charlieのブログ~ばばギャル

”すべてのおばあちゃんはギャルだ!”
 おばあちゃんとは?という問いに百戦錬磨のチーフが答えた。訪問リハビリの仕事をしている私には言われてみれば思い当たるふしがいくつもいくつもある。
そんなばばギャルとの日々その他残しておきたい記録である。


テーマ:

 最強の四人、三番目のお爺さんは前後に比べると実はそれほど最強ではないと気づき、四番目のお爺さんの話をしたいと思う。


 90にしては骨太で顔も声も大きい(耳悪いから)そのお爺さんは訪問初日、非常に機嫌が悪くあらゆる悪態を私と同行したチーフに浴びせた。マッサージごときで俺の脚の痛みが取れるのかとか、前に来ていたリハビリの先生を撃退した話とか・・・

 とりあえず初回訪問を終えて家の外に出た時、チーフに言った。

「ごめん。自信無いしょぼん怒らせて終わっちゃう気がする・・・」

「まぁそう言わないで。通えるだけ頑張ってみてよ」


 二度目の訪問時、私自身のことを聞かれた。独身で子供は好きじゃないんだと言うとお爺さんは凄く驚いて、子供がキライな女がいるなんて!と逆に私に興味を持ったようだった。マッサージが終わって帰ろうとすると

「あのなぁ、コーヒーを・・・」

「私はいらないわ。喉乾いてないし」

「コーヒーを淹れてくんない?」

 は!?いきなり拍子抜けしたけどちょっと可笑しかった。キッチンに二人で移動してインスタントのコーヒーを淹れて飲んだ。後日お爺さんのケアマネから週に一度だった訪問を二日にしてほしいと連絡があった。

 チーフはまぁ怒られないで良かったじゃないの、とご満悦だった。しかし・・・それでは終わらなかった。


 そのお爺さん(以降ヨッさん)の人生はバラエティに富んでおり、バツイチで会社の経営、音楽活動、カフェや雀荘の雇われオーナーなどいろんなことを体験していた。熱心に聴く私を気に入ってくれてファーストネームで呼ばれるまでになった。しかし親しくなると老人特有のエロい馴れ馴れしさが出現する。ある日のこと。ヨッさんは私を見て言った。


「あんたはまだ『赤』があるのか?」

 何だ?赤って?赤紙?召集令状??


何よそれ?と聞くと、女のアレだよ。


 生理かい!!!!!!


ムッとしてあるもん、と言うといやー、まだ子供産めんのかぁ。大したもんだなぁ。だって。何だよそれ。


 私も聞いちゃおうっと。ヨッさん、警察のお世話になったことある?と聞くとあるんだそうだ。二回も!


 初めは、当時の仕事先のお客さんからヌードの写真を貰ってその日にそれが入ったバッグごと電車の網棚に忘れたそうで、幸か不幸か本人の名刺が入っていたため会社に連絡が入り指定の警察署まで取りに行くことになった。忘れ物が本人の物か一つずつ確認されたって!

「じゃあさ、財布1、鍵1、とかやってヌード写真何枚とか確認させられたわけ?ちなみに何枚持ってたの?

「40枚くらい」

バッグ紛失したままの方がよかったね・・・で、二回目は?


 ヨッさんが知り合いに誘われるまま雀荘に遊びに行った時。本人は知らなかったのだが実はそこは違法賭博の雀荘だったらしく、遊び始めて数時間後にいきなり大勢の警察官が部屋になだれ込んできて訳が分からないまま連行されることに!連行方法は今じゃ考えられないことだがトラックの荷台に詰め込まれたんだそうだ。手錠がはめられていなかったため飛び降りて脱出した人もいたがヨッさんは怪我をしたくなかったためおとなしく連行されていった。


 留置場の中はいろんな人がいて、隣に座った男に何をしたんだと聞くと強盗と殺人未遂でどうやったのかを嬉しそうに話してくれた。ヨッさんも男に同じ質問をされ、違法賭博所に偶然居合わせた話をすると賭博なんてダメじゃないかと説教をされたそうだ。


 警察沙汰にはならなかったけど他にもあったなぁ、とヨッさんは遠くを見た。


 幼いころ、田舎の山奥で育った彼は友達と野球をして遊ぶのが日課であった。ある日暮れ時、薄暗い畑の中をチャリで走行中、積んである藁の山のそばに大根が落ちていた。あれ踏んでいこうぜ!とみんなでそこを目指して全力疾走し、その大根を前輪で踏んづけたその時、大根がものすごい悲鳴を上げた、というのだ。


「え?どういうこと??」

「それが大根じゃなくて人間の足だったんだな。昔は若い奴らがいちゃつける場所がなかったから海でも山でも人目がない物陰でみんないやらしいことしてたんだよ。俺は二番目に踏んだんだけどありゃー男の足だったんだ。今思うと気の毒なことしたなぁ」

マッサージ中にベッドから落ちるくらい笑った。ちなみに踏んだのは足首のあたりだったらしい。


 その人は病院で怪我の理由をどう説明したんだろうか?


 

 















AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 右半身に軽い麻痺があるそのお爺ちゃんは歩行や動作がゆっくりである。トイレから戻りベッドに移動している彼に背中を向けバッグから手拭いを出すために屈みこんだとき


 ぺたっ

 

何がお尻に触れたのかと振り向くのと彼のニヤついた顔が飛び込んでくるのは同時だった。やられた!訪問の仕事を始めてから不名誉な初セクハラ。

それがアクティブセクハラ系の彼であった(以下アクティブ)


 前出のむっつりオタク爺もそうなのだが、初めは、そう、初めは誰でもまともなのである。普通に普通に話をする。アクティブはもともと別の担当者が居たのだがその非常識な女はろくすっぽ引き継ぎもせず会社をバックれた。そいつの置き土産がアクティブである。


 引き継ぎなしで何の情報もなく新患に当たるように訪問が始まった。どちらかというとアクティブは無口であった。(入れ歯入れてないからフガフガしちゃうためあまり話さないことが後日わかる)


 ひと月ほどぽつぽつと話をする日が続いた後、突如冒頭の事件が起きた。ちなみに冒頭の続きは、


「何すんのよ!?」

「へへー。触った!(ムカつくドヤ顔)」

この時悟った。アクティブのリーチの範囲に居たりうっかり背を向けてはならないということを。


そのうちアクティブのアクティブは進化していく。面倒くさい。右に軽い麻痺があるアクティブは右側臥位の時はおとなしくしているが左側臥位になると自由に動く左手が上になるため手が空いた途端私に手を伸ばしてくる。しかも

凄いスピードで 

この人ホントに要介護認定されてんの??


 なだ自由の利く左を上に横向きになった場合、まず左手首を掴み動きを封じてからマッサージをしなくてはならない。

放せ~!と歯の無い口でフガフガ訴えるアクティブをスルーして足首をゴリゴリ揉んだ。掴んだ左手は割と力があり私の手をすり抜け伸びてきたので

とりあえず足で押さえつけた


ベッドでバタバタと揉み合いになり二人ともハァハァと息をついている所へ

奥さんがお茶持って入ってきた!


 「ちっとも触らせてくれないんだよ」

と驚愕の訴えをするアクティブに奥さんは

「バッカじゃないの!?」と言い放ちお茶を置いて出て行ってしまった。

 さすが変態の奥さんはこの程度では動じない・・・じゃなくて「まぁぁ!うちのバカ亭主がご迷惑をおかけしてすみませんでした!」じゃないの!? 

と帰ってから腹が立った私はちょっとトロい。


 カンフー映画ように伸びてくる手を封じ、叩きの繰り返しが続いたある日。前任者の女にもセクハラしたのか聞くと、何と前任者とは挨拶以外一言も話したことがないとのことだった。愛想がなくてつまらない女だったと。


 そうだったんだ。あんまりたくさん話せなくても話しかけて欲しかったよね。アクティブがちょっと可哀そうになりそれ以来、言語リハも兼ねてなるべく会話をするように心がけた。左手は掴んだままだけど。初めはフガフガ何言ってんのかわかんなかったけど聞き取るのも慣れてきた。


 最近、滑舌が少し良くなってきたんじゃない?と言うとアクティブは嬉しそうに言った。


テレビの下の棚に裏DVDがいっぱいあるから貸してあげる♪


 ネット使えないしどうやって買ったの?すると、歩いて買いに行ったのだそうだ。


 リハビリ、要らないんじゃない??


 


 




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 老人人口から言って今まではお婆ちゃんの割合が多かったのだが、気付くとお爺ちゃんの数が増えていてしかも

どれもアクが強い人ばかりになっていた!


 四天王と呼んでいる人たちがいる。


 むっつりオタク系

 アクティブセクハラ系

 イジイジかまって系

 ブッ飛びマイペース系→暫定的に最強



 それぞれ個性が強く、独特の世界観を持っている。



 むっつりオタク系(以下オタク)は寝たきりで奥さんと二人で住んでいる。

始めはおとなしい感じの人でその他の人達と同じように天気やニュースの話をしていた。が、ある日私が何となく話の流れで元彼のことを語った時、ニコリともせずオタクは言った。


「キミは処女なんだろう?」


「は?」


 ビックリしすぎてさすがの私もフリーズした。

 

「な、何言ってるの?」


「違うんだぁ。オレはキミが初めて来たときから処女かと思ってたんだよなぁ。違うのかぁ。

それでいつ喪失したんだ?」



 ・・・ちょっとした自慢だが確かに私は同世代よりも若く見えるらしい。が!その古い言い回しの質問に笑ってしまった。そんなことが知りたいのか。そんなこと気にするなんて昭和過ぎる!数回訪問して気づいたのだが、オタクは寝たきりで一日中テレビを見ている。その他はボーッと妄想するしかやることがないらしいのだ。そのへんで脳はフル稼働してるようだ。


 また別の日はスマホのことを聞かれた。私はそれがどんなに便利なものか簡単に説明した。するとオタクは言った。


「じゃそのアプリで今度君のヌード写真撮って見せてくれよ」


 何言ってんだこのジジイは??

 隣の部屋に奥さんいるんだぞ!?

 耳悪くて聞こえてないけど。


 ってか妄想飛び過ぎ!何でヌード?さすが妄想系ジジイ!!しかし私もサービス業。相手を怒らせてはいけないし、せっかく話すようになったんだから次につなげなくちゃなーとムダなサービス精神をうっかり発揮した。


「いいけどまさかタダじゃないよねぇ?」


オタクはウッと息をのんだがフッと諦めたように、見えた。


 翌週。前の話はすっかり忘れて元気~?などと能天気に話す私にオタクはひそひそと語りかけた。


「番号を指定できるくじを買ったんだよ(よくわかんないがロトか何からしい。)これで当たったら全部あげるからヌード見せてくれよな。あ、番号だけど君の誕生日にしといたから♪」


 オタクの執念に驚愕したが

そんじゃ当たんねーよ、という気持ちと

そんな大金当たったら何人も相手を変えられるだろうが!という気持ちと

いやいや、どうせこの人目が悪いから、すごく遠くから目を細めれば何となく私に似てる誰かプロのヌードモデルの写真渡して小遣いを稼いでしまおうかという気持ちと



 気づくとオタクと同じように妄想を膨らませている私がいた・・・




 


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。