6日午前8時10分ごろ、大阪市天王寺区茶臼山町のJR大阪環状線天王寺-新今宮駅間の一ツ家踏切手前で、走行中の下り快速電車の運転士が踏切内を横断する人を見つけ、電車を急停車させた。運転士が確認したところ、すでに人はおらず、運転を再開。乗客約520人にけがはなかった。

 JR西日本によると、この影響で大阪環状線や阪和線など上下線計19本が運休、計21本が最大16分遅れ、約3万人に影響した。

【関連記事】
線路で空き缶拾い JR関西線遅れで4万人に影響 大阪
急ピッチ 空に続く最速鉄道 成田スカイアクセスで走行試験
防げ「撮り鉄」暴走!山陰線は厳戒 複線化あす記念電車
昨年度の人為ミス52件 JR九州が年度統計を初公表
「踏切観察」静かなブーム 「昭和」の香りのシンボル

医療・介護連携テーマに6月にセミナー(医療介護CBニュース)
ヤフーと中国最大手 ネット通販を一体化(産経新聞)
9地点で月間日照時間最少=4月、寒暖の差大きく-気象庁(時事通信)
TBS社員をかたり詐欺(スポーツ報知)
豊川一家殺傷 長男を現住建造物等放火容疑で再逮捕へ(毎日新聞)
AD