石川知裕衆院議員(36)は、学生時代から小沢一郎民主党幹事長に書生として仕え、国会議員になるまで、公設第1秘書の大久保隆規被告(48)=公判中=と共に、中心となって小沢事務所を支えてきた。最近は陸山会の土地購入問題で東京地検特捜部の事情聴取を受けるなどして、疲れ切った様子だった。
 石川議員は北海道足寄町で、資産家の三男として生まれた。親族によると、早くから政治家を志し、著名な政治サークルのある早稲田大への進学を決めていた。関係者によると、在学中、先輩だった小沢氏の長男に誘われて新進党の党首選を手伝ったのが、事務所入りのきっかけになったという。
 その後は岩手県奥州市の小沢氏宅に住み込みで勤務。新進党が解散し、小沢氏が自由党党首に就任した際にも、「あの人を信じているから」と話し、周囲の心配をよそに付き従った。
 2007年に繰り上がりで国会議員に初当選した後も、小沢氏の教えを忠実に守り、地元で朝の辻立ちを続けた。
 昨年8月には小選挙区で初めて当選。しかし、その後陸山会の土地購入問題や自身の疑惑が報道され始めると、周囲に「36年間生きてきて、こんなにしんどいのは初めて」とこぼすなど、憔悴(しょうすい)した様子を見せていたという。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
「小沢独裁」は作られた虚像~民主・輿石参院会長~
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機
民主党と財務省の「一体化度」を検証する
「普天間」「習近平」「献金」で囁かれる「鳩山政権短命説」

<掘り出しニュース>100歳の佐々木佼さん「電柱で死ねたら本望」 現役街灯保守人(毎日新聞)
小沢幹事長、民主党大会で検察と対決宣言(レスポンス)
検察批判会合への政務官出席で官房長官が口頭注意「不適切」(産経新聞)
<雑記帳>破格の命名権継続 ジェフ千葉ホーム(毎日新聞)
松下氏が自民党入り(産経新聞)
AD