厚生労働省は12日、2009年のヒト免疫不全ウイルス(HIV)の新規感染者数と自治体による検査件数が、それぞれ7年ぶりに前年を下回ったと発表した。

 いずれも速報値で、感染者数は1008人(前年比118人減)、検査件数は15万252件(同2万6904件減)。

 新規感染者数と検査件数は08年まで6年間増加していたが、昨年は新型インフルエンザの影響で、HIVへの関心が薄れたとみられる。同省は「感染者数の実数が減ったとは思えず、検査件数の減少が反映しただけ」と分析している。

 新規エイズ患者数は420人と、4年ぶりに前年(431人)を下回ったが、感染者数に占める患者数の割合(29・4%)は増加した。

上野動物園にパンダ=11年に中国から2頭-東京都(時事通信)
石巻の民家で3人刺され女性2人死亡 少年が少女連れ去る(産経新聞)
<中医協>再診料統一案「690円」で決着 裁定案通りに(毎日新聞)
民家火災で2人死亡=居住の夫婦か-埼玉・越生町(時事通信)
日本史で出題ミス=法政大入試(時事通信)
AD