2007年06月16日 09時12分24秒

語頭になりにくい漢字

テーマ:パソコン要約筆記
情報保障の現場で新出単語に出会った時、重宝するのが既存単語を出して1字を削りながら組み合わせる方法です。

例えば「軍鑑」(「軍艦」ではありません)という単語の例では、まず「軍艦」を出しておいて「艦」を削り、次に「鑑」を出しますが、この時「図鑑」を出してしまうと「図」までカーソルを持っていって削らないといけません。これは、かなりやっかいです。

語頭に「鑑」のある単語、例えば「鑑識」を思い浮かべることができれば、BSで「識」を削ることができます。

今の例では「鑑識」を思い浮かべることができましたが、漢字の中には語頭には出てこないものもあって、新出単語でそういった漢字を操作する時には苦労します。

ここでは、そうした漢字を扱っていきたいと思います。解決策が見つかるとは限らないので、その場合には注意喚起にとどめることになりそうです。

漢字 読み 備考
エン 老人ホームなど福祉施設の語尾に着くことの多い漢字。
NEW オウ 「中央」ぐらいしか思いつかない字。ほかに「圏央」が
ありますが、この単語が登録されていなかった場合
「圏」も「央」も語頭になりにくい字なので苦労しそうです。
「窩」は穴の意味で、「腋窩(えきか)」「眼窩(がんか)」
「心窩(しんか)」など医療用語に多く使われ、どれも
語尾に来ます。
カク すぐに思いつく単語は「比較」です。訓読みで「くらべ」を
思いつければしめたもの。
キョウ 「状況」「近況」「活況」「概況」「市況」など語尾に付く
言葉はたくさんあります。ちなみに漢文読み下しで
「いはんや」と読むそうな。
ケン 訓読みはありません。「傍点」と同じ意味の「圏点」が
ありますが一般的な言葉ではありません。
AD
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)
2007年03月15日 00時21分34秒

聞いて判るということ

テーマ:パソコン要約筆記
ある障害者団体の集会で情報保障した時のことです。

しめくくりで集会アピールの朗読があったのですが、視覚障害者が点訳したものを朗読しました。

おそらく主催者も「視覚障害者だって、点字を使えばアピール文を朗読できるんだよ」との思いをこめて、あえて視覚障害者に朗読を依頼した、という「わざとらしさ」ではなく、たまたま朗読をお願いした人が視覚障害者だった、ということなのだろうと思います。

それはいいのですが、途中で朗読者がつっかえるのです。墨字の表現では「益」の箇所、それも1箇所ではなく、2~3箇所、「益」が出てくる箇所で。「益」は、これ1字で「えき」と読ませる単語です。日本語の日常会話で出てくる「えき」といえば、真っ先に思い浮かぶのは「駅」でしょうから、朗読者がつっかえるのは無理もないことだと思います。

このアピール文の作成にあたっては、視覚障害者は関わらなかったのだろうな、と思ってしまいました。

この例は、たまたま点字を読んだ人がつっかえたから気づいたことですが、同じようなことを日頃の情報保障の中で気づかないうちにやってしまっていないだろうかと思わされました。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006年07月06日 00時43分38秒

読み間違えやすい言葉

テーマ:パソコン要約筆記
ドラマTRICK(Kは実際は鏡文字)でヒロインの山田奈緒子が「鍋まいて」などと言うのは「渦」を「鍋」だと思っているからでしょう。

それに対して「糾弾」を「きょうだん」と言ってしまうのは、「叫弾」と読んだというよりは「叫」が「きょう」なのだから「糾」も「きょう」と読むのだろうという思い違いのように思います。

我々入力者が思っている以上に読み違いをしているかもしれないと思ったのが、最近自分で犯した「慧眼」を「彗眼」と読んでしまった誤り。本を読んでいてのことでしたが、「慧眼」という言葉を知っていながら「彗眼」と読み間違えたのです。

聴者は音で聞いて読み方を知っているから音声と文字を両方を比べて、たとえ「慧眼」に初めて出会ったとしても「けいがん」と読むことが解ります。

ところが聴覚障害者の場合、「慧」の字に初めて出会って、似た字に「彗」があるとなると「すいがん」と読んでしまうかもしれません。

折にふれて読みがなをつけることの必要性を感じました。

そんな言葉を集めていきたいと思います。

どこまで集まりますかねえ。

読み違い語欄では読みがなを先にし、正しい言葉欄では漢字を先にしてみました。

読み違い語 → 正しい言葉

「⇔」は正誤関係ではなく相互に誤りやすい言葉

あ行
おせん → すいせん(推せん)
か行
かしきん(貸金) ⇔ しきん(資金) ⇔ ちんぎん(賃金)
NEWかよった・かよって(通った・通って) ⇔ とおった・とおって(通った・通って)
きち(基地) ⇔ ぼち(墓地)
きちがい(気違い) ⇔ きづかい(気遣い)
きょうだん → 糾弾(きゅうだん)
けんえい(顕影) → 顕彰(けんしょう)
こらん → 胡乱(うろん)
さ行
さがみ(相模) ⇔ すもう(相撲)
しゅぶん(主文) ⇔ ちゅうもん(注文)
調べあげる ⇔ 調べてあげる
すいがん(彗眼) → 慧眼(けいがん)



AD
いいね!した人  |  コメント(9)  |  リブログ(0)
2006年04月15日 02時08分15秒

初めての派遣

テーマ:パソコン要約筆記
1月の試験に合格、3月に委嘱があった、パソコン要約筆記奉仕員。本日、この試験制度のもとでの登録としては初めての派遣になります。

記念すべきことではあるのですから、ここに記録しておくことにしました。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006年02月10日 01時19分18秒

登録要約筆記奉仕員選考試験に合格しました

テーマ:パソコン要約筆記
先週、私の住む都道府県単位の地方で登録要約筆記奉仕員選考試験のパソコンコースを受験しました。

本日(といっても日付が変わったので昨日ですが)、試験結果通知が郵送されてきました。

合格とのこと。

試験結果は自信満々とはいえなかったので、正直嬉しかった。

数年前に外されてしまったのですが、これまでこの地方では要約筆記講習会の修了者が登録されていて、私は外される前までの条件にあった、講習会は受けていなくても実績があって登録を希望する者の要件を満たす準登録者でした。

その時点では、たしか「奉仕員」ではなく「登録要約筆記者」だったような気がするのですが……。
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)
2005年07月31日 09時39分20秒

単語集へのコメント情報の扱い

テーマ:パソコン要約筆記
これまで続けてきました「言い間違いやすい言葉」「同字異義・異音語」「聞き間違いやすい言葉」「打ち間違いやすい言葉」について、様々な追加単語の情報をコメントでお寄せいただき、ありがとうございます。

その対応について、情報をお寄せいただいた時点で表に追加した場合もありますし、追加してもいいかの確認を待って、承諾を得たものを追加した場合もあります。

我ながら態度が一貫していなかったと反省しております。

今後は単語情報のコメントをお寄せいただいたことが判り次第追加することにいたします。

追加できない場合や追加をお待ちいただきたいと判断した場合はコメントでその旨をお伝えします。

以上ご了承ください。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年07月13日 12時03分48秒

聞き間違いやすい言葉

テーマ:パソコン要約筆記
今になって聞き間違いやすい言葉に出会いましたので、このコーナーを開設することにします。

言い間違いと聞き間違い、打ち間違いは相互に関係しているので、微妙な問題ではあります。

「5里夢中」や「ご静聴ありがとうございます」は打ち間違いの明瞭な例です。

聞き違い語 → 正しい言葉

「⇔」は正誤関係ではなく相互に誤りやすい言葉

あ行
アガリスク → アガリクス
握搾(あくさく) ⇔ 圧搾(あっさく)
お酒ください → お避けください
終り → おあり
か行
外務省 ⇔ 財務省
紙タバコ → 噛みタバコ
きてい(既定・規定・規程etc) ⇔ ひてい(否定)
規範 ⇔ 批判
驚異 → 脅威 → 弔意
強化 ⇔ 効果 ⇔ 評価
協議 ⇔ 評議
共謀 → 協働・共同
軽減 ⇔ 逓減
さ行
採用 ⇔ 裁量
幸せ ⇔ しわよせ
滋賀県 ⇔ 千葉県
ショー ⇔ 賞
世界 ⇔ 世帯
折衝 ⇔ セッション
総務省 ⇔ 法務省
た行
調整 ⇔ 挑戦
NEW低非行化 → 経費効果
適応 ⇔ 適用
は行
花火しに行く ⇔ 花菱に行く
微妙 → 利用
豚以上 → 舞台上
や行
病む終えず → やむを得ず

いいね!した人  |  コメント(27)  |  リブログ(0)
2005年06月28日 01時51分16秒

打ち間違いやすい言葉

テーマ:パソコン要約筆記
言語には4つの要素「話す」「聞く」「書く」「読む」があるということです。

この4つは必要不可欠かというと、このブログのテーマにもしているアイヌ語などは文字を持っていませんから、「書く」「読む」は成り立ちません。耳の不自由なアイヌの人は、どうやってコミュニケーションを成り立たせていたのだろうか?

それはともかくとして、これまで掲載してきた「言い間違いやすい言葉」と「同字異義・異音語」。

今回のは「打ち間違い」。つまり書くことの誤りについてです。

筆頭に挙げるのが「ご静聴ありがとうございました」です。

ある人から「『ご静聴ありがとうございました』は間違いで『ご清聴ありがとうございました』が正しい」と言われて、文字を見たら確かに「ご清聴ありがとうございます」が謙譲語であることが解りました。「ご静聴ねがいます」は正しい表記です。

ということで、以後、順次追加していきたいと思います。「同音異義語集」とは違うものにしていきたいと思います。


誤入力 → 正入力

「⇔」は正誤関係ではなく相互に誤りやすい言葉

あ行
アガリスク → アガリクス
以外と・以外に → 意外と・意外に
行った ⇔ 言った
王手から(絡)め手 → 大手からめ(搦)手
大阪冬の陣・夏の陣 → 大坂冬の陣・夏の陣
か行
櫂より始めよ → 隗より始めよ
学習課程 ⇔ 学習過程
貸し担保 → 瑕疵担保
幹部 ⇔ 患部
きずく(築く) ⇔ きづく(気付く)
気勢をあげる ⇔ 奇声をあげる
国敗れて山河あり → 国破れて山河あり
咥える(銜える) ⇔ 加える
犬歯 → 嫌子
構文所管 → 公文書館
講演 ⇔ 公演
ご静聴ありがとうございました → ご清聴ありがとうございました
5里夢中 → 五里霧中
さ行
最後通帳 → 最後通牒
サラマンカ宣言 → サマランカ宣言
時間給 → 次官級
試験管 → 試験官
資財を投じる → 私財を投じる
NEW姿勢方針演説 → 施政方針演説
質問責め → 質問攻め
辞典 ⇔ 事典
思慕 → 私募
自由 → 事由
修飾語 ⇔ 就職後
囚人監視 → 衆人環視
重大ニュース ⇔ 十大ニュース
終了 → 修了
(図書館などでの使用の場合)出版社 → 出版者
ショー ⇔ 賞
消失 ⇔ 焼失
小説 ⇔ 小節
将来 ⇔ 招来
NEW初心表明演説 ⇔ 所信表明演説
正当率 → 正答率
選考 → 選好
訴訟継続 → 訴訟係属
袖振り合うも多少の縁 → 袖振り合うも他生の縁
尊徳感情 → 損得勘定
た行
注意換気 → 注意喚起
通説 ⇔ 痛切
づつ → ずつ
~と → ~等
どこから責めようか → どこから攻めようか
は行
被害等 → 非該当
非情 ⇔ 非常
必死 → 必至
人出が足りない → 人手が足りない
幅員 ⇔ 福音
不信 → 不審
棒線 → 傍線
幣害 → 弊害
ま行
密室の恋 → 未必の故意
や行
病む終えず → やむを得ず
ら行
楽な拘束 → ラクナ梗塞
猟師 ⇔ 漁師

いいね!した人  |  コメント(59)  |  リブログ(0)
2005年06月19日 19時30分49秒

同字異義・異音語

テーマ:パソコン要約筆記
「間違いやすい言葉」に続いて、今度は「同字異義・異音語」を順次集めていきたいと思います。

「日本語は同音異義語が多い」とはよく言われることで、こういう単語は辞書で容易に見つかりますが、「同字異義語」「同字異音語」なんて辞書にも載っていません。

「大分県」と「時間が大分かかった」の「おおいた」と「だいぶ」のような言葉です。「一時」(いちじ・ひととき)のように違う読みでも意味が大差ない言葉は除きます。また固有名詞も一部掲載しますが、地名に限定します。

単体で挙げてもあまり意味がないのですが、情報保障の場で出てきた場合、読みがなを付けるなどの工夫が必要になると思います。



あ行
頭(あたま) ⇔ 頭(かしら)
海士(あま) ⇔ 海士(かいし)
雨水(あまみず) ⇔ 雨水(うすい)
改印(あらためいん) ⇔ 改印(かいいん)
一行(いちぎょう) ⇔ 一行(いっこう)
一見(いちげん) ⇔ 一見(いっけん)
市場(いちば) ⇔ 市場(しじょう)
一分(いちぶ) ⇔ 一分(いちぶん) ⇔ 一分(いっぷん)
一間(いっけん) ⇔ 一間(ひとま)
一石(いっこく) ⇔ 一石(いっせき)
一通(いっつう) ⇔ 一通(いっつう)
一筆(いっぴつ) ⇔ 一筆(ひとふで)
上手(うわて) ⇔ 上手(かみて) ⇔ 上手(じょうず)
大字(おおあざ) ⇔ 大字(だいじ)
大分(おおいた) ⇔ 大分(だいぶ)
大切(おおぎり:大喜利とも) ⇔ 大切(たいせつ)
大事(おおごと) ⇔ 大事(だいじ)
大勢(おおぜい) ⇔ 大勢(たいせい)
大文字(おおもじ) ⇔ 大文字(だいもんじ)
大家(おおや) ⇔ 大家(たいか)
大雪(おおゆき) ⇔ 大雪(たいせつ)
お札(さつ) ⇔ お札(ふだ)
大人(おとな) ⇔ 大人(たいじん) ⇔ 大人(だいにん)
大人気(おとなげ) ⇔ 大人気(だいにんき)
お守り(おまもり) ⇔ お守り(おもり)
か行
火口(かこう) ⇔ 火口(ほくち)
花道(かどう) ⇔ 花道(はなみち)
上方(かみがた) ⇔ 上方(じょうほう)
通った・通って(かよった・かよって) ⇔ 通った・通って(とおった・とおって)
生地(きじ) ⇔ 生地(せいち)
木目(きめ) ⇔ 木目(もくめ)
今日(きょう) ⇔ 今日(こんにち)
強力(きょうりき)[粉] ⇔ 強力(きょうりょく) ⇔ 強力(ごうりき)
今上(きんじょう) ⇔ 今上(こんじょう)
工夫(くふう) ⇔ 工夫(こうふ)
黒子(くろこ:黒衣とも) ⇔ 黒子(ほくろ)
小刀(こがたな) ⇔ 小刀(しょうとう)
古今(こきん)[集] ⇔ 古今(ここん)
この間(あいだ) ⇔ この間(かん)
小人(こびと) ⇔ 小人(しょうじん) ⇔ 小人(しょうにん)
小節(こぶし) ⇔ 小節(しょうせつ)
小雪(こゆき) ⇔ 小雪(しょうせつ)
根本(こんぽん) ⇔ 根本(ねもと)
さ行
最中(さいちゅう) ⇔ 最中(もなか)
座頭(ざがしら) ⇔ 座頭(ざとう)
山陰(さんいん) ⇔ 山陰(やまかげ)
三角(さんかく) ⇔ 三角(みすみ)
三重(さんじゅう) ⇔ 三重(みえ)
柱(じ) ⇔ 柱(じゅう) ⇔ 柱(はしら)
地下(じか)[足袋] ⇔ 地下(じげ) ⇔ 地下(ちか)
地方(じかた) ⇔ 地方(ちほう)
食堂(じきどう) ⇔ 食堂(しょくどう)
自然(しぜん) ⇔ 自然(じねん)
下手(したて・したで) ⇔ 下手(しもて) ⇔ 下手(へた)
十分(じっぷん) ⇔ 十分(じゅうぶん)
時分(じふん) ⇔ 時分(じぶん)
霜降(しもふり)[り] ⇔ 霜降(そうこう)
入水(じゅすい) ⇔ 入水(にゅうすい)
声明(しょうみょう) ⇔ 声明(せいめい)
上代(じょうだい) ⇔ 上代(じょうだい)
初日(しょにち) ⇔ 初日(はつひ)
白露(しらつゆ) ⇔ 白露(はくろ)
心中(しんじゅう) ⇔ 心中(しんちゅう)
人事(じんじ) ⇔ 人事(ひとごと)
NEW水滴(すいてき) ⇔ 水滴(すいてき)
生食(せいしょく) ⇔ 生食(なましょく)
生物(せいぶつ) ⇔ 生物(なまもの)
た行
中間(ちゅうかん) ⇔ 中間(ちゅうげん)
中食(ちゅうじき) ⇔ 中食(なかしょく)
道(どう) ⇔ 道(みち)
床(とこ) ⇔ 床(ゆか)
な行
行方(なめかた) ⇔ 行方(ゆくえ)
何人(なんにん) ⇔ 何人(なんびと)
日中(にっちゅう) ⇔ 日中(にっちゅう
人気(にんき) ⇔ 人気(ひとけ)
は行
万歳(ばんざい) ⇔ 万歳(まんざい)
日向(ひなた) ⇔ 日向(ひゅうが)
氷室(ひむろ) ⇔ 氷室(ひょうしつ)
表(ひょう) ⇔ 表(おもて)
仏語(ふつご) ⇔ 仏語(ぶつご)
文(ぶん) ⇔ 文(もん)
文書(ぶんしょ) ⇔ 文書(もんじょ)
分数(ふんすう) ⇔ 分数(ぶんすう)
変化(へんか) ⇔ 変化(へんげ)
本屋(ほんおく) ⇔ 本屋(ほんや)
ま行
町中(まちじゅう) ⇔ 町中(まちなか)
緑青(みどりあお) ⇔ 緑青(ろくしょう)
明朝(みょうちょう) ⇔ 明朝(みんちょう)
目下(めした) ⇔ 目下(もっか)
面子(めんこ) ⇔ 面子(メンツ)
ら行
流転(りゅうてん) ⇔ 流転(るてん)
いいね!した人  |  コメント(56)  |  リブログ(0)
2005年02月24日 15時02分52秒

言い間違いやすい言葉

テーマ:パソコン要約筆記
この記事は順次追加修正を重ねることにします。

シュミレーション(正しくはシミュレーション)のように間違えやすい言葉があります。

入力者が間違って覚えている場合もあるし、発話者が間違って言っている場合もありそうです。

入力者の側、または発話者との双方が誤っている場合はいい(言葉としてはよくありませんが)のですが、問題は発話者が誤っていて入力者は正しい言葉を知っている場合。

たとえば発話者が「シュミレーション」と言って、入力者は「シミュレーション」が正解と知っていた。

あなたならどう入力しますか?

もう1つの可能性は、話者が誤った言葉を言って入力者は正誤関係を知らなかった場合。「至近距離」のつもりで「きしんきょり」と言ったのだけれど「至近距離」の誤りとは気付かずに「寄進距離」と入力してしまうかもしれない。

そんな言葉を集めていきたいと思います。

「一所懸命」⇔「一生懸命」のような微妙な単語は除きます。

間違っている言葉 → 正しい言葉



「⇔」は正誤関係ではなく相互に誤りやすい言葉

あ行
アガリスク → アガリクス
アニメティ → アメニティ
あらたか ⇔ あらかた(粗方)
いもんかけ → えもんかけ(衣紋掛け)
うらまやしい → うらやましい(羨ましい)
ASL ⇔ ALS
か行
かからわず → かかわらず
きしんきょり → しきんきょり(至近距離)
キッチン ⇔ チキン
きまわりない → きわまりない(極まりない)
きまわる → きわまる(極まる)
きゅうばい → ばいきゅう(倍旧)
きょうだん → きゅうだん(糾弾)
きんしんかん → しんきんかん(親近感)
くやしい(悔しい) ⇔ くわしい(詳しい)
グラウンドデザイン → グランドデザイン
グラウンド ⇔ グランド
檄を飛ばす → 叱咤激励する
こづつみ → こつづみ(小鼓)
ごぶたさ → ごぶさた(ご無沙汰)
コミニュケーション → コミュニケーション
コミニュティ → コミュニティ
さ行
さたい → たさい(多才、多彩)
ざだいふ → だざいふ(太宰府)
サラマンカ宣言 → サマランカ宣言
しかめ[っ]つらしい → しかつめらしい
じきそうしょう → じきしょうそう(時期尚早)
じぎょう(事業) ⇔ じゅぎょう(授業)
しかくしょうがい(視覚障害) ⇔ ちょうかくしょうがい(聴覚障害)
じさん → ずさん(杜撰)
ししゅぎむ → しゅひぎむ(守秘義務)
したい → しゅたい(主体)
じたく → じゅたく(受託)
したづつみ → したつづみ(舌鼓)
しっせき → ひっせき(筆跡)
しつびょう → しっぺい(疾病)
しとく → しゅとく(取得)
しとく → ひとく(秘匿)
しゃくしぎょうぎ → しゃくしじょうぎ(杓子定規)
しゅしぎむ → しゅひぎむ(守秘義務)
シュミレーション → シミュレーション
しょうししゃ → しょうひしゃ(消費者)
しりつ → しゅじゅつ(手術)
しんとう(親等) ⇔ とうしん(頭身)
せつせき → せきせつ(積雪)
た行
台風の目 → 震源地
たけわな → たけなわ
だざんかい → ざだんかい(座談会)
たにんごと → ひとごと(他人事)
ちきんと → きちんと
ちきんやど → きちんやど(木賃宿)
ちょくさい → ちょくせつ(直截)
ディーケア、ディケア → デイケア
NEWでんぱん → でんぱ(伝播)
どうろうしゃ → ろうどうしゃ(労働者)
とくしつ → とくひつ(特筆)
な行
なまぶ → まなぶ(学ぶ)
~の何物でもない → ~以外の何物でもない
は行
はらただしい → はらだたしい(腹立たしい)
ひしゅぎむ → しゅひぎむ(守秘義務)
ひつじ → しつじ(執事)
ひゅしぎむ → しゅひぎむ(守秘義務)
ふいんき → ふんいき(雰囲気)
ぶつりゅう(物流) ⇔ ぶつりょう(物量)
ま行
みっしつ → みひつ(未必)
や行
ユドノヨ大統領 → ユドヨノ大統領
よしわるし → よしあし(善し悪し)

いいね!した人  |  コメント(29)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。