four matters that I know

テーマ:

やばいなぁ、やばいよ。

ナンナンデスカコレ ハ?


「え、泣ける~、泣けますよね~」って、

バカなの?

バカなの。

そうかー、だと思ったよー。


ねぇ、キミ、「泣ける」って、なんだろうね?(遠い目)

もう世の中「泣ける」「かわいい」「カッコイイ」「せつない」って言葉使いすぎ。

次「せつない」って言ったらお前ら死刑ね。


あーもう、ラルクでも聴こ。

はい、hyde死刑ー


それはさて置き、前にも触れた、MOTHER3ね。

まだ買ってないんだけど…

どうしよう、「良いよね~。泣けるよね~」

とかいうピーポーがボウフラのように繁殖しだしたら。


もし本当にものすごい面白いとしても、すでに俺の中で「面白いと思いたくない」という、いつものアマノジャク精神が芽生え始めてるよ。


近年のゲイジツ作品が軒並み薄っぺらくなってる理由に、映画であれば「作られ方が目的優先のアダルトビデオ化してるせいだ」なんて話はよく聞くけど、そういう紙くずみたいなインスタント作品が増えてるのは、作り手達の意識が低下してるせいでもあるのだろうし、なんでも商業につなげようとする、お金しか持ってない心の貧しい人たちのせいなのだろうな、と思っていたのだけれど、俺は重要なことを見落としていたよ。

そういうファーストフードのゲイジツが後を絶たないのは、当然それを求める人達がいるからなんだね。


あの映画が泣ける?このゲームが泣ける?この本が泣ける?

「このビデオ、エロいよ」って言ってる中学生と同じ。

所詮「感動」も快感の一つに過ぎないんだね。


「笑えない」自虐ネタに腹抱えて笑って

ほんの一部分しか映してないドラマのマネして

結果の知れたストーリーの結末に感動して

最後は切れないカミソリで手首切って死ねよ


おっと、ついついアツくなってしまった。


しかし12年も待ってた(別にそんなに待ってない)続編ともなるとさすがに気になって、某大型掲示板の「MOTHER3スレ」ってヤツを、チラッと覗いてしまったよ。


そこで、2のマジカントっていう世界に出てくる、住人達の台詞がうpされてて


◆クン、クーン。
◆(ぼくは きみが うまれる まえから きみの うちに いたんだよ)
◆(むかしは ネス(主人公)って もっと よわむし だったんだ)
<ネスの愛犬>


◆ネス!
◆ぼくが なんじなんぷんを しめしているか よめるように なったかい?
<時計>


◆ぼくのことを おぼえててくれて ありがとう。
◆ぼく きみが むかし すきだった おんなのこの なまえを しってるよ。
◆ふゆの ひに あそんだね。
◆ぼくは とけて きえて しまったけれど きみの おもいでのなかに まだ のこって いるんだよ。
<スノーマン>


◆ぼく ちいさいころの…ぼくだよ。
◆ねぇ キャッチボール しようよ。
◆それとも マンガを よんだり ゲームを したり するかい?
◆えっ? いそがしいのかぁ…。

<小さい頃のネス>


ってあって、特に最後の一行が…

今の自分が言われているようで心に突き刺さった。


ホントもう



泣ける…。




あっ



AD

Home Sweet Home

テーマ:

くおー、これまたずいぶんと日が空いてしまった。

この悔露愚を始めてから、早いものでもう一年とちょっとになるけど、こんなもんはハッキリ言ってコラムなんてたいそうなモンではなく、どんなに嬉しかったことも悲しかったこともぽろぽろと忘れてゆく僕の脳みその外付けHDと化しているんだけどもね。

忘れたくないようなことがある時はいつも、光陰矢のごとし。

ここに記録する暇なんて1ミリもないので、まるでその意味をなしていないということに今、触れてしまった。気づいてしまった。僕はそれを、恐れてたんだ。


あんま家にも帰れないと、携帯から書き込めないしね、アメブロは。

書けても書かんけどなそんなん。


とりあえず今日は新しいバイトの第一回目の出勤だった。


そうなのだ。実は三月いっぱいで今までのバイトを失ったんだ。

辞めたのではなく、店がなくなってしまった。

数え切れないほど、ここにも愚痴をこぼした、足掛け四年もやった仕事だよ。

いくらバイトの学生と言えど、その寂寥感はちょっと普通ではない。

ありがとう、湯~○うじょう。

またいつか会おう。


そういうわけで話は戻って、今日は池袋という新天地に夕方出向いてきたわけなんだけど、一回目ということで働くというよりは「仕事を覚えるだけ」の研修。


…という名義だったのだけれど、ハッキリ言って我ながら『飲食店ホールスタッフ』というジョブの、スキルがもはや半端じゃなさ過ぎて、どこに何があるかさえ教えてもらえれば、あとはほとんど直感で、熟年の店員さながらにバリバリ働ける自分にかなり驚いた。

店側は若干「なんでこいつ全部知ってんだ、気持ち悪いんだけど」くらいの勢いだたよ。

ははははは。全然嬉しくない。

ドラクエⅥでハッサンに踊り子マスターさせてるようなもんだよ。


四月に入ってからずっと、記憶があいまいで、長い夢を見ているような、でも実は一睡もしてないような、不思議な毎日だった。

それは主に、二ヶ月近く前から準備が進んでいたプロジェクトの山場が終わったってことに起因しているようなのだけれど、これはきっとどんなに表現力のある人でも文章には起こせないし、やった人にしか分からない感情だから、もしも自分という人間がもう一人いて、この坂口がそれを知らない坂口に、いくら共感を得ようと説明したところで、「お前は完全に頭をどうかしているよ」と突き放されること請け合いなことだ。

その一環としてなのだけど、部活の方でも、同じ代の部員達と肝胆相テラスような場面を何度も感じて、「きっと俺は死ぬときに、走馬灯のように記憶を辿って、今日のことを『あんな楽しいこともあったなぁ』と思い出すに違いない」と思った。そのときに、もしすっかり覚えてなかったとしたら、それこそ僕の脳みそはドラクエのセーブデータ並に飛びやすいということだろうね。


早くMOTHER3出ないかな。


財布に232円しかないけど。



AD

受動的攻撃性のたわごと

テーマ:

今日も良い天気。

今年は本当に花粉が少なくて助かるなぁ。

例年ならクスリを飲まなければ倒れるほどの症状に見舞われていてもおかしくない時期なんだけど。

来年はまたスギやらブタクサやらが猛威を振るうのだろうか。

でも東京都はスギを片っ端からぶっこ抜く計画を進めてるらしいから、大丈夫かもな。


元あった森林をばっさばっさ切り倒して

「あーこれさすがにやりすぎたくさいなー」

つって

「なんかじゃあバレる前に(誰にだ)めっちゃすぐ伸びるやつ植えようぜ。

ソッコー伸びると言えばスギよね。あーもうこれ完全にベスト版くさい。」

つって、今度は

「なんかまじ目かゆいんですけど。何なの?」

「これ完全にスギ花粉じゃない?」


「じゃ、ぶっこ抜くか」


っていう発想が真の意味で神だよね、人間って。


あ、全然関係ないけど、先日Constantineを観て以来、パーフェクトサークル熱が今一度半端じゃない。

あと映画自体も評判のわりに全然普通に面白かった。

キアヌリーブスでなければならない理由は一つもなかったけれども。



「限りなく死んでいる」と、医者は言う
決して楽観的なわけではなく、俺は彼を信じることができない


俺は、お前が俺の完全な敵になるための才能があることを確信しているんだ


目を覚ませ、俺の顔を見ろ
死んだふりをするな
じゃないと
いつか俺はお前の前からいなくなる


「お前に失望した」と言って


・・・でも多分、その方が良いのかもしれないな



今日は実は個人的にここしばらく気にかかっていた二つの結果が、奇しくも同じ日に明らかになるという、なんとも因縁めいた日でもあった。

もちろん、他人にはどうでも良いことだけど。


一つは、思っていたよりもずっと良い結果で、とても良かった。


もう一つは、最悪のシナリオは逃れることは出来たけど、一歩も引くことの出来ない、まさに背水の陣に立たされてしまった。


まぁでも、おそらくなんとかなろう。

結局全て自分でなんとかするしかないんだあね。


誰にも頼らない。誰にも深く干渉しない。誰も助けない。


Welcome, My Life.



AD

Dead Again

テーマ:

ここんとこ勝手にキツ過ぎて、何かをしている最中に眠くて作業の中断を余儀なくされてしまいがちだ。

四月の二日はゆっくり休養出来たのだけれど。


ブログとか書いてるときは特にそう。

バーっと箇条書きに近い感じで打ち込んで、一つの文章としてまとめるまえに「下書き(保存はするが公開しない)」をクリックしてしまう。

ので、書きかけの日記のようなものがいくつも溜まってしまっている。


昨日は友人と電話している最中に意識をなくしてしまった。

過去にも何度か経験があるが、何度経験してもつらい、つらすぎる。

横になっているからダメなんだと思ったが、その数時間まえに学校からの帰り道、バスで十数分の道のりを歩いているとき、おもむろに道路の脇の植え込みにガサガサガサッと入り込んでいき、顔に木の枝がぶつかって始めて自分が寝ていたことに気付く、というような奇行を何度も繰り返していたので、実際のところ体勢はあまり関係がないらしい。

「あぁ、これ車とか来たら普通に死ぬな」

と確信しながらも、結局駅までそれを繰り返していたのに、我ながらよく無事に済んだな。

道行く人と体の70%くらいが衝突するようなこともあったけど、そのときにはちゃんと反射的に謝罪した。


そんな中、ついさっきとてつもなく無駄な時間過ごしてしまった。

戦国自衛隊15なんたら

という映画を観てしまったのだよ。

もうなんというか、とんだ茶番であった。

「お前、これとこれがやりたかっただけだな」っていう。

語るにも足らん。

久しぶりにああいう作品に出会ってしまった。

I DON'T WANNA WASTE MY TIMEだ。


明日はいよいよ新学期のガイダンスだ。

昨年度の単位履修表ってものが手渡されるわけだが、それの結果次第ではちょっと色々穏やかではない。

人生のプランってもんをガチで練り直さねばならなくなる。



初めからそんなもんねぇわ。