BoBoBooks(ボボブックス)電子書籍DoCompany出版社

電子書籍出版で流通・販売を実現するサービスのBoBoBooks(ボボブックス)です。電子書籍化から出版・販売・プロモーションを行うDoCompany出版です。

$BoBoBooks(DoCompany出版)電子書籍で本を出そう-ボボブックス

電子書籍出版で流通・販売を実現するサービスのBoBoBooks(ボボブックス)です

個人作家さん、漫画家さん、歴史研究家さん、自費出版を考えている方など

電子書籍化から出版・販売・プロモーションまでDoCompany出版にお任せください

個人から企業まで「書き手(作家)」が自由に出版できる時代です!本の新しい未来のカタチです!
Amazon、楽天kobo、BookLive、紀伊國屋書店Kinoppy、Apple iBooks、SONY Reader Store、
TOSHIBA BookPlece、SHARP GALAPAGOS、Yahoo!ブックストア、Googole PlayBooks、他・・
様々な書店への販売が可能です

BoBoBooks(ボボブックス)ホームページ



DoCompany出版の@LINEページ  友だち追加数

テーマ:

相変わらず出版不況が続いている。

それは紙書籍の市場で特に雑誌関連と言われている。

 

2016年の出版市場は1兆6600億円(出版科学研究所調べ)。

過去最高だった1996年の2兆6000億円から20年で、1兆円ほど縮小しているらしい。

 

しかしながら電子書籍市場は伸びていてマンガは年間に30%以上の成長をしているとか。

特にスマホでマンガを閲覧するユーザーは、ここ2年で51%増加しているという数字があります。

 

ここで「スマホ」というのがポイントだと思います。

 

常に身近にあり手軽に使えるスマホは最高の便利ツール。

最近は5インチ以上のスマホも多く見やすくなってきています。

 

そこで、スマホでのマンガ閲覧はとても便利です。

5インチ以上と言っても画面は小さいですが、マンガはコマで構成されているので文章よりも読みやすい。

 

小説やビジネス書をスマホで読むのは疲れますがマンガであればとてもスムーズです。

いつでも簡単に読むことができます。

 

このスマホでのマンガ閲覧の増加を見ていると、マンガ以外の電子書籍コンテンツも何か考えなければいけないと思います。

 

単に紙から電子という切り替えではなく、スマホ用の電子書籍という視点からコンテンツ制作を考えるべきなのかと。

 

紙の書籍にしたら読みにくい、本に見えない、しかしスマホ用の電子書籍としては最高のコンテンツという何かを見つけたいですね。

 

ある意味、これに特化するという目線でも良いかと思います。

 

このスマホでマンガ閲覧が多いというニュースを見て新しい何かを考えられそうです。

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

DoCompany出版から配信されている電子書籍をご紹介します。

 

さばえ近松文学賞2015~恋話(KOIBANA)~

 

近松の里づくり事業推進会議
価格:300円

 

(2016年の作品はDoCompany出版社のホームページからどうぞ)

 

さばえ近松文学賞2015~恋話(KOIBANA)~

 

福井県鯖江市の「近松の里づくり事業推進会議」が主宰する『さばえ近松文学賞』2015年度版。
鯖江で幼少期を過ごした、世界に誇る文豪「近松門左衛門」が生まれてから360年の節目である2013年度からスタートしました。
「さばえ近松文学賞~恋話(KOIBANA)それでも人は恋をする~」として「近松の里・鯖江市」が恋にまつわる短編小説を全国から募集した受賞作品を掲載した電子書籍です。
福井県出身の直木賞作家・藤田宜永さんが特別審査員を務めています。

◆近松賞
「夢の夢こそ」  牧 康子
◆優秀賞
「かささぎ橋」  山田 密
「ビー玉じゃなくエー玉」  堂埜 咲代子
「絹唄」  荒川 栄美
◆佳作
「クレマチス越しの視線」  山野内 綾香
「桜切り」  後藤 眞吉
「いくひさしく」  杉原 佳菜
「仄聞~白鬼女橋~」  渡利 與一郎
「こう姫」  山本 純子
◆松平昌親賞 学生部門
「君に会うために」  塩田 きよら

AmazonKindle
BookLive
楽天kobo
紀伊國屋書店
7ネットショッピング
ひかりTVブック

 

iBooksやGoogle Play ブックスでも配信していますのでスマホからでも購入出来ます。

※電子書籍を読むには、各ストアのアプリをスマホやタブレットにダウンロードする必要があります。
読書に必要なアイテムは、パソコンやスマホやタブレットが必要になります。
また、ストアによっては専用の読書端末を発売しています。こちらは目が疲れないインクペーパーを採用していますので長時間の読書に最適です。
 

電子書籍専門DoCompany出版(BoBoBooks)

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

スマホ、タブレットなど、デジタルガジェットが大好きで、アスキーなどを読んでいると、その解説をしているライターが羨ましくなってしまいます。

 

特に最新機器、日本発売前を手に入れ細かに解説しているのは本当に憧れます。

 

まぁ、そんな私が先日誕生日と言うことで大切な友人がネーム入りのUSBメモリーをプレゼントしてくれました。

 

 

なんだか、ムッチャ嬉しかった~。

 

実用性的には、普段データーなどを業者さんとかに渡す際に、帰ってこないことを前提にUSBメモリを渡してしまいますが、これに関しては帰ってこないと困るので普段は使わないと思います。

 

では何のデータを入れるのか??

 

それは不明ですが、私としてはネーム入りのUSBメモリーっていうのが初めてなのでとても新鮮で嬉しいですね。

大切に使おうっと。

 

電子書籍出版DoCompany出版社(BoBoBooks)

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

世の中のペーパーレス化は着実に進んでいると思います。

パソコンの普及から始まり、スマホ、タブレットが当たり前の時代になったことで、新聞の発行部数が少なくなり、電子書籍が本の市場の中に入り込んで、紙を主体とする情報共有物は少なくなってきていると思います。

 

「読む」という感覚でのペーパーレスは多くなりましたが、まだまだ「書く」という感覚のペーバーレスは少ないです。

 

最近のiPad Proなどでも直接タブレットに書き込めることで、実現していますがまだまだ少ないです。

 

そこで、Sonyが「紙」感覚にこだわったデジタルペーパーを出してきました。

 

http://www.sony.jp/digital-paper/lp/

 

Eインクの液晶なので、目にも優しく紙に近いです。

電子書籍のリーダーと同じ感じです。

 

しかも、クラウドにつなげられるので書き込んだ内容はPDF化でクラウドに保存できてPCでのチェックが可能という優れもの。

さらには、デジタルペーパーに読み込んだ資料に書き込みを入れることも可能。

 

iPadと違う点は、Eインクを使用しているので、バッテリーの持ちが最大3週間と他と比べられないほどの持ちなんです。

そして実際のA4ノートよりも軽い、349g。

 

なんとも素晴らしい。

 

なので、手帳を持ち歩くよりもこれの方が良いことになりますね。

 

まぁ、自分のノートを破って何かをすることは出来なくなりますが、現実的にペーパーレスという感覚では、最高のツールとなる素晴らしい製品です。

 

一度使って見たいですね。

 

電子書籍出版DoCompany出版社(BoBoBooks)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

私は多くの本を読みますが、速読は出来ません。

本を読むスピードは、作者の文章次第なんです。

 

読みやすい、読みにくいというレベルなので、私は速読で読めません。

 

良く、速読に関する内容を読むと、斜めで読むとか、画像化して記憶するとか聞きますが、私はどれも出来ません。

 

しかし、速読が出来たらとても助かると思っていた私に、衝撃的な記事が。。。

 

「速読術には意味がなかった? 「読書力」を向上させるために本当にすべきこと」

http://wired.jp/2017/04/05/speed-reading/

 

WIREDの記事ですが、まぁなるほどと思います。

 

 

「とにかく読む事」

 

本を読むスピードが本によって違うのは、書き手の内容にもよりますが、自分の頭の中にインプットされている情報内容の量にも変わると思います。

頭の情報量が多いと、入ってきた文章を瞬時で理解しながら進めるのですが、情報が少なければ処理する機能が遅くなる気がします。

 

簡単に理解できる本は確かに読み終えるのが早い。

しかし、内容的にも難しく知らない単語などが登場すると1冊読み終えるだけでも大変です。

 

なので、自分の情報処理能力次第なのかと。

だからこど、とにかく読む事なのでしょうね。

 

読書は大切ですね。

 

電子書籍出版DoCompany出版社(BoBoBooks)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

先日発売されたAppleの新しいiPad Pro9.7インチを購入しました。

 

これまで、iPad Airの初期型だったので、2シーリーズ空けての購入になったので、新鮮さを感じます。

 

 

私は、パソコンでのバックアップをしていますので、これまでのiPadと何も変わらずにそのまま使えるようになります。

当然ながら、細かな設定は必要ですが、ほぼ何もしなくてもこれまで通りです。

 

しかし、これまで通りでは無いのが重さ。

 

軽い!

 

Airでも軽いと思いましたが、さらに軽くなりましたね。

普通に折り曲げられそうな薄さと軽さが、携帯性をより便利にしてくれそうです。

 

そして、動きが軽い!

これまで、128Gを思いっきり使っていたし、動画、書籍、コミックなどでの使用で、エンターテインメントの使い方が多く動きのもっさり感にストレスを感じていました。

 

新しいと新鮮ですね~。

ますます、iPadの活用が広がりそうです。

 

電子書籍出版DoCompany出版社(BoBoBooks)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

出版を考えてるお客様の中には、話すことは出来るけれども文章に出来ないと言われることが多いです。

 

本当に素晴らしいネタを持っている方で、講演やセミナーなどをしているのに、文章が作れないという方が非常に多いのです。

 

私が思うに単にタイピングが出来ないだけなのかと思っていたのですが、そうでも無く「感性」で話しているだけで、「形式」的に出来ていないのかもしれません。

なので、文章に出来ない。

自分で文章にするとぐちゃぐちゃになるタイプです。

 

なので、そのような方の場合にICレコーダーなどに録音して文字起こしをするのですが、非常に時間が掛かるだけではなく、そこからもう一度構成などを考えて文章を作り替えないといけません。

かなりの労力です。

 

なので、専門家に頼むと高額になります。

 

ソフトで音声データーの文字起こしもありますが、イマイチなんです。

 

そしたら無料アプリにあるですって!!

ニュースサイトだけの確認でまだ使用したことありませんからなんとも言えませんが、これが使えるのならば素晴らしいです。

 

 

ちょっと使い方を学んで実際に使用してみたいと思います。

そうすれば、効率が高まるだけでは無く、文章は書けないけども出版したいという方の敷居が低くなるかも知れませんね。

 

まずは試してみることにしましょう。

 

電子書籍出版DoCompany出版社(BoBoBooks)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

「TSUTAYA(ツタヤ)」を展開するカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)が、雑誌や書籍を幅広く発行する徳間書店を買収

ニュースサイトで読む: http://mainichi.jp/articles/20170314/k00/00e/020/176000c#csidx50aa739b2321d968355c46ef07f94e8 
 

老舗出版社が買収されるというのは、現状が厳しいのかどうか分かりませんが、新しい時代の流れについて来れないというのが一番の要因だと思います。

 

このニュースは某経営者のメルマガニュースで知りました。

その時のコメントに、眠っている資源があるから、通常の経営をしていればかなり収益が改善するのだろう。

っとありました。

 

間違いないですよね。

老舗の出版社は本当に羨ましいくらい資源があります。

上手く活用して時代に流れに載せれば儲かるでしょうね。

 

ちょっとした出版社のニュースでした。

 

電子書籍出版DoCompany出版社(BoBoBooks)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

電子書籍は読者にとって便利なツールで、思い本を何冊も持ち歩かなくてすむし、欲しいタイミングですぐに購入出来るし、しかも安いし。

さらには、電子書籍端末によっては、様々な機能が付いているので通常の本に戻すのが難しくなるほどです。

 

しかし、残念な点があります。

購入の際に、本屋さんみたいにブラブラと何か無いかと歩いている時に本と出会うというのがありません。

店に行かないから当然ですよね。

 

それの解決にはならないと思いますが、何気に他の方が推薦している本が目に入るようながあれば新しい本との出会いも可能になりますよね。

 

講談社が、スマホだけで自分の電子書店を開設できる新サービス「じぶん書店」というサービスを提供するらしいです。

 

推薦コメントを入れるだけで自分の書店が開設できて、SNSでシェアできるし、さらにはアフィリエイトで収入にまでなる。

 

 

これは面白いサービスだと思います。

Amazonや楽天のアフィリエイトと同じ様な感覚だと思いますが、推薦コメントという自分の感想が書き込めるという点は違うと思います。

 

実際に、どこまでのコメントを入力できるのかは不明ですが、その道の専門家が推薦する本であれば読んでみようという気持ちになることもあります。

 

本を探している読者もハズレなく本を買えるかも知れません。

 

サービスは4月からということですが楽しみですね。

 

電子書籍出版DoCompany出版社(BoBoBooks)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

DoCompany出版社から配信している電子書籍をご紹介します。

 

■雲井にあげよ~ふくい城物語~

 

吉川博和:著

700円

 

 

タイトルは柴田勝家の辞世の句「夏の夜の夢路はかなき跡の名を雲井にあげよ山時鳥」から引用しています。
福井の城は、歴史上重要なポジションになっていることも多く、その城には名だたる城主の存在がありました。歴史背景や人物は背景まで城を通して感じて頂ける作品になっています。
2011年5月から8ヶ月間にわたって中日新聞と日刊県民福井に連載された内容に3つの城を追加して製作された書籍です。

AmazonKindle
BookLive
楽天kobo
紀伊國屋書店
7ネットショッピング
ひかりTVブック

 

iBooksやGoogle Play ブックスでも配信していますのでスマホからでも購入出来ます。

※電子書籍を読むには、各ストアのアプリをスマホやタブレットにダウンロードする必要があります。
読書に必要なアイテムは、パソコンやスマホやタブレットが必要になります。
また、ストアによっては専用の読書端末を発売しています。こちらは目が疲れないインクペーパーを採用していますので長時間の読書に最適です。
 

電子書籍専門DoCompany出版(BoBoBooks)

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。