座で、身近な対人関係から、アイデンティティを確立しました。 三つの宮は、エネルギーの質を示します。 ですから、「矢印」を使って記号化すると端的です。 活動宮の矢印は、AからBへ向かう起動力を示し、 不動宮の矢印は、感情・体感覚・思考・思想への、のめりこみを示します。 柔軟宮の矢印は、●点を、人・物・事象、あらゆる外界に例え、そこに突き当たる度に方向転換する流れを現しています。 この三種の矢印を、それぞれのサインに合わせて比較すると、エネルギーといった抽象概念が一目で理解できます。 例を挙げましょう。 牡牛座、獅子座、蠍座、水瓶座は全ての季節の間に当たり、不動宮に位置します。 それぞれの得意分野で、とことんのめりこむ質を持っているのです。 これらを記号化すると、 となります。補足するなら、 牡牛座:内に向かって煮詰める力 獅子座:精神的に飛翔し続ける力 蠍 座:対象に向かって掘り下げる力 水瓶座:時空を超えた思想を社会に定着させていく力 しかし、こうした補足は本質のひだを切り捨てることとなりますから、むしろ記号だけを見て理解を深めるほうが良いのです。 ここで宮の記号を提示した意図は、二つ在ります。 牡羊座から双子座と、三種の宮が出揃ったこと。 もう一つは、「エネルギーの質の記号化」そのものが持つ、意味です。 これは太陽・牡羊座のわたしが、対向の天秤座を活かした好例でもあるのです。 わたしの太陽は牡羊座の初期に在り、ここは牡羊座の中でも最もシャープな直感が働く場所です。 この神話の読み解きは、一瞬の閃きを元に見立てをし、後から資料を集め裏づけをしています。 しかしこれを実際に行おうとすると、ビハインドの魚座の「ワンネス」感は不可欠です。 「わたしは宇宙と一体である、だから全てを知っている」 という、魚座的な自己肯定感を土台とせず、現実的な根拠を持たない仮説を掘り下げるのは難しいでしょう。 そしてネクストの、牡牛座の持つ内省力に向かうことで、直感で得た1ピースの周囲を、じっくりと見極めていきます。 しかし、 1)ビハインド 自己肯定 (ルーツ、基盤を肯定する) 2)ネクスト 自己信頼 (未来、その成長を信頼する) までの範囲にとどめたならば、一つ問題が残ります。 境界線を持たない魚座、終わりの無い内省力の牡牛座。 閃きに特化した牡羊座。 この三者のままでは、神話はどこまでも抽象化し、取り留めの無いものになって行くかも知れません。 わたしが意図して取り込んでいるのは、対向の天秤座です。 天秤座は、他者の視点を常に意識し、情報を洗練させる力を持ちます。 その究極の形が、シンボルマークやロゴマークのデザインです。 ロゴは企業理念や志といった複合的な意味を、視覚という枠組みの中で、もっとも洗練された形に昇華したものです。 この力を意識し、星座神話という膨大なデータを、シンボル化していくのです。 宮の記号化は占星術の範囲ですが、非常に分かりやすいため、例に挙げました。 ここで言いたいのは、あらゆるサインの成熟の形は、人の数だけあるということです。 1)ビハインド 自己肯定 (ルーツ、基盤を肯定する) 2)ネクスト 自己信頼 (未来、その成長を信頼する) 3)対向 自己発展 (発展性、質の飛躍にチャレンジする) この流れに従って、あなた自身が自らのサインを、日々成長へと誘うこと。 どうしたら自分らしく、前後のサイン、対向のサインを活かして生きることができるだろうと、想像し続けること。 ここに意識を向けて欲しいのです。 占星術の実用性を語る書籍や記事は、沢山あります。 けれど占星術の本来の価値は、その奥行きです。 あなたに与えられた10の天体。その天体が位置するサイン。 その力を活かしきる、あなただけの星の生き方を、どうか見つけて欲しいのです。 それこそが、誰でもないあなた自身が自らの星、個性を生きる、美しき道なのです。 ≪イベント案内≫ ◆天体クリスタルヒーリング モニター募集 【@東京6月】【@名古屋・加子母7月】 占星術とクリスタルヒーリングを掛け合わせた、全く新しいメソッドです。 ◆牧三喜(makimiki)のFacebookアカウント https://www.facebook.com/makimiki373 *まずはフォローからお願いします('-^*)/ ◆牧三喜公式サイト makimiki.net

      5
      テーマ:
  • 08 Jun
    • 9.双子座の対向、射手座を取り込む【双子座神話】

      先の記事に、 <サインの成熟の過程> 1)ビハインド 自己肯定 (ルーツ、基盤を肯定する) 2)ネクスト 自己信頼 (未来、その成長を信頼する) 3)対向 自己発展 (発展性、質の飛躍にチャレンジする) と述べました。 双子座が射手座の力を使うとき、既にビハインドの牡牛座、ネクストの蟹座を充分意識化できていることが大切です。 この両者は双子座を支える基盤ですから、それが整って初めてサインの飛躍は叶うのです。 具体例を挙げましょう。 双子座の対向、射手座を取り込むこと。それは「俯瞰の力」を意識化することです。 スティーブン・R・コビーは著書「7つの習慣」で、「終わりを思い描くことから始めよう」と語っています。 自分の葬儀の場面、そこで弔辞を述べる家族や同僚、友人が、どんな風に自分について語るのか、その理想を想い描くというものです。 これを本書に従い進めてみると、思わぬ体感覚や感情の動きを一緒に味わうことができ、牡牛座・蟹座的なワークが基盤となって働きます。 ここで生まれた理想は、アタマが先行して出てきたものと、一味違います。 半年後、一年後を考えて知恵を出すのが得意な双子座にとって、何十年後の理想の自分像は、豊かな指針となるはずです。 また、 ビハインド 自己肯定 (ルーツ、基盤を肯定する) ネクスト 自己信頼 (未来、その成長を信頼する) 対向 自己発展 (発展性、質の飛躍にチャレンジする) の三者を吸収し、そのサインを生きることは、火(精神性)・土(五感)・風(知性)・水(感情)の4元素、全てが整うということでもあります。 双子座の多才さ、英雄的な華、スピード感を安定して、発揮するために。 ぜひ、試してみてくださいね。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・ 【編集後記】 ページの都合上割愛しましたが、 双子座は「極論の知性」でもあります。 善と悪 敵と味方 二元論に思考が偏り易いのです。 これは良さもあって、 その分言葉がシンプルになります。 幼児向けのアニメは、 悪者と正義の味方が はっきり二分されていて、 その中間的なポジションは 描かれませんよね。 これは端的に言って、 「分かりやすい」から。 双子座の二元論的な思考は 「子どもでも分かる」 シンプル思考と同義です。 射手座の俯瞰力と比較 しながら、本文でも 取り上げたかった内容ですが、 ページの都合上割愛しました。 いつか書籍化したときに、 描けますように♪ さて明日は最後! そしてオマケの回でもあります。 牡羊座から双子座と出揃った こともあり、 活動宮、不動宮、柔軟宮について 触れたいと思います。 え? 何それ?って? それを明日、ご紹介しまーす。 今回はボリューム満点。 楽しくこ~い時間でした。 次回の更新は日時未定。 太陽が蟹座に位置する 7月20日頃までにはアップ したいなあ。 蟹座はまさしくグレードマザーの 質。今回もまた濃~いことに なりそうです☆ ≪イベント案内≫ ◆天体クリスタルヒーリング モニター募集 【@東京6月】【@名古屋・加子母7月】 占星術とクリスタルヒーリングを掛け合わせた、全く新しいメソッドです。 ◆牧三喜(makimiki)のFacebookアカウント https://www.facebook.com/makimiki373 *まずはフォローからお願いします('-^*)/ ◆牧三喜公式サイト makimiki.net

      3
      テーマ:
  • 07 Jun
    • 8.射手座の象徴、「弓矢」を「槍」に持ち変えて【双子座神話】

      さて、いよいよ今回は対向の星座(サイン)に目を向けていきます。 サインは一つ前(ビハインド)、その次(ネクスト)を意識することで、12サインの統合へと向かうと述べてきました。 双子座であればビハインドの牡牛座、ネクストの蟹座を意識するということです。 これはイコール、サインの成熟を意味しますが、その段階は、 <サインの成熟の過程> 1)ビハインド 自己肯定 (ルーツ、基盤を肯定する) 2)ネクスト 自己信頼 (未来、その成長を信頼する) 3)対向 自己発展 (発展性、質の飛躍にチャレンジする) と考えると良いでしょう。 双子座の神話はこの第3段階である、対向サインとの向き合いも分かりやすく描かれています。 >あるとき二人は 叔父レウキッポスの二人の 娘をさらい、妻にしてしまいます。 それに怒った娘たちの兄弟、 イーダス、リュンケウスは スパルタへと戦をしかけました。 その戦いの途中、カストールは イーダスの放った矢に当たり 命を落とします。 神話は要約して載せましたが、ここに至るまでに、カストールとポルックスは多くの冒険譚を残しました。 そこには少年たちの青春が、生き生きと活写されています。 しかし、ここへ来て二人は妻を娶ります。これは双子座の、 「等身大の影との対話から、アイデンティティを獲得する」 段階が、次へと以降したことを意味します。 それでも双子座の持つ「個の成長」の範囲は守られていて、それは血縁者間の結婚という形で描かれました。 同時にこれは、「個の成長」を越えようとする、ゆさぶりでもありますから、国同士の争いへと発展し、ついには死を迎えることとなるのです。 双子座はこの段階に来て初めて、対向の射手座的視点に目覚めます。 それはカストールが、敵方イーダスの放った矢を受け、倒れることに現れています。 射手座の力は、一言で言うと「俯瞰の視点」です。 その象徴として、射手座のシンボル・ケンタウロスは、遠隔攻撃が可能な弓矢を所持しています。 射手座の矢は、無論、ポルックスの鉄の手首と呼応します。 鉄の手首が、手の届く範囲の軍略を示すなら、矢はそれが、広範囲にまで及ぶことを現します。 身近なところで気づきを繰り返し、個を確立した双子座は、ここで初めて「矢」という「遠くの知性」から反撃を受けました。 魂の半身を失ったポルックスは、窮地に立たされます。このとき、双子座は大きな飛躍を遂げたのです。 >ポルックスは不死身であった ため、無数の矢傷にも 関わらず死なず、 投げ槍によってリュンケウスを 殺します。 闘拳を得意としたポルックスが、その手に槍を持ち、遠方のリュンケウスを倒します。 槍は「鉄の手首」と「弓矢」の中間的な武器とも考えられるでしょう。 双子座は死闘の末、射手座の持つ「俯瞰の視点」を少なからず、自分のものにできたのです。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・ 【編集後記】 「明日使える占星術」的な 記事を、ここでは書きたく無い ーーー!! そんな声に正直に、できるだけ 本質に留まって書いていますが いかがでしょ。 この声にはさらに深い叫びが 隠れていて、それは双子座の最後の 章、№10で触れたいと思います。 占星術家としての、熱い想いが あるんだなあ。 それではまた明日!! ≪イベント案内≫ ◆天体クリスタルヒーリング モニター募集 【@東京6月】【@名古屋・加子母7月】 占星術とクリスタルヒーリングを掛け合わせた、全く新しいメソッドです。 ◆牧三喜(makimiki)のFacebookアカウント https://www.facebook.com/makimiki373 *まずはフォローからお願いします('-^*)/ ◆牧三喜公式サイト makimiki.net

      4
      テーマ:
  • 06 Jun
    • 7.「神話」という、美しき数式【双子座神話】

      蟹座は自身の内なる領域を守り、育むサインです。 その大切なものが、外敵から傷つけられたとき、思いもよらぬ威力で攻撃性を発揮します。 クリュタイムネストラの復讐は、娘を殺された母親の怒りです。 これこそが、内を守る母性の力、蟹座の質です。 蟹座は双子座を通過したサインです。 ですからその双子座の弱点が、どこにあるかも知り抜いています。 それは双子座の神経系、情報網(手・腕・首・頭)を、身動き取れぬよう封じてしまうことなのです。 >入浴中の夫の衣を、 首と袖を閉じ縫い付けたものと 差し替えてしまいます。 ここで短絡的に、「蟹座に天体の在る人は、恐ろしい一面がる」と解釈するのは早計です。 初回から、占星術の12星座は、人間の意識の成長を現していると述べてきました。 蟹座の質は全ての人に豊かなポテンシャルとして存在し、そこに天体の在る人ほど、自覚し易いというだけなのです。 アルテミスは、娘の生贄と言うむごい罰を与えました。 しかしこの女神の真の意図は、トロイア戦争が象徴する「言語的混乱」の犠牲者である、人の「根源的な欲求(ヘレネの意志)」を救うことだったと言えるでしょう。 >怒ったアルテミスが 風の神アイオロスの力を借りて、 風を止めてしまったのです。 とありますが、これは双子座のエレメント「風」を一旦止めることであり、「知的反応の一時休止」を意味します。 そして、娘の生贄を提示することで、かつて殺した感情(鹿)の存在を、もう一度思い出すよう示唆したのです。 一説には、アガメムノンの率いる艦隊は総勢10万人、1168隻にも上るとされていますから、娘の命(感情)を優先させていれば、トロイア戦争は起きなかったかもしれません。 牡牛座の章で触れた、感じきるワークは、実際には体感覚だけではなく感情も含めています。 この牡牛座と蟹座の呼応については、ページの都合上割愛しますが、情報過多な現代において、大変価値あるワークと言えるのです。 それは、 意味、利点、メリット、効果 というものが曖昧で、双子座的視点から見ると、取るに足らないものと映るでしょう。 そんな時は、ぜひともヘレネとクリュタイムネストラの物語を思い出して欲しいものです。 ここには「双子座」を生き生きと魅力的に支えるための、女性性を活かす鍵が、鮮やかに描かれているのです。 12星座(サイン)にはそれぞれ守護天体が存在します。 月から冥王星までの天体が、サインに一つずつ対応するのです。 牡牛座の守護天体は金星、蟹座はそれが月に当たります。 ヘレネの物語の背後に、アフロディーテ(金星)、クリュタイムネストラの物語に、アルテミス(月)が深く介在するのは、偶然では無いのです。 このような「必然性」を読み解くとき、人類の意識の成長を描いた12星座の物語に、まるで数式のような美しさを感じるのは、きっとわたしだけでは無いでしょう。 明日は、双子座をもっと魅力的に生きるために。 カストールとポルックスの物語に戻って、対向のサイン射手座の象徴性を拾ってゆきましょう。 参考文献:「星空の神々全天88星座の神話・伝承」(著:長島晶裕)/ウキペディア「トロイア戦争」 ・・・・・・・・・・・・・・・・・ 【編集後記】 クリュタイムネストラの夫の 殺害方法は、確かに怖いですよね。 わたしも火星と土星に 蟹があるので、 このエネルギーを結構リアルに 感じることができます(笑。 でもね。 蟹座はそもそも育むサイン。 強くて激しい母ちゃん的気質を 次の章で存分にお伝えしますね。 そこでも実は、 クリュタイムネストラ 以上におっかない面が描かれて ますが、 天体が蟹座に無い人にも、 人間であれば必ず持っている一面。 そして同量の魅力も秘めて いるので、安心して下さいな。 質を欠点に変えるか、魅力に 変えるか。 それはその人次第。 だからこそ、神話を読み解き わたし達人間の、 意識の奥深さを読むのです☆ つって、ただモーレツ 楽しいだけなんだけどね(笑。 ≪イベント案内≫ ◆天体クリスタルヒーリング モニター募集 【@東京6月】【@名古屋・加子母7月】 占星術とクリスタルヒーリングを掛け合わせた、全く新しいメソッドです。 ◆牧三喜(makimiki)のFacebookアカウント https://www.facebook.com/makimiki373 *まずはフォローからお願いします('-^*)/ ◆牧三喜公式サイト makimiki.net

      1
      テーマ:
  • 05 Jun
    • 6.双子座は「感情の二重殺し」を避けて【双子座神話】

      さて、お次は姉クリュタイムネストラの物語を紐解いていきましょう。 ********* 「クリュタイムネストラの物語」 クリュタイムネストラは、 ヘレネの夫メネラーオスの 兄にあたる、 ミューケナイの王アガメムノンに 嫁いでいました。 トロイア戦争の折、 アガメムノンは弟メネラーオスの 求めにより、ギリシア軍の 総大将を務めます。 トロイア遠征の朝。 自らの港から艦隊を出航させようと しますが、 何故か風がぴたりと止み、 船を出すことができません。 これはかつて、 アガメムノンが 森でアルテミスの鹿を 殺してしまったことによるもので、 怒ったアルテミスが 風の神アイオロスの力を借りて、 風を止めてしまったのです。 アガメムノンは仕方なく、 アルテミスの裁きに従い 娘イピゲネイアを生贄に捧げます。 しかし妻クリュタイムネストラの 怒りを恐れ 「娘はアキレウスに嫁がせる」 と、嘘をついたのです。 これにより アルテミスの怒りは鎮まり アガメムノンは トロイアへと遠征します。 しかし偶然真実を知った クリュタイムネストラは 夫を激しく憎み、復讐を誓います。 アガメムノンが戦争から戻ったその日。 入浴中の夫の衣を、 首と袖を閉じ縫い付けたものと 差し替えてしまいます。 何も知らないアガメムノンが 服を着ようともがいている その時、 クリュタイムネストラは 刃物で夫を刺し殺しました。 後に復讐が災いを呼び、 クリュタイムネストラは 我が子に殺されています。 ********* 参考文献:「星空の神々全天88星座の神話・伝承」(著:長島晶裕) 前回の章で、 ヘレネ ≒ 牡牛座(体感覚) クリュタイムネストラ ≒ 蟹座(感情) とお伝えしました。 そして双子座は、言語活動を優先するあまり、体感覚を軽んじ易い傾向にも触れました。 この軽んじ易いものに、双子座の次の星座(サイン)、蟹座が受け持つ「感情」も含めて考えると良いのです。 それはクリュタイムネストラの神話にも描かれています。 >かつて森でアルテミスの鹿を 殺してしまったことが災いし、 神の怒りをかったためだったのです。 アガメムノンは仕方なく、 アルテミスの裁きに従い 娘イピゲネイアを生贄に捧げます。 これは、感情の「二重殺し」です。 アルテミスは月の女神であり、月もまた「感情」を司ります。 ここに表れている女たちはすべて「感情」の象徴と考えましょう。 アルテミス 鹿(アルテミスの身代わり) イピゲネイア(娘) クリュタイムネストラ(妻) 「アルテミスの鹿を殺す」とは、男性性(アガメムノン)が、内なる感情(鹿)を過去に一度抹殺したことを物語ります。 ここで女神は「許して欲しくば娘を生贄に捧げよ」と伝えます。 アガメムノンは、総大将の立場を優先し、やむなく娘を差し出します。 ここでアガメムノンとメネラーオスが兄弟であることも、双子座の性質を示唆しています。 身近な知的反応を優先し、過去に殺した感情(鹿)を無かったことにするために、あらたな感情(娘)を犠牲にするのです。 これは大小の差こそあれ、わたし達が日常的に行っていることでしょう。 傷ついたこと、 ふっと湧いた怒り、 消えない苛立ち を、 「今はそんなこと言ってる場合じゃない」 「一般的に見れば取るに足らないこと」 など言葉によって抑え込み、「無かったこと」にする。 このとき無視された感情は、またしばらくして威力を増し噴出しますが、それもまた抑え込む。 その繰り返しです。 これは自分の感情を、「言語」でもって欺く行為と言えるでしょう。 >妻クリュタイムネストラの 怒りを恐れ 「娘はアキレウスに嫁がせる」 と、嘘をついたのです。 この果てに何が起るか。 >しかし偶然真実を知った クリュタイムネストラは 夫を激しく憎み、復讐を誓います。 それは感情(クリュタイムネストラ)からの復讐です。 明日はこの感情を司る、蟹座の二面性を、掘り下げていきましょう。 参考文献:「星空の神々全天88星座の神話・伝承」(著:長島晶裕)/ウキペディア「トロイア戦争」 ・・・・・・・・・・・・・・・・・ 【編集後記】 次章の蟹座をすでに含めたのは 双子座の神話にそれが 描かれているから。 在るんだもん、止められない!!(笑 神話によってボリュームが 異なるのはご愛嬌。 これ、いつか出版できたらいいな~。 ≪イベント案内≫ ◆天体クリスタルヒーリング モニター募集 【@東京6月】【@名古屋・加子母7月】 占星術とクリスタルヒーリングを掛け合わせた、全く新しいメソッドです。 ◆牧三喜(makimiki)のFacebookアカウント https://www.facebook.com/makimiki373 *まずはフォローからお願いします('-^*)/ ◆牧三喜公式サイト makimiki.net

      2
      テーマ:
  • 04 Jun
    • 5.時に「言語」を忘れることが、「双子座」の魅力の鍵【双子座神話】

      ヘレネは「ワクワク感」の象徴である、と昨日の記事でお伝えしました。 これは金星のエネルギーに近いとも言えます。 占星術研究家の松村潔氏は、「金星は太陽がやってくる前の、案内的な導きをする」と述べています。 これは、「五感から生じる体感的なワクワクが、全ての才能の原点だ」とも言い換えられるでしょう。 ヘレネは太陽の自己実現の元となる、「原初的な欲求」の象徴なのです。 ところが彼女には能動性というものがありません。 裏を返すと、彼女の意思(原初的な欲求)は、すべての男たち(言語能力)に無視されている、とも言い換えられるでしょう。 ヘレネは父親の言いつけどおり、叔父に当たるメネラーオスに嫁ぎ、母国スパルタを出ていません。 これは「原初的な欲求」が内に漂ったまま、形になる術を失っていると言えます。 トロイア戦争の背後には、美の女神アフロディーテが関与していることも見逃せないでしょう。 「最も美しい女神に与えられる」と称された黄金のりんごを巡って、アフロディーテは審判役の王子パリスに、囁きます。 「わたしを選べば、絶世の美女を与えよう」 ここでパリスが、ヘレネを所望したことが全ての始まりでした。 アフロディーテはこれを受け、ヘレネの中にパリスへの、抗うことの出来ない恋心を芽生えさせます。 アフロディーテは英名でビーナス、すなわち金星を意味します。 このときヘレネは、神の差し金ではあっても、初めて内側から生まれた「原初的な欲求≒恋心」に従い、パリスと共に国を出るのです。 観念的な視点で見れば、夫への裏切りと称されるこの行動も、 言語(男)による統制を超え、原初的な欲求(女)を優先した内的成長の瞬間であった、と言えるでしょう。 これは女神アフロディーテが、人類の成長に一石を投じた、一ページであるとも言えるかも知れません。 しかし男たち(言語)は混乱を続けます。 「ヘレネの意思はどこにあるのか」 という発想は生まれず、パリスの死後も残りの兄弟が争い、勝ったデーイボボスが彼女をもらい受けるのです。 ここで双子座の視点に戻しましょう。 双子座は、人や情報などの対象に、反射的に反応します。 このときの「気づき」によって、自身のアイデンティティを確立していきますが、しかしこの対応能力が災いし、本来自身が持つ「原初的な欲求」を見失い易いのです。 双子座が神経を痛め、混乱の中にあるとき、自身の体感覚をじっくり感じきることが大切です。 一体これにどんな効果があるのか。 なんの利点があるのか。 そうした「情報」としての価値観を一旦脇に置き、自身の身体の反応にとことん向き合う時間を作ってみましょう。 これは、理屈が勝り、ワクワク感を消失しやすい人、全てに有効な方法です。 利点や効果、情報に眼が行くうちに、気がつくと意欲が失せていた。 そんな経験を持つ人は、双子座が優位に現れすぎて、牡牛座をないがしろにしている。 とも解釈できるでしょう。 じっくり体感覚に戻れば、ワクワク感はチャージされます。 そのエネルギーを元に、双子座的な知性を発揮して、仕事をこなしていくのです。 牡牛座ワークは、どうか牡牛座の章をご参照くださいね。 ********* 「ヘレネの物語」 地上一の美女と謳われた ヘレネはスパルタ国の王 メネラーオスの王妃として 暮らしていました。 ところがある日、女神たちの 「美の審判」に巻き込まれ、 アフロディーテの差し金で、 イーリオスの王子パリスに 心を奪われてしまいます。 パリスと共に国を捨てた ヘレネでしたが、 怒り狂ったのは夫メネラーオスでした。 メネラーオスはかつてヘレネに 求婚したギリシア一体の 勇者たちを集めイーリオスに 10万にものぼる遠征軍を差し向けます。 こうして始まったトロイア戦争で パリスは命を落とし、 それでも戦争は終結せず、 ヘレネはその弟のデーイボボスの 妻となります。 数十年の時をかけ、多くの 犠牲者を出したトロイア戦争も、 ついにイーリオスが陥落。 メネラーオスはディーボボスを殺し ヘレネも殺そうとしますが、 恋情抗しがたく、手を下すことが できません。 ヘレネはその後、 メネラーオスの妻の座に戻り、 スパルタの王妃として暮らしたと言います。 参考文献:「星空の神々全天88星座の神話・伝承」(著:長島晶裕)/ウキペディア「トロイア戦争」 ・・・・・・・・・・・・・・・・・ 【編集後記】 アフロディーテが求めた 「最も美しい女神」の証 黄金のりんごは、 旧約聖書の創世記に書かれた 禁断の果実を思い起こさせます。 ここから アダムとイブは「恥」の心を 抱いたと言いますが、 続いて「まぐあい」への 欲求が生まれたのかもしれません。 ワクワク感とは、魂の欲求です。 まぐあいもしかりで、 わたしはこの、命の欲求を 素晴らしきギフトと感じています。 愛と美の女神アフロディーテが 手にするのに相応しいりんご だよなあ。 いずれは月から冥王星までの 神々にまつわる神話も 読み解く予定ですが、 今から楽しみです♪ ≪イベント案内≫ ◆天体クリスタルヒーリング モニター募集 【@東京6月】【@名古屋・加子母7月】 占星術とクリスタルヒーリングを掛け合わせた、全く新しいメソッドです。 ◆牧三喜(makimiki)のFacebookアカウント https://www.facebook.com/makimiki373 *まずはフォローからお願いします('-^*)/ ◆牧三喜公式サイト makimiki.net

      5
      テーマ:
  • 03 Jun
    • 4.内なる美女、ヘレネの声に耳を澄ませて【双子座神話】

      妹ヘレネは地上一の美女と唄われ、ギリシア中から求婚者が集まりました。 父親の命でスパルタ王メネラーオスに嫁いでからも、イーリオス国の王子パリスにさらわれ、それをきっかけにトロイア戦争は始まりました。 トロイア戦争は、メネラーオスとかつての求婚者たち、そしてイーリオス国の三人兄弟が、ヘレネを我がものにしたい一心で、10年以上続いた大戦争です。 パリスは途中死にますが、それでも戦争は終わらず、ヘレネはパリスの弟ディーボボスに嫁ぎます。 戦争の終結後、メネラーオスは10年以上自分を裏切り続けたヘレネを殺そうとしますが、恋情には抗えず、やむなく元の妻の座に戻します。 その後、ヘレネは幸せに暮らしたといいます。 一方、ヘレネの姉クリュタイムネストラは、我娘を殺された恨みから夫を殺害、この復讐がたたって無残な最期を遂げています。 一般的な感覚からすると、夫を裏切って戦争のきっかけを作り、国を越え数万人の死者を出したヘレネの方が、罪深く思えるかもしれません。 我が子を殺されたクリュタイムネストラが、その犯人である夫を手にかけるのは情状酌量の余地がある、と感じる人も多いでしょう。 しかし神話は倫理を教える物語ではありません。 すべての人物、その振る舞いは、人間の心をわかり易く分化して知るための、一つの象徴にすぎません。 この二つの物語に共通して現れているテーマ。それは「言語の混乱」です。 男性を「言語」、女性を「肉体」「感情」の象徴として、置き換えてみましょう。 ヘレネの物語では数十人の王、王子、英雄が冷静な判断能力を失い、多大な犠牲者をはらいながら10年以上も戦に明け暮れました。 一方、クリュタイムネストラの物語では、夫アガメムノンの殺害方法が要です。 >(クリュタイムネストラは) 入浴中の夫の衣を、 首と袖を閉じ縫い付けたものと 差し替えてしまいます。 何も知らないアガメムノンが 服を着ようともがいている その時、 クリュタイムネストラは 刃物で夫を刺し殺しました。 これは手、腕、神経系を司る双子座の弱点を、端的に現しています。 双子座の言語能力は、クリュタイムネストラが象徴する「感情」によって混乱に陥り、ひいては命を落とし兼ねない繊細さを持つのです。 妹ヘレネと姉クリュタイムネストラは、双子座の手前(ビハインド)、そして次(ネクスト)のサインを現しています。 ヘレネ ≒ 牡牛座(体感覚) クリュタイムネストラ ≒ 蟹座(感情) ヘレネは「肉体感覚≒五感」の象徴です。 これを内側から湧いてくる、「ワクワク感」と置き換えても良いでしょう。 わたし達は誰しもに、「絶世の美女」に例えて申し分ないほどの「ワクワク感」を持っています。 それがもし「無感」であるとするなら、双子座的な言語機能が優位でありすぎるためです。 明日はこのヘレネの物語から、丁寧に読み解いていきましょう。 参考文献:「星空の神々全天88星座の神話・伝承」(著:長島晶裕) ・・・・・・・・・・・・・・・・・ 【編集後記】 神話の読み解きを初めてすぐに、 身近な友人から 「難しすぎて読めない」といった 感想をいくつかもらいました。 それ以後意気消沈した 時期もあって、 双子座神話を読み解く前は やる気を失っていたんですよね。 ここだけのハナシですよ(笑。 けれどその無気力感を感じきって みると・・・。 わたしの身体は 「明日使える占星術」的な ものを、神話にからめて 書きたく無いーーーー!! と訴えていたんです。 その声をじっくり聞いて、 身体の重さ、だるさを感じ きったら、気がつくとメラメラ やる気が湧いていた。 感じきる間は、動きも鈍く、 まるで怠けているようで、 不毛な時間に思えるものです。 けれど必ずその人の創造性を 沸き立たせる、大切な育みの 時間です。 神話の読み解きから、 やっとその本質を 信頼できるようになりました。 ≪イベント案内≫ ◆天体クリスタルヒーリング モニター募集 【@東京6月】【@名古屋・加子母7月】 占星術とクリスタルヒーリングを掛け合わせた、全く新しいメソッドです。 ◆牧三喜(makimiki)のFacebookアカウント https://www.facebook.com/makimiki373 *まずはフォローからお願いします('-^*)/ ◆牧三喜公式サイト makimiki.net

      1
      テーマ:
  • 02 Jun
    • 3.「白い影」と「黒い影」【双子座神話】

      カストールとポルックスが象徴する、白い影と黒い影。例えるなら、 非の打ち所の無い(と思える)対象。 怒り、嫉妬、苛立ちが湧く対象。 と言ったところでしょうか。 いささか極端に表現しましたが、いわゆる好きな友人、嫌いな友人から、等しく自身のアイデンティティは学べると言う事です。 欠点の思い浮かばない相手というのは、その認識に、死覚が在るということです。 長所は一つの質の側面にすぎず、必ず別の側面が存在します。 短所ばかりが強調される相手も同じで、その死覚はあなたの「見えない半身」を現しています。 これを前提に相手と対話するだけで、自己認識に変化が生まれるはずです。 ここで一つ、気をつけたいことがあります。 双子座的視点は、牡牛座の章でお伝えした「感じる」ワークを行った後に、取り入れることです。 例を挙げましょう。例えば、友人の一人に対し、 「彼女は好き嫌いで、人によって態度が変る。とても不愉快」 そう感じていたとしましょう。この認識は、彼女の性質のある一面で、裏には 「自分の気持ちに正直で、嘘がつけない人」 といった面があるかもしれません。 しかしこれを、「不愉快」という感情を押し殺し、無理やり加えたところで、その感情が消えることはありません。 生まれる感情がいかに度を越え、理不尽なものであっても、感情がある限り、その存在をとことん赦すことが大切です。これが、感情の「受け入れ」です。 「『不愉快』と感じてる。許せない、見ていてムカムカする・・・」 と、じっくりこの気持ちを味わっていきます。 このとき生じた体感覚、浮かぶビジョンを大切にしましょう。とことんそれを感じきったなら・・・。 「わたしに対してそっけない態度をとった。あのとき傷ついたんだ・・・」 という想いが湧いてくるかもしれません。さらにその体感覚を感じきったなら、 「わたしを尊重してほしかった。丁寧に愛情を持って接して欲しかった。大切な相手だから・・・」 そんな願いが掘り起こされるかもしれません。 双子座の力は、こうした牡牛座的なワークをすませ、気持ちがフラットに向かった後に活用すると良いのです。 彼女の質が持つ二面性をシンプルに理解し、処理する。あるいは、生じた感情を端的に相手に伝える、というのも良いでしょう。 感じきる(牡牛座) → それを言語化する(双子座)。 このプロセスが大切です。 とは言え、双子座は元来フランクな気質です。 平常時は、怒りや過度な愛情は湧きにくく、ドライな関係を好みます。 カストールとポルックスの持つ多才さは、双子座の才覚の多様性も示しています。 知性、スピード、本能を操る力(≒直感力)の混合によって、機知に飛んだ会話は、英雄的な華やかさを持つのです。 日ごろは気の合う友人と打てば響くような対話を繰り返すだけで、自身の個性に磨きがかかっていくでしょう。 なんでもない対話の中の「気づきの力」こそが、双子座の個性を際立たせる魅力の鍵です。 これを最大限に活かすためには、双子座の背後にある牡牛座と、その先にある蟹座の質を意識すること。 次回はこの象徴を担っている、姉クリュタイムネストラと、妹ヘレネの物語に迫ります。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・ 【編集後記】 双子座神話の奥深さは、 カストールとポルックスの 対の姉妹、 クリュタイムネストラと ヘレネにあると思います。 12サインは 火・土・風・水の4元素に別れ、 火と風は男性性、 土と水は女性性を示します。 双子座は風のサインで 男性性にあたりますが、 その魅力を存分に支えるための 役割として、手前の土のサイン 牡牛座と、次のサイン蟹座の 力が必要なのです。 全てのサインは前後のサインの 支えがあって、より魅力を 発揮しますが、この物語が 最もそれを分かり易く現して いるのでは無いでしょうか。 このカラクリを紐解いたとき 本っっ当にワクワクしました(笑。 わたしの興奮にお付き合い いただけて幸せです^^ ≪イベント案内≫ ◆天体クリスタルヒーリング モニター募集 【@東京6月】【@名古屋・加子母7月】 占星術とクリスタルヒーリングを掛け合わせた、全く新しいメソッドです。 ◆牧三喜(makimiki)のFacebookアカウント https://www.facebook.com/makimiki373 *まずはフォローからお願いします('-^*)/ ◆牧三喜公式サイト makimiki.net

      テーマ:
  • 01 Jun
    • 【6月@東京/7月@名古屋・岐阜】天体クリスタルヒーリングモニター募集

      2015年7月。 探査機ニューフォライズンズが、冥王星に大きく接近しました。 魂の覚醒を促す、冥王星。 その星に人類の眼が再び向けられたこの日。 わたしは膨大な量のメッセージを、宇宙から受け取ったと感じています。 メッセージの一つ。それは 人は、生まれた瞬間、太陽・月・惑星によって、巨大なクリスタルヒーリングを受けている。 ということ。 時、場所のしばりを越え、 身体から、 感情から、 また社会環境や 対人関係に至るまで、 大小様々な変化が起こるクリスタルヒーリング。 そのエネルギー的な仕組みは、「誕生と同時に受ける、人生を通じての、星からの影響と同じである」。 そんな叡智の一欠けらを受け取りました。 今わたしは、あなたが生まれた瞬間の天体(ネータル)、 今の天体(トランジット)。 その両者を組み合わせ、石との呼応を読みながら、新たなヒーリングメソッド、 占星術 + クリスタルヒーリング =アストロクリスタルヒーリング の研究を進めています。 鉱物は「大地」の恵み。 天体は「宇宙」を巡る、巨大なクリスタル。 大地と宇宙のパワーを掛け合わせたとき、一体なにが起るのでしょう。 ワクワクして眠れません(笑。 もしあなたが、その万分の1でもワクワクを感じてくれたなら。 それは、豊かな気づきのメッセージ。 天地に応援されて、自らの魅力いっぱいに生きていきたい。 自身の才能を、本気で具現化したい方へ。 東京・名古屋にて、第一ラウンド、スタートです。 ≪クリスタルヒーリングをお受けになった方の声≫ 前回のクリスタルヒーリング以来、意識が明確に変化して人生が変わりました。 本当に、三喜さんにはなんとお礼をしてよいか分からないくらい…。 意識の切り替わりでこんなに幸せになれるなんて。。 有難うございました。 (T・Fさま 30代 女性 画家 名古屋) *********** (ご相談していた)上手くいかなかった職場の子の態度が今はいい感じになっています。 常に笑顔でびっくりしています。 そして今日はT市のライアーオーナーさんとお話ができて、今後は二人で演奏会をして広めていこうということになりました! 早速9/6にT市のF寺での演奏会に声を掛けて頂き参加させて頂く事になりました! レポートに書いて下さった様に有給を使ってライアーと活動していく方向になりました。 三喜さんのおっしゃる通りになってびっくり! (ST様 女性 50代 販売・ライヤー奏者 浜松) *********** (セッション後)一つの事が閃き、そして実行に移す事ができたのです!!自分でもビックリです!! 私の人生の転機の勇気ある一歩を踏み出す事ができました。それは、今までのジャッジする自分では難しかった事だと思います。 自分の本能に従う行動ができて、今は今後の人生の展開にワクワクしています。 今まで様々なヒーリングやセッションを受けてきましたが、そんな中でも牧さんのヒーリングは特別なもと思います。心の奥底に響き、この上なく愛されている事を実感する事ができます。 一人でも多くの方々に、牧さんとの出会いと、この体験をしてもらえたら、思い悩み辛く寂しく1人苦しんでいる方々に、愛と光で包み込まれる事でしょう。 (F.Mさま 女性 50代 エネルギーワーカー 浜松) *********** ≪クリスタルヒーリングとは≫ 異なるバイブレーションを持つ様々なクリスタル(結晶)を身体の上に配置し、肉体、思考、感情、オーラ体などに働きかけます。今一番必要な、エネルギーレベルの変容と気付きをもたらすパワフルなセッションです。 ≪占星術とは≫ 生まれた瞬間、天に配置した10の天体をマッピングした「ホロスコープ」をもとに、その人の才能、ワクワクのツボ、知性、エネルギー源、女性性、男性性、魅力に変る弱み、前世からのギフト、今世の魂の目的などを読み解きます。 同じホロスコープは一つとして無く、時空を越えて、生涯にわたり影響し、その人を見守り続けると言われています。 ≪セラピスト紹介≫ -牧 三喜(まき みき)クリスタルヒーラー・占星術家 「狂気か、美か」 ぎりぎりのパフォーマンスから生まれる「魂との対話」は、眠っていた本来の姿を強烈なインパクトで呼び覚ます。愛と覚醒のセラピスト。 岐阜、名古屋、東京を拠点に活動。 水墨画家でもある。 ≪詳細≫ ■場所と時 ・東京:池袋西口より徒歩10分 6/24 (金) 14:15~16:15 6/26 (日) 14:15~16:15 6/27 (月) 10:15~12:15 6/27(月) 13:00~15:00 6/27 (月) 15:30~17:00 ・名古屋:本山駅より徒歩2分 7/8 (金)10:00~12:00 7/8 (金)13:00~15:00 7/8 (金)15:45~17:45 7/9 (土)10:00~12:00 7/9 (土)13:00~15:00 7/9 (土)15:45~17:45 7/10 (日)10:00~12:00 7/10 (日)13:00~15:00 7/10 (日)15:45~17:45 7/11 (月)10:00~12:00 7/11 (月)13:00~15:00 ・岐阜県中津川市加子母: 7/13 (水)10:00~12:00 7/13 (水)13:00~15:00 7/13 (水)16:00~18:00 7/14 (木)10:00~12:00 7/14 (木)13:00~15:00 7/14 (木)16:00~18:00 *所在地の詳しい説明はご予約時に致します。 ■定価:21,000円/2H *占星術クリスタルヒーリングのトライアルセッションが50人を越えた時点での定価格です(予定)。 ↓↓↓↓↓ ★★トライアル価格★★ 東京土日 20,500円/ 東京平日 19,500円 名古屋土日 19,500円/名古屋平日18.500円 中津川市加子母 18,000円 ■お申し込み こちらのURLから、「占星術クリスタルヒーリングモニターセッション」を選択し、お申し込みくださいませ。 http://makimiki.net/■contact/ ・お名前 ・PCメールアドレス ・連絡のつく℡番号 ・ご希望の場所 ・ご都合の良い日時を三候補ずつ ・SNS掲載のためのご感想の有無 を記載の上、ご予約下さい。 *恐れ入りますが、ご感想とSNS掲載を了承戴けた方をご優先させて戴いております。どうぞご承知おきくださいませ。

      テーマ:
  • 31 May
    • 2.アイデンティティは「影」から生まれる【双子座神話】

      二人の兄弟の能力も、双子座の性質をよく現しています。 >カストールは乗馬と 軍事の才があり 心穏やかで、聡明な人物でした。 ポルックスは拳闘に優れ、 さらに鍛冶の神に頼んで 鉄の手首を持ったことから 一人で一軍にも匹敵する 力を発揮します。 「乗馬」とは、牡牛座の持つ「本能(五感的欲求・直感)」を手名づけ、乗りこなす力です。 戦争の要は情報の精度と、そのスピードと言われています。 つまり「軍事」の才とは対象への戦略的思考と、情報収集能力を示します。 しかしこれは、手の届く範囲に限られ、それを示すのはポルックスの鉄の手首です。 一軍にも匹敵する鉄の手首とは、「他国」が暗示する「社会性」を押し返し、「個人の成長」を守る、そのためのスペースを確保する役割と言えます。 民族的なアイデンティティの確立は、鎖国していては不可能だと述べました。 しかしかといって、日本を出たことの無い農民が、突然ロシア人やインド人、ギニア人に一辺に遭遇したら、「日本人」という認識以前に、ショックで人格崩壊するかもしれません。 こうしたリスクを回避したいなら、まずは隣国である韓国人や中国人との交流が妥当でしょう。 この、「等身大の個との交流から、自らのアイデンティティを認識する段階」が、双子座の時期なのです。 ユング心理学では、隠された自分の半身、視覚化されていない己の負の部分を、「影」と名づけました。 その象徴が夢に現れるとき、同性の友人、あるいは近隣諸国の民族の姿をとることが多いと言います。 日本人であればそれは、アメリカ人やアフリカ人ではなく、韓国人、中国人の姿となって現れるのです。 双子座はこの「影」との向き合いを、最初に体験するサインです。 しかしここでの「影」との対話は、あくまで己を知るための手がかりにすぎません。 これが「相手」に主眼を置く蠍座ならば、対象の心を深く洞察し、真意を汲み取ろうとします。 しかし双子座は、壁に打ち込み返ってきた球を、反応的に打ち返すようなコミュニケーションです。 対象の反応から瞬発的に生まれる自らの気づきによって、自身のアイデンティティを確立していくのです。 これが、双子座のスピード感です。 牡牛座の章で、体感覚を感じきることが「存在の肯定」に繋がるとお伝えしました。 しかし、快・不快を基準にした五感から生じる内観は、終わりがありません。 この内観に目的意識を持ち、スピードを上げようと思うなら、等身大の個、「影」の存在が役立ちます。 カストールとポルックスが象徴するように、「影」には白い影と黒い影、二種類あると考えましょう。 この続きは明日以降に持ち越しです。 明日は「セッションモニターの募集」を致します。どうぞお楽しみに。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・ 【編集後記】 占星術家であり、 クリスタルヒーラーでもある わたしは今、この二つを 掛け合わせることに夢中です。 クリスタルヒーリングに 使う鉱物の成分と、 月・水星・金星・火星などの 成分が一致し、その効果と 特質が大きく共通したためです。 全ては昨年の夏に届いた 冥王星からのメッセージに 端を発し、 わたしのワクワクに 火を点けました。 明日はそちらの モニターセッション案内を 掲載します。 東京・名古屋・岐阜を 拠点に50名を予定。 皆さまにお会いできるのを、 楽しみにしています♪ ≪イベント案内≫ ◆天体クリスタルヒーリング モニター募集 【@東京6月】【@名古屋・加子母7月】 ◆牧三喜(makimiki)のFacebookアカウント https://www.facebook.com/makimiki373 *まずはフォローからお願いします('-^*)/ ◆牧三喜公式サイト makimiki.net

      2
      テーマ:
  • 30 May
    • 【双子座の物語「カストールとポルックス」】 ~シンプルな知性と、繊細さを併せ持つ英雄~

      ある日、 スパルタ国の王妃レダは、 白鳥の姿をした大神ゼウスに 欺かれ交わり 二つの卵を産み落とします。 一つの卵からは、兄カストールと 姉クリュタイムネストラが、 もう一つの卵からは、 弟ポルックスと妹ヘレネが 誕生しました。 兄姉はレダの夫、スパルタ王の血を 引く人の子でしたが、弟妹は ゼウスの血を引く不死身の身体を 持っていました。 やがて カストールとポルックスは 才気溢れる青年へと成長します。 カストールは乗馬と 軍事の才があり 心穏やかで、聡明な人物でした。 ポルックスは拳闘に優れ、 さらに鍛冶の神に頼んで 鉄の手首を持ったことから 一人で一軍にも匹敵する 力を発揮します。 好戦的で騒がしい人物でした。 性質の違う二人は とても仲が良くスパルタの 名だたる勇者として、 様々な冒険譚を残しました。 *********** あるとき二人は 叔父レウキッポスの二人の 娘をさらい、妻にしてしまいます。 それに怒った娘たちの兄弟、 イーダス、リュンケウスは スパルタへと戦をしかけました。 その戦いの途中、カストールは イーダスの放った矢に当たり 命を落とします。 ポルックスは不死身であった ため、無数の矢傷にも 関わらず死なず、 投げ槍によってリュンケウスを 殺します。 イーダスは恐怖のあまり 逃げようと背を向けますが、 その姿を見咎めたゼウスの 落雷で、死んでしまいます。 カストールは兄の死を 嘆き悲しみました。 その姿を哀れに思った ゼウスにより 二人は天に昇り 星座になったと言います。 参考文献:「星空の神々全天88星座の神話・伝承」(著:長島晶裕) ********* 牡羊座、牡牛座、双子座と進み、ここで12サインの前半、「個人の成長」は終わりを迎えます。 次の蟹座から「社会性の成長」へと移り、「対人の成長」、「全体性の成長」へと進んでいきます。 サインを三つごとに分けた、四区分のサイクルは、実際には人生を通して上昇円を描いきながら巡り、繰り返されていきます。 神話の中ではこの「個人の成長」の総決算が、幾重にも強調され、現されているのです。 お羊座は、「0(ゼロ)」という「無・充満」の象徴である、世界卵を割ることからスタートしました。 牡羊座神話の中で、女(へレー)が海に落ちたことからも分かるように、牡羊座は「女・男」すなわち「陰・陽」の片方が欠けた、未熟な存在です。 次の牡牛座によって、男(ゼウス)は女(エウローペ)とまぐあい、男女の結合「1」が成立しました。 ここで「個は形に成った」、つまり「個人の成長」の区切りと考える人は多いかもしれません。 しかし、「個」が「個」として自身を認識するとき、単体では不可能です。 それは鎖国中の日本が、自分たちを「日本人」と認識できないのとよく似ています。 そこでは人種、国民という概念は生まれようが無く、他国の人々と関わって初めて「日本人」というアイデンティティを獲得するのです。 「個≒1」と「個≒1」の対話。 すなわち、「2」によって初めて「個人」は成立します。 牡羊座 「0」 無 ↓ 牡牛座 「1」 有 ↓ 双子座 「2」 (個の)認識 これは双子座神話の中に、幾度と無く現れる「2」の数字でも強調されました。 <「2」を示すもの> 卵 卵の中の人 兄弟が連れ去った娘の数 兄弟が闘った男の数 またゼウスの化けた白鳥のシルエットが、数字の2に酷似していることも、恐らく偶然では無いでしょう。 「0ゼロ」の持つ意味に、「無・充満」の両者あり、その具象概念が「空・雲」であると、牡羊座の章で述べました。 この時、ゼウスの遣いである羊の形態が、雲に似ていることを見ても、神話に登場する生き物の形は、象徴性の一貫と見るべきです。 さらに面白いのは、 世界卵の中に陰・陽が整い、その二つの卵が並ぶことで、「個の認識」へと向かう とした流れは、王妃レダが生んだ卵が二つあり、それぞれに男女の対が入っていたこと、さらにその兄と弟が、生後、切磋琢磨し、成長していくことにも象徴されています。 後に記しますが、 姉のクリュタイムネストラは夫殺しの汚名を持つ悪妻です。 かたや妹のヘレネは、世界中の英雄、王をとりこにし、トロイア戦争のきっかけともなった絶世の美女です。 そこに彼女の能動性は無く、罪人と言うよりは、女神に値する存在感を放っているのです。 これはしばしば、カストールが聖者、ポルックスが悪者のように描かれることと、対比的です。 つまり、 1の卵:兄≒聖者 姉≒悪者 2の卵:弟≒悪者 妹≒聖者 としての構図が在り、それぞれの卵の中に、陰と陽が、肉体的にも精神的にも宿っていたことを示すのです。 またこの卵は、一つは不死性を保ち、一つは朽ちる肉体性を持っていますから、 いわば、神と人、天と地を現し、二つの卵で一つの陰陽図を司るとも取れるのです。 ここが占星術の持つ、雛形理論の奥深さです。 この「2対で一つ」の概念が、俯瞰すれば宇宙レベルにまで到達し、視野を狭めれば一個人の日常にまで迫ることができるのです。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・ 【編集後記】 たいした準備も無くスタートした 神話の読み解き。 占星術は数字の役割が大きく 牡羊座に1では無く「0ゼロ」を 当てたのは 中々斬新であったと思います。 初めは 「ぴんと来た」 そんな感覚で無造作に言い切った わけですが(笑)、 後に調べる文献から 「0ゼロ」の起源と神話に 共通性が沢山あったり。 双子座を始める前は、 「今回読み解きできるかしら~」 とぼんやりしていたのですが、 フタを明けてみると、牡羊座の 「0ゼロ」から串で一刺しに さいたように、 全てが繋がった次第です。 わたしの太陽牡羊座は、 数え度数4度。 牡羊座の1~5度は宇宙と繋がった ようなシャープな直感力を 示しますがこれを発揮することの 楽しさに今、震えています^^。 ≪イベント案内≫ ◆天体クリスタルヒーリング モニター募集 【@東京6月】【@名古屋・加子母7月】 ◆牧三喜(makimiki)のFacebookアカウント https://www.facebook.com/makimiki373 *まずはフォローからお願いします('-^*)/ ◆牧三喜公式サイト makimiki.net

      3
      テーマ:
  • 21 May
    • 「神話の読み解き、双子座編」更新遅延のお知らせ

      いつもお読みいただき有難うございます! 双子座編の更新はしばしお待ちくださいませ。 書きあがり次第、お届け致しますね。 今後ともよろしくお願い致します^^。 ◆牧三喜(makimiki)のFacebookアカウント https://www.facebook.com/makimiki373 *まずはフォローからお願いします('-^*)/ ◆牧三喜公式サイト makimiki.net

      4
      テーマ:
  • 28 Apr
    • 8.五感の先に閃きがある【牡牛座編】

      五感を感じきると・・・ 牡牛座は直感力が冴えてきます。 土のサインは現実を重視します。 目に見えるものを尊重し、一方で、直感やスピリチュアリティと言った、見えないものには反発し易い傾向もあるでしょう。それは裏返すと、 「人や現実と、ぶつかる中で成長したい」 と言った、経験や体験への情熱です。 これこそが土のサインならではの、力強さと安定感でしょう。 しかし、それでは彼らの直感力が乏しいかと言うと、決してそうではありません。 そもそも牡牛座は、「牡羊座から来る者」です。 牡羊座の魅力は一言で言うと「直感力」。ですからそれを既に備えた者として、牡牛座は在るのです。 直感は、大きく分けて二つ在ります。 一つは天からぱっと稲妻のように降りてくる閃きと、身体の奥から湧いてくる、体感覚からの閃きです。 そもそも「魂(たましい)」は、「たま・しる」と二語を繋げた言葉、という説があります。 陽を司るものを「たま」、陰を司るものを「しる」とし、両者と物(肉体)が合わさって人は誕生する、とした説です。 直感は、この「たま」と「しる」のいずれかによる「知らせ」と考えて良いでしょう。 牡牛座の場合は恐らく、それは陰・大地「しる」からの声なのです。 その直感は、思考と感情をあるがまま受け止め、五感を感じきった先に現れます。 牡牛座は思考や感情の堂々巡りに陥り易いサインです。 けれどその先にある、体感覚にフォーカスすることで,必ず直感が冴えてきます。 人生を創造し、具現化する力を与えられた牡牛座が、自らの内なる直感を信頼したとき。 そこには大神ゼウスと無垢な姫がまぐあうような、至上の「生み出し」が繰り広げられるのです。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・ 【編集後記】 わたしはこの「感じきる」 ワークがとても好きです。 「感じるってなんやーーっ!! ボケーっ!! 何も分からんぞーー!!」 時にそんな風に叫びつつ(笑)、 「と、思っているんだねえ」 と「大いなるわたし」から 声をかけます。 そしてじわじわ、身体の感覚に 焦点を当てていきます。 「今叫んだら、喉が引きつった。 胸の当たりが少し熱い」 そんな風に、細かな感覚の変化を 中継し、さらに感じきるのです。 これは驚くほど効果的で、 最後には身体の奥底からの 閃きに到達し、自分の魂の願いを 聞き取ることができます。 これが分かると、迷いは ほとんど消え、翌日は 何も無かったようにアクティブに 行動していたりします。 牡羊座と牡牛座は、人間の意識の 成長過程、その幼少期に あたることもあり、メンタルワークの ヒントが沢山隠されているのです。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・ ≪イベント案内≫ ◆締切り5/11【天性の魅力に内側から目覚める「気づき」の占星術セッション】案内 ◆牧三喜(makimiki)のFacebookアカウント https://www.facebook.com/makimiki373 *まずはフォローからお願いします('-^*)/ ◆牧三喜公式サイト makimiki.net

      6
      テーマ:
  • 27 Apr
    • 7.存在を肯定する力【牡牛座編】

      五感を感じきると、何故成長へと繋がるのか。 それは、「五感を感じきる≒存在の肯定」だからです。 もしわたし達に肉体が無ければ、当然ながら共に五感は在りません。 だからこそ、五感を無条件に感じきる事は、自身の存在を根本から肯定することなのです。 わたし達が成長の階段を上るとき、基盤となるのが、この「自身の存在肯定」です。 内側の成長を、母子の関係になぞらえると分かり易いでしょう。 「何を成さなくても、お前を愛してる」 そうした無条件の愛を母親から与えられれば、子どもの心は安定し、自発的な喜びに従って生きるようになります。一方で、 「これをしたら、ご褒美をあげますよ」 「いい子だったね。よし抱っこしてあげよう」 こうした、条件付きの愛の中で生きたなら、子どもは周囲から「愛されるために」「評価されるために」行動するようになるでしょう。 そこに持久力はありません。他者の目が無ければ、とたんに行動への意欲は失われてしまいます。 同じことが、わたし達の内側でも起きています。 自身の感情を「良い」「悪い」で判断することは、母的な視点で「未熟なわたし」を戒めているということです。 まずはそれを脇に置き、どんな感情も思考も、存在ごと受け入れること。 そのためには、その心の動きと共に起きた「五感」の反応を、感じきることなのです。 これが「存在肯定」のもっとも簡単で、シンプルな方法です。 そもそも生まれながらにして、人を憎みたい、悲しみに明け暮れていたい人間はいません。 ただ受け入れ「そこに居ていい」と、存在を肯定した瞬間から、人の心はポジティブな方向へと動き始めます。 牡牛座は「在るがままのわたし≒五感」を感じ切る力に、最も長けたサインです。 だからこそ、感情や思考に、即座に「良い・悪い」の判断を下し、体感覚まで降りきるのを止めてしまうのは、非常にもったいないことです。 わたしはわたしの「存在の肯定」にかけては、素晴らしい力がある。五感力がある。 そう自負して、感覚を研ぎ澄ませ、感じきる時間を作りましょう。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・ 【編集後記】 感情を感じきるのに 一番簡単な方法は、 身体のちょっとした変化を 口に出して言ってみる ことです。 誰かへの怒り、悲しみを 「良い・悪い」を抜きに感じ、 そのとき動いた微細な感覚を 言葉にしていきます。 「今、指先が冷たいと感じた」 「その感覚が足にも。小さく 鳥肌がたった」 「足先が痺れる・・・」 そんな風に。 その繰り返しをしているだけで 自然と心が静まり、 自身の本当の願いが 顔を覗かせたりします。 ぜひ試してみてくださいね。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・ ≪イベント案内≫ ◆締切り5/11【天性の魅力に内側から目覚める「気づき」の占星術セッション】案内 ◆牧三喜(makimiki)のFacebookアカウント https://www.facebook.com/makimiki373 *まずはフォローからお願いします('-^*)/ ◆牧三喜公式サイト makimiki.net

      テーマ:
  • 26 Apr
    • 6.主観の中に生きて輝く人【牡牛座編】

      牡牛座は、主観の中に生きています。 混沌(感情)から陰・ネガティブなものと、陽・ポジティブなものを、コツコツ取り出すことはできますが、それを客観的に眺めるのは得意ではありません。 内側の陰・陽の構図を、外に投影し客観視するのは、次の双子座の仕事です。 けれど、牡牛座は「双子座へと向かう者」ですから、このとき主観に任せて、陰ばかり、あるいは陽ばかり取り出し続けると、成長の機会を逃してしまいます。 牡牛座はまず、自らが主観的であることを受け入れること。 その上で、内側の陰陽のバランスは、平等であろうと努めることです。 ネガティブとポジティブの感情を、一方に偏ることなく、感じ切っていくとどうなるか。 自然と社会の中で、バランス感覚のある個性豊かな人物となっていきます。 「あの人は自分の感覚・感情にいつもフォーカスしている。 でも、生き方に学ぶものがある。言葉に説得力がある。」 そんな風に、主観がただの思い込みに留まらず、信念へと昇華するのです。 ただここで一つ、大切なことがあります。 それは、陰の感情を感じきるとき、それを「悪い感情」と判断し、自らを責めないこと。 わたし達日本人は文化や教育の影響から、何事も「良い・悪い」で判断してしまいがちです。 それは誰しもに言えるのですが、特に牡牛座、乙女座、山羊座と言った、土のサインに強い傾向があるようです。 その理由は恐らく二つあります。 一つは、土は具現化力、現実を生きる力を司りますから、社会の価値観に影響を受け易いのです。 もう一つは、「火で散らばったテーマを仕分けにより整理する」といった、土サインの特性に関連しています。 仕分けの基準に、無意識に「良い」「悪い」というジャッジメント(裁き)を、はめ込んでしまうのです。 これは、次の風のサインを意識すると良いのです。 風のサインは知性を司ります。それは感情を排した「客観の力」です。 生まれた感情に対し、「良い・悪い」という主観的な判断を排し、あるがままを感じきること。それこそが、「双子座へ移行する者」としての意義を持つのです。 怒りも悲しみも喜びも、ただ、感じる。 その感情に溺れ浸るのでは無く、「大いなるわたし」がら、静かに眺めてみましょう。 感情を見つめるとき、身体に必ず小さな変化が在るはずです。 体温が上がったり下がったり、痺れや痛み、コリを感じ始めたり。 そうした体感覚も合わせ、じっくりと感じてみましょう。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・ 【編集後記】 「今ここ」の感情を、五感と共に 感じきる手法は、 才能コンサルタントの新関裕二さん から学びました。 わたしも自分のセッションに 取り入れています。 人は自分の感情を在るがままに 受け入れきると、 自然とより良い選択が できるようになります。 最初は難しく感じるかもしれ ません。 目を閉じ、聴覚・触覚が何を キャッチしているのか。 そんなことに神経を研ぎ澄ませて 見るのもお勧めです。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・ ≪イベント案内≫ ◆締切り5/11【天性の魅力に内側から目覚める「気づき」の占星術セッション】案内 ◆牧三喜(makimiki)のFacebookアカウント https://www.facebook.com/makimiki373 *まずはフォローからお願いします('-^*)/ ◆牧三喜公式サイト makimiki.net

      5
      テーマ:
  • 25 Apr
    • 5.陰・陽のバランスをとる【牡牛座編】

      もしあなたの天体が、多く牡牛座に位置するなら。 一つ大切なことがあります。 それはもの想いにふけるとき、陰つまりは、ネガティブな感覚ばかりに力を与えないこと。 不快である。そう感じたら、同時に快の感覚を模索し、それを感じられる環境を整えましょう。 満員電車が不快なら、一駅前で降り、職場まで歩ける時間に家を出てみる。 忙しくて、ジャンクフードでランチを済ませたら、その夜は身体に優しい食事をゆっくり取る。 人間関係もしかりです。もし、あなたが誰かへの憎しみや怒りに苛まれたら。 その奥にある、愛に基づく自らの声に耳をすますのです。例えば、 「あのときわたしを軽んじた、あの人が赦せない」 そんな気持ちに苦しんでいたら…。その声の奥には、 「もっと大切に扱って欲しかった。あなただけには…」 があるかもしれません。 「馬鹿にされたとしか思えない。悔しい…」 その想いの背後には、 「わたしにはちゃんと知恵がある。あなたには尊重して欲しかった…」 と言った願いが在るのかもしれません。 人は無関心な相手、例えば郵便配達のお兄さんや、すれ違うおばさんに、「自分を心から理解して欲しい」などとは思いません。愛の反対は憎しみではなく、無関心。 愛と憎しみの出所は同じなのです。 その両者を共に感じきる。ということが、牡牛座の人の心を安定へと導きます。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・ 【編集後記】 わたしの父は月・水星・金星など 多くの天体が牡牛座にあります。 そのせいか、 一度ネガティブシンキングに 入り込むと、中々抜けられない んですよね。 けれど、ちょっと楽しいことが あったり、 ちょっと旨いものを食べたり すると ぱっと気持ちが好転したり します。 わたしは占星術を学んでから 落ち込んでいる父を見たら、 おどけて見せたり、 くすぐったりして、 笑わせるようにしています。 「くだらんことを」 と言いながら、もう声の調子が 明るく変っていたりするのです。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・ ≪イベント案内≫ ◆締切り5/11【天性の魅力に内側から目覚める「気づき」の占星術セッション】案内 ◆牧三喜(makimiki)のFacebookアカウント https://www.facebook.com/makimiki373 *まずはフォローからお願いします('-^*)/ ◆牧三喜公式サイト makimiki.net

      2
      テーマ:
  • 24 Apr
    • 4.牡牛座の持つ闇【牡牛座編】

      牡牛座が一般的にスローペースと言われるのは、土のサインの仕事である仕分けの基準が、そもそも曖昧だからです。 五感も快・不快も、形無きものであり、環境や気分によって変化します。 だからこそ、「今この瞬間」どう感じるかが重要であり、そこに神経を研ぎ澄ませるのです。 同じものを口に含んでも、昨日は酸味が強くて抵抗があったが、今日は美味しいと感じる。 そんな体験が牡牛座の人には、貴重な真実となるのです。体感が重要なのですから、自然と速度は遅くなります。 さて、白い牛と黒い牛に描かれたまぐあい(創造)の結果は、一方は王が生まれ、一方は怪物が産まれました。 この対比構造が、牡羊座で生まれた世界卵の混沌を、陰と陽に仕分けする、一つの象徴であると述べました。 これは例えば、芸術活動の模索の中に、常に生じていることです。 「ぞうさん」や「やぎさんゆうびん」で知られる、詩人まどみちおは、詩作の傍ら百枚以上もの絵を描き続けました。 叩きつけるようなタッチ、紙が引きつれるほどの激しい線。子どものように素朴な、みちおの詩とは対照的な世界です。 児童文学作家マーク・トゥエインは、アメリカの輝かしい発展の時代を、希望に満ちた子どもたちの姿に投影し「トム・ソーヤーの冒険」、「ハックルベリー・フィンの冒険」といった名作を残しました。 しかし一方で、まるで死の匂いが漂うような、陰鬱な子どもを主人公にした「不思議な少年」は、トゥエインの影の側面を映し出しています。 いつまでも人の心に残る力強い作品は、陽的な代表作の背後に、陰的な作品、作業が必ず存在するものです。 それは牡牛座の持つ「陰陽の生み出し」、そのサイクルの具現化した姿なのです。 一方で、美しいもの、善なるものをどれほど達者な筆致で描いても、その背後に陰的な作業がなければ、その作品は「部分的な芸術」として存在の重みを失います。 宙に浮いているような実態の無い清らかさであり、時を経て、場を越えて人々の心を揺さぶり続ける力強さを持たないのです。 これは逆もしかりで、ただ自身の闇ばかりを表現した作品は、瞬間、強烈な吸引力を持っても、誰も心の深いところでは拒否し、受け入れないのと同じです。 絵画にしろ、音楽にしろ、文学にしろ、創造的な仕事に取り組むなら、この陰と陽のバランスをとり続けることが要となるでしょう。 しかしこれは何も芸術的な活動ばかりに言えることではありません。 先の記事で、牡牛座は「人生という大きなアートを創造するその芽生えの時期」と述べました。 芸術活動に従事していない人々が、牡牛の質を活かすということ。 次回はそこに焦点を当てていきましょう。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・ 【編集後記】 ホロスコープを、沢山読む ということに、わたしは あまり重きを置いていません。 牡牛座の人はこういう傾向にある。 そんなデータの積み上げは ときに占星術を統計学の範囲に 留めてしまいます。 大事なのはデータの背後にある 本質を読み解くことですが、 わたし達はつい、本質より 表層に囚われてしまいます。 手っ取り早いのは、サインを 最高に開花した形で、活かしきって 生きる人と触れ合うことです。 彼らは魂の喜びに従って 生きています。 彼らと切磋琢磨することで、 サインの根本の魅力を肌で感じる ことができるのです。 わたしは蟹座が強いので、 そもそも人間が好きです。 中でも自身のホロスコープを 生ききる人と触れ合うのは、 占星術家としての 最高の学びになります。 それはわたしにとって、 二重の喜びなのです。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・ ≪イベント案内≫ ◆締切り5/11【天性の魅力に内側から目覚める「気づき」の占星術セッション】案内 ◆牧三喜(makimiki)のFacebookアカウント https://www.facebook.com/makimiki373 *まずはフォローからお願いします('-^*)/ ◆牧三喜公式サイト makimiki.net

      1
      テーマ:
  • 23 Apr
    • 3.混沌を仕分ける力【牡牛座編】

      「ポセイドンの牡牛」 エウローペは後にクレタ島の王 アステリオスと結婚し、 ゼウスとの間の三人の息子は 王位継承権を争うこととなります。 長男ミノスは 自らに権利があると主張し、 その証として 海神ポセイドンに生贄を 捧げるための牡牛を一頭 授けてくれるよう祈りました。 ミノスの祈りは聞き届けられ 海の中から波間を分けて、 立派な牡牛が姿を現します。 これにより晴れてミノスは クレタ島の王となりました。 しかしミノスはその牡牛があまりに 立派であったため、生贄に 別の牛を捧げてしまいます。 誓約が破られたことに 腹を立てたポセイドンは、 ミノスの妻パシパエを狂わせ 授けた牡牛に激しい恋情を 抱かせました。 煩悶したパシパエは、 ついに工人ダイダロスに 牝牛の張りぼてを作らせ、 そこに忍んで目当ての牡牛に 近づくと、想いを遂げます。 そして生まれたのは 顔は牛、身体は人の姿をした 怪物ミノタウロスでした。 ミノタウロスは凶暴で、 人の肉を食したため ミノスによって迷宮に 閉じ込められられました。 そして年に一度、 7人の少年少女を餌として 与えられたと言います。 参考文献:「星空の神々全天88星座の神話・伝承」(著:長島晶裕) ********* 「白い牡牛とエウローペ」 「ポセイドンの牡牛」 この二つの神話は対比構造になっています。 ポセイドンの牡牛が黒かったという表記は見当たりませんでしたが、ここではゼウスの牡牛と対比を強調するため、あえて黒い牛としました。 白い牛(神) × 女 ⇒ 王となる子 黒い牛(獣) × 女 ⇒ 怪物 前者の白い牛は大神ゼウスの化身ですから、「自意識・精神性」の象徴です。 後者は海神ポセイドンが授けた獣。 海から現れた牡牛は潜在意識の象徴であり、「無意識、混沌」を示します。 白い牛との交わりからは、王となる子どもが産まれ、黒い牛からは怪物が産まれました。 この、「陰陽の生み出し」こそが、牡牛座の根源的なテーマです。 12星座(サイン)は、火・土・風・水の四元素からなり、火は精神性を、土は具現化力を示します。 12サインのサイクルは常に、火から土、 牡羊座 → 牡牛座 獅子座 → 乙女座 射手座 → 山羊座 と移行します。この移行期に必ず行われるのが、分化による構造化です。 牡羊座で、生まれたばかりの世界卵は、その中身が混沌としています。 その混沌の渦から、陰と陽を仕分けていくのが牡牛座に託された仕事です。 乙女座は、自我を鏡の法則で二面化し、山羊座は果てしない叡智を実用化に向け分類します。 火の勢いで散らばりすぎたそれぞれの課題を、分化することで整理し、現実へと落とし込むのです。 乙女座、山羊座と比べ、牡牛座にはほとんど基準がありません。 世界を五感から生じる快・不快によって仕分ける作業は、終わりが無いのです。 人智学の祖シュタイナーは人間の持つ感覚を12とし、12サインと結び付けることを試みました。 その後に引き継ぎ、12感覚論を説いたのがスズマンですが、その中で牡牛座は思考感覚と定められています。 初めわたしはこれが腑に落ちませんでしたが、恐らくは「思考≒混沌の仕分け作業」と、今は解釈しています。 思考が全く働かない事態とは、「何が分からないかも分からない」状態でしょう。 この混沌を、一つ一つ、「これは分かっていて、これは分っていない」と、仕分けていく作業こそ、思考の原点です。 これを根源的なレベルでスタートさせるのが、牡牛座なのです。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・ 【編集後記】 牡牛座の守護星は金星です。 けれどもし、10の天体に地球を 含むとしたら、地球は牡牛座の 守護星になったろうという説が あります。 牡牛座のたくましさを感じる 説です。 占星術家が最も大切なのは、 時の空を読むことでも、 紙面に映し出された ホロスコープを 読むことでもありません。 自らのサインが最高に開花した 姿を模索し、生きることです。 新たな人と会い、 新たなチャレンジをし、 新たな場所にでかけていって 切磋琢磨することです。 そう考えると、自分の牡牛座の質に もっともっと力を与えていこう。 そんな風に思えるのです。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・ ≪イベント案内≫ ◆締切り5/11【天性の魅力に内側から目覚める「気づき」の占星術セッション】案内 ◆牧三喜(makimiki)のFacebookアカウント https://www.facebook.com/makimiki373 *まずはフォローからお願いします('-^*)/ ◆牧三喜公式サイト makimiki.net

      3
      テーマ:
  • 22 Apr
    • 2.「まぐあい」と言う五感の喜び【牡牛座編】

      男女のまぐあいとは、つまり子作りです。 子作りを一つの象徴として捉えるなら、それは「創造」でしょう。 わたしはセラピーの一環で夢分析をしますか、「子を生む」夢は、たいてい新たな創造性を意味します。 12星座が人の意識の成長を示すと考えると、牡牛座は幼年期に当たります。 つまり生まれてから死ぬまでの間に、人生という大きなアートを創造する、その芽生えの時期と言えるのです。 牡牛座に天体を多く持つ人は、たいてい五感が発達しています。 見る・聞く・触れる・味わう・匂う の五感です。 このいずれかが特化していることもあるし、複数の感覚機能が優れている場合もあるでしょう。 「まぐあい」が示すもののもう一つに、この五感があります。 男女は相手を選ぶとき、五感をフル稼働させます。 姿を見、声や話しぶりに耳を傾けます。 たいていは、話している内容よりも、その音や間合いに惹きつけられるものです。 匂いもまた、出会った瞬間に異性の本能を刺激します。 人はより優れた子孫を残すために、自分と異なる遺伝子を持つ異性を求めるといいます。 その「見分け」が匂いによってなされていることが、科学的にも照明されています。 男女が互いを選び、性的な結合をするまでに、唇を合わせ、味わい、肌に触れます。 まぐあいは、五感のすべてを満たす体験でしょう。 牡牛座の持つ芸術的な質は、神話のまぐあいが示す、「創造性」と「五感」、この両者によって示されているのです。 しかしそれだけでは、「芸術」の持つ奥深さは語りきれません。 牡牛座は、実はもう一つ、元となったと言われる神話があります。それが「ポセイドンの牡牛」、黒い牡牛の物語です。 次回はそちらに触れていきましょう。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・ 【編集後記】 これを書いていた頃、 日常の中で、牡牛座性を 揺さぶるような出来事が度々 起こりました。 これは一つには、 各章を書き進める中で 「その星座(サイン)の魅力を体感する」 ことを「意図」したためです。 神話の読み解きと同時に、 すべてのサインの持つ 最高に開花した姿を、 人生の中で、体感として学ぶ。 スタートと同時に、そう意識に セットしたのです。 これが、ホロスコープの上空に 「大いなるわたし」を仮置きする ということです。 どのサイン、どの天体に力を与え 育むか。 それを決めるのは時の天体でも、 ホロスコープでもなく、 わたし自身、あなた自身なのです。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・ ≪イベント案内≫ ◆締切り5/11【天性の魅力に内側から目覚める「気づき」の占星術セッション】案内 ◆牧三喜(makimiki)のFacebookアカウント https://www.facebook.com/makimiki373 *まずはフォローからお願いします('-^*)/ ◆牧三喜公式サイト makimiki.net

      4
      テーマ:
  • 21 Apr
    • 【牡牛座編「白い牛と黒い牛」】 ~混沌を分ける力~

      1.エロティシズムへの欲求 「白い牡牛とエウローペ」 あるとき、 大神ゼウスがオリュンポス山の 頂から下界を見ていると、 浜辺で遊ぶフェニキアの姫、 エウローペの姿を見つけました。 一目でその美しさに心奪われた ゼウスは、妻ヘラーに悟られぬよう 一頭の牡牛に姿を変えて、 浜辺へと降り立ちます。 その姿は雪のように白く、角は輝き、 優しい瞳を持っていました。 初めは牛に恐れを 抱いたエウローペも、次第に その美しさに惹かれていきます。 心がほぐれ、牡牛と戯れるうち、 ついにエウローペは その背にまたがってしまいます。 瞬間牡牛は走り出し、 海に向かって飛び込むと、 姫を背に クレタ島へ渡りました。 ゼウスはもとの姿に戻り 二人は結ばれ、 エウローペは三人の息子を もうけたといいます。 参考文献:「星空の神々全天88星座の神話・伝承」(著:長島晶裕) ********* この物語は牡羊座神話から繋がっています。両者とも、 男女の対が海を渡り異国へ行く という共通項がありますが、牡羊座神話では、女(ヘレー)は海へと沈みます。 一方牡牛座神話では、女は無事コルキスへとたどり着き、男と結ばれるのです。 牡羊座では陰陽の一対が生じる前の、不完全体であったものが、牡牛座では両者整います。 「人は、身体的な男女の違いはあっても、内面には男性性、女性性の両者がある。」 こうした考えに基づくと、牡牛座ではやっと男性性と女性性が対を成すのです。 この神話の男女の間には、牡牛が介しています。 牡牛は男の仮の姿ですが、男女のまぐあいだけにフォーカスするなら、ここで牡牛を登場させる理由はありません。 牡牛は突如現れて、処女の娘、すなわちまだ女性性しかもたぬ未熟な半身を誘いました。 ここでエウローペが、初めに恐れを抱いたことは乙女の内面をよく現しています。 ドイツのユング派分析家、W・ギーゲリッヒはこう言っています。 無垢な人間は、性的欲望が 自身の内側から 生じることを認められない。 そのため、 それは「わたしにこんな 恐ろしい(セクシャルな)ことを した誰か」という ファンタジーとして投影される。 エウローペはここで、無意識に足りない半身・男性性を求めました。言いわゆる性衝動です。 男は大神ゼウスであり、女は無垢な姫です。 両者の神聖さを保つため、セクシャルな衝動を二人から切り分け、牡牛として象徴化したのです。 では、セクシャルな衝動、すなわち「まぐあい」が意味するものとは、一体何でしょうか。次回はそこを紐解いていきましょう。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・ 【編集後記】 わたしの出生図には牡牛座に 天体がありません。 厳密にはその質は 時の流れの中でわたしに 影響していますが、 ここでは月や太陽、 水星・金星が 牡牛座に集まる知人を思い出し、 読み解きの一助としました。 ここで大切なのが、 牡羊座の章でも触れた 「大いなるわたし」の 存在です。 相手の12星座(サイン) すべてを統合した 「大いなるわたし(彼女)」が 本来持つ牡牛座性をより 魅力的に導いたとき、 どんな美しい姿となるのか。 それをイメージするのです。 わたしは占星術のセッションで 必ずこれをします。 クライアントの統合・ 最高に開花した姿をまず、 ホロスコープの上空に 仮り置きする。 すると、彼女の天体、 サインの魅力が まるで色彩を放つように 生き生きと浮かび上がるのです。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・ ≪イベント案内≫ ◆締切り5/11【天性の魅力に内側から目覚める「気づき」の占星術セッション】案内 ◆牧三喜(makimiki)のFacebookアカウント https://www.facebook.com/makimiki373 *まずはフォローからお願いします('-^*)/ ◆牧三喜公式サイト makimiki.net

      1
      テーマ:

プロフィール

牧三喜

自己紹介:
牧三喜(まきみき) 占星術家・クリスタルヒーラー・水墨画家 牧三喜のおもちゃ箱『天空のい...

続きを見る >

読者になる

AD

カレンダー

1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

ランキング

総合ランキング
422826 位
総合月間
298876 位
小説
1621 位
書籍化ブログ
1238 位

ランキングトップへ

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。