あぁ、クソ。

一体何が正しいのか分からなくなってきた。

分からなくって吐き気がする。

タイムマシーンについてと、宇宙の広がりについて考えたときと一緒だ。


正しさを主張し続けることと、膨大な知識を備えることは、とても難しいことだよお父さん。


あれ、むしろ、そういう意味じゃないのか?


とりあえず乾燥剤みたいな脳みそで今思いつく限り、確実に言えることは、『ブラザーズ・グリム』はひどい映画だったということ。


それとあれだ、そういうことだ。



AD

ゴミ箱を空にして

テーマ:

パソコンてのは全てを調節出来る点が優れていると思う。

確かにゲイツは勝利の男だ。ジム・マーシャルと一緒。

ひたすらアップロードを繰り返しても画像が入れ替わらないのは一体なぜなんだ、という僕の疑問に対して、風呂上りのケンタローが「キャッシュを消せ」ばいいのだと教えてくれた。一時ファイルとかいうやつのことだ。

僕が毎日違う景色の中で忙しく駆け回らねばならないのは、誰かに財布の中の「キャッシュを消されて」いるからに違いない。

…こういう言葉遊びが好きなんだ。

逆に、可変幅の広いエフェクターなんてのには、どうも興ざめだね。

オールラウンドプレイヤーはどこへ行ってもやっかみモノだが、アナログライクなものに対しては、それ以前にナンセンスとしか言いようがない。畢竟するに玄人好みでない。

過ぎたるは及ばざるが如し、とはまた違うが、さしあったってライターにもなる火炎放射器みたいなものか。

例えが悪くて申し訳ない、眠いんだ。

ペダルエフェクターの話をもう少し続けるなら(読み飛ばしてくれても良い)、理想は、つまみは一つで、電源供給は9V電池のみ、踏み心地の良い大きな機械式スイッチで、LEDはブルーが良い、ギターを突っ込んでアンプの電源をオンにすればいつでも最高にクールなフィーリングを与えてくれるようなもの。

そんなエフェクター、想像もつかないね。

なんせ、最高にクールなフィーリングっていう節が解読不能だ。

いづれにせよ、今使っている携帯電話を疎ましいと思う(2005.9.16 の記事参照)のも、そういうことが関係している。なにしろこのP506icというのはユーザーがカスタマイズ可能な部分が恐ろしく少ない。加えて基本的な作りが不親切すぎる。

そして、多機能なやつを使ってみて改めて分かったけれど、無駄なものはやっぱりいらないね。

そんなもんを積んでるせいでユーザーがストレス感じるレベルのレイテンシー発生させるなら、これほど無益なことはないと思わないか。
まして、たった4バイトの顔文字で安心できる俺が、Edyでパンを買うはずがない('')。

総じて言えるのは、俺は無駄なものが嫌いってことだね。


う~ん、それにしてもSH702isは、なかなか魅力的!(なんなんだろうね、この人は…)


SHARPENS YOU UP




AD

music monopoly

テーマ:

先日バイト先で

「お前もっと考えながら仕事しろよ。」

と注意された。


いや、十分考えてるよ


...他のことをな!!!!


さかぐちです。どうも。


今日、ふと思ったのだけど

『人を見たら泥棒と思え』って、実はなかなかメタル魂剥き出しなことわざだね。

スレイヤーもびっくりの島国根性だね(関係ない)、見習いたいね。


将来の夢は、作家?音楽家?


厭世家。

これで決まりだね。


最近の僕ときたら、美しいものに触れすぎて、みんなに認められて根無し草みたいになってしまったマリリンマンソンや、ジョナサンディヴィスや、山中さわおみたいになっちまって、ダメだね。

世界中が幸せだったら戦争起きないからな。

今度しょーぺんはうあーを読もう。


やっぱ秋葉原でべらべらしゃべりながら歩いてるファッキンフォーリナーに、振り返りざまに舌打ちして「うるせぇなぁ…!」っていうくらいの人間じゃないと。


サウスパークはテレビ版も秀逸だった。

やっぱ映画版の方が好きだけど、根底のストリームは変わらない。


バカな世界のバカな生き物にはバカな言葉でバカにしてやるくらいがちょうど良い。


楽器は僕にとって、友達でも恋人でも家族でも体の一部でもおもちゃでもなく、世界に抗うための唯一の武器だ。


わかったかコノヤロー。



ちなみに争いごとは大嫌いだからみんな仲良くしなよ。


AD

そこに正座しろよ

テーマ:

あ~ぁ、ついに全部売り切れちゃった。


ディッケン○ッキー


おとといくらいまで一本「商談中」だったのになー。

今回日本に入ってきたのはおそらく全部ソールドアウトだなこりゃ…

ってもう二度とは輸入せんだろな、なんてったって、カラーオブザイヤー2005だしな。

今いったい何年だと思ってんだよ。

残念無念。

坂口が手に入れたいと思った楽器は確実に売り切れるっていうジンクスをまた一つ更新したぜ。

ほんと、砂がこぼれるようにみんな逃げていってしまう。

俺がそんなに嫌か(疑心暗鬼)?

一回、たまたま試奏したらぶったまげるくらいヤバイ音出すストラト見つけて、無理してお金作って翌日買いに行ったら数時間前に買われてたってことあるよ。


今日は早朝からシモキタザワでキッチンのリハスタ。

前回、かわいいドジっ子の計らいでYAMAHA→アンプ直!という暴挙に出ることを余儀なくされた分(ウソだよ)、今日はコンプと三途アンプの偉大さを実感したね。まぁアギュラーのヘッドのせいもあると思うけど、足元にこの二つありゃ三味線つないでも同じ音に出るんじゃねえか?くらいだ。

うん、まじインチキだわ、これ。


コンプは先週別のをちょっと試してみたんだけど、なーんかしっくりこなくて結局BOSSのCS-3に戻してしまった。

はいふぁい過ぎるんだよなぁ多分。ギターだとハイがパリッとして最高なんだけど、いかんせんベースだとそれも叶わないし、レンジが広すぎてちっとも音が削れないから、困る。一思いにばっさりやってくれよ。

という、原音を大事にしない方のべーシスト。

まぁ、単に俺がスイートスポット発見出来てないだけって風潮もあるね。

でもRolandさんはやっぱり人間がココッチイイて感じる音を心得てらっしゃいますね、確かにコンプのコモリを解消するTONEつまみも実際画期的だし。

あと、Providenceのマジダサイシリーズ(もしそんなシリーズ名だとしたら販売しないほうが良い)のコンプもまぁまぁ興味をそそるね。

おもちゃか?

なかなかレンジが広くて、つまみも二つしかないし扱いやすいって噂の(どこで?)。

しっかし、このプラッチックのやっすいシャーシはどうかね、キミ。

でもぼかぁ結局これも見た目が好きだなんだな、実は。

そろそろベースにも揺れモノ入れたいし…


イヤ、先ニベース買エヨ!!


でもねぇ、今日午後からバイトまでの間、友達と楽器屋を徘徊してね、前から気になってたギターを試奏してみたんだけど、それがまた良くてさ。最初のギターがそうだったからかなんかしらないけど、アルダーボディ/ローズ指板 の音が恋しくなるんだよな。でも欲しがってるモノがバレるとまた謎の組織による買占めに遭うから、言わない。

はっきり言ってエフェクトボードもギターケースも新調したいし、ワウとトレモロが猛烈に欲しいね。


我々は耐え忍ぶ戦いをしよう(風車のおっさん)


…病気かも試練。


Talking about my generation

テーマ:

こんにちは。

バイト中に、大学生?サークルとかやってるの?と聞かれ、

大学生ということにすらノーと答えかけたさかぐちです。

人見知りなので3時間くらい会話して打ち解けないと、基本的に質問には全てノーで答えます。

逆に、打ち解けてからはどんなことがあっても決してノーは言いたくないと思ってしまうので、頼まれるとつい何でも引き受けてしまいます。

せめて自分の周りにいる人達だけでも、悲しませたくはないから(←キレイゴトはもうたくさん!)。


いやー、授業がなくなってもやっぱり忙しいナ。

自分でそうしてるんだけどさ。


夏休みはいつもこうやって、なんだかんだで過ぎていってしまう。


一昨年はなんと言っても京都ツアーで、去年は…なんだ?えーと、アメリカに行ったんだっけな?(それはたぶんマトリックスだ)。

あぁ、バイトとレコーディングの合間に免許取ったな。

今年はどんな日々になるかなぁ。

来年はシューカツっていう「世界旅行に行くための資金調達期間」になってしまうらしいから、これが人生最後の夏休みってことだね。

悲しいかい?

…いや、失ってからじゃなきゃ分からないよ、そんな悲しみは。

若しくは再来年から永遠に夏休みって噂もあるけど、其レ、即チ、死。


僕が最近なにをしているか。

そうだ、実は、先日THE KITCHEN GIRL UNDERMINE の副島さんからメールがあって

「7/29のライブにうちのベースが出れなくなってしまって、サポートを探してるんだ。もし良かったら一度だけ一緒にやらない?」

というわけで基本的にノーとは言いたくない僕は(必死)お手伝いすることになったのでした。


いや、キッチンの曲はその話をもらう前から勝手にコピーしてうちで弾いたりしてたから、「全然良いですよ!」って感じだったのだけどね。まぁコピーしてたのはギターだが

てなわけなんで暇だったら7/29下北沢がれーじ、遊びにきてね。


やってみて分かったけど、キッチンの曲はコード進行一つ取ってもかなり複雑で、良く練られた構成と大量の仕掛け、フレーズの必然性、等身大のリアリティと詩的装飾のバランスが絶妙な歌詞...

バンドとしての質の高さがひしひしと伝わってきたよ。

まぁ、つまりものすごい覚えにくいってことね。

楽しいけども!


まぁそういうわけで今年の夏も、片手間な感じな音楽と、片手間な感じな部活と、片手…おっと、もう両手がいっぱいなので、かばんに本とお菓子を詰め込んだら、そろそろ行こうかな。

全てを手放しても良いと思えるような、センチメンタル全開の夏に。


なんだかんだで人生が終わっちまう前にね。