アマテラスで少し前にアメリカで公開された「CLICK」という映画がちょっと面白そうだという話が出たことがあったのだけど、今日新宿でそれのポスターを見たら「もしも昨日が選べたら」と大きな文字で書いてあって、「あぁなんてつまらないキャッチコピーなんだろう。これを考えたコピーライターはなんてセンスがないんだろうか、B級コメディアンに、B級俳優、B級ミュージシャンに、C級コピーライター。しょうもない奴らやで」と思っていたら、なんとキャッチコピーではなくて邦題だった!

おいおい!そんなタイトルにしたらつまらなさそう過ぎるだろ!

まぁ一応あらすじだけいうと、僕もショウビズでちらっと見ただけだから詳しくは知らないが、要するにすごい博士が現実の時間も操れるすごいリモコンを発明して、主人公がそれを使って好き放題やるんだけど、ある日リモコンが壊れちゃって、さぁ大変!

みたいな感じ。

今自分で書いてて思ったけど、これってまさにドラえもんとこち亀でおなじみのパターンだよね。

壊れるんだか、妙な機能がついてたんだか忘れちゃったけど…



ハッ!まさか



――もしも"機能"が…?



いやいやいや、だとしてもつまんねえよ!



AD

コメント(20)