東京都国分寺市の路上で、住所・職業不詳の中川公太さん(22)の遺体が見つかった事件で、警視庁小金井署捜査本部は23日、殺人の疑いで住所不定、自称無職、栗田俊裕容疑者(26)ら4人=逮捕監禁容疑で逮捕、処分保留=を再逮捕した。

 捜査本部によると、栗田容疑者は容疑を否認し、他の3人は認めている。

 逮捕容疑は3月15日未明、埼玉県飯能市の資材置き場で、中川さんの頭をバッドで殴るなどして殺害したとしている。

【関連記事】
首つり自殺…一転、保険金殺人 宮城県警に恩を売った男の決死の覚悟とは
【衝撃事件の核心】見つかるはずが…「遺体なき殺人」の顛末
仲田容疑者、沖縄で部屋探す 長期滞在を計画
「急所だから」傷が頭部に集中、一方的に暴行か 富田林高1殺害 鳥取連続不審死 強盗殺人罪で上田容疑者を起訴 鳥取地検

<掘り出しニュース>鉄道ファンもびっくり! 銭湯にNゲージ 愛知・一宮(毎日新聞)
あおぞら銀元行員、インサイダー疑惑 きょうにも強制捜査 東京地検(産経新聞)
関大 「堺キャンパス」開校(産経新聞)
衆院国交委が日航本社視察=経営陣「状況改善」と説明(時事通信)
重要文化財指定(時事通信)
AD