フィジー文化について語ってみました。

本当はもっと深く語れますが、比較的
簡単な内容としてまとめてみました。


タイトル:メルマガ【BlueWill】ケレケレという文化
URL:http://bluewill-fiji.com/post-4375
いつも「いいね」して頂いて、ありがとうございます。

AD

寝なくてもいいんだ・・・

テーマ:
現地にいる生徒さんに教えて頂いた芸能人の「武井壮」さんを教えてもらいました。
 
話すことが一々論理的で面白い方だと僕も思うんですが、何よりも本当なら羨ましいと思うのが睡眠時間です。なんと45分くらい寝れば活動を再開できるそうなんです。
 
昔から何処でも寝ることが出来る僕ですが、これは僕の身体的な特徴なんだと思っていました。
 
過去に寝ずに勉強を続けていたら倒れちゃいましたし(笑)
 
多分、睡眠時間が必要なんだろうって。そうしないと能力が極端に下がるから「寝なくてはならない」というプレッシャーに悩まされていました。
 
でも最近は夜中の3時頃に目が覚めると、「ヨシ!今日の俺はこのくらい寝ればOKなんだな!」って感じで普通に夜な夜な行動し始めます。
 
お陰で勉強も捗りますし、とても有意義な時間が生まれました。
 
「8時間寝なくてもいい」ってことに気づくのに33年かかりました。一度倒れた恐怖にようやく勝ったというところでしょうか・・・。
 
ちょっと前に過労死だかなんだかでお亡くなりになった方がいたというニュースを見ました。
 
そのニュースよりもそのニュースを見た時に思った自分の感想に驚きました。
 
・・・とても不謹慎です。申し訳ないです。でも「羨ましい」って思ってしまったんです。死ぬほど働けるって凄いことだと本当に感心します。
 
勿論、僕は詳細を知りませんし、嫌々働かされてだと内容もまるっきり違うんだと思います。単純な労働時間だけで死のうと思うと多分睡眠時間を取れないくらいまでやらないと難しいと思います。
 
この方が仕事に夢中になって、面白くて仕方なくて働きまくって眠るのも忘れてしまったんだという僕の勝手な解釈です。
 
有名なココ壱番屋の創業者の方は1年間で5637時間働いたそうです。これって365日で割れば一日15時間働いている計算になっちゃいます。勿論、週休0日です(笑)
 
成功されている方はその努力の量からして半端ないものがあると僕は信じていますから、まだまだ怠慢な僕を叱咤激励する毎日です。
フィジーは皆がリラックスしてるからなぁ・・・・は!いかんいかん。環境のせいにする小生意気な僕が憎いです(笑)
 
ココイチカレーが食べたいなぁ・・・。あれだけはフィジーで作れないです。
AD
自己啓蒙を兼ねて何よりも努力の量を強調する
僕ですが、特に難しい調整においては頑張る
方向性は肝だと思います。
 
タイトル:メルマガ【BlueWill】英文法を極める理由
URL:http://bluewill-fiji.com/post-4368
 
いつも「いいね」して頂いて、ありがとうございます。
AD