前原誠司国土交通相が建設中止を表明している八ツ場(やんば)ダム(群馬県長野原町)の建設工事受注業者が平成20年までの3年間で、自民党国会議員らが代表を務める同県の党支部などに総額約4925万円の政治献金をしていたことが24日、分かった。同日午前の衆院国交委員会で民主党の中島正純氏が指摘し、総務省も認めた。

 中島氏によると、献金を受けていたのは、自民党の現・元国会議員7人や地元自治体首長らが代表者の党支部など22団体。このうち自民党国会議員が代表の党支部などへの献金は総額3182万円だった。最も献金が多かったのは上野公成元参院議員(元官房副長官)が代表の党県住宅都市産業支部で1370万円。中曽根弘文前外相の党県参議院第1支部も604万円、山本一太元外務副大臣の党県参議院第3支部も500万円の献金を受けていた。

 前原氏は「客観的に見れば談合が行われていたのではないかと疑われる」と述べた。

【関連記事】
ダムめぐり意見交換 国交省政務官と地元自治体
「税の使い道見直す作業」 八ツ場ダム中止で国交相
地元「凍結を主張なら対案を」 八ツ場ダム1号橋工事の入札開始も動向不透明
胆沢ダムは「小沢ダム」か 八ツ場住民「なぜ続行」
「八ツ場だけ政権公約守るのか」群馬町村会、子ども手当の負担拒否 

「金なくなり自暴自棄に」=竪山容疑者を送検-千葉大生殺害放火(時事通信)
ノエビア元副社長、元交際相手にも嫌がらせメール(読売新聞)
普天間陸上案は非現実的=自民・谷垣氏(時事通信)
普天間移設、キャンプ・シュワブ陸上案提示へ(読売新聞)
<生活保護>「車所持で申請却下は違法」と枚方市を提訴(毎日新聞)
AD