21エモン

テーマ:

konichiha!

あ、英数でうっちった。というわけで、昨日はライブでした。お疲れ様でした。

自分的にはまだまだ(またまた)納得のいかない内容になってしまったかなぁ…。

ムカつく。

バンドに対するスピリチュアルな部分が以前より大きく欠落してんだな。欠陥。姉歯、頭も偽造か。

焼き増しのつまんねぇロックバンドとただ上手いだけのミュージシャンにはなりたくないものだけど、これじゃそれ以下になっちまう。

永遠の夢であるバンドをも超えた音楽集団にはほど遠いわ…。


もはや今の自分は、やりたいことをやれ!ってメッセージを、胸を張って人に言える存在ではないのかも知れないな。

でも今は次の場所に行くための過渡期なんだよ。

まだ席を立つには早すぎるぜ。

千客万来。


今日は大学のバンドのスタジオ練習だったんだけど、超絶楽しかった。

ここんとこ毎晩、朝まで四時間くらいギター弾くか、ネットで機材調べてるかで、あとちょっとで不眠症になりかけてたんだけど、やっぱデカイ音で実際弾かないと楽器本来の良さなんて分かりっこないよな。

しかもJCM900良いわ。クリーンは相変わらず平成狸合戦ポンポコみたいな音だけど、なんていうか、ものすごい男前だよね。存在が。うん。

まぁ「欲しいか?」と言われれば、「いやぁ…買うなら他にも好きなアンプは一杯あるしな」としか言いようがないけど、今度ライブやるDESEOが900なんでね。

あと、前回もレスポール欲しいって書いたけど、Standard FadedのTabacco Sunburstもさることながら、Manhattan Midnightってのも相当熱いね。

なんで急にそんなレスポール押しなのかって言うと、実は今のメインがボディ材が楽器屋いわく「セン」って素材らしいんだけど、雑誌にはハードメイプルって書いてあって…まぁなんにせよすごく古い楽器だから詳しいことは分かんないんだけど(笑)、とにかく普通のストラトと比べてめちゃくちゃ重いわけよ。

なんで、今まで「レスポールねぇ…良いけど重いってのは(体重45kgの自分としては)機材として致命的!」って思ってたのが、こないだ後輩にちょっと弾かせてもらったら「なんだこれ、俺のと全然変わんねぇじゃん」ってなって、しかもテンション低くて弾きやすいなこりゃ!ってなったのね。


まぁあまりにも現実性を帯びていないので、そのうち買ったつもりになって満足するか、酸っぱいブドウと決めつけるかして、熱も冷めることでしょう。


あと、クリスマスプレゼント(と今日になって意味を後付したもの. )が(時期的にも遅れて)、やっと到着した。

すげー。めっちゃ見るわー。


いやぁ~

それにしてもPANTERAしか聴く気がしねぇ。


マーシャル軍    名前が良い
AD

REW

テーマ:

みなさん、いかがお過ごしでしょうか。周りには風邪をひいてる人もちらほらいますが、僕はなぜだかちっとも平気です。”健康的な生活”と正反対の毎日を送ってるのに、不思議だ。野生のエナジーがすごい。

昨日はいい加減に原稿をあげようと思って、なんか短いのをちょこっと一本、朝飯前に書くつもりがちっとも話しがまとまらなくて、結局最後には大部分を抹消した…。

始まりと終わり、要所要所に入れたい何行かだけは断片的にあって、それが逆に足かせになってまって幼稚な展開しか思いつかん。わかりません。私はもうダメです。

本もお世辞にも読んでないし、ギターもろくに弾いてないし、今日数えたら今月は(今入ってる残りのシフトも含めて)15回バイトしてる。二日にいっぺんはバイトってことだよね。まぁ最近はひそかに「千里の道も一歩から」をMottoに掲げ、倹約&荒稼ぎをしてるので、そのしわ寄せが出てるってことで。

欲しいものいっぱいあるし、それを全部買っておつりがくる額の借金もあるし、だからまぁ全部二回買うつもりでお金を集めれば良いね。

そろそろあの(右下のやつね)YAMAHAも限界なんじゃないかと思ったりして。いつんなったらRickenbackerを掻き鳴らせる日がくるのかしら。それはそんなに急ぎじゃないから別に良いんだけど。

それはそうと、なんだか今日は無性にMUSIC MANのAXISが欲しい衝動に駆られるなぁ。なんだか分からんけど、急に(笑)。なんかいつ見てもすごい人間工学に基づいてるっぽいギターだよね。サウンドもプレイアビリティも見た目も明らかに最強くさいもんな。

あとはレスポールスタンダードのタバコバーストも実は結構持ってたいなー、とビリーハワーデル が使ってるのを見てから思ってたりするけど、2ハム買うならAXISかそれか、のどっちか。またはどっちも。サッチモ。


ちょっと考えると、スーパー弾き易いってだけで、Dimarzioだから湿った渋い音とか絶対でそうもないし、個人的にフロイドローズは(めんどくさいから)好きじゃないしで持ったらやる音楽自体ををそっちに合わせなきゃならなそうとか自分的な問題点はあるまくりね。別にそういうジャンルもバリバリやりたいから、持ってても面白そうっちゃ面白そうだけどねー。

あとは最近リシュー版が出たEB-3…じゃなくてSG BASSとかいう名前なんだっけ?あれもなかなかキテるね。でもやっぱ俺はEB-3についてるあのロータリースイッチが好きやねん。なんで取っ払ってまったんかなぁ…。まぁGibsonのベースってセンス良いよね、サンダーバードといい。でも実はRDシリーズが一番カッコいいと思うな。買いたくてもそうそう売ってないけど。

結局本当に大枚はたいて買いたいもんなんてあんまないのね。

プロとかで、体一つしかないのに弾きもしないギター何本も倉庫にしまってるような人いるけど、あぁはなりたくないなぁ。

南無SHOW2005    EXの方がスイッチの位置が良いよね    EBI BOXER

AD

UNTIL THE DAY I DIE

テーマ:

今日はもう一年分くらい働いたから、来月は給料一年分入ってるに違いない。

とりあえず当たり前のことだけど、LUNA SEA のSINGLESⅡが最強すぎる。

ゴリラ

とてもB-side集とは思えないわ。

やはり後期LUNA SEAはバンド感と世界観のバランスが50%50%で完璧過ぎる上に、なにより全員化け物みたいな音出してるよね。

でも周り真顔でスゲエ音出してるのに、河村さんが真ん中でずっと「一生一緒にいてくれや」って内容を歌い続けてるのが残念でならない。

WITH、INTO THE SUNあたりが良いね。

あと最近耳コピするがめっちゃ得意になってきたから、将来着メロ作る仕事やろうかな。

まぁその頃には完全に着うたに切り替わってるね。

てゆうか、ケミストリーかなんかの鼻息みたいな曲も何回も聴いてMIDIに起こしたりしなきゃなんないわけか。それはさすがに地獄すぎるから、やっぱゴメン被りたいなぁ。

いや、というより始めからその気はないなぁ。


AD

GREAT DEVOTION

テーマ:

今日、というより最近、成人式の話題を振られることが多い。

それはまさに俺がその対象であるからなんだろうけど、あんまり良い気分はしないな。

(今日は少し攻撃的な内容になるから、もしかしたら読んだ人の気分を害するかも知れない。

から、これより先は読まないほうが良いのかも知れない。それは分からない)


はじめに言っておくが、僕はいつでも、それは眠っているときだって、世の中に蔓延する誰かの作り出した共通認識ってやつと戦っている”つもり”だ。

成人式?新たに成人になる若者たちを祝う、市のセレモニー。

「死」って言いましたね?幸せのある街がいいです。


はっきり言って今の日本で暮らしている20歳以下(もちろん自身も含む)の大部分の人間なんて、どうしようもない生き物だと、専ら俺は思ってる。

冗談だ。

生まれながらの悪なんてありえない。環境が全てを左右するからね。

しかし団塊の世代のおいちゃんおばちゃんたちの、慈愛に満ちたあの眼を、ちゃんと見たことがあるかい?

もちろんその全員がではないけれど、みんな仏さんみたいな顔しとる。

俺たちはゴキブリみたいな顔をして、マックチキンかなんかを食ってる。


たとえば成人式が、そこに並ぶやつの手首を、安いクーポン券のように切り落としていくための式典ならば良いのに。そうすれば少なくとも演説中にクラッカーが飛び交うことはないしね。

じゃあなんだろう。

今まで「酒酒酒」、「タバコタバコタバコ」、「女女女(または男)」ってわめきちらしてたガキ共の、その欲求を社会的に肯定して、今度は「地位」「名誉」「金」と言い出すよう勧める儀式か?

想像するだけで胃潰瘍になる。

こんなクダラナイ世の中に誰がした?

メディアさ。

BOWLING FOR COLUMBINEでマンソンが言ってたろ?テレビやラジオは毎日毎日、民衆の恐怖心を煽ってる。「これを買わないと女にモテねぇぞ」「これを持ってないと身を守れないぞ」。

CMは15秒間の脅迫で

俺たちは生まれてからそれをずっと見続けてる。それを信じてる。

GOD IS IN THE TVだよ。

子供の未来をよりベターなものにするために、親が汗水流して稼いできた安い給料の中から、何年間もバカ高い月謝を払って塾に通わせやって、そこでは教員免許もなにも持たない紙くずみたいな大学生の”先生”が、小遣い稼ぎで片手間で教え、その金でCDかなんかを買う。おまけに時々包丁で生徒を刺し殺す。

それがマイジェネレーションね。

それ以外の連中はどうだろう。みんな体も頭も働かすのが面倒くさくなって、毎日自分がラクに過ごすことだけ考えるけれど、それじゃ周りからアタマワルイと思われちゃうかも。あの娘は政治好きのやつが好きなんかな?ほんなら僕も政治を語る男になってみよかなー?

そこに売り出されたのが、ホワイトバンドだか甲斐バンドだか知らないが、正体不明、募金率0%のチャリティーグッズ。24時間テレビみたいな宗教じみた胡散臭いのが大好きな俺たちは、買わずにはいられない。とっくに神経が麻痺してるから、連日、暴力シーンをバンバン流し、他人を馬鹿にして稼いでる芸能人が、この時だけはにっこり笑って「愛は地球を救う」って言ってるのにも、違和感ひとつ感じないもんな。

たった10万円の借金が払えなくて自殺するサラリーマンが溢れる傍ら、「テレビで人気のあの人が付けてる、あれってなんだろう?」で10憶の金が動く。ホントにhottokenaiのはどこなんだろう。

分かるかい?

政治すら「=ファッション感覚」の図式がすっかり固定したのさ。

政治家は政策よりもネクタイの色に気を使い出し、”純愛ブーム”で民主党の票が伸びる。

下半身でモノ考える国民が主権を握る先進国?


頼むからそんな国は世界から消えてくれよ。




と、言ってみるtest


参考:

http://www.hottokenai.jp/
http://www.hottokitai.jp/
http://www.geocities.jp/red_band_campaign/message.html
http://www.gaga.ne.jp/bowling

VIRUS

テーマ:

どうも、こんにちは。

ここ三日間の労働で肩が凝ってしょうがない。

そういやダイムが教壇に…いや、凶弾に倒れてからもう一年か。早いもんだなぁ、あの時はびっくりしたな。マッキーが捕まった時くらいショックだったよ。

そう、「MYSTIC RIVER」はねぇ、個人的にははっきり言ってちっとも面白くなかった…。

まずね、想像していたのと雰囲気とか色んなもんが全然違った(そりゃ映画自体に非があるわけじゃないけど、これ重要ね)。それと最近テンポの早いものばっか観てたからなのかも知れないけど、展開の遅さが気になったなぁ、あの中盤の中だるみ具合といったらないね。それと一番大きいのがやっぱエンディングだな。まぁ原作もんだからアレだけど、やっぱ最終的に俺は「正義は勝つ!」「勧善懲悪!」って運びであって欲しいのよ(川野さんも前なんかんときに同じこと言ってたけど)。別に子供向けの戦隊モノみたいなハッピーエンドを全部に求めてるってわけでは全然なくてね。

作品である以上なんかしらメッセージが欲しいね。たぶん俺がそれを全然汲み取れてないだけだね。ごめんね。


ここんとこ、意識してるわけじゃないんだけどほとんど邦楽しか聴いてないなぁ。もともと「邦楽」とか「洋楽」とかなんとかっていうカテゴライズの仕方自体に疑問を感じざるを得ない。

「邦楽?全部洋楽のパクリだろ、ダッセ」みたいな舶来主義?わかんねぇけど、そんなの江戸幕府と一緒に墓で眠ってくれ。その逆もしかり。ま、自分の好きなように愉しむのが一番だけどね。

そんでね、よく聴いてるのが、まずサザンオールスターズの「KILLER STREET」ね。

パクワタさん

なんか、最近どのアーティストもそうなんだけど、今まで自由なスタイルでやってた人達がみんなこぞって「人力感」みたいのを出そうとしてきてない?なんなのかな?バンドサウンド以外を排除して、ナマっぽさにコダワル、みたいな?そんなもん俺に言わせればこのブログほどにクダラナイね。

という感じのアルバムだね!

全然褒めてないっぽいけどなかなか良いよ。ただ、聴けば聴くほど前作の「SAKURA」(だっけ?)が、いかに優れたアルバムだったかを再確認するための二枚組って気がしてやまないね。ヤマラムね。

ヤベェ、結果的に酷評みたいになってしまった。


次にアレね、グレイプバインの「デラシネ」。

デラキッズ

良いね!まさにバンドサウンド!って感じで!(え

JAZZMASTER使ってるらしくて、面白いくらいに島汁さんとおんなじ音だよね。

どんどん行くよ。あと、TRICERATOPSの「DAWN WORLD」ね。

小松

歌詞カード開くと最初の見開きに


DAWN WORLDへようこそ!

ここはトライセラトップスが想像した未来の街です

-中略-

約一時間のスリル満点の旅へ出発しましょう!!


みたいなことが書いてあるんだけど、天才かと思ったね。こんな面白そうなコンセプトアルバムはPleymoの二作目、三作目以来の衝撃って感じだったよ。

残念なのが、せっかくの楽しいコンセプトに沿ってそうなのが始めの二曲だけっていうね。そこまでPleymoみたいにしなくても良いのにね。


あとね、ちょっと昔で矢井田瞳の「Candlize」。

RUI

この人は一作目とこの二作目しか聴いたことないんだけど、特にこっちのアルバムは素晴らしいね。前に聴いたときは「なんかすげぇなー」くらいに思ってたんだけど、最近改めて聴きなおしてみたらとんでもない掘りだしもんを見つけてしまった感覚だったよ。まず一曲目の歌が入るとこが物凄いカッコ良くて、そのあと「Buzzstyle」とか「I'm here saying nothing」あたりのシングルがパラパラ続くんだけど、驚いたのが「なに、この無国籍感!」ってことね。一体どーゆーコード進行(よく聴くと意外に単純そうだけど)でどんなアレンジの仕方をすればこんなワールドワイドな雰囲気が出せるんだろうっていう。確かOasisのヒンドゥタイムスとかいう曲でも同じようなニオイがした記憶が。定かではない。


いやー


排泄完了。