元館長の統合ブログ

空手・セイルボート・身長を高くするトレーニング・その他を全て統合。


テーマ:

大人でも背が伸びる! 身長を高くするトレーニング


ウサイン・ボルト氏に見られるようなスプリンターの偏平足や、同型で踵骨の過回内を伴う偏平足の機能的な回復方法を紹介していきます。

 

リスフラン関節の機能回復

私が直接指導でお会いしたお客様で踵骨が過回内している人(偏平足の人)の全てが、リスフラン関節が脱臼ぎみの状態で固着していました。

 

ここの機能を回復させる簡単な方法をYouTubeに上げておきましたのでそちらをご参照ください。トレーニングの直後に撮影したので、足が汚れているのと茨城弁はご勘弁です(笑)

 

なお、この整体で回復できるのはリスフラン関節の機能です。偏平足の根本的な原因はまた別にありますので完全に問題を解消するのであれば、その原因を取り除く必要があります。

 


 

 

ご覧いただけばお分かりのように整体とも言えないような単純な動きで、関節を動く方向に動かしているだけです。こんなに簡単に機能回復するのに、なぜ関節が固着してしまうのか?と言うと、それは裸足で自然の中を歩かないからです。

 

もう一つの動画をご覧ください。裸足で石の上を移動しています。


中腰になって自分で撮影しているので、やや歩みが不自然ですが、二歩目の親指の動きが良く撮れていますので注目してください。

 

着地後、体重移動が始まると石を握り締めるように動きます。これが人間の足に元からプログラムされている動作なのです。

 

どこにこのプログラムの記憶装置が有るかと言えば足です。機械式の自動制御プログラムです。

 

①踵が接地→小指球が接地→この間アキレス腱は弛緩、足底筋膜も同調して弛緩→
足底筋膜が弛緩しているので足裏は石に沿うように曲がり密着し母指球が接地→

②踵・小指球・母指球の3点が接地するころ体重が移動→アキレス腱が弛緩から緊張に転ずる→
アキレス腱に呼応し足底筋膜が緊張→それに呼応し各足指が握る動作を開始→

③反対の足が歩みだすと→逆の過程でアキレス腱の緊張が弛緩に転ずる→
足指の握る動作は解除される→・・・

 

分かり難いですね(笑)、暇ができたら作図して解説しますが、

①重心位置と
②地面の状態
③それに対応する最適な足の接地
④足指の地面の掴みと、その解除

 

という複雑な運動を足は機械式処理によって、勝手に最適を選択してくれるのです。

 

「選択」という表現の意味は、棘があったらどうするのか?滑ったらどうするのか?といったこともプログラムされていて、裸足で歩くのに慣れてくると、足が自動で回避してくれるということです。もちろん回避能力に限度はありますが、その動作はまさしく「反射」であり、脳に情報が届く以前に処理されます。

 

レオナルド・ダ・ヴィンチが 「足は人間工学上、最大の傑作であり、そしてまた最高の芸術作品である。」と評した所以です。

 

自然淘汰や、突然変異という進化論だけでは到底説明できないほどの精密・高機能です。更にこの機能は二足歩行能力に直結していて、この機械式制御によってアシモ君の電子頭脳も及ばないほどのスピードで情報処理できるので、走る・跳ぶといった運動が可能なのです。

 

足には元からこれらの機能があるので、平坦な道を歩き続けるとリスフラン関節が解放され固着していきます。


次回に続きます。

 

大人でも背が伸びる! 身長を高くするトレーニング

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

hrnbhkさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。