人生の快楽

テーマ:

僕は人に胸張って言える夢として、世界旅行っていうのがあるんだけど。

さっき『世界遺産』を見ててついついまた感化されてしまった。

一度良いと思い込んだものに対してはかなり影響されやすいんだよな。


今月中旬くらいに友人の生誕を祝う名義で、980円すき焼き食べ放題って夢のような店で、いつ湯水のように鼻血を噴いてもおかしくないくらいすき焼きを詰め込み、その翌々日には軽井沢にある大学の研修施設で、二泊三日の間、寝る以外はほとんどバイキング形式の食事を食べ続けるという、そろそろアフリカの飢餓に苦しむ地域なんて誰かの幻想なんじゃないか?っていう生活をしていた。

滅びたはずの楽園が今、そこにはあったんだ。

そしたら、帰ってきてから数日間、体が熱を持ち、動機が激しくなったり、食べてもすぐまた食べたくなる、体がダルい、などの様々な異常をきたしてきたではないか。

密かにタダナラヌ危機を感じ、TSUTAYAのドキュメンタリー映画コーナーの前で

「あぁ、俺はスーパーサイズミーをやっちまったんだ」とリアライズした。

それから僕はこう思ったんだ。

「和食っていうのはなんて素晴らしい食文化なのだろう。やっぱり日本人は肉なんてそんな食うもんじゃないんだ、日本人は日本食なんだ、スシフジヤマゲイシャカロウシサムライス、あぁうどんぐらいしか食べる気がしない、え?今月まだ二十日もあるの…?」


そういうわけで世界旅行なんて行ったらコメ文化の僕にはとても堪えられそうにない。

というか『世界遺産』と『世界の車窓から』のDVDがあったらつい妥協しそうだ。

いやぁ妥協したくないもんだ。


さういやこのあいだ物凄い久しぶりにHMV行ったら、なんというか、欲しいCDなんて、もう本当に一枚もなかった。

チャートに並んでるのは洋楽邦楽ともに一つも知ってる名前ないし、当然試聴したいと思えるものすら一枚もないね。

俺はもう、デモリションマンなのかと思った。

みんな幻を見ているだけで、本当はCDなんて五年くらい前から一枚も出てないのかもしれないなぁ。

2000年のアルマゲドンで人類はもう滅亡しているのに誰も気づいてない説もまんざらでもないぱー

うーを、もっと色々書きたいことがあるんだけど…

とりあえず近頃家電の話を人としてなくて、家電トークしたい欲求がすごい。

新製品が出まくってるぽいからさぁ…誰もそんな話に付き合ってくれないよね。

もういい加減、我ながらコジマでバイトした方が良いなという気がしてきた。

なんかその他にも結構ね、あったりね。

先日雪降るって予報だった日、アマテラスのミーティング、リハーサルがあったってのは、フェイバリットフレーバーに書かれてるから、特に触れない。あの日はすごい眠いCool Joeだった。


しかしながらまぁ…

明日からまたしばらく家を空けなきゃならんかったり、なんか色々立て込んでるし

今日はまぁ、この辺で良いかな?

良いのか?

誰だ?

俺を操るのは…



AD

traveling

テーマ:

とりあえず先に言っておくと、個人的には酸素無駄遣い王決定戦(通称=オリンピック)って昔からHATEする対象にすらならないくらい興味が持てないんだけど、それはさておき、テレビ点けてりゃ嫌でも耳に入ってくる最近の選手達のコメント。

あれってなんなのかね?全く理解の範疇を超える内容が多いと思わないか。

何を考えているのか知らないが、みなさん口を揃えて

「メダルは取れませんでした。けど楽しく出来たから良かったです!」

みたいなことを笑顔でのたまう。そりゃ浜田も怒るわ。

今回のそれに限らず、近頃他の世界大会とかでも同じようなことを皆さん口になさる。もはや意図的に国民の感情を逆なでしてるとしか思えないわな。

「楽しく出来たから良かったです」って…

部活じゃねぇぞ。

家でプレステでもやってるつもりなのか?

「選手」だろ、メダル取るために選ばれた人間なんだろが。

「結果残せない人間はダメ」なんて考えの肩を持つつもりなんて毛頭ないけど、

そこに責任があるとき、人間、話は別だよねぇ。

ファミレスでハンバーグの注文入ったとき、勝手にメニューとまるで違うクッソマズイ見たこともないような創作料理作って、いざ客に文句言われたら

「いや、でも楽しく出来たから良かったです」って答えるのか?

俺も今度からバイトで言うぞ。

『ナンバーワンにならなくても良い もともと特別なオンリーワン』なんて歌謡曲がバカ売れするわけだよ。

そんな当たり前のこと、今更確認してどうすんだろうな。


時代の流れで、新しいものはいずれは古くなり、するとまた古いものが新しく見えてくる。

思想…というか人々の考え方もきっと一緒ですよね

正義が勝つのはもう飽きたから、不良振ろうとするヤツが出てくる。

足が長いのがカッコイイのは不公平だから、パンツ丸出しでジーンズ履く輩が出てくる。

上手いヤツがすごいって言われるのはスポーツだけで十分だから、NIRVANAのCDが売れる。

あぁまじ弁証法。

まぁ、分かりやすく言うとガングロみたいな人たちがいつの間にか美白ブームに乗っかってるみたいな感じ?不倫映画が一通り流行ったら純愛ブームみたいのがくる感じ?知らねえ


あぁ、これでもしワンピースの最後が


「お前達の今までの冒険の思い出こそが、
“ひとつなぎの大秘宝(ONE PIECE)”なんだよ…」

みたいなサッブいオチだったらどうしよう…((((;゚Д゚)))ガクガクブルブル



AD

Principle of machine

テーマ:

「MDを聴いてたらRead errorって出て、イラつきすぎて通りすがりのi Poderのクソガキに蹴りの一つもくれてやった」っていうようないささかアウトロー的な内容が、このブロ愚のBookmark先のどこかの記事に書いてあったけれど、確かに機械がオーナーである自分に対して、己の過失をさも当然のように堂々と宣言してくるのには、前々からひそかに憤りを感じてたね、俺も。

僕は基本的に人には絶対に暴力を振るわないということで自分の中の議会を通してるから、今んとこ博愛主義の権化のような生活を送ってるんだけど(そうか?)、それは何故かと問われればのどがカラッカラになるまで語り明かせてしまう気がするので、要約すると、人と人が争う原因は想像力の欠如以外のなにものでもないわけで、どんなマザーファッカーにも家族がいるし、どんなガッデムな行動にもなにかしら情状酌量の余地ありだと思いませんか?

と思って、毎朝駅のエスカレーターの右側の列で電車来てんのにボケーと突っ立てるKnow Tarinを弾き飛ばさないようにジッと我慢してるんですよね。

でもねぇ、機械…というより、モノには容赦しないよ。

だって情を酌みとる余地が全然ないもの。

そういうわけなんで、自転車はボコボコ蹴っ飛ばすし、パソコンはバンバン叩くし、ケータイとMDはかれこれ四台ずつくらい放り投げて廃品にしてるけど、人間に対してはデコピンするのも心が痛むんだ。

まぁ、自転車とかはせいぜいカゴがグルッと回って、乗ってたエフェクターボードが地球に叩きつけられるくらいだけど。電子機器はなまじ文字が表示される分、質が悪い。

とりあえず、携帯電話は相当ストレスだね。

まず「送信できませんでした」ね。

は!?なに勝手にあきらめてんだ。何度でもトライし続けろよ!

次に「接続が中断されました」。

なんだよその言い方は?俺が悪いっつーのかよ。

そうだよ、地下だよ、俺だって好きで入ったんじゃねーやい!

あと、先に出た「Read Error」も相当愚かしいけど、俺のMDは「Busy」とか出んだよね。

「Busy」ってお前。知らねぇよ!俺だって忙しいよ。

「Please Wait」とかなんとか、もっとマシな言い方あんだろ!

そういう面でWindows xpは、なんかで強制終了させられるとき

「~が発生したため、Sleipnirを強制終了しました。申し訳ありません。お手数おかけします。」

みたいなコメントが出て、そこまで謝られるとこっちも「いや、こちらこそどうも」みたいな気分になるし、そこらへん「よくできてるなぁ」って印象だね。

あとこの前エリクサーって弦の箱開けたら

「俺達を信じてくれて本当にありがとう。これからの音楽シーンどんどん良くなくなっていくし、毎日つらいことばっかだけど、この弦でマジ最高の音出してくれ。そして一緒に世界変えていこうぜ!」

っていうようなことが(まぁ、英語で二行くらいだったけど、意訳ってやつだな。)書かれた紙が入ってて、「こいつ…信じられるぜ」って気分になったよ。


でも次に買ったやつにはその紙入ってなかったから、もう買わない。


まぁ、何事も細かい気配りって大切よねってことで。

おやすみなさいど。



AD

あの世で会おう

テーマ:

ベスト盤を発売した以降も神のような存在で居られ続けたバンドを俺は知らない。

(もちろん「バンド」とはその「形態」のことではなく「ある思想を持った集団」という意味で)


それがそこにあるのは、商業に負けた結果以外のナニモノでもないわけだから、当然ちゃ当然のことなんだけど、世の中の音がどんどん良くなくなっていくのは何度経験してもツラい、ツラすぎる。

…トゥットゥットゥートゥトゥトゥットゥットゥー


ベスト盤はアーティストの羽をそぎ落とすためのナイフさ。


完全にキマッた。


寝るか。



mourning for you

テーマ:

サボってたらついに催促がきました。

どうもこんにちは(個人的な見解として19時以降はこんばんは)。

ここんとこ…というか今年のアタマくらいからずっとなのですが、先に待っている様々な予定の持つ不確定さに、必要以上にそわそわして、お尻が中に浮いてる感じです。今の俺はいきり立ってますよ。

あ、そういえばお前コノヤロウ!先月はなんと125時間30分もバイトしたぜこのすっとこどっこいめ!たたっ殺すぞ!フォークソング倶楽部冬の定期演奏会も学期末テストも旅行会社と合宿のミーティングもアマテラスのライブもゼミ誌の締め切りも、全部こなして、だ!


125時間も、使うときは2秒だがな。


それとこれとはあまり関係がないが、先日、高校時代からの夢だった池袋のパフェ専門店(でもない)で、ついに814円もするパフェを頂いた。うずたかく積まれた生クリームとアイスクリームの城壁を前に、思わず途中で「寒い」を連発せずにはいられないくらいで、金払うのも惜しいくらいのできだった。

夢が叶ってよかった。夢、だけの存在であって欲しい。


あとギターをリペアに出したよ。というよりブリッジが磨耗しまくってて、弦がゲーム脳の人よりキレやすくなってたから、修理に出したって言った方が良いかも知れんけど。まぁ、どっちでも良いんだけど。


そういえば任天堂DSみたいなヤツってほんとに売れてんだね。

電車の中はもちろんバイト先でも良く見るよー。

しかもファッキンなキッズ共はおろか、おばあちゃんとかもまじでやってんの。

俺が昔なつかしゲームボーイのヘヴィーユーザーだった頃、一日中テレビ観る位しかすることがない、もしくは身体的な不自由さ故にそうせざるを得ないご年配方を見て

「いや、普通にゲームボーイとかやったら良いんじゃない?」

とかアホみたいに思っていたけれど、実際見るとなんか相当引くよな。

例えば今の世代、IT時代の寵児は闇に葬られたけれど、ケータイ、パソコン当たり前のわれわれ、およびそれ以降の人々が高齢化した際、その生活は一体どうなるんだろう?

考えてみると今の自分の生活なんて、バイトしてないときはバンドやってるか、で。

「バ」と「イ」と「ン」と「ト(ド)」の四文字だけで365日が表現できるっていうギャグも、もはやギャグにならないわけで。

あとは家でギター弾くかインターネットかメールか本読むか寝るかの繰り返し。

まして酒も、女も、クスリも、賭け事も、ファッションも、スポーツも、格闘技も、ゲームも、ドラマも、車も、高いだけのブランドもんにも、全て興味が持てない自分からすれば、それで、もう終わり。

人生、そのもの。

死。

だから明日80歳になっても何不自由ない生活が送れる。

というより何一つ変わらない。

無敵。

ヌーノベッテンコート。

つーわけで、ケータイのバイブで消えかかった己という存在を奮い起こし、パソコンのディスプレイの中に全てを築き上げる日本の若者達が、ハウルの動く城でおばあちゃんにされたソフィーに感情移入することは、不可能。



「ちょ、ちょ待てよ!」



あ、キm…