BoBokoとNekoとNY→メイン→ダラス?

前略 お元気ですか。 BoBokoは元気です。 Nekosも元気です。 BoBokoとKuroNekoの味のある(はずの)NY→メイン→ダラス生活のお話です。

 

NY在住のBoBokoです。


海外生活は26年目に突入。


教えながら(ESL English Composition)、


勉強もしながら(Composition, SLW, TESOL)、


恋愛もしながら(結婚しました)、


黒猫2匹を溺愛しながら(海丸と亀丸をよろしく)、


山あり谷あり人生を堪能中です(山も谷も好き)。



楽しいことが時々あります。楽しいフリをしていることもあります。楽しいような気がする時もあります。疲れることもあるけれど、一応今の生活&人生には満足してます。




テーマがないけれど、


そのうち熟成されて味のあるブログになると信じているんだけど?





追伸:2011年5月に大腸癌発覚。その後手術と化学治療を受け、今ではすっかり快復しています。その頃のお話が今だ続いてますが、明るく生きておりますのでご心配なく。読んで落ち込むようなブログにならないように心がけています。








にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 教育ブログへ


にほんブログ村
にほんブログ村







テーマ:

皆さま、お元気にお過ごしでしょうか。

昨日まで日本からの友人が遊びに来ていました。

遊びまくって寝不足です。

今週末はオースティンで浮き輪で川下りをしてきます。

来週からはしばらく仕事が猛烈に忙しくなるので

ギリギリまで真剣に遊びます。

 

 

さて、前々記事の引っ越しつながりということで

今度はアパートの引っ越しの話をしよう。

 

この度1ベッドルームから

長年の夢だった2ベッドルームに引っ越しをした。

 

ここに至るまで

私は様々な工夫と戦略を練って

我ながら作戦大成功の結果となった。

 

2ベッドルームは

ニューヨークにいた時から住みたいと思っていた。

 

でも今まで

あえてそれはミッキー(夫)には主張せず。

 

内心強く強く強く願っていたことだけど

住まいに関しては

よっぽどの問題点は触れてたけれど

基本、文句は言わないようにしていた。

 

贅沢な希望だと分かっていたから

現状を有り難いと思うようにしていたのだ。

 

アメリカに来てから

ダラスに来るまでは洗濯はずっとコインランドリー。

洗濯機の置けるアパートに住みたいけれど、

なくても生きていける。

 

ベッドルーム二つあったら

客室やオフィスに使えて便利だけど

なくても生きていける。

 

キッチンも

もっとモダンで新しくて

更にアイランドキッチンだったら

嫌いな料理も楽しくなりそうだけど

使えれば生きていける。

 

バルコニーがあれば

海丸と亀丸(猫)はどんだけ楽しむか。

でも窓さえあれば、

やつらを幸せにする自信はあるから

生きていける。

 

バスルームも二つあったら

お客さんが来た時に便利だし、

普段も取り合いにならなくていいけれど

基本に人間二人に二つは贅沢だから

一つで生きていける。

 

クローゼットも

ウォークインクローゼットが夢だけど

物が入る場所があればいいわけだから

生きていける。

 

と、数々の秘めた希望を自分の中で打ち消し

ミッキーと話題に上がれば

こうだったらいいなと多少触れることはあっても、

なくても別に全然いいよね。

と住んでいたアパートの文句は言ったことはない。

 

言ったところで

簡単に変えられるものではないし

口に出したらその気持ちも余計に強くなってきて

変えられないものに執着して

毎日過ごす空間がお互いにとって心地悪くなっても

意味がないと思っていた。

 

でも

次アパートや家を購入

もしくは家を建てることあれば、

自分の欲をさらけだそうとは思っていたので

心の中でしっかりとリストアップはしていた。

細かいことを含めると、上のよりももっとあるよ。

 

本当に住みたかった、そんなアパートに。

そんな気持ちを密かに抱えて9年。

まぁ、9年って考えたらあっと言う間で

長いようで短いのだが

その間一度も主張したことがないと考えると

私にしては良く9年も気持ち抑えられたなと思う。

 

そしてダラスに辿り着いたわけだけど、

最初の1年住んでいたアパートは

新しくてモダンで、設備は整っているけど

今まで住んでいたどのアパートよりも小さかった。

 

ニューヨークのアパートと比べて

3分の2以下の広さで

収納スペースも限られていたので

収納しきれないものは箱のまま

キッチンの一番上の棚の上に積み上げていた。

 

ソファーも仮の安いバルコニー用のソファーで

二人座ると窮屈で

最後の方は座る部分が壊れて、クッションもボロボロにやぶけ

二人でくどい程ベッタリ寄り沿いながら沈んで座っていた。

 

でも、ニューヨークのアパートが売れない限りは

これ以上の家賃を払うのは苦しすぎる。

新しい家具も二人で動かすの大変だから

次のアパートまで買いたくない。

 

とりあえず、金銭的に落ち着くまではこれでいい。

 

と思っていた。

 

でも、これで一抹の光は見えて来た。

 

この1ベッドルームは狭いけれど、

それでもアイランドキッチンがある。

バルコニーがある。

ビチビチに詰まっているけど

ウォークインクローゼットもある。

洗濯乾燥機もついている!!

 

ぉぉぉぉぉおおおおおおおっとう

 

気が付いたら一気に理想に近づいているじゃないか。

 

ま、アパート探す時に、希望を聞かれたので

予算内に入れば

出来ればこういうの、と私がリストアップしたのだけどね。

(で、ダラスでは結構こういうアパートが手頃な値段で

 見つかることが判明。ニューヨークだったら無理だ。)

 

これでミッキーも

私のアイディアの素晴らしさを味わえば

同じような希望を持つようになるかもと思っていたのだ。

 

ということで、

去年の7月にダラスに引っ越してきてから

私の野望を現実にする、ザ・夢のアパート作戦は始まった。

 

2年後かな、1年後は無理があるかな。

贅沢すぎるかな。

ま、気長に行こう。

 

と思っていたのだけど、

予想外に1年で済んだ。

期待していなかっただけに、嬉しかった。

ニューヨークのアパート売れたしね。

 

その作戦と実行がね、自分でも笑っちゃうくらい

あまりにも戦略的で細かいので

友人に話すと

ものすごく感心される上に笑われるのだが

かい摘んで話すと

 

まず、ゴールは

ミッキーに「2ベッドルームに住みたい。」と言わせること。

私からの提案ではなく、ミッキーをその気にさせて

ミッキーから提案がくるように仕向けること

であった。

 

引き続き、私から文句は決して言わない、は、しっかりと守るようにしていた。

実際、いろいろな希望がすでにかなって嬉しかったし、

すぐに引っ越ししたいとまでは思っていなかったので

猫がバルコニーでくつろいでいたり

洗濯がいつでもできたり

テレビ見ながら料理ができたり

新しいアパートを有り難く楽しむことにしていた。

 

一番工夫していたことは、

「このアパート狭い」

思わせること

誰かが泊まりに来た時に

「何かと不便」

と思わせることであった。

 

例えばね、

無理すれば、納めることのできるものを

あえて収納スペースに突っ込まず

外にさらけ出しておく。

 

普段は必要ないものが

ある時突然必要になった時

クローゼットから探し出すのだが

それを必ず二人で探すことにして

あっちこっち開けてあさるので、

いかに面倒かを理解してもらう。

 

誰かが泊まりに来た時は

不便なことは明らかだったので

これといって工夫はしなかったが

例えばお義母様が訪ねてきた時は

ここに泊めるのはあまりにも可哀想で

逆に失礼だからと

部屋代、私たち持ちで

近くのホテルに泊まることを提案。

実際、お義母様が訪ねてきた時アパートを見て、

ここでお客を泊めるのは無理ね

とスパッと言ってくれたので、

それも彼には効いたよう。

 

ま、こういう小さなことの蓄積ですね。

もっともっとアパートの契約が切れるのが近づいてきた時など特に

色々な面白いことをやったのだが

 

話がややこしいので省くとして

 

今からちょうど3ヶ月前、

ミッキーの方から引っ越しをやんわり提案

(取り合えず他のアパート見るだけ見てみるかな、みたいに)

そしてその3週間後に

新しいアパート決定となった。

(実際の引っ越しはその2カ月後)

 

思っていたよりも早く話が進み

私の予想外の展開。

 

ミッキーがその気になり始めた時も

「お?」と思いながら期待はしないようにしていた。

 

いやぁ、決まった時は本当に信じられなくて。。。

引っ越しをする当日まで

何かオチがあるのではないかとドキドキしていたよ。

 

家賃も思っていたよりもリーズナブル。

しかも同じアパート内の1階から2階に引っ越すだけ。

他も色々とあたったが、たまたま上が空くと聞いて

覗いてみてみれば

私の希望を全てクリアしていただけでなく

それ以上だったので、

 

オチ

 

オチはどこだ?

 

これは何かの罠?

 

全てが私の戦略通りにスムーズに運び

話があまりにもうますぎることが

どうしても信じることが出来なかった。

 

 

でも

 

 

本当の本当に引っ越ししました。

2ベッドルームに。

上にリストアップしたもの全部クリアしてます。

 

 

 

 

とても快適です。

 

 

 

新しいソファーも買いました。

ベッドのマットレスも思い切って

新しく買いました。

 

 

本当に嬉しいです。

朝、新しいアパートで目を覚まし、

辺りを見渡し、

自分の夢描いていたような空間に自分がいることが、

何だか不思議な気持ちにさせられる。

 

海と亀が楽しそうにバルコニーでくつろいでいるのを見ると

幸せでニヤけが止まらない。

 

 

 

次は、アパート買おうか。3ベッドルームだね。

 

 

と、今度はミッキー

 

調子に乗ってきて

彼の野望が膨らみ始めたよう。

 

私は、もうこれで十分。

内秘めた野望は持ちません。

 

 

まぁ、確かにずっと賃貸というのもなんですから

そのうち買いたいですけど

しばらくはここがいいです。

「ここで」じゃなくて「ここが」、ね。

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

皆様、お元気にお過ごしでしょうか。ボボコです。

一昨日から日本から友達が来ています。

有休が取れる日数が限られているので、

可哀想だけど

昨日、今日と一緒に職場に来て貰って

(そしてオフィスの引っ越しと掃除を手伝わせ。。。)

(でも何か楽しそうにしてくれてる)

明日からは

しばらく有休を取って来週の水曜日まで遊ぶ予定です。

 

 

アメリカの大学で教えていると

 

日本大好きLOVE

 

な学生に

それなりの頻度で出会う。

 

それは教え初めの時からそうだった。

 

私が日本人と分かると

すり寄ってくる学生や

授業の後付いて来たり

課題のエッセーの名前を日本語で書いて来たり

アニメの落書きを私が見えるようにノートや白板にしたり

パワーポイントのプレゼンにも日本語入れたり

メールの挨拶も日本語だったり

 

私、日本好きなの 大好きなの

 

を様々なカタチでアピールする学生がいる。

 

名前を見れば日本人と分かるから

あえて私のクラスを選んで履修する学生も時々いる。

 

この夏学期もやはり

 

日本好きな学生が結構いた。

 

中でも一番多かったのが韓国人学生。

2クラス合計で8人の韓国人学生が私のクラスを履修していたが

 

ことあるごとに日本語を話したがる。

 

授業前も授業後も

授業中も。

 

初日から「はじめまして」

「おはようございます。」

「ありがとうございます。」

 

出席取る時も

「はい!」

 

どんだけ日本語好きなんだと関心する。

 

また奴らとても発音お上手。

 

今学期、いつもと違ったのは

授業中の日本語の発言が多かったこと。

そして日本語で学生同士が会話をしていたこと。

 

「お腹すいた~」

「うん。俺も。」

って、短いが普通に会話してた。

 

「先生、質問あります。」

とか

「先生、分かりません。」

とか

 

最初は放ったらかしていた私も

何か段々調子に乗り過ぎてきてるなと思い

英語を学んでいるのだから授業中はちゃんと英語で話しましょう

他の学生(日本語が分からない学生)にも失礼だし

 

と注意し

学生達も気を付けるようになった

 

のだが

 

H君だけはどうしても染みこんだ癖がなかなか抜けず

ちょっとしたリアクションは日本語になっていた。

 

宿題のプリントを配っていると

 

やめてくれ~~

 

 

何かがうまくいった時、

 

よしよし

 

これがあまりにも自然に言うものだから

ひょっとして実は韓国語のリアクションで

日本語に聞こえるだけなのかもと

 

しばらく聞き流していたのだが

 

何度聞いても

 

 

やめてくれ~~

 

よしよし

 

それも使用頻度が高い。

そんなに嫌がることを押し付けていたかしらん。

ま、ちょっと意地悪なことしたりするものね、私。

 

時々、頭抱えて

 

ああ、やめてくれ~~!

 

って、それ完全に日本人だよ。

ズッコケたくなる。

 

これは日本語に違いない。

そう確信して私は注意することにした。

 

 

「H君、ひょっとして日本語話してる?

やめてくれ~って言ってる?

よしよしって言ってる?」

 

 

H君、私に指摘されてニターーーーーーー。

 

周りもニターーーーーーー。

 

 

やっぱりね。

 

 

「やめてくれ」ってstop itっていう意味で

「よしよし」はOKOKっていう意味だよ、と

一応知らない他の学生に教えてから

「H君、日本語話すの禁止!」と注意。

 

その途端

 

 

「やめてくれ~~」

 

と他の日本語を知らない学生達が大声でH君に突っ込み

 

H君「はい」

 

 

よしよし」

 

 

で、爆笑。

 

で、結局

 

「やめてくれ」と「よしよし」だけ

オーケーということになってしまったという話。

 

あれは私も爆笑してしまったし

もう止められなかったね。

 

ま、皆で決めたことだからいいかと思って。

 

学期の終わりまで

皆「やめてくれ~」とうるさかった。

 

どんだけ嫌がらせしてたんだ、私。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

皆様、お元気にお過ごしでしょうか。ボボコです。

今朝オフィスに入ったら

パソコンと電話が無くなっていました。

今週新しいオフィスに移ると聞いていたけれど

先にパソコンと電話が引っ越ししてしまい、

私は鍵がないのでまだここでポチョンと座っております。

一瞬盗まれたのかと思ってかなり焦ったよ。

(盗まれてない、と思う。。。)

たまたま自分のパソコン持ってきてて良かった。。。

ということで仕事のパソコンないと仕事できないので

ブログでも書きますか。

 

今の大学で1月からフルタイムとして働いている私だが

オフィスは

仮のオフィスで

オフィスメイトがいる。

 

彼女とはとても仲良くしていて

中国系アメリカ人の彼女だから

私が「ウサギ年」って言ったら

「私もウサギ年!」と言ってからすぐにその意味を理解

 

私の方が12歳年上ということに。。。

 

そういう何歳とか

何だか面倒な質問は省けるから

何かと会話がしやすい。

 

それにしてもここ最近仲良くなるのは10歳以上の年下ばかり。

 

人とオフィスをシェアするのは慣れている。

それに今回は同じ時に働き始めたので

新しい職場のシステムに慣れるのにああでもないこうでもないと

側に相談できる人がいるというのが非常に良かった。

ダラスに引越ししたのもお互い同じ頃。

ESLを教えることでも何かと意見が合い

食の好みも合う。

すでに何度か彼女の婚約者とミッキー(夫)とダブルデートをし

再来週の週末は泊まりでオースティンに遊びにいく。

気の合う彼女とシェアできたのは大当たりだったと思う。

 

そんな彼女となら

これからも当分仮のオフィスでもいいよ、と

思っていたのだが

この度、ちゃんとした個人のオフィスに引っ越すこととなった。

 

新しい職員が最初にオフィスをシェアするのは珍しくなく

別の同僚はちゃんとしたオフィスを貰えるのに2年かかったと聞いていたので

全く期待していなかったのだが

先週、突然

「この部屋使いたいからあなた達に新しいオフィスあげるわ。」

と上司が私たちのオフィスにやってきて報告。

 

しかも

 

私の今度のオフィスは

退職されて偉い人が使っていたオフィスということで

広々としていて

素敵という噂。

この立場でそんなオフィスを使っている人はいない。

 

他にも空いているオフィスがある。

 

基本ね、私のポリシーとして

誰がどっちと決める時は

必ず程度の落ちる方を選ぶことにしている。

 

今のオフィスも

どのデスクにするかと決める時

こっちと

こっちの

 

どちらがいいかと聞かれて

 

真っ先にこっちを選んだ。

(ね、パソコンないでしょ。

 これパソコン一つがやっと置けるサイズのデスク。)

 

驚かれたが、これは私が日本人だからかな?

実際、どっちでもいいし、

質のいい方を選んで

そこに私がドカッと座って

側にチョコっと同僚が座る日々を送る方が

よっぽど居心地が悪い。

よってこういった具合にいつも誰がどれの選択時は

皆んなが欲しくなさそうなのを選ぶ私である。

 

というわけで

 

この新しいオフィスについても

他にオフィスを貰う人がいたので

希望はあるかと聞かれた時に

「特にないです。余ったやつにしてください。」と

言ったのだが

 

なぜか一番人気のオフィスを貰うことになった。

 

しかもね、学期中のオフィス引っ越しが普通で

「このクソ忙しい時に!」と

ブツブツ言いながら引っ越ししている同僚を良く見てきたが

私達の場合は、珍しく学期と学期の合間、

つまり仕事が暇な時に引っ越しが決まった。

私達のオフィスを早急に空けたいのだろう。

このタイミングの良さ。

 

 

何でだろう。

 

 

嬉しいけど、

 

 

何か怖い。

 

 

今年はね、

 

何か

 

何もかもがこうタイミングが良くて

やたらと自分にいい風が吹いていて

 

一生の運を使い切っているのか

今まで貯金していた運を一気に引き出しているのか。

 

 

まぁ、でも

 

何かと周りには「大変ね」とか「本当色々起きてるよね。」と

気の毒がられることが多いので

自分は別にそんなに不運とは思っていないのだけど

側から見たらそう見えるということは

私が何かネガティブなことに麻痺しているのかもしれない。

 

となると、これは貯金していた「運」を出しているのかな。

今までのご褒美だ、と

自分に言い聞かせているのだけど

 

何かね

 

こういう年って

一生に数える程しかないと思っている私は

 

ちょっと勿体無い

 

と思ってしまう。

 

もうちょっと小出しにしてもいいのにな。

 

 

基本ネガティ部な私は

こんなところでも考えすぎるのでした。

きっと新しいオフィスに引っ越ししたら

もっと素直に喜べるのだと思います。

というわけで新しいオフィスに引っ越ししたら

また写真をアップします。

噂のオフィス、どんなのかしらん。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。