今朝の記事に書いたように、今日は船舶検査でした。

マリーナは寒そうだなぁと思いながら、10時前に車で向かいましたけど...
 
外は暗くて、まるで雪国みたいな景色です。

 
気温は何と0.5℃...
国道357号線を走る車、凍結・スリップを警戒してゆっくりめに走っていたので、普段よりも時間がかかってしましました。

マリーナの駐車場に到着する直前、携帯電話が鳴り出します。
恐らくJCI(日本小型船舶検査機構)の方だろうなと思ったら、やはりその通り。
10:45に来るとのことだったので10:30に着いて準備をしておこうと思ったんですけど、いきなり駐車場でお会いすることになってしまいました。


「おはようございま~す。よろしくお願いしま~す。」
検査なので恐い人が来るのかと思っていましたけど、案外そうでもなく気さくな感じの方。

ボートに着いて、慌てて法定備品等を出してと。


チェックリストで様々チェック、最後に航海灯点灯とエンジンを見てと。
この間、わずか15分程度。
元々の約束時間をちょっと過ぎた10:50には終了です。

検査の方、直前は旧江戸川で桟橋に係留した和船に行ったとのことで、桟橋は滑る、和船なのでキャビンはなくて寒かったとか。
この後は浦安マリーナで残り3艇検査するけど、今日は早く帰りたいね~
こんな喋りしながらだったのであっという間に終わってしまったという感じです。

マリーナに代行をお願いしていたら16000円だかなので、こりゃ自分でやった方が絶対お得ですね。


 
検査記録を貰って、今回の検査は終了!


 
こんな雪のなか、わざわざお越しいただいたJCIのO塚さん、ありがとうございました。 
AD

コメント(2)