社民党の阿部知子政審会長は18日、神奈川県藤沢市内で記者団に対し、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)をめぐる鳩山由紀夫首相の対応について「首相は外交も下手だし、詰めも甘い。首相の政治家としての真価が問われている」と批判した。

 さらに、首相らが移設先として検討している鹿児島県徳之島で反対集会が開かれたことに関し「もし徳之島に移そうと考えるのであれば、まずきちんと自治体と話す(べきだった)」と述べ、政府の姿勢に問題があったとの認識を示した。

 阿部氏は藤沢市内での講演では、平野博文官房長官の取り組みについて「優しさとか、粉骨砕身して沖縄の問題に答えを出していこうという姿勢が感じられない。沖縄の人と心底ひざを交えて話す勇気と気概がない」と酷評した。

 新党大地の鈴木宗男代表も同じ講演会で「沖縄県民に過度な期待感を与えすぎた。昨年の衆院選で『県外、県外』と言い過ぎた」と苦言を呈した。平野氏については「首相が5月末に決めると言っているんだから首相に任せたほうがいい。官房長官が『5月末は難しい』などと暗い顔して言ったらダメだ」と述べた。

<赤松農相>野菜出荷前倒し、生産者に要請へ(毎日新聞)
<訃報>高井岩男さん77歳=元住友精密工業社長(毎日新聞)
バウンドの衝撃で左翼折れ横転 フェデックス貨物機着陸失敗で経過報告(産経新聞)
<環境省>雄のテン1匹を捕獲と発表 トキ襲撃かは不明(毎日新聞)
米大統領「5月末決着」厳しく迫る…非公式会談(読売新聞)
AD