「沖ウト」って一体何だろう

テーマ:
先週末、スーパーにツマミを見に行った際に見つけたのがごれ。



 

100円の半額、50円というのは衝撃的な安さ。

けど「沖ウト」って、一体何だろうかなと。

 

スーパーは家の目の前ですけど、一度帰って調べてからだと面倒でもう買いに来ないでしょう。

まぁ50円なら失敗も已む無しかな。

とりあえず買って帰って、食べ方をネットで調べたら...

 

ありましたよ。

「沖ウト」より「おきゅうと」の方が通りがいいようです。

 

福岡ではメジャーな食べ物だとのこと。

要は海藻の加工品だから、心太みたいなものなんでしょうね。

生姜醤油につけて食べるものみたいですけど...

 

この味、かつて野沢の人に「えご」だったかと言われて食べたものじゃないかなと。

関連を再度調べたら、どうやら同一のものだということがわかりました。

 

 

ほ~、福岡と長野で同じような食材というのも面白いものですね。

歴史上どこで繋がるのかまでは調べ切りませんでしたけど、これが近所のスーパーで手に入ったというのもまた不思議なものです。

 

さっぱりしているので、酒のツマミというよりは健康食品みたいな感じかな。

とはいえ、選べば日本酒にこの味も無しではないかなと。

これからの寒い季節向きでは無さそうですが、暑い時期に見かけたらまた食べてみたいと思います。

 

 

世の中知らない食べ物はまだまだあるんだなと、しみじみ感じた週末でした。
AD