【送料無料】平 清盛 前編 (NHK大河...

【送料無料】平 清盛 前編 (NHK大河...
価格:1,100円(税込、送料別)


【送料無料】2012年NHK大河ドラマ「平...

【送料無料】2012年NHK大河ドラマ「平...
価格:980円(税込、送料別)

 
【送料無料】<br />西行と清盛

【送料無料】
西行と清盛

価格:1,575円(税込、送料別)












平 清盛 公式HP
平清盛 公式HP(広島放送局版)
平清盛 公式HP(神戸放送局版)
平清盛 公式HP(高松放送局版)




第9回「二人のはみ出し者」

【あらすじ】

崇徳帝(井浦新)は即位してから15年の歳月がたっても鳥羽院(三上博史)に疎まれ続け、子もなしていなかった。そんな崇徳の弟である四の宮・雅仁親王(松田翔太)は兄の苦悩を横目に街なかをうろつきまわっていた。この親王が、のちに為政者として清盛(松山ケンイチ)と争うことになる後白河法皇の若き日の姿であった。保延5年(1139年)鳥羽の寵姫・得子(松雪泰子)がついに念願の男児を出産する。このことは、かろうじて保たれていた朝廷内の均衡を破ることになる。のちの近衛天皇となるこの男児の誕生祝の宴に、清盛も佐藤義清(のりきよ:藤木直人)とともに呼ばれるが、そこで清盛は始めて雅仁親王と対面する。

今日描きたかったのは↓このあたり?

(手元にある雑誌の特集から拾ったので
怪しすぎるかも・・)


1139年(保延5年)清盛、高階明子との間に長男・重盛誕生
1139年(保延5年)鳥羽院と得子との間に躰仁親王(後の近衛帝)誕生

やっぱちょっと時系列が乱れてる!
手元に年表ないと無理・・


「未だ心を通わせられない鳥羽上皇と璋子。璋子にとってかわろうとする得子。
親と子の関係でありながら鳥羽上皇に疎まれ続ける崇徳帝。
そんな鬱屈した空気を根底から覆す人物が現れます・・・」

@市井の博打場。ごろつきたちが博打打ちに興じている映像・・。そこに
身分の高そうな?男が出入りしている・・。

まさかこの男が今日の主役・・雅仁親王か。

ナレ(頼朝)「どこにでもはみ出し者は居るものである。だが王家のはみだし
者となると、はみだし様も並外れているものだ」

@清盛の館  館に赤子の産声が響く・・。清盛と明子との間に男児が誕生!

明子づきの女房が「男のお子にございまする」と告げます。
ホッとした表情の明子。そばにひかえる盛国も嬉しそうです。
清盛は産まれたばかりの赤子を抱き、「俺の子じゃ・・」と感涙に咽ぶ。
その知らせは父・忠盛のもとにも知らされます。

@忠盛の館

忠盛「左様か。男であったか」
盛国「は。」
家貞「めでたきことにござります」
忠盛「存分に祝ってやるがよい」
家貞「ははー」
宗子「明子どのの体もいたわってやるようにな」
盛国「心得てございまする」

@清盛の館 祝いの宴がたけなわ。盛国や兎丸なども喜んでいます。
そこに家盛が祝いに駆けつけてくれました。
清盛はこの機会にゆっくり酌み交わしたいと、みなが盛り上がる場所を離れ
別な場所に家盛をいざないます。

家盛「しかし兄上が父となろうとは。あのきかぬ気だった兄上が」
清盛「うーん。散々迷惑をかけたのぅ。母上にも父上にもお前にも・・
   やつあたりばかりして兄らしいことを一つもしてやれなんだ。」
家盛「兄上・・それ以上仰せなら怒りまする・・
   あぁもうわかりましてござりまする。兄上は未だ私を血を分けた弟と
   思うてくださらぬのですね」
清盛「いや・・悪かった。されど俺もお前のことは大事な弟と思うておる
   のじゃ。嘘ではないぞ!」
家盛「もう遅ぅござりまする。」
清盛「まいったなぁ。どう申せばよいのじゃ。」
家盛「くくく(笑いを堪えている)」
清盛「ん?」
家盛「ははははは。」
清盛「こやつ。俺をからこうたのだな?」

ナレ(頼朝)「平氏一門は概して兄弟仲がよかったと言われる。
それに比して・・ねじれているのは皇子たちご兄弟である。

待賢門院璋子さまのお産みになった皇子がたのうち、第一の皇子、
崇徳帝はご即位から15年を経てもなお、鳥羽院に疎まれ続け、
中宮・聖子(きよこ)さまとの間には未だお子がなかった・・」

(「兄弟仲がよかった」云々を頼朝が語っちゃいかんだろうー。
自分のとこはどーなのよ。思わず噴いた^^;
「それに比して」のトコは呆れてる感じだったね)


聖子「今、帝にとって大事はお世継ぎができるか。子も産めぬ女への
ご寵愛などもったいのうござりまする」
崇徳院「聖子・・」

聖子は奥の部屋へ去ってしまうのでした・・

ナレ(頼朝)「王家に崇徳帝のお心のよりどころはなかった」

@市井の博打場

今日博打に興じている雅仁。また博打に勝ったようで賭けの相手から
得た毛皮?を羽織ってみたりしている。
そんな彼を探し回っていたのは高階通憲・・。

ナレ(頼朝)「そして・・崇徳帝の弟君、雅仁親王は兄の苦悩を横目に
極めて奔放に生きる皇子であった・・」

通憲は雅仁を連れ帰り、着替えをさせる。通憲が苦言を呈するが・・

通憲「雅仁さま・・むやみなお忍び歩きはどうかお控えください。ことも
  あろうに博打など所詮は損をするようにできておりまする」
雅仁「なるほど。そなたが申すと生々しい。」
通憲「ん?」
雅仁「そなたたち夫婦が私に乳父母となったは一世一代の大博打であろう」
通憲「なんとまぁ・・見事に見抜いておられることよ」
朝子「感心している場合じゃござりませんでしょっ?このところ得子さま
   ばかりが院の寵愛を受け、待賢門院さまの影はうすくなるばかりでは
   ありませぬか!」(と、通憲をつつく)
通憲「わかっておる!わかっておる」

そんな二人の気持ちをよそに雅仁は庭でかたつむりと戯れて遊んでいる。
音譜~舞へ 舞へ かたつむり 舞はぬものならば(馬の子や牛の子に
蹴ゑさせてん 踏み破らせてん 実に美しく舞うたらば 華の園まで
遊ばせん)

通憲「今度は今様か・・」
朝子「かような奇行ばかりのお方が、帝になどなれるものですか(・ε・)」

清盛は息子・清太をつれて祇園女御と再会。
女御は清太を抱くと、舞子に抱かれていた幼き頃の清盛を思い出し、語る。
頼もしくなった清盛に女御は祝いにと言って「双六盤」を渡します。
女御は「双六は面白き遊び。賽の目の出方一つで遅れを取っていたものでも
よき目を出せば勝ち上がることができるのじゃ」

@相模??

義朝は政清と山中の暮らしの継続中~! このシーン、二人の木登りもだし
三浦義明が現れて義朝の力を借りたいとか言い出すのが「?」。
ノベ(赤字部分)にあるのが削除されてるからなのね。
補完するとどうにか・・ね。

政清「これでどうして源氏の名を上げることなどできましょう。
   都に帰りとうございまする」
義清「・・政清、この木に登ろう。勝負じゃ!いざ。遅いぞ、政清!」
政清「なんの。負けませぬ!いかがで」

義朝「やれやれ いまだに木登りではお前に叶わぬな」
政清「は・・」
義朝「俺に木登りを教えてくれたは政清、お前だ。足のかけ方次に掴む枝の
   選び方、それを間違えなければ誰よりも先にてっぺんに登れる。
   このよき景色を眺めることができる」
政清「・・・」
義朝「いま少し・・俺につき合ぅてはくれぬか。政清!この東国での修行を
   誰よりも早くてっぺんに上るための強き枝と信じたいのだ」

政清「しかたがござりませぬな。落ちる時はもろともにございます!」

するとどこからか落ち葉を踏む音が聞こえ、見下ろすと3人ほどの男が
木の上を見上げている。

三浦「怪しいものではござりませぬ。このあたりに山賊をものともせず
   たいそうな弓・刀の上手が暮らして居ると聞きまして」

政清「それはこの源義朝さまだ」
三浦「私は相模の三浦義明と申すもの。わが祖先は、後三年の役では
   八幡太郎義家様に従いましてございます」
義朝「わが曽祖父に?」

三浦「相模の国、三浦を知行いたしておりますが
   近頃近くの荘園のものどもがわれらの土地を荒らし、手を焼いております。
   義朝さまのお力をお借りできますれば、これほど心強きことはござりませぬ」
義朝「その連中を退治した暁には?」
三浦「三浦の一族を上げて、あなたさまに従いまする」
義朝「まいろう!」

えぇぇぇぇぇぇ~。これだけ~?源氏パートのシーン短い!もちっと見たいよぉぉ!


@鳥羽院御所 義清と清盛が巡回中。そこで庭をぼんやりと眺めている璋子。
璋子は、義清を覚えていました。

璋子「佐藤義清か?いつか歌会で会ぅた・・」
義清「お見知りおき頂き、恐悦至極にござりまする」
璋子「帝がそなたを気に入り、お放しにならぬときいておる。またよき歌を
   詠んで差し上げるがよい」
義清「恐れながら、帝が私を放されぬのは歌のためのみではないと思います
   待賢門院さまはいかがお思いなのでございまするか。
   内裏にて心細くお過ごしの帝のこと・・」

@義清の館 酒を酌みながら崇徳院の出生の秘密を語り合う二人。
月明かりがいい感じ。

清盛「帝は鳥羽の院の子ではない?」
義清「白河院と待賢門院さまの間にできた子であるらしい。それゆえ鳥羽の
   院は帝を疎まれ、待賢門院さまを遠ざけ、得子さまをご寵愛なのだ」
清盛「あのもののけめ。死してなお暴れ続けておるというわけじゃ。
   それで・・お前は何をしたいのじゃ?」
義清「お救いしたいのだ・・帝を」
清盛「??」
義清「そのために待賢門院さまに目をさましていただきたい」
清盛「まさかおまえ・・待賢門院さまにまで手を出すつもりではあるまいな」
義清「ははは。私はそこまで怖いもの知らずではない」

ナレ(頼朝)「保延5年、五月。ぎりぎりに保たれていた王家の均衡を崩す
命が誕生した」

得子に待望の男の子が産まれ、躰仁(なりひと)と名づけられた。
(この赤子。ホンモノ?「聖なる怪物たち」の第一回に出てきたあのリアルすぎる
赤子(あれは、人形だろうが)を思い出した)

@鳥羽院御所 躰仁親王誕生の宴が催されている。
その席には藤原摂関家・忠実、忠通、頼長らも顔をそろえる。
清盛もその列に加わっている。

鳥羽院「このたび産まれた、わが九の宮、躰仁である。みなで得子を労わり
  躰仁の誕生を祝ぅてやってくれ」
得子「義清、佐藤義清はおるか?」
義清「御前(おんまえ)に」
得子「そなたを招いたはほかでもない。いつぞやのように子の祝いの場に
  ふさわしい歌を詠んで貰いたいのじゃ」
頼長「またあの武士か・・」
義清「ではおそれながら一首・・
   瀬をはやみ 岩にせかるる 滝川の 割れても末に 逢はむとぞ思う」
得子「なんじゃそれは」
義清「おそれながらこの場にお渡りになれぬ帝の御製にござります」

「帝の御製」の言葉に、その場がざわめきだす。鳥羽院も顔色を変える。
清盛も不安げ・・。

得子「何故左様なものをこの場で」
義清「帝に置かれましては躰仁さまのご誕生をお喜びのことと存じます。
されど兄として祝うことができぬご自分のお立場もようおわかりになって
おいでです。今は別れ別れになっていてもいつか会いたい。
この場にふさわしきおみ歌と思いましてご披露致しました次第にございまする」

鳥羽院&得子とも凍りつく。表情が硬い。その向うから雅仁の高嗤い・・。

鳥羽院「雅仁・・なにを嗤ぅておる」
雅仁「わが兄らしく恨み深い歌と存じまして」
義清「?」
清盛「?」
雅仁「このたび、躰仁さまご誕生、おめでとうございまする。そのかわいい
  弟宮を私にも抱かせていただいてもよろしゅうござりまするか
 (躰仁を抱かせて貰うが、その頬をつねりなかせてしまう)」
得子「何をする」
雅仁「泣き出してしもうた」
鳥羽院「雅仁、戯れが過ぎる」
雅仁「私の戯れなどかわいいもの」
鳥羽院「なんと?」
雅仁「あなた方の戯れの果てに生まれたのがこの躰仁にござりましょう。」
忠実「(失笑)」
鳥羽院「朕の何が戯れと申すか」
雅仁「帝を叔父子と呼んで疎まれ、后の宮を遠ざけ、政に差しさわりが出る
  ほどにお側女にいれこまれる。そしてその院のお側女、得子さまは
  やっきになって皇子を産んで国母になろうとした野心にござりましょう。
  はははは。国の頂でも壮大なるお戯れ。さぞかし楽しぅござりましょう!
  ははははは。」
得子「私は国母の座など欲しては居らぬ。ただこの福々な女に地獄を味あわ
  せたいだけじゃ。上皇様に入内しながら先の院と密通を続け、子をなし
  あろうことかその子を帝の位につけ・・」
鳥羽院「得子!」
得子「上皇さまを傷つけ、そのことに何の罪も覚えていない」
鳥羽院「得子!」
得子「何もかも失わねばこの女は目を覚まさぬのじゃ」
鳥羽院「得子!もうよい!」

藤原摂関家・忠実、忠通、頼長&清盛「・・・」

璋子「わからぬのじゃ。私には人を愛しく思う気持ちというものが・・
   私はただ、法皇さまの仰せのままに。私をお育て下さった法皇さまの
   仰せのままに・・」
義清「・・・」
堀河局「・・・」
雅仁「はははははは。お聞きになりましたか?上皇さま。これがあなたさまの
   妻。そしてこれがわたくしの母上なのでございます。ははははは」
清盛「・・・」
義清「・・・」

頼長「上皇さま。おそれながら、帰らせていただいても宜しゅうござりますか
  いささか、気分が悪うございます」
忠実「かように面白い宴ははじめてにござりました。われら藤原摂関家。
  いつでもお力になりましょうぞ」

雅仁の追求の矛先を向けられた得子、ぶっちゃけすぎました。
周りの人たちみんなドン引きです。
藤原摂関家親子の冷たい笑みが印象的!(忠通の台詞はなかったけどね)


OPの出演クレジットに由良が仕える「統子内親王(@愛原実花さん)」の
名前があったけど、このシーンでどの辺りにいたんだろう。
璋子さんの後ろ辺りにいたのかな?これから出番増えそうですね。

みなが去ったあと、残った通憲に清盛は問う。

清盛「これが皇子さまの誕生を祝う宴か。誰も彼も生まれてきた子を己の
   欲得のための道具としか思わぬ。人の痛みも分からぬ。かような者
   たちによってこの国は治められておったのか」
通憲「それがこの国の今じゃ」
清盛「通憲どのもか」
通憲「左様。いずれ雅仁さまが帝となられる日に賭け、乳父となり申した」
清盛「通憲どのまでもが左様なことを!」
通憲「清盛殿。きれいごとだけで政はできぬぞ」
清盛「だからというて!」
通憲「雅仁さまこそが王家に渦巻く積年の鬱屈より生まれた膿。
   すべてのひずみを抱え込んだ毒の巣じゃ」
清盛「毒の巣?」
通憲「国に物申すならあのお方を知らねばならぬ」

そこに朝子が駆け込んでくる。「雅仁が姿を消してしまった・・」

得子は鳥羽院に詰め寄る。「今も愛しく思うておいでなのか。待賢門院さま
を。何故でござりましょう」
しかし鳥羽院は「愛しく思うほどに璋子を傷つけたくなる。そして傷つけ
るほどに愛しく思う」と答える。
得子の思いは璋子への嫉妬へと変わっていく・・。

一方。璋子は庭にたたずんでいるとそこに義清が現れる。

義清「あなた様は知らず知らず人を傷つけてしまう。あなた様ご自身が
傷ついておいでになっているからです。されど・・きっと眠っておりまする。
あなた様の心の奥底に。人を愛しく思うお気持ちが。
その空っぽな瞳の奥に。誰も見たことのない美しきものが宿っているのが
私には分かる(と歩み寄り、璋子の手をとります)」
璋子「何をする控えよ」
義清「待賢門院さま。これが愛しいと思う気持ちにございまする」
璋子「・・・」
義清「お救いしとうございまする(と抱き寄せる)待賢門院さま。」

うわーい。キタ━━━(゚∀゚)━━━!!! やるねぇ。義清サン。
来週、見っかっちゃうんだっけか。


一方、清盛はどっかにいっちゃった雅仁を探し回る。あちこち探すうち
身包みはがれた雅仁のすがたが・・。
清盛は自邸に連れ帰り、着替えを手伝わせた。

清盛「お聞かせいただいてもよろしゅうございまするか。度を越した
  お戯れのわけを」
雅仁「平清盛、そなたであろう?武士に引き取られた白河院の落とし胤
 というのは・・人は生まれてくることが既に博打じゃ。負けて損をする
 が大方の成り行きじゃ」
清盛「左様なことはござりませぬ。産まれは変えられずとも生きる道は
変えられる。私は武士となってよかったと思うておりまする」
雅仁「ふ・・ははははは。途方もない負け惜しみじゃ。ははははは」
清盛「その笑い声、私には赤子の声にしか聞こえませぬ。自分がここに
居ると言う・・腹をすかせておると・・母を求めわめき散らす赤子の
泣き声に・・」

すると雅仁はたちあがり、近くにあった双六盤を見つける。
清盛に双六をしようと言い出す。そして負けたものは買った者の願いを
一つ聞く事にしようと勝手に決める。
そこに清太がよちよちとやってくる。雅仁はその姿を見て自分が勝ったら
清太をもらうと言う。もちろん清盛は受け入れられないので断るが、
雅仁は、「清盛がまけなければいい」と言う。

どうにもならなくなり、清盛は双六の勝負を始める。しかし何度振るも
小さな目しか出ない。そしてあわせて「10」の目が出なければ雅仁の勝ち。
困った清盛は躊躇している。
そこで清太が賽を手に取り振ってしまった。1つ目が4、2つめが6・・・
あわせて10・・
10が出たので清盛の勝ち。雅仁はものすごい形相で清太をにらみ双六盤を
清太にぶつけようとする。
清盛は泣き叫ぶ清太をかばうように抱え込みそして言う。
「勝ったものの願いはきっと聞き届けるとの約束。この先、清太に害を
なそうとされることあらば、雅仁さまのお命を頂戴つかまつる」

雅仁「もろいものぞ・・親子の絆など・・」
清盛「平氏は王家とは違いまする・・」
雅仁「だがそなたにも流れておる。王家の血が。白河院の血が。
  きっといずれ疼こうぞ。現に生けるもののけの血が。ははははは」

ナレ(頼朝)「第四の皇子、雅仁親王。後の後白河帝と清盛の長い長い
双六遊びのはじまりであった・・」


後白河帝はナレの人(頼朝)ともいずれいろいろあるけどそれはかなり
後のことなのでこのドラマでは描かれないかな。

ここ最近のナレの人
「関東で野人化しつつ勢力拡大奮闘中の義朝パパ<朝廷パート」。
鳥羽院、得子さま、璋子さんに崇徳院、雅仁親王を語ってるほうがいい。
「わが父が」「わが母が」とか言い出すとドキドキドキドキ
土曜日の番宣では義朝→由良の求婚、頼朝誕生も出てたけど・・
両親の求婚シーンににナレ担当がいよいよ誕生、ナレどう入るんだろ。

とうとう来週、義清さまは出家を決意することになるのか。西行誕生ね。
頼長は義清を苦々しく思っていますね。宴のシーンでもあったし・・。
歌を詠めること、容姿端麗なことがどうも許せないの?
AD