【送料無料】平 清盛 前編 (NHK大河...

【送料無料】平 清盛 前編 (NHK大河...
価格:1,100円(税込、送料別)


【送料無料】2012年NHK大河ドラマ「平...

【送料無料】2012年NHK大河ドラマ「平...
価格:980円(税込、送料別)

 
【送料無料】<br />西行と清盛

【送料無料】
西行と清盛

価格:1,575円(税込、送料別)












平 清盛 公式HP
平清盛 公式HP(広島放送局版)
平清盛 公式HP(神戸放送局版)
平清盛 公式HP(高松放送局版)



第7回「光らない君」

【あらすじ】

犠牲は出したものの見事に海賊を討伐した平氏一門だったが、棟梁である忠盛(中井貴一)が念願の公卿(くぎょう)にひきたてられることはなかった。それでも清盛(松山ケンイチ)は従四位下の位を授けられた。その挨拶に出向いた帰り道、盛国(上川隆也)と清盛は、一組の父子と出会う。下級貴族高階基章(平田満)とその娘・明子(加藤あい)。基章はひとめで清盛のことが気に入り、娘を妻としてくれないかと申し出る。父の暴走にとまどう明子は、琵琶の弟子であり、親友の時子(深田恭子)にこの結婚話について相談する。時子は明子にまるで源氏物語のようなこの良縁が続くことは願ってもないことだ、と明子に進言する。平氏とは身分が違う自分が応えることはできないと気後れする明子だったが、清盛の不器用なアプローチに明子の心は次第に動いていく・・・。


今日描きたかったのは↓このあたり?

(手元にある雑誌の特集から拾ったので
怪しすぎるかも・・)


1135年(保延元年)清盛、父・忠盛の恩賞の譲りを受け従四位下叙任。


やっぱちょっと時系列が乱れてる!
手元に年表ないと無理・・


出だしに「今日の見どころ」っていうのがあったぞ!?

「海賊との戦いを終えた清盛を待っていたのは・・二人の女性でした。
 控えめながらしんの強さを持つ明子。そして源氏物語にあこがれる夢見がち
 で明るい時子。清盛が初めて知った甘い恋心のゆくえは??」

ナレ(頼朝)「保延元年、八月。西海の海賊を見事に討伐した平氏は京に凱旋
 した。」

@忠盛の館。忠盛は広間に皆を集めて労をねぎらった。
家人たちは「犠牲者が出たことは悲しいが、今回の働きが朝廷の御意に叶う
ことは確かである」「忠盛は取り立てられ、平家と結びつこうとする公卿も
現れるのではないか」と喜びに沸いている。

忠盛「命を失ぅたものたちの上にまずます平氏の反映を築いてゆく。
 それがこれから先のわれらの使命と心得よ!」

庭に屯する兎丸らその手下らを見て家盛が問う。「あれは何でござりまするか?
郎党?(ときいてるんだけど、↓の頼朝のナレに被ってる)」

ナレ(頼朝)「平氏は海賊たちを検非違使に差し出さずその知恵と能力のみ
 一門の財としたという」

家盛は兎丸と目が合い「お前、何見とんねん」と、にらまれ?る^^;^^;

ナレ(頼朝)「しかし、その後も京の飢饉は続いてた・・」

兎丸「お前らどんな汚いことしとんの?」
清盛「何?」
兎丸「俺ら渡さへんために検非違使にかなりの賂(まいない)渡しとるらし
  いな」
清盛「父上には父上のお考えがあるのだ」
兎丸「平氏だけがのし上がるためにお前ら動いとるんやったら俺は絶対許さん
   からな!」
清盛「無論。そのときはそうするがよい。俺についてきたことを決して悔や
   ませはせぬ!」

ナレ(頼朝)「また・・清盛はこの戦で乳人を失うこととなった」

あらら・・盛康さん亡くなったのかぁ・・。

清盛「亡うなるときに盛康に頼んだ。鱸丸を養子にしてやって欲しいと」

(回想**)
 盛康「それは嬉しきことにございまする。(子のない私に鱸丸のごとき
 よき男子ができるとは・・

 清盛「名をつけてやってくれ」
 盛康「では・・盛国と・・」)

清盛は鱸丸のために武士の装束を用意していた。

鱸丸「そんな私などが平の姓を・・それも盛康様の子を名乗るなど」
清盛「名乗ろうと名乗るまいと、お前は当に私の身内だ。だが元は漁師だ
   からとお前があれこれ言われるのは俺が我慢ならん。

   胸を張って俺に仕え俺を支えよ!盛国!」
盛国「・・・」

ナレ(頼朝)「のちの清盛を支える風変わりな一党が生まれ始めていた」

盛国「・・・かしこまりました。殿!」
清盛「(うん)」

(ノベから赤字にした()内がカットされてる~!)
ここヘンだったなぁ。なんで二人の会話の間にナレ入るの~??編集ミス??

鱸丸は今日の放送から「平 盛国」になるんですね。一気に垢抜けたなぁ^^;


時子「日もいと長きにつれづれなれば、夕暮れのいたう霞たるにまぎれて、
   かの小柴垣のもとにたちいでたまふ。
   清げなるおとなふたりばかり、さてはわらわべぞ出で入り遊ぶ。
   中に十ばかりにやあらむと見えて、白き衣、山吹どのなえたる着て
   走り来たる女子、あまた見えつる子供に似るべうもあらず、 
   いみじく生ひ先見えて、美しげなる容貌(かたち)なり・・

   雀の子を犬君が逃しつる・・伏籠の中にこめたりつるものを・・・」


時子は「源氏物語」の「若紫」の巻をうっとりとそらんじています。
夢見る乙女のまんま。美しい出会い&恋にあこがれている?
そこへ侍女が「琵琶のお稽古の時間だ」と知らせに来る・・


琵琶の稽古に向う時子が侍女たちと歩いている・・「あ・・雀?」
時子があと少しで雀に近づこうとしたその時・・。後ろから清盛が「どけ!
どけ!」と言って腹を抱え駆けて来る。

時子「もぅ!雀が飛んでいってしまったではないですか!」
清盛「おぉ。雀の子あんなに急いでどこへ行く!あぁ腹が痛いし厠は遠し」
時子「もぉ!台無し!」
清盛「うわぁぁ・・」
時子「(#`ε´#)」

先週の義朝と由良の出会いも大概だったけど、こっちも何だかねぇ~。
第一印象は最悪・・ですね!

忠盛が御所に参内し、鳥羽院に拝謁している。

ナレ(頼朝)「このとき、忠盛の位は正四位下。もう一息で三位。すなわち、
  武士としてはじめての「公卿」となろうという地位にまで昇っていた」

鳥羽院「そちの働きに対し、褒美を遣わす」
忠盛「ありがたきお言葉」
鳥羽院「が、こたびは子の清盛に譲るがよい。清盛に従四位下の位を授ける」
忠盛「謹んで承りましてござりまする」

家成が苦虫を噛み潰したような表情・・。

院に伺候した清盛は、御所の廊下で藤原忠実と出くわしました。
苦々しく思いながらも挨拶をした清盛。
忠実は「あの手この手でのしあがろうと精の出ることじゃ。
だがせいぜいここまでと心得よ。そなたに恩賞を譲らせたことを見ても
院は忠盛を公卿に取り立てる気がさらさらないことは明らか。
武士はどこまで行っても「王家の犬」よ」と、嫌味を並べ立て去る。

清盛と盛国が御所からの帰り道・・雨が振り出した。
その途中、笠を被った二人連れと出会う。ぬかるみに足を取られて難儀して
いる様・・。清盛と盛国は馬から降りて駆け寄ります。
清盛が手を差し伸べると手を取ったのはおなご・・
市女笠からちらりとのぞく貌に清盛はくぎ付けになる・・
(でも照明ちょっと暗い。これじゃぁ・・わかんないよん!)

その二人組は「高階基章」とその娘「明子」。基章は館に招き入れる。

基章「ご親切痛み入りましてございまする」
清盛「いや・・大事無ぅてよかった」
基章「わたくしはこの家の主にて高階基章と申すものにござりまする」
清盛「うん・・(明子をちら見?)」
基章「あれはわが娘、明子」
明子「明子にござりまする」
盛国「こちらは中務大輔、平忠盛様がご子息、清盛様にございまする」
基章「おぉ!やはり」
清盛「やはり?」
基章「黒馬にまたがるお姿、ご装束の趣のある着こなしに失礼ながら
   無頼の高平太様とお見受けいたしておりました」
清盛「いや・・それほどのものでは・・」

ちょっと気取ったのはいいが、空腹には勝てない。腹の音が鳴った。
その音が明子にも聞こえてしまいテレまくる。
しばしのち、料理が運ばれて来る。すべてが明子の手料理なのだという。
そこで基章は語り始める。
「昼間出かけたのは出仕に着ていく装束がどれもふるくなり、知人に借りに
行ったのだが、そこで雨に降られてしまい、娘が迎えに来てくれた」

すると突然、基章が「娘を清盛の妻にて傍において欲しい」と言い出す。
自分の家は養父の生まれをたどれば紫式部に行き着く。
明子には学問を身につけさせている。琵琶の腕は格別だ。と清盛に迫る。

ナレ(頼朝)「この年の暮れ、得子様が鳥羽院のお子をお産みになられた。
  皇女(ひめみこ)であった」

@鳥羽院御所

璋子は得子に祝いの言葉を言い、大量の産着を贈る。5人の皇子と2人の皇女を
産んだ璋子曰く、赤子はよく粗相をするから産着はいくらあってもいいものだ。
得子はそんな璋子が腹立たしくてならない。
が、一応、いただけるものは頂いとくと。(「侍女・御影は「なにゆえお受け
取りになったのでございまするか」と不満のようですが・・)
「次こそ皇子を産みたい!」と言い、鳥羽に迫るのです・・。

義清様、キタ━━━(゚∀゚)━━━!!!。内裏に召しだされ崇徳帝と謁見中。
側近曰く、「帝が義清の歌の才を聞き及んだ帝からの直々の意向だ」とか。


義清「身に余る誉れにございまする」
崇徳院「瀬をはやみ 岩にせかるる 滝川の 割れても末に 逢はむとぞ思ふ」

義清「流れ速き河が岩にぶつかり二つに分かれるように別れ別れになった二人
  ではあるがいつかきっとまた巡りあおう・・そんな激しい恋の歌・・
  のように聞こえますが、何故でござりましょう。そのむこうに何か別の
  思いが見えるような・・もっともっと狂おしい何かを求める思いが・・」
崇徳院「義清・・つぎは・・いつ参る?」


@義清の館 

清盛は悩んでいることがあり、義清を訪うている。

清盛「割れても末に逢はむとぞ思ふ」(と下の句をぶつぶつと呟いてる)
義清「直々のお声かけとは、さすがに私も身震いがしたよ」
清盛「・・・(ま~だぶつぶつ言っている)」
義清「して?なに用あってきたのだ?」
清盛「あ・・いや・・その・・うーん」

春子「ご無礼いたしまする」
義清「あぁ・・春子。これがいつも話しておる清盛だ」
春子「あぁ。初めてお目にかかりまする。春子にござりまする」
義清「妻だ・・」
清盛「そうか・・妻か・・えぇぇぇ?」

(このあとノベには
義清「堀河局と歌を交わして駆け引きを楽しむことにしよう」とか
「家の中を守る女も欠かせないが、外で引き立ててくれる女も
なくてはならぬ」とか言ってるんだけどなぁ・・^^;
そして清盛は「お前とは話が合わぬ!」といって帰る。がばっさりと
カットされてて残念です。)

@基章の館

琵琶の稽古で訪ねている時子は、明子から清盛との出会いの話を聞かされる。
すると時子は「源氏物語」の光源氏と明石の君の出会いのようだと言う。
その人は明子にとっての「光る君」ではないかと思った時子。
明子をつれて神社へ向う。すると何かを熱心に拝んでいる男・・。清盛。

清盛は去る明子を呼び止め、「船に乗ったことがあるか?」と問うが
明子は「ない」と答えたのでその話は終わる。
すると明子は清盛に「船に乗ったのか」と聞いてくる。戸惑いながらも清盛は
西海での漁師の小船、荷を運ぶ大船、そして海賊にさらわれて唐船に乗った等々
を語る。そしてその唐船がいかに見事だったかを話す。
しかし、明子は「夢の中の話のようだ。父が申し出たことは忘れて・・」と去る。


明子に清盛からの文が届いたと父・基章が部屋に飛び込んでくる。
「からふねの 風なき夜の ここちして 行くも戻るも 君知るべし

(追記。「ぞ」があるので「べし」の連体形「べき」じゃないと係り結びに
ならないのです・・)

この歌、清盛から明子へのものだけど、義清の代筆かぁ。洒落てるし美味しいな。

義清「風のない夜の唐船のように、このままでは行くも戻るもかなわぬ。
  この恋の行方はあなた次第・・唐船の「から」と空虚なる「から」
  を密かにかけてみたのだ。まぁ会心のできとはいえぬがこのくらいで
  よかろう・・」

義清の家人が明子からの返歌を持って戻ってきたが清盛がそれを奪い取る!

清盛「小夜あけて ゆくへあやまつ からのふね めざめし君一人揺れけむ

義清「なるほどなぁ・・(^-^)」
清盛「おい・・さっぱりわからんぞ・・はははは」
義清「まぁ・・夜が明け、目を覚ましてみると行き先を間違えた船に女の姿はなく
   からっぽでおのれが一人揺れてることに気がつくだろう・・と」
清盛「断られておるではないか!いかがするつもりじゃ!」
義清「からっぽの唐船で返すとはなかなか小賢しげな返歌だ。あせるな!
   こういった駆け引きを楽しむのが恋というものだ」
(ノベから赤字にした()内がカットされてて残念~!!)

(追記。「ゆくえ」は「ゆくへ」。
「揺れ」は「揺る」(ラ四)。ら、り、り、る、れ、れ。
「けむ」は「昔~しただろう」の過去推量。活用形の連用形につくので
「揺れ+けむ」ではなく「揺り+けむ」だと思う。
でもこの歌は過去推量してないから
現在推量/推量「~しているだろう」は「らむ」で活用形の終止形につく。
「揺る」の終止形、「揺る」に付いて「揺る+らむ」
「めざめし」は「め「ざ」む」じゃなくて「め「さ」む」。
「めさむ」(マ下二)の連用形+過去き(し)完了「~た」「~している」
「めさむ」の連体形・めさむる
「めさむる君」のほうなのかな・・・。
「の」が「が」になると侮蔑の意味を含むようなので、
「めさむる君「が」ひとり揺るらむ」になるのかなぁ・・。


そのあとも義清の代筆?は続いたが明子はなびかない・・。結構頑なね^^;
すると清盛がものすごい勢いで明子のもとへやってくる。
清盛が友人に代筆を頼んで歌を贈った無礼を詫びる。くだくだと歌を交わすのは
性に合わない、断るならきっぱりと断って欲しいと頼みます。

明子は「あなたのお気持ちにこたえることはできない」と断る。
すると父・基章が「お前のことを思って長年住吉明神に願い続けていた父の
気持ちが分からぬのか」
明子は「自分がつまらない女だから父が住吉明神にすがらなければならなかった
のかと。清盛の思いに応えても本当に思われているのか、住吉明神のお力にすぎ
ないのかと悩む一生になるのではないか。そんなのはイヤだ」と。

清盛「見くびるでない。俺が住吉明神のお導きでそなたを思うておると申すか」
明子「・・・」
清盛「見くびるでないぞ!」
明子「(怯む)」
清盛「俺はそなたと会ぅたときなんと清げなる女かと思ぅた。そなたの夕餉を
  食い、毎日それを食いたいと思った!
  海賊や唐船の話に目を輝かせているそなたを見て生涯、俺のそばに居って
  欲しいと思うた」
明子「・・・」
清盛「俺は俺の心に従い、そなたを妻にしたいと申して居るのじゃ!」
明子「海に・・行きとうござりまする・・海へ行って船に乗って見てみとう
   ござりまする。清盛様の目に映る広い広い世を。
   お供をさせていただけまするか?」
清盛「きっとじゃ・・きっとそなたを海に広うて面白い世へ連れてってやる」

@忠盛の館

清盛が高階基章と明子を館に連れ、忠盛らと引き合わせた。
集まっているのは忠盛、宗子、忠正、家盛、家貞、そして盛国・・。
忠正らは基章の官位を問題にし、反対している。棟梁のせがれの嫁ならば
それなりの格式のある家からもらうべきなので。
普段はものわかりのいい?家貞もあまりいい顔をしていない。
「いかなる家と結びつくかで一門の行く末が決まってくるのでございますよ」

しかし清盛は聞かない。「位が違うからとともに生きるのを許されぬとすれ
ば、それはおかしいと思う」ときっぱり!

忠盛は清盛の思いを聞き、承諾する・・。しかしこのことが一門のなかに
不穏な空気を作ってしまったのでしょうか。
家盛はせいいっぱいのお祝いを述べているけど、忠正や宗子の表情は硬い。

ナレ(頼朝)「分け隔てのある世に疑念を抱いた清盛らしい決断であった。
だがこれは平氏一門、各人の胸に様々な波紋を投げかけ、清盛にさらなる
試練を与える決断でもあった。」
(清盛にとっての慶事だが、でもナレはネガ。今後を暗示させる。次の
シーンの宗子さんの気持ちを代弁しているのでしょうか)

そっか~。清盛が明子と結婚するから、宗子さんが家成から持ちかけられ
ていた縁談、断ることになるのねん。これはあとあと効いてきそう。
(家成からの後ろ盾を絶ったことになるんでしょ)

それだけではない。宗子は夫・忠盛があの舞子の鼻歌を口ずさんでいるのを
しっかりと目撃してるんだものね・・。
自分は忠盛の妻だけど、夫の心にはまだ舞子が住んでいる・・わけでしょ。
ラストの宗子さん怖かったよぅ・・。
(由良と常盤もこんな風になるんだろうか・・とチラッと思ったよ)


でも源氏平氏もので宗子さん(池禅尼)の出番が多いの珍しいかな。
それは今回の明子さんや由良さんもそう。大体いなかったことになって
ることが多いのにね。登場人物設定されて日の目を見たのはいいよね。
キャラ立ちもしているから、感情移入もできそう。
今回男性陣も魅力的な人が多いドラマだけど、女性陣もなかなか。

今日は源氏パート全くないんでさびしかったわ☆来週はあるみたいだけど。
源氏パートなしは物足りないわ~。
私は佐藤義清(西行)様のお姿を拝めたのでまぁそれでよしですが。
(恋文の代筆をさらっとこなすとかかっこよすぎ!ラブラブ)                   


ナレの岡田君は自分ちのこと(じーちゃんに両親)語るときとそれ
以外のとき(御所パートや平家パート)とあるので全部同じよりは
変化付けたほうがいいなー。
自分の身内(特に親)を語るのはこっぱずかしいだろうが・・。

今は自身が出てない時期なのであれだけど、誕生後、劇中で自身(子役)が
動いていてそこにナレ・・違和感あるだろな^^;

撮影見に行った方のブログを見つけた。16話~17話くらいまで行ってるらし
く、もう頼朝が子役で登場しているみたいです。
義朝と清盛の「お子様」では清盛の子供の方が先に登場してるようだ。
AD