カノンの喜怒哀楽毒甘辛滑転痛ボケツッコミ時々12球団ライフ♪

アンチ球団なしの12球団好きのカノンが波乱万丈ながらタダでは転ばぬ図太さで、自己満足ネタな日常と夢を関西拠点に喜怒哀楽毒ボケツッコミ交えて発信中♪


テーマ:

この三連休、本当は甲子園に高校野球の開会式の

写真撮影に行きたかったけど、初日は始発で出向いても

既に手遅れなほどの行列だったと後で聞かされた。

 

連日の残業のツケが来て土日と寝込み、お彼岸どころではなく

土曜は高校野球はテレビ観戦、愛娘の状態も朝から悪く、

午後から動物病院へ連れて行った。

 

ずっとご飯も食べずにぐったりしていたのに、ワシが

病院へ出掛ける準備をすると散歩に行けると、突然

元気になって周囲を飛び跳ねる。

体力的に動物病院までは歩けないだろうから、キャリー

バックに入れるが、バッグから顔を出したい愛娘は

バッグの縁に前足をかけて踏ん張って動かない。

 

フタ閉めなきゃバスに乗れないから入ってと暫く格闘

の末、網状の上フタを閉めると、網タイツを被ったかの

ような変顔の愛娘が開けろと暴れる。

変顔を撫でてなだめてそのままバスに乗る。

 

新しい動物病院は獣医師、助手、スタッフも親切で

愛娘もあまり暴れることはなくおとなしい。

下痢止め、整腸剤、痒み止めを処方され、心臓の

状態を診てもらって異常なし。

ただ花粉症の疑いありとの診断を受け、

これで1万3千円也。

 

動物保険カード提示で約4千円の負担。

それでも人間の病院代より高くつく。

だけど愛娘のため。

自分の子供と同等なら当然の出費。

 

動物病院の前には大きな森林公園があって、

はしゃぐ愛娘をせっかくだから散歩させる。

 

いつもなら家の前をちょこちょこ歩いてすぐに家の中に

入ろうとするのに、広い公園内を小走りに興味津々で

進む。

 

花粉症の疑いがあるのに、梅の花が咲いていたので

近くまで。

 

 

幸い梅の花には反応なし。

ただ愛娘の目はモノクロームの世界だから紅梅も

白黒写真なんだろうな。

ただ元気なうちに色んな世界を見せてやりたい。

 

三連休、家の外に出たのはこれだけ。

家で寝込んだ以外は高校野球観ながら全自動洗濯機

3回回して家事三昧。

高校野球はいつも負けてる側の応援。

 

例え不利な状況でも最後まで笑顔を忘れず諦めない、

がむしゃらに泥だらけになって掴む希望、

大きなエールを背中に受けて、ダイヤモンドを駆け巡る

その姿を観ているだけで熱くなる

 

愛娘は帰宅後死んだように白目剝いて爆睡(怖)。

もう見慣れたからいいけど、相変わらず可愛くねぇ~(笑)。

 

ワシが寝込んでる間、名古屋の竜友からガッツの画像を

虎友からは神宮球場でのよしおの動画がLINEで送られて

きた。

 

休み明け、週末からの始動のために、この三連休で充電

しとかんとな。やらなアカンことはあったけど体調優先。

ようやく慢性蓄膿症の頭痛は抜けたし、もうすぐ天中殺も

抜ける。

 

身体に来まくった分、かなりきつかったけど、損失もデカ

かったけど、命取られたワケぢゃねぇ。

愛娘も生きている。

 

明日から仕事、また残業続きの追い込みが来月末まで

続く。苦しいことはいつまでも続かない、いつか終わる。

とにかく目の前のことひとつずつ確実に、今はそれしか

ないな。

 

Excentric*Kanon

AD
コメント(0)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「◆親ばか愛娘日記♪」 の記事

テーマ:


少し前に起こった上記ブロガーさん記事の論争。
発端はグルテンフリーではないおやつをペットの
兎に与えているという記述から。

先日コメント欄を閉鎖されてしまわれましたが、
反響が凄すぎて飼い主さんももうアップアップ
だったんでしょう。

思っても見ない方向へ言葉が独り歩きする、
いい方向にも悪い方向にも。
人気のあるサイトならその影響力は計り知れない。
そこに言葉の恐ろしさがある。

発信した言葉の解釈は人それぞれ。
幸せの基準もそれぞれ。

うさぎは個人的に飼いたいなぁと思ったことがあり、
検討していた動物。
機会がなかったのと、ワシは愛娘に出会って
縁あって家族になることを選んだ。



その愛娘は色々調べた結果、重度のアレルギー持ち
だった。
そこからフードの模索を始めるが、穀物フリーの
愛娘に合う餌は1種類のみで、かなりの高額。
更に愛娘の口には合わないのか不味いのか、
完食させるのにかなり苦労している。

皮膚の壮絶な痒み、そして酷い時は嘔吐。
こんな苦しい姿を観ていたら、いくら欲しがっても
あげるわけにはいかない…。
食べさせてアナフィラキシーショックを起こして
命を落とすかもしれない、だから心を鬼にしなければ…。

そんな状態が続き、動物病院にもステロイドの
抗生物質、化膿止めを毎週処方されていた。
こういう状態だと喜んで食べるからと言っても
NGフードは敬遠してしまう。
世の重篤なアレルギーを抱えたペットを家族に
持つ飼い主はピリピリと反応しちゃうんですね。

ワシは、この飼い主さんと同じで、あれもダメ、
これもダメとストレスを溜めるより喜ぶ姿を尊重
したい。

ただアナフィラキシーショックは怖いから、
過剰摂取はさせず、飼い主の責任の下で
NGフードも愛娘に与えている。

嘔吐した餌は潔く捨て、嘔吐しなかったものは
そのままあげている。
本当はNGの米粉だけどそれ以外のNGフードが
入っていない魚のフードを食べさせている。
不味いのか残して何も食べなくなるので、これに
缶詰やふりかけを混ぜるなど工夫は欠かせない。
手作りも考えたけど、なかなか時間がない。

おやつを時折あげてストレスを溜めないように
食事の時間を楽しいと思ってもらえるように
その努力だけはしているし、嘔吐など苦しい思いは
極力させないように中国産は一切買わない。
国産重視。

あと前にも書いたけど、寝床の問題。
オカンと同じ暖房を保った室内で基本は寝かせる
ようにしているが、夜中にトイレで目を覚まして
ワシの姿がないとわかると、ワシの部屋まで
やってくる。

暖房は電気座布団を布団の中に入れただけ。
喉が乾燥して風邪を引くのとスパイスの保管庫を
兼ねているので8℃と寒い部屋なのに、朝になれば
ワシの足元で眠っている。



オカンの部屋に閉じ込めればワシの部屋に行きたいと
扉をガリガリ、最後は体当たりでドンドン、真夜中に
吠えて開けろと訴える。
仕方なしに扉は愛娘が抜け出せるだけの幅を開けて
おくようにして、いつでも行き来できるようにした。

愛娘にとって居心地のいい場所で眠らせたい。
それがワシのそばだと言うなら、愛娘が来たときは
毛布の中に招き入れ、電気毛布の暖かい場所で
眠らせる。

オカンのベッドと愛娘のベッドは介護業者の行き来の
都合上、引き離してある。
以前はオカンのベッドで一緒に眠っていたがそれが
できなくなってからは寂しがりの愛娘は、群れで生活を
する犬の習性でもあるが独りでは眠らない。

たとえどんなに寒くても狭くても愛娘の幸せはワシに
あるようだ。
昨日は風邪を引いて隔離状態にしていたので、
一日中扉を引っかいて体当たりしてヒーヒー鳴いてた
愛娘。
人間の風邪は犬にはうつらないとは言うけど、
それでも愛娘には元気で居て欲しいからね。
早く治さなきゃな。。。

Excentric*Kanon
AD

テーマ:

 

予報通り、雪、降って積もりましたな。

お昼前に郵便局からの配達で荷受に出たら

太陽が出ている中で雪がチラチラ。

愛娘を抱っこして、雪景色を見せてやり、

雪そのものを前足で触れさせたり、

鼻で匂いを嗅がせてみたり。

 

犬の目はモノクロだから、こんな感じに

見えてるのかな。

 

 

最近、愛娘は餌をあまり食べなくなり、眠っている

時間が増えた。耳も聞こえにくくなり、もうチャイムの

音には反応しなくなった。

それは愛娘の時間が少しずつだけど、その時が

近づいている、心の準備をしておくように、

そういうことなんだろう。

 

それでも嗅覚や視覚はまだしっかりしていて、

ワシがリビングから洗濯や庭仕事や家事、

トイレで愛娘の寝床から離れると不安なのか

それまで眠っていたのに起きてワシを追いかけてくる。

 

全自動洗濯機のそばに小型温風器を置いたら、

そこにかじりつき。

でもワシのそばから離れない。

 

先週あたりから急激に冷え込み、

今までは自分の寝床からワシの寝ている部屋まで

トコトコやってきて、ワシの毛布の中に潜り込んで

足元で寝ていたが、ワシの部屋、ワシが喉が弱いので

寝床には足に冷え防止の電気座布団を敷く以外は

一切の暖房をつけていない。

 

室内の気温は7℃。

そんな寒い場所に寝かせられないから、オカンの

寝ている暖房の効いた部屋に寝床を置いて

寝かせている。

この幸せそうな寝顔に癒される。

 

だけどトイレで目覚めたらオカンは居るけど

ワシはいないとわかり、ワシの部屋へ向かう

引き戸の前に座ってガリガリガリガリ。

引き戸を引っかき開けてと訴える。

 

その内エスカレートして、前足でドンドンドンドン

体当たり。

あまりに激しいとオカンが叩き起こされるので

引き戸を開けてワシの寝床の電気座布団の

暖かい場所に寝かせて起床までの数時間

一緒に眠る。

愛娘と身体をひっつけて眠ると暖かい。

 

今日は名球会のイベント。

結局行かなかった。

もうすぐ試合が始まるな。

だけど親父は競馬で雪の中出かけていった。

どうせまた午前様で飲んだくれてくる。

 

愛娘を独りにはしておけない。

最近はもう目覚めないんじゃないか、

そういう時がある。

自分が居られる時は可能な限り

寄り添っていよう。

 

明日から仕事が始まれば一緒に居られる時間は

少ないから。

人間にとってペットは自分の生活の中の一部。

だけど愛娘にとってワシはその一生の中ですべて。

その愛情は裏切ることのない絶対的存在。

その愛情にワシがどこまで応えられるか。

 

愛娘に毛布をかけると、不安そうに首を上げ、

ワシを見つめるので、

「何処にも行かないから、安心しておやすみ」

そう声を掛けると、口角をきゅっと上げて

首を戻して、安心したかのように寝息を立てる。

 

さすがに寒くて、庭の防犯カメラ設置とかも

昨日やっときゃよかったんやけど、風邪気味で

だるかったからサボって、今日もサボリ。

 

なんだかんだボ~っとしてたって

あっという間に時間なんて過ぎていく。

今日こそは観たかったDVDでも観て

1日の終わりには暖かいお風呂で

暖まってゆっくり疲れを取ろう。

 

Excentric*Kanon

AD

テーマ:

左サイドバーのブログパーツは設定日

間違えて明日になっとりますが(;-Д-)ゝ”

昨日無事にご生誕祝いをしました。

 

ガチタイムでアップしなかったのは、

10日の午前零時から朝方にかけての

愛娘の状態がこのまま逝ってまうんちゃうか

って位、ヤバかったから。

 

10日の夜は急激に冷え込み、いつもなら

自分の寝床から離れたワシの寝床にトコトコと

やってきて朝にはワシの毛布の中に深く入り込んで

ワシにぴったりひっついて寝息を立てているのが

定番なのに、誕生日の朝は居なくて、愛娘の

寝床に行ったら虫の息状態だった。

 

先日体調不良で2日間会社を休んだツケで

会社を休むわけにも行かず、仕事も追いついてなかったから

会社に行かなければならず、親父には様子見して

おかしいと思ったら動物病院へ連れて行ってと書置きして

家を出た。

 

なんとか夜には持ち直して元気になってたんやけど

この夏に急激に弱ってからは耳も聞こえなくなり、

ごはんも朝夕食べてたのが食べなくなり、アレルギー

検査後に身体に合った餌を動物病院で購入して

食べさせたのにまさかの嘔吐で、このままいったら

誕生日迎えられないかもと思うほどでした。

 

ホンマ誕生日を無事に迎えられて良かった。

今朝はいつものようにちゃあんとワシの毛布に夜這い

していびきかいて寝てた(笑)。

 

一緒に居られる時間はそんなにないってことは

わかってるけど、まだ一緒に居て欲しいと思うのは

ワガママ?

 

ネーム入りの首輪をプレゼントにオーダーしてるから

届くまでもう少し待っててや。

 

Excentric*Kanon

コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

子犬の頃からかかりつけの動物病院を代える

決意をしたのは、日に日に弱っていく愛娘を

このままにしてはおけなかったから。

 

ヘルニアのときも、子宮蓄膿症、その後の合併症で

命を落としかけた時も救ってもらった、そのことには

感謝している。

 

でも今回ばかりは此方の訴えを聞いて欲しかった。

持っている知識で判断するのではなく、他の可能性に

目を向けて欲しかった。

 

検査機器が乏しく、その病院では答えを導き出すには

限界があった。

 

ワシは愛娘を守りたかった。

この3ヶ月、あんなに元気だった愛娘がいつもの時間

になっても目を覚まさなくなった。

 

突然聞こえなくなった耳。
やがてご飯を食べなくなり、1日中眠り続ける日が

続き、目を覚ませば激しく体を搔き毟る。

やたらと水を飲む。

時折ヒューヒューと呼吸をした。

 

野良猫が連れてきたノミの駆除は終えていたのに

愛娘の皮膚炎は治らないどころか悪化する一方。

体が化膿して悪臭を放つ。

抗生物質、ステロイドを処方されたが、薬は全く

効いていなかった。

 

細菌性のものと思うが原因はわからないと言われた。

だけど人間だって検査すればわかる。

犬にだってあるんじゃないのか?

調べもせずに推定だけで診断するのはどうなんだろう。

 

それでいて愛娘をダイエットさせろと言うばかり。

急激に容態が悪化したのはこのひと月ほど。

そして意を決して探しあてた隣の市の動物病院へ

連れて行った。

 

 

採血を行い、甲状腺の病気と、アレルギーの検査を

2種類受けた。

3万5千円と高額だが、検査しなければ前には進めない。

検査結果は10日後に出る、それまでの間、

かゆみ止めと抗生剤が処方された。

 

暫くして食欲が戻り、体を搔く頻度が減り、徐々に

元気を取り戻してきた。

体力の戻ったタイミングで細菌性の皮膚炎やアレルギーに

効果のある動物病院専用のシャンプーを入手して洗って

やると、口コミ通り、悪臭が消えて、毛艶がふわふわと

柔らかい状態に回復。

 

 

そして先週の金曜、会社帰りに検査結果を聞きに行き、

驚愕した。

 

最も心配していた甲状腺の検査は、可能性はあるものの

決定的な数値が現段階では出ていないため、経過観察

となった。

 

そしてアレルギーの検査結果、これがかかりつけの獣医

の見解とは全く逆の結果が出ていた。

環境アレルゲンのノミや蚊には陰性、

オオブタクサ、たんぽぽ、フランスギクに陽性反応、

牧草類はすべて陽性、

細菌性と言われていたカビ類はすべて陰性。

 

食物アレルゲンでは小麦、とうもろこし、じゃがいも、米に

陽性反応、大豆に要注意反応が出た。

 

アレルギー食としてダック&ポテトを食べさせるように

指示があって食べさせてきたが、じゃがいもにアレルゲン

のある愛娘にはこれがNGだった。

細菌性の疑いはこの検査結果で消えた。

 

世の中のドッグフードで愛娘が食べられるものはたった

2種類しかなかった。

その餌を取り寄せ入手するまでに時間が掛かるので、

一切アレルゲン反応の出ない肉魚類を食べさせることに

した。

 

買ったばかりのダック&ポテト、半年分はまたアレルゲン

に影響のない他のわんこに譲渡。

この餌、高額だっただけに痛い出費。

だけど愛娘のことを考えたらもはや続けられない。

 

それまで食べさせていたパンやごはんをやめた。

どんなに欲しがっても愛娘のために心を鬼にする。

 

耳が聞こえなくなった原因は今となってはわからない。

インターホンの音も聞こえない。

聞こえないのが不安で吠える。

だから大丈夫だと体を撫でて落ち着かせる。

 

耳は聞こえなくなったが、嗅覚と視力はまだしっかりしてる。

寝床で寝息を立てている愛娘を起こさないように自室へ

行って就寝しても朝にはワシの足元に潜り込んで寝息を

立てている。

 

 

元気を取り戻してからは、ワシの後をずっとついてくる。

すぐ戻るから、独りぼっちにしないから、

ずっと傍にいるから、

そう言っても不安なんだろう。

 

安堵したのはずっと乾いていた鼻が湿り気を取り戻したこと。

 

10月の連休移行はずっと休日は秋季練習も行かずに

愛娘と過ごした。

急激な気温の変化に慌てて冬物を出して備えたが、

先週末までの忙しさが一段落して、油断したのか自身が

風邪を引いてぐったりな休日を過ごすことになったのもある。

つか、風邪引いて高熱出しても病院に行かないでマスクも

しない隣のガイジンのをもらったみたい(´ロ`lll)。

 

やらなきゃいけないことは結構溜まっていて、

なかなか雑務も追いつかない。

オカンと愛娘最優先、自分のことは後回し。

 

それでも日曜はあまりに寒すぎてパッチを出した(笑)。

風邪薬も飲んだ。

今、倒れるわけには行かない。

 

愛娘、この時期はあったかい。

寒いから肌寄せ合って眠るのがお互い心地いい。

もうすぐ13歳の誕生日。

まだ元気でワシのそばにいておくれ。

 

昨日、とうとう腰痛と頭痛も発症して寝込んだ。

愛娘がずっとべったりひっついて離れなかった。

うん、寂しくないね、あったかいね。

早く治さなきゃ。

 

Excentric*Kanon

 

コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

160225_2139~01.jpg

この時間になると、オカンのリハビリ施術のスガノ先生が来るのを
まだかな、まだかなぁと待ちわびる愛娘。
でも月曜までコナ━━━━━━(´・ω・`)━━━……‥ ‥イんだなぁ。
いくら説明しても、きょとんとしてる。
最近はワシよりなついて言うことも良く聞く。
もうスガノ先生にお持ち帰りしてもらいっ!
↑飼い主のヤキモチ(笑)。

Excentric*Kanon

コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
昨年の今頃、オカンは3度目の脳梗塞で寝たきりの状態、
親父は両目を失明寸前、愛娘は年末に子宮蓄膿症で
生死を彷徨い、術後も悪く、暫くは合併症などで予断を
許さない状態で、夜中も起きてつきっきりで看病した。

寝不足と疲れで自身も身体に支障を来たし、
1月は会社を半分休業状態。
心身追い込まれて、もう介護離職の道を選択する直前
にあったものの、それさえも許されない状況。

その後、看病の末に愛娘は危機を脱し、親父も手術で
視力を回復、夏にオカンが退院、在宅介護が始まった際、
慣れるまでの時間がきつくて、このままだと愛娘を手放さ
なくてはならないかも知れないと一度弱音を吐いた。

だけど愛娘は誰かに任せられるほどしつけができてなくて、
犬見知りの人見知り。
家族以外の環境に馴染むにはかなり難しい。
愛娘のことを気に入ってくれている友人が居たが、
そのまま譲るには…という問題がありすぎた。

一瞬、もう限界、愛娘を手放すしかない…、
そう思った時に、「犬と私の10の約束」を知る。

1. 私と気長につきあってください。
(Give me time to understand what you want of me.)
 2. 私を信じてください。それだけで私は幸せです。
(Place your trust in me. It's crucial to my well-being.)
 3. 私にも心があることを忘れないでください。
(Be aware that however you treat me I'll never forget it.)
 4. 言うことをきかないときは理由があります。
(Before you scold me for being lazy, ask yourself
if something might be bothering me.)
 5. 私にたくさん話しかけてください。
人のことばは話せないけど、わかっています。

(Talk to me sometimes.
 Even if I don't understand your words,
 I do understand your voice when it's speaking to me.)
 6. 私をたたかないで。
本気になったら私のほうが強いことを忘れないで。

(Remember before you hit me,
 I have teeth that could hurt you,
 but that I choose not to bite you.)
 7. 私が年を取っても、仲良くしてください。
(Take care of me when I get old.)
 8. 私は十年くらいしか生きられません。
だからできるだけ私と一緒にいてください。

(My life is likely to last 10 to 15 years.
 Any separation from you will be painful for me.)
 9. あなたには学校もあるし友だちもいます。
でも私にはあなたしかいません。

(You have your work, your entertainment,
 and your friends. I have only you.
10. 私が死ぬとき、お願いです、そばにいてください。
どうか覚えていてください、
私がずっとあなたを愛していたことを。

(Go with me on difficult journeys.
 Everything is easier for me if you are there.
 Remember I love you . . .)

犬と私の10の約束 (文春文庫)/川口 晴
¥535
Amazon.co.jp
犬と私の10の約束/川口 晴
¥1,234
Amazon.co.jp

9つ目の言葉を読んだときにハッとした。
ワシには色んなことが人生の中であっても
愛娘にはワシら家族がすべてなんだと。

人間の都合でペットを捨てるくらいなら
初めから飼うべきではない。
一瞬でも自分の弱さで手放そうとしたことを
後悔した。

昨年、生死を彷徨った時、必死で看病した。
時間もお金も余裕なんてなかったけど、
愛娘を失いたくはなかった。

オカンも家に居るときは愛娘に癒されている。
入院中に死に掛けていると伝えた時は、悲しい顔をした。
オカンが退院するまでにダメかもしれない、当時はそんな
状況だったから。

親父も愛娘には甘い。
可愛くて仕方がない。
酔っ払って帰宅しても尻尾を振って出迎える
愛娘にメロメロ。

160220_2152~01.jpg
この土日はオカンがショートステイで居なくて
親父も今日は競馬でいない。
ワシはと言えば、風邪を引いたようでまた頭痛で
熱っぽくて殆ど寝込んでた。

だけど最低限度の家事はやらんとアカンから
だるさや痛みから解放された頃に少しずつ動き出した。
その間、愛娘は構ってちゃん状態。
こういう日ぐらい一緒に居てやらんと。

自分の温い寝床があるのに、ワシの傍に居たがる。
トイレに行こうものならダッシュで追いかけてくる。
その度に「何処にも行かないよ」と言い聞かせる。
甘えん坊の寂しがり屋。

インターホンが鳴り、表に出ると、お隣のジェイソン翁の
息子さんだった。
実は木曜の朝に彼の母がジェイソン翁の元へ旅立った。
うちのオカンと違って、背中や腰は曲がっていたけど、
自分で洗濯物を干したりできる状態だった。

デーサービスへ出かけていくのを目にしていただけに
突然のことだった。彼は仕事で家を出ていて、最後を
看取ったのはヘルパーさんだった。

土曜に葬儀を終えて、金曜にうちの親父がお通夜に
出向いてたから香典返しを持って来られた。
顔を合わせばお互い大変やけど頑張りましょうと励まし
合ってきた。

四十九日までは落ち着かないと思うけど、落ち着いたら
今度こそ自分の時間をゆっくり過してくださいと言うと、
全然大丈夫じゃないし、独りになって何をしていいか
どうかもわからないと肩を落とした。

ジェイソン翁妻が居た頃は認知症にイラッときてたのか
よく怒鳴り声が聞こえていた。
だけどいざ亡くなってしまったら、急に周囲からも頑張れ
だの言われて追い詰められて一気に元気を失くしてた。

今日まで必死で頑張って来たんやからこれ以上、もう
頑張らんでええよ。十分頑張ってるやん。
何かあったらいつでも声かけて!

今はそれしか言えなかった。

ジェイソン翁が生前ワシら家族をチェーンソー持って
追い掛け回した過去なんてもう笑い話だ。
そりゃあ面倒臭いぢぢぃやったけど(笑)。
その息子は普通の人やしね。
ワシよりちょっと年上やったと思うけど、
苦労したんやろうな、頭は完全に白髪で
疲れ切った風貌で老けて、ジェイソン翁妻と
夫婦と間違われてもおかしくないくらい。

独りになったから楽になるんじゃない。
ワシだって今は時折文句を言いながら、家族と過して
いるけど、今は家族よりも先に逝く訳にはいかない。
特に愛娘を置いては…。

冒頭の動画は読者さんが紹介してたのを此方でも
紹介させてもらった。
こんな最後には絶対にさせない。
それだけは愛娘に約束したい。

生きていることが当たり前、じゃない。
生かされていることに感謝。

Excentric*Kanon

コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

だんそん!ふぃ~ざき~
どぅ~ざてぃ~さ~ざ
こんさっ!
(適当に繰り返し)

に~ぶら!

新春早々アホな飼い主にばんび~のごっこに付き合わされ捕まる愛娘、どことなく軽蔑の眼差し(笑)。
「私、犬ですねん!!」
つか動物愛護協会からそのうち訴えられるぞ!

夏休みの宿題・執筆終わった\(^ー^)/♪
だから愛娘と遊んだんやけど、ごっつ迷惑そうな愛娘(笑)。
面倒くさい飼い主やのぉ…( ̄▽ ̄;)ってな感じ(笑)。

明日はガッツに会うぞ名古屋&福岡遠征準備せにゃ。
それ終わったら休めるかな。
ぁ、大掃除まだやった( ̄▽ ̄;)あいやー

だんそん!
ふぃ~ざき~、
どぅ~ざてぃ~さ~ざ
こんさっ!
↑で、ワシが捕まるねん(自爆)
Excentric*kanon
コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

150709_2152~01.jpg

オカンのベッドで甘える愛娘。

150709_2147~01.jpg

オカンの動く左腕に顎を乗せてまったり。
これはかなり前の画像。

昨日膀胱炎で遠方にある動物病院へ日差しの弱いうちに
連れて行ったのですが、どうも熱中症になったようで、嘔吐
してしまい、愛娘を死なせるところでした。

幸い食欲はあって、涼しい場所で寝かせて安静にさせてた
ので今朝はいつもの朝ごはんの時間に起きてきて、ご飯を
無心。

膀胱炎の薬を飲ませて、ご飯も完食。
口当たりのいいヨーグルトを少しあげると大喜びでペロペロ。

ブンブン尻尾を振って大きな目を見開いて玄関でお見送り
してもらった。

親父には吐いたり痙攣したり容態がおかしくなったらタクシー
で動物病院へ行ってくれと頼んでおいた。

特に短足で肥満気味で老犬やと熱中症のリスクが高まる
らしくて、途中でお水も飲ませてと注意してたのに日差しが
曇りでもアカンのやなぁ。。。

今日はアクエリアスかポカリの粉末を買って帰ろう。
犬の場合は人間の濃度の1/2らしい。
熱中症の万能薬やね。


コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。