2007年04月15日 22時54分41秒

モーツァルトの弦楽五重奏曲第1番全曲をアップしました

テーマ:音楽
かやくりひMIDIデータ館のモーツァルト弦楽五重奏曲第1番の、ようやく全曲つないだデータをアップすることができました。

データそのものは1月にできていたのですが、アップロードできずにいたのです。

これまでWeb上でログインしてFTP転送していました。今年に入って、この曲の第4楽章までアップロードしたころ、ログインはできるものの、FTP転送しようとすると「接続がリセットされました」のエラーメッセージが表示され、そこでストップしていました。

FFFTPでFTP転送を何度か試したのですが、「パス名が存在しません」のエラーメッセージ。

「MIDIデータ館」のサイトはWeb上でFTP転送することが基本になっていて、FTP転送ソフトで転送している人でも、定期的にログインしておかないと会員権が消失してしまいます(無料会員の場合)。

私も前述の事情があったため、気がつくと1か月ログインしていなかったようです。「あと10日のうちにログインしないとデータは消失します」のメールが届いたので、あわてて前述の事情をメールしました。

FFFTPでの転送ができなかったのは、結局、パス名が間違っていたことが判明。ようやくモーツァルトについては全曲の通しをアップできることになった次第です。

Web上でのFTP転送ができない原因は判らずじまいです。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2007年04月04日 00時49分54秒

「村の鍛冶屋」

テーマ:音楽
母はおよそ音楽とは無縁なのだけれど、文部省唱歌の類だけは好きで、NHKの「みんなの童謡」は好んで見ています。

先日の「村の鍛冶屋」の放送のあと、「文部省唱歌を集めた本、売ってないかね」と言うので、ネット検索をしてなつかしい童謡・唱歌・わらべ歌・寮歌・歌謡 というサイトから約200曲あまりの歌詞をもってきてOpenOffice.orgWriterでA4縦書き2段組にし、A4の無地のルーズリーフに裏表プリント、30穴のA4バインダーに綴じて渡しました。

ところで母がなつかしがった「村の鍛冶屋」は、戦後の音楽教育で歌わされた「あるじは名高い働き者よ」ではなく「あるじは名高きいっこく老爺」と、戦前の歌詞が放送でもこのサイトのものでも紹介されています。

歌詞の3番目は次のとおり。

刀はうたねど、大鎌・小鎌、
馬鍬に作鍬、鋤よ、鉈よ。
平和のうち物、休まずうちて、
日毎に戦う、懶惰の敵と。

これは旧約聖書の言葉とよく似ているとは、誰の言葉だったろう?

「イザヤ書」第2章「終末の平和」の第4節を参照のこと。

文部省唱歌というと軍国主義教育の見本のようなものばかりと思ってしまいがちですが、この歌は明らかに第1次世界大戦後の軍縮ムードを反映しているように思います。

しかも2つを並べてみると、確かに「村の鍛冶屋」の作者はイザヤ書を読んでその影響を歌詞に反映させたと思っても間違いではないと思いたくなります。

NHKの解説では「大正元年」とあったような……。1912年といえば、日本は石川啄木のいう「時代閉塞」の頃ではないか。

たぶん今週も放送があるだろうから、解説を注意して見てみようと思います。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。