裏・ヘッドロココに憧れて

山が好き。旅が好き。カメラが好き。みんな大好き。


テーマ:


新年の抱負ほど脆く崩れやすいものがあるだろうか。
90%以上の年明けの高揚感によって生み出された抱負たちが、
若さゆえの過ちさながらになかったことにされるに相違ない。


かくいう私も、即レポの誓いを綺麗さっぱり引き出しに仕舞い込み、
二ヶ月以上の長きに渡って放置してしまったのは薄志弱行のゆえであろう。
故にどの面下げて戻れるものかと、奇天烈な言葉を連ねて
お茶を濁す気構えなどとは言わぬがハナネコノメである。







まだまだ炬燵が老若男女もれなく飲み込んでいた頃。
ボクらは白い雪の上にいた。






短い冬が終わり、街中にパンダやら、ハトやら、アリが走り回っている頃。
raymariさん、デビさんに奥武蔵までお運び頂いた。






誰もがその日に向けて、壮大な嘘でかたどられた物語を考えている頃。
ボクらは人生の師なんて気恥ずかしくて言えないけれど。
まあ、その、このうえなく大切なふたりを祝った。






白樺が立ち並ぶ湖畔に吹く風にあたたかみを感じる頃。
ボクらは若いふたりの門出を祝った。
ふたりからは祝いのネタに便乗して騒ぎ散らしたように見えたに違いない。



かくして、ボクの冬は相好を崩しながら終わりを迎え、
春は抱腹絶倒の内にはじまったのだから、
おもしろおかしく生きているのは伝わったと思う。



AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:


高気圧が来る。
早い段階でもたらされた情報にボクは浮足立った。


落ち着きのない山域に青空が広がるかもしれない。
西吾妻に行きたい。
蔵王もいい。
ケド、間に合わない。


そうだ。
谷川にしよう。
万太郎へと続く美しい稜線。
見たいじゃない。


ところがなんと、ぶるーちゃんも行ってくれるって

そんなわけで、8年弱ぶりの赤城山。



アクセス編>
【往路】2015年2月21日(土)
アジト最寄駅(東武東上線)(JR八高線)(JR両毛線) → 前橋駅(関越交通バス) 
→ あかぎ広場前
【復路】
赤城ビジターセンター(関越交通バス) → 前橋駅(JR両毛線)(JR八高線)(東武東上線)
 → アジト最寄駅

<ヤマアルキ編>




コースタイムとかの記録はヤマレコで → コチラ





※写真は全てヤマレコと同じ






前橋からバスに揺られるコト1時間強。
ぶるーちゃんは少し酔った。






赤。
厳しい冬の中にも力強い赤。
あの橋を渡るとどこの世界に続いているのだろう。







青。
厳しい冬が作り出す吸い込まれるような青。
いつまでも見ていたくなる空。






アイゼン。
爪は12本。
今シーズン初。
やっと履けたね。














急!
















最初から急。
展望台でひと休み。
赤城神社が大沼に映える。







雪庇の横を行くぶるーちゃん。
こんな日が来るなんてね。







初めての12本アイゼン。
輝いてる。







駒ヶ岳分岐。
あーーーー、ずっと急だった






黒檜山への道。
なんてきれいなんだろう。







山頂。
ここは通り過ぎて展望台へ。







展望台に向かう道でこの景色
左から日光白根山。皇海山。男体山。














どーん。












2007年のゴールデンウィーク。
山を歩き始めて7か月目のコト。
初めてここに来た時も思った。
あの峰々は世界を分かつ白い壁。


インドアだったボク。
日本はつまらないと思ってた。
日本の良さも知らずに世界を歩いた。


こんな冒険があるんだ。
ボクを山へと引きずり込んだのはあの壁だ。


大袈裟と笑われるかも知らない。
けれど、震えるほどの大事件だった。
ぼくにとっては。






日光白根山。







浅間山。






左端に切れちゃってるケド苗場山。
右に谷川連峰主脈が伸びる。









谷川岳。








上州武尊。







浅間山の右奥には穂高連峰がうっすら見える。







山スイーツ。
ファミマのふんわりチーズスフレ









今日はもっと標高の高い山でも歩けたと思う。
ケド、ぶるーちゃんが一緒に来てくれるなら、
今日この日は赤城山がベスト山。








いつまでも帰りたくない天気。
風もない。
昼寝だって出来そうなくらい。








ケド、進まないと。









雪庇。
響きはかわいいのに怖いヤツ。










雪に伸びる影。
雪山。
影ひとつさえ美しい。








駒ヶ岳。
あー、あとは下りで終わっちゃう。
最後のピークはいつも複雑。








こけて。
滑った。
ほんの一瞬滑っただけなんだと思う。
30cmとかそれくらい。


けれど、その一瞬は長く。
滑落の恐怖を垣間見るには十分だった。
すごくいい勉強になった。





赤城ビジターセンターでゴール。

景色は冬なのに。
まるで初夏のような。
そんなヤマアルキ。







AD
いいね!した人  |  コメント(20)  |  リブログ(0)

テーマ:


2月前半のおはなし。


まずは2月1日(日)

アクセス編>
【往路】2015年2月1日(日)
アジト最寄駅(東武東上線)(秩父鉄道) → 野上駅
【復路】
長瀞
駅(秩父鉄道)(東武東上線) → アジト最寄駅

<ヤマアルキ編>



コースタイムとかの記録はヤマレコで → コチラ
※前回の伊豆ヶ岳レポは公開範囲がヤマレコ内のみになってたので修正しました。




最寄りのアルプスで山デート。











ロウバイの咲き始める宝登山へ。
下りはとんでもない数の人とのすれ違いで、さあ大変。
ケド、冬の澄んだ青空にロウバイの黄色がかわいかったなー。
詳しくはヤマレコで。



で。
2月7日(土)8日(日)


この週末はずんみほと「夏沢鉱泉泊で行く硫黄岳」のはずだった。


だのに。




ノロノロノロッピめー





この週はノロられて仕事も1.5日しか行けず。
硫黄岳に行こうものなら職を失ってもおかしくない。
ごめんね、ずんみほ、今度こそ!





そして。
2月14日(土)

アクセス編>
【往路】2015年2月14日(土)
アジト最寄駅(東武東上線)(JR)(西武秩父線) → 芦ヶ久保駅
【復路】
横瀬駅(西武秩父線)(JR線)(東武東上線) → アジト最寄駅

<ヤマアルキ編>.



コースタイムとかの記録はヤマレコで → コチラ





最後に温泉に入れるコースで。
バスに乗らないで行けて。
そんなに遠くないところ。


って、ことで丸山へ。
asaさんもこないだ来てたっけ。






展望台がまるで山っぽくはないんだけれど。
そこから見える景色は最高。
360度の大展望。


宝登山に続き風はめっちゃ強かったけど、
天気が良かったから気持ちよかったなー。


で、こっちも他の写真はヤマレコに載せたので省略



☆おまけ☆
職場でもらったバレンタインのチョコラスク。
まさか、こんなところにまでアノ人がいるなんて!



AD
いいね!した人  |  コメント(16)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。