2005年11月13日 01時23分35秒

メンデルスゾーンの弦楽四重奏曲Op.81の2曲目をアップしました

テーマ:音楽
この作品の2曲目はスケルツォで、普通、ソナタのメヌエットやスケルツォはまずメヌエットやスケルツォの主楽曲が反復記号を伴って書かれ、次にトリオが続いて主楽曲を反復なしに繰り返すものです。

今回のは、反復記号や「スケルツォ」「トリオ」などの表示もありませんが、それにあたるものはあります。

3曲目のカプリッチョに現在取り組んでいますが、8分の12拍子アンダンテ・コン・モートと4分の4拍子アレグロ・フガート=アッサイ・ビバーチェの部分、ともにホ短調でできていて、アンダンテの部分が素晴らしい。これが有名になっていないのが不思議です。メンデルスゾーンは姉を崇拝していたとのことですが、この部分、姉を思って書いたのではないかと私は思ってしまいました。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年11月06日 22時08分57秒

メンデルスゾーンの弦楽四重奏曲Op.81をアップしました

テーマ:音楽
かやくりひMIDIデータ館に先述のメンデルスゾーンをアップしました。まだ第1曲だけですが。

モーツァルトのハ短調セレナードに続いて、緩急強弱の揺れを施した第2弾です。

音楽の表情付けには、音色の選定、1つの音をどこまで持続させるか、1つの音の強さをどうするか、1つの音から次の音までの発生時間をどのぐらい取るかの4つがあり、第2点から4点までをもう少し音楽論的に表現すると、アーティキュレーション、ディナミーク、アゴギークといいます。

アーティキュレーションは、スラーやスタカートなどで表し、私のように楽譜から入力しているにすぎない者にとっては、作曲家が書いたとおりに入力するのが普通ですので、音色指定ともども、あまり問題になりません。

アゴギークとディナミークについて、これまで、単に面倒だからの理由で、Museで最初に完成させたモーツァルトのK.285aのフルート四重奏曲以外、施すのを避けてきました。

K.285aのデータを改めて眺めて気がついたのですが、アゴギークとディナミークを面倒と思っていた理由の1つが、1つの旋律にこの2つの指定を同時に埋めこもうとしていたため、音の高さと長さ、その持続時間の3要素のみ記述が可能なところを、速度と強弱の要素まで記述しようとして、1つのパートだけでも長々と続いてしまうことにあったようです。

速度指定については、Museの場合、どれか1つのパートでこれを行なうと全体に作用します。これに気付いたので、かなり以前から、速度指定の独立パート(オーケストラのように独立したパートを指定する余裕がない場合は1つのメンバーに速度指定パートを割り振る)を設け、速度指定記号のあとに休符を指定することにしました。

音の強さについても、同じように休符で指定すればいいと気がついたのが最近になってからなのです。

楽器を演奏できる人からは、休符に音の強さを指定するのは奇妙と思われるかもしれません。でもやってみると、見事にできました。

優れた曲であればあるほど、強弱緩急を指定しなくても、その曲自体が自ら強弱緩急をたちあらわすような気がします。それをいいことに、これまでは早く曲の概要を知りたいがために、最初の速度指定以外はアゴーギクも施さず、強弱も最初に指定していただけでした。実際、作ってしまうと、あとから速度や強弱を指定するのも大変な作業になります。

スコアの1段ごとに指定していけば、それほど大変な作業でないことも気がついたからでもあります。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年11月02日 01時47分44秒

メンデルスゾーンの弦楽四重奏曲Op.81

テーマ:音楽
これまでMuseで作ってきた曲は、ほとんどが自分で知っている曲でした。

最近入手したスコアに、メンデルスゾーンの弦楽四重奏曲Op.81というのがあって、私が買ったオイレンブルク版のそれによると「第7番」なのだそうですが、ある作品目録 によると、「弦楽四重奏のための4つの小品」だとか。

たしかに、ソナタ形式の楽章が一つもないし、それぞれの楽章が関連付けられる調性になっていない。まあ、モーツァルトのK.331のピアノソナタも、ソナタ形式の楽章は一つもないのだから、ソナタ形式の楽章がないことのみを根拠に「この曲はソナタとはいえない」と主張できるものでもないらしいのですが。

私は音楽的な感性が鋭くもないので、これまでまるっきり聞いたことがない曲かどうかは自信ありません。でも第1楽章(というか第1曲というか)から入力を始めてみて、少なくとも記憶に残っている曲ではなかった。

速度表示はAndanteと明記されているのだけれど、聞き覚えのない曲の速度の確定というのは、なかなか大変だと思い知らされています。どこか賛美歌ふうで、なかなか魅力的ですよ。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。