厚生労働省は12日、新型インフルエンザ対策を検証する総括会議(座長・金沢一郎日本学術会議会長)の第2回会合を開いた。広報をテーマに新聞社やテレビ局関係者も参加し、情報伝達のあり方を議論した。
 朝日新聞の浅井文和編集委員は「正確な記事を心掛けたが、(政府に)事実と対策について、責任をもって語る人が見えなかった」と指摘。強毒型や弱毒型といった言葉も定義が統一されないまま使われ、混乱を招いたと振り返った。
 電通パブリックリレーションズの菊地彰夫氏は「複数人物からメッセージが発信され、混乱に影響を与えた」と分析。同省は報道官を定めて統一見解を示すことが重要だと訴えた。
 笹井康典大阪府健康医療部長は「(感染した)生徒に対する中傷はすさまじかった」と語り、簡潔で分かりやすいメッセージを繰り返し発信する必要性を強調した。 

【関連ニュース】
【特集】新型インフルエンザ
〔写真特集〕新型インフルエンザ
休校・学級閉鎖がゼロ=新型インフル流行後初
09年度の入場者数、24%減=長崎・ハウステンボス
新型インフル総括で初会合=対策検証、人選に注文も

診療所の病床、1年間で6000床減-1月末概数(医療介護CBニュース)
口座指定し現金要求=元常務理事「ちゃんとやる」-家具厚生年金基金汚職・警視庁(時事通信)
「甲州ワイン」欧州輸出へ=国内初、原料ブドウ登録-山梨県(時事通信)
新党との連携を否定=平野官房長官(時事通信)
園田氏らの退会了承=自民・古賀派(時事通信)
AD