元館長の統合ブログ

空手・セイルボート・身長を高くするトレーニング・その他を全て統合。


テーマ:

成長期を過ぎても背が伸びる! 身長を高くするトレーニング

 

身トレでは下表の様なサイクルで成長効果が変化します。
したがって、お客様ご自身で成長期間終了を予測し、タイミング良くアップデートもしくは「休止→再トレーニング」を行うことが効率良い成長を可能にします。

 

※同じ運動量のトレーニングで効果を出すには1年以上の休止が必要です。

 

この様に、同じ運動では効果が無くなってしまうのは、身トレの成長は運動負荷によって起きているからです。骨強度が上昇してしまうと運動負荷が不足し効果が得られません。

この関係性を理解するために、身トレの成長原理から解説していきたいと思います。


身トレの成長原理

身トレは「マイクロクラック」+「モデリング」+「骨の柔軟化」の三つの要素が相互に作用しあうことで大人の骨を成長させるトレーニングです。


マイクロクラック

マイクロクラックとは骨折に至らない微細な骨の損傷です。
イリザロフ法のような切断が、骨細胞~オステオン(骨単位)程度の規模で起きると考えれば分かり易いと思います。

 

簡単に言えば、「マイクロ・イリザロフ」です。

 

しかし、ただ骨細胞の損傷を繰り返すのでは、疲労骨折へと発展するだけで成長は得られません。マイクロクラックを成長へと結び付けるのが残り二つの要素です。


モデリング

大人の骨は「リモデリング」という骨細胞の入れ替えを行っており、細胞が増えることはありません。これを「モデリング」という骨細胞が増える状態へと体質変化させる運動が必要になります。

モデリングへの体質変換が完了することで、マイクロクラックを「つなぐ修復」から「新細胞で埋める修復」が可能となり成長が開始しますが、この体質変換に3ヶ月が必要になります。


骨の柔軟化

骨の運動のためには大きな負荷が必要となりますが、過大な負荷を受けても骨折せずマイクロクラックで済むためには骨の柔軟性が必要になります。

 

また、この柔軟性がモデリングのへの体質変換にも関わっており、マイクロクラックとモデリングを結び付ける重要な懸け橋ですし、「つなぐ修復→埋める修復」への変化にも柔軟性が関与すると推測されます。


~次回へ続きます

大人の骨を伸ばす! 身長を高くするトレーニング

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

hrnbhkさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。