元館長の統合ブログ

空手・セイルボート・身長を高くするトレーニング・その他を全て統合。


テーマ:

大人の背が伸びる! 身長を高くするトレーニング

 

「骨強度の向上・質的変化」を解説する前に、前回投稿で触れた「トレーニングの量、方法の変更」について補足しておきたいと思います。

 

私とのカウンセリングでフォームや運動量を変更したお客様の場合、これを継続してください。


カウンセリングでの変更は「違う運動」をするのではなく「同じ運動にするため」の変更ですから、これを戻してしまうと、また「違う運動」になってしまいます。


メールや電話を使った指導で苦労するのは、「言葉の壁」です。

 

これまでに数百人のお客様に指導させていただき最も驚いたことは、一つの言葉で、ほぼ同じイメージを持つ人がいる一方で、全く異なるイメージを持つ人が半数近くはいるということです。

 

同じ日本語であるのに、こんなに表現に対する個人差があるとはこれまで知りませんでした。


私の表現力不足が主因と考えていますが、身トレの「感覚を頼りに運動負荷を決定する」という非定量的な方式も、この個人差をつくる原因だと思います。

 

しかし、どんなに科学が発達しても「感覚」以外に運動を制御する方法はありません。


例えば筋トレであっても「7~10回程度で限界を感じる重さ」ですし、短距離走にしても「一番速く感じるスピード」です。

 

筋トレであれば「キログラム」という物理的な重さがあり、ランニングにしても「メートル」や「秒」という単位が「感覚」と「物理的な量」の合流点になりますので

 

①感覚の一方である「限界!」と、
②もう一方の感覚である「重さ」「長さ」「スピード」の
③片方を定量化できるので、半分は理解し易い。

 

のですが、「骨の強度」は実体としてはあるものの、今のところ科学的に表現できる単位がありませんので、感覚で運動し、感覚で確認する以外にありません。

(骨粗鬆症では「骨密度が骨強度要因の70%」と定義していますが、これは言わば「弱さの定義」であり、骨が強くなる方向の定義はありません)


運動している人が限界と感じている部分に改善の余地がある場合、体の動かし方や、表現方法を変えることで、限界を解除していく事が指導となりますが、結局のところこれは、正しい運動になるように、正しいイメージを作るという作業です。

 

したがって「運動は同じ」であり、表現やフォームを変更することで運動のイメージを変えています。


それなので、フォームを変更したら必ず結果をお知らせいただき、運動イメージが目的に合致したものになっているかどうかを確認する必要があります。

 

お問い合わせに回答すると、そのまま1ヶ月以上も返信が無くなってしまう方がいるのですが、これでは運動イメージの修正ができません。

 

誤ったイメージで続けてしまうと、骨に違う効果を与え、どんどん伸び難い骨に変わっていきますので、「改善→実行→確認」の繰り返しを行い、短期間で運動イメージの修正を行ってください。


ところで、もう一つ「言葉の壁」を感じたのは、身トレを「くるぶしを鍛えるトレーニング」と勘違いする人がいたことです。

 

しかも「くるぶしの筋肉?」ということで、カーフレイズをすると身長がアップするという話に発展しているようです。

 

それが本当に可能ならボディビルの人達がとっくの昔に発見・開発しているのでは?と思うのですが・・・

 

大人の背が伸びる! 身長を高くするトレーニング

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

hrnbhkさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。