前原誠司国土交通相は14日の閣議後記者会見で、福井県が高速増殖炉「もんじゅ」(同県敦賀市)再開に伴い、未着工となっている北陸新幹線(金沢~敦賀間)の整備を求めていることに対し、「別問題だ。採算性や並行在来線の問題などを整理することなしに、『はい、分かりました』と軽々に言える話ではない」と述べた。
 これに関し鳩山由紀夫首相は13日、西川一誠同県知事と会談した際に「地元の努力に十分報わなくてはいけない」として、前向きな姿勢を示していた。 

【関連ニュース】
【動画】ナトリウム漏れから14年半 「もんじゅ」運転再開へ
【動画】もんじゅ、5月上旬にも再開=「前向きに」と福井県知事
【特集】迷走!普天間移設~政府、5月決着を断念~
【特集】「陸山会」土地購入事件~検察審、小沢氏「起訴相当」を議決~
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能~みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー~

JR総連内に革マル派浸透(産経新聞)
車内に乳児遺体=万引きで逮捕の夫婦の子か-茨城(時事通信)
<コープかながわ>売れ残ったトンカツを冷凍し再び販売(毎日新聞)
雑記帳 アップルパイマップでPR 青森・弘前(毎日新聞)
子供への性犯罪「前歴者住所」提供で防止は7件(読売新聞)
AD