人事院は20日、今夏の国家公務員給与改定勧告の基礎資料を得るため、5月1日から民間給与実態調査を始めると発表した。ボーナスは民間で2009年冬の支給額が前年を大幅に下回っており、公務員も2年連続で引き下げ勧告となる可能性が高い。
 調査は、全国の従業員50人以上の企業約1万1100カ所を対象に行う。日本経団連の3月29日現在の集計によると、今春闘での賃上げ率(ベースアップと定期昇給含む)は、従業員500人以上の43社の平均で1.89%と昨年より0.12ポイント上昇した。ボーナスは経団連の調査で09年冬が前年同期比15.01%減。今夏は連合の4月13日現在の集計で同0.41%増。 

【関連ニュース】
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤
「地方からの改革を注視」=経団連会長
天下りにメス、組織を再構築=「仕分け人」蓮舫参院議員
労政審委員、官僚OB排除へ=長妻厚労相
高齢公務員の給与下げに意欲=仙谷担当相

救急車のAED作動せず=心肺停止の男性死亡-大阪市(時事通信)
<殺人未遂容疑>警官2人刺傷の男逮捕 長崎(毎日新聞)
【大人の社会見学】造幣局 ハイテク機械と秘蔵貨幣にため息(産経新聞)
女性の上を電車通過、線路とのすき間で無事 JR東京駅(産経新聞)
また幼児虐待?大阪・堺で男児死亡…顔に打撲跡(読売新聞)
AD