よったんのブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:

今晩はです。

今日は、新潟市主催の新潟古町花柳界のウォーキングに参加しました。もともとは知っている街ですが、専門のガイドさんから案内して頂き、新潟市の雑知識のおさらいのつもりで回ってみました。

 

出発は、柾谷小路です。

 

かって、新潟市役所があった、Next21に参加者皆さんが集合です。

 

ウォーキングが、3班に別れそれぞれのチームでウォーキングが10時頃開始です。まあ新潟は、柳と堀の街でした。(ほとんどの堀が無くなりましたけど。)木浦の句碑です。

 

弘願寺です。通常は、無人で月末のみ管理人が来て、扉が開くそうです。

 

古町演芸場です。しかし、お客さんが来るのかなあ??

 

小川屋さんです。加島屋さんのライバルです。

 

えーとこの方の名前を忘れました、あの野球狂の人気キャラの像です。なお、以前この枝が時々無くなり問題になりました。(今では、無くならないようです。)

 

そして、古町の裏通りにウォーキングとなりました。ここは、花街です。今日も来ました、鍋茶屋です。今日は結婚式があるようです。

 

燈理屋、丸伊などのお店が並んでます。

 

そして、正面は本陣と言う居酒屋さんで、この右手の板塀は、日本舞踊の市山流宗家とか。一方の左は、美や古という待合茶屋(今は、やってないとか)。

 

ここは右側が、新潟刑務所の跡地。(社会保険事務所の建物と平垣にその当時煉瓦を再利用してます。)その左側は、行形亭という高級料亭です。なので、昔は、この通りを地獄(刑務所)極楽(料亭)通りと呼ばれたそうです。

 

刑務所の跡地は、広い公園です。ウォーキング参加のおばさん連中とその先は、街歩きガイドさんです。

 

そして行形亭(”いきなりや”と呼ぶそうです)の入り口です。

 

最後は、どっぺり坂です。以前、坂の上に新潟大学寮があり、この坂を下りて花街に繰り出したそうです。階段の数は59段あり、飲み過ぎてこの坂を上ると試験で59点となり、60点の及第点に達せずドイツ語でドッペリ(二重、留年)するという言い伝えがあり、験担ぎで飲んだ後は、階段を上らず、わざわざ遠回りして寮に戻ったそうです。

 

そして、ウォーキンググループの解散の後、もうひとつ通った通りが、オギノ通りです。えっ、荻野博士をご存じないですか。あの皆さんが大好きなラブラブの際に妊娠するかどうかの理論ですね。にひひ

 

はいはい、お疲れさんです。ほっこり音譜

 

読者登録してね

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。