BODY MIND SPIRIT オンラインショップ は米国チョプラセンター製品の公式ショップ。アーユルヴェーダの各種製品を日本の皆さんに紹介していきます。

アーユルヴェーダは 、インド・スリランカで生まれた5000年以上の歴史をもつ世界最古の伝統医学で、「生命の科学」という意味。健康で幸せに生きる知識と知恵がたくさん詰まっています。

こちらのブログでは、そのアーユルヴェーダの知恵を無理なく、自然に暮らしに取り入れる方法や経験をシェアしたり、生命の科学の膨大な知識から一つひとつ、分かりやすく解説していきます。どうぞ皆さまのアーユルヴェーダ生活ウェルビーイングライフにお役立て下さい☆☆☆

テーマ:

7月に入りました❣️が、雨が一日中降ったり止んだり、梅雨真っ只中という感じですね。☔️🐌💠

 

湿度100%、重苦しい空気。体の中も湿度が溜まり、だるさを感じる方、体調を崩されている方が多いのではないでしょうか?前回お話した通り、梅雨は3つのエネルギー(ヴァータ=風、ピッタ=火、カパ=水)の全てが乱れてしまう最悪の季節。

 

消化の火も弱まり、消化力が落ち、内側に溜まった湿度で血流や気の流れが滞りやすいのがこの時期。温かく、消化に良いものを食べて、元気を保ちましょう。

 

そこでおすすめなのが、ダルスープ。使っているダル(豆)は、ムングダルという緑豆で、3つのドーシャ(エネルギー)を整え、豆類の中で一番消化に良いとされています。ギーとそれぞれのドーシャを整えるスパイスで美味しいスープを作りましょう。

 

単体でももちろん美味しいですし、インドやネパールではご飯にかけて食べたりします。

 

とても簡単に作れますので、ぜひ試して見てくださいね!

 

ダルスープ(2人分) 材料/作り方

・イエロームング豆 1/2カップ (普通のお鍋で作る場合、3、4時間以上水に浸しておきます)

・クミンシード 小さじ1/2

・ギー

・水 400cc

・生姜のみじん切り 大さじ1/2

・ターメリック 小さじ1/4

・ヴァータ用チョプラセンターブレンドスパイス(体質や症状に合わせて)小さじ1

・塩 小さじ1/2(お好み)

 

 

1)お鍋にギー、クミンシード、生姜を入れて香りが出るまで炒めます。

2)洗った(または浸水した)豆を入れます

3)お水を入れ、ターメリック、チョプラセンターのスパイス、塩を入れ、普通のお鍋なら豆が柔なくなるまで、圧力鍋なら音が鳴ってから2分弱火で煮たら、出来上がり

4)足りなければ塩を足したり、ブレンドスパイスで香りを出し、味を整え、温かいうちにいただきます。(お好みで、ギーで玉ねぎやニンニクのみじん切りを炒め、スープにジュッと入れるとさらにコクが出ますよ♫)

 

今回、ブレンドスパイスは雨季に特に乱れやすいヴァータにしましたが、

ご自身の症状で選んでくださいね^^

○風邪気味→ヴァータ用スパイス

○内側に熱がこもった感じがしたり、消化力が弱っている時→ピッタ用スパイス

○体がだるく重い感じ、内側に湿度が溜まっている時→カパ用スパイス

 

http://www.bodymindspirit.jp/SHOP/151545/list.html

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)