小沢鋭仁環境相は19日の閣議後記者会見で、水俣病未認定患者団体による損害賠償請求訴訟で、熊本地裁から示された和解所見(和解案)に対する被告の原因企業チッソの対応について「そういう(受け入れの)感触だとの報告を受けている」と述べ、受け入れるとの見通しを示した。
 和解案をめぐっては、チッソとともに被告側の政府は受け入れを決定済みで、熊本県も受諾する姿勢。一方の原告側は28日の原告団総会で受け入れの是非を決める。 

【関連ニュース】
水俣病、和解案受け入れ=未認定患者訴訟で
水俣病訴訟、和解の可能性=国や患者会、所見受け入れ検討
水俣病和解案、十分に検討=鳩山首相
一時金210万円、国は療養手当=患者認定は「第三者委」
関東の水俣病未認定患者が提訴=国などに賠償請求

<戸田市長選>神保国男氏が4選(毎日新聞)
都の高齢者、「支えられる」から「社会を活性化」へ―協議会が最終報告(医療介護CBニュース)
<再リコール>ヤンマー修理済み製品が発火(毎日新聞)
<経費二重計上>政治資金と政調費に 岐阜県議2人(毎日新聞)
強風 関東地方を中心に強い風 東京・調布で3人けが(毎日新聞)
AD