東京都足立区新田で17日正午ごろ、停車中の都営バスに乗用車が追突し7人が負傷した事故で、心肺停止となっていた乗用車の男性が同日午後、搬送先の病院で死亡した。警視庁西新井署が事故原因を調べている。
 同署などによると、死亡したのは乗用車を運転していた同区舎人のタクシー運転手応原省三さん(68)。同乗していた孫の女児(6)と、バス乗客の女性5人が負傷した。
 都交通局によると、バスは王子駅前発千住車庫行きで約40人が乗っていた。 

【関連ニュース】
都バスに乗用車が衝突=1人心肺停止、6人負傷
日本人40人乗りバスが追突=死者、重傷者なし
「セフィーロ」などリコール=5車種計2万5000台
バス運転手、心臓発作か=児童らけが14人に
送迎バス事故で11人死傷=運転手、直前に意識失う?

警備員お手柄、東京→横浜尾行=窃盗容疑で手配の男逮捕(時事通信)
「専用駐車区間」を導入=高齢者ら対象、全国362カ所-19日から・警察庁(時事通信)
コウノトリ 野生と放鳥のペアからひな 兵庫・豊岡の公園(毎日新聞)
23日から全国的に低温=九州北部は22日大雨-気象庁(時事通信)
【集う】日本財団 春の交流会(産経新聞)
AD