菅直人首相が15日午前、首相官邸で、就任以来初めて沖縄県の仲井真弘多知事と会談することが14日決まった。福山哲郎官房副長官が同日の記者会見で明らかにした。米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題を巡り、菅政権は同県名護市辺野古周辺を移設先とする日米共同声明を踏襲する方針で、県側との関係構築を急ぐ考えだ。

 会談は首相側から打診した。首相は14日の衆院本会議で、谷垣禎一自民党総裁の代表質問に対し「8月末までに代替施設の配置、工法に関し、日米専門家で検討を終えることになっている。並行して移設計画や負担軽減の具体策について沖縄県はじめ地元の方に誠心誠意説明し、理解を求めていきたい」との考えを示した。【横田愛】

【関連ニュース】
菅首相:中国首相と電話協議…沈没事件で連携呼びかけ
菅首相:「元気が出た」…出身地の山口・宇部を訪問
上海万博:鳩山前首相が中国側におわび
子ども手当:「理解してもらえる」満額見送りに首相
菅首相:就任後初の街頭演説 新宿駅前

口蹄疫 菅首相が宮崎入り 畜産農家で消毒作業視察(毎日新聞)
南アW杯 日本と意外なかかわりも…1次リーグ開催3都市(毎日新聞)
「肉食系女子」は「恋人との時間が大事」(産経新聞)
亀井氏「連立離脱の覚悟」…郵政と会期延長で(読売新聞)
昨年の山の事故 死者・行方不明者は過去最多の317人(産経新聞)
AD