2007年06月17日 10時28分56秒

新潟市旧巻町

テーマ:ブログ
昨日の朝、NHKニュースで蛍の里を復活する取り組みを紹介していました。

幼虫の餌、川蜷は清流にしかいないため、川の水をきれいにする。そのためには源流近くの森に広葉樹を植え、森の土を肥えたものにして地下水を作る、など。

途中から見たため「西蒲地区」とテロップにあるものの、どこだろうかと思っていたら、最後に「上越線の巻駅で降ります」と紹介がありました。

一昨年の「平成の大合併」で新潟市に吸収された巻町といえば、1996年、日本で初めて原子力発電所建設の是非を問う住民投票により、その建設を拒否した町。

もし原発建設を許していたら、きっと今ころ清流どころの話ではなくなっていたでしょう。

原発を許さなかった住民の心は蛍を愛すること、つまり豊かな自然を愛することに直結していたに違いないと思いました。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2007年06月16日 09時12分24秒

語頭になりにくい漢字

テーマ:パソコン要約筆記
情報保障の現場で新出単語に出会った時、重宝するのが既存単語を出して1字を削りながら組み合わせる方法です。

例えば「軍鑑」(「軍艦」ではありません)という単語の例では、まず「軍艦」を出しておいて「艦」を削り、次に「鑑」を出しますが、この時「図鑑」を出してしまうと「図」までカーソルを持っていって削らないといけません。これは、かなりやっかいです。

語頭に「鑑」のある単語、例えば「鑑識」を思い浮かべることができれば、BSで「識」を削ることができます。

今の例では「鑑識」を思い浮かべることができましたが、漢字の中には語頭には出てこないものもあって、新出単語でそういった漢字を操作する時には苦労します。

ここでは、そうした漢字を扱っていきたいと思います。解決策が見つかるとは限らないので、その場合には注意喚起にとどめることになりそうです。

漢字 読み 備考
エン 老人ホームなど福祉施設の語尾に着くことの多い漢字。
NEW オウ 「中央」ぐらいしか思いつかない字。ほかに「圏央」が
ありますが、この単語が登録されていなかった場合
「圏」も「央」も語頭になりにくい字なので苦労しそうです。
「窩」は穴の意味で、「腋窩(えきか)」「眼窩(がんか)」
「心窩(しんか)」など医療用語に多く使われ、どれも
語尾に来ます。
カク すぐに思いつく単語は「比較」です。訓読みで「くらべ」を
思いつければしめたもの。
キョウ 「状況」「近況」「活況」「概況」「市況」など語尾に付く
言葉はたくさんあります。ちなみに漢文読み下しで
「いはんや」と読むそうな。
ケン 訓読みはありません。「傍点」と同じ意味の「圏点」が
ありますが一般的な言葉ではありません。
AD
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)
2007年06月15日 09時30分06秒

ブラームスの弦楽六重奏曲第1番、第2楽章をアップしました

テーマ:音楽
かやくりひMIDIデータ館 にブラームスの弦楽六重奏曲第1番の第2楽章をアップしました。

今年はブラームス没後110年の年。

ブラームスの交響曲は、第1番は全楽章に魅力を感じます。第4番は第1と第4の楽章に魅力を感じるものの、第2、第3楽章には魅力を感じません。第2番に至っては、魅力を感じる楽章がありません。「嫌い」というのとは違うのですが。

第3番は、唯一第3楽章は魅力的ですが、最近になってその動機がシューマンの第4交響曲第2楽章に酷似していることに気づきました。第1楽章の動機は同じくシューマンの第3交響曲第1楽章の動機に酷似していますし。

どうやらブラームスはベートーヴェンだけでなくシューマンの呪縛からも逃れられなかったようです。

そんなブラームスでも、私の好きな作曲家の1人には違いありません。この六重奏曲は、今まで聞いたことがあるハズなのですが、第2楽章以外はどんな曲だったか覚えていません。ほかの楽章は入力しながら聞いていくことにします。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2007年06月07日 00時11分47秒

外国地名の呼び方

テーマ:ブログ
20年ぐらい前、朝のニュースで「これからは外国の地名は現地の発音に近い呼び方をします」と報道されたことがあります。

いよいよ中南米の国々の呼び方も現地の発音に近くなるのかと期待したら、ビルマをミャンマー、ボルネオをブルネイと言うようになった、などが大きな変更点で、相変わらずメキシコだのキューバだのハイチだのと、中南米およびエスパーニャについては英語のフィルターを通しての呼び方をしていて、今に至るも変わっていません。

数か月前、テレビのクイズ番組で、現在は中学や高校の教科書ではリンカーンとは記載せずリンカンと記載している旨の紹介がありました。

現地の発音に近い呼び方では、リンカーンよりもリンカンなのだそうな。

現地の発音に近い呼び方をするなら、イギリスとかオランダのようにカタカナ語ではあっても立派な日本語と化している地名は別として、エスパーニャ語圏のラテンアメリカおよびエスパーニャの地名・人名も、現地の発音に近い呼び方にしてもらいたいものです。
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。