2011-02-05 01:19:12

 「青い青い空」 監督・太田隆文 新作映画 今日の試写室

テーマ:試写室から

永田よしのりの


             C 2010「青い青い空」製作委員会


「青い青い空」


3月5日公開
128分
監督 太田隆文
出演 相葉香凛、草刈麻有、橋本わかな、平沢いずみ、田辺愛美、波岡一喜ほか


 浜松を舞台にして、書道部という活動を通して自分自身に目覚めていく少女たちの姿を描く。
 一口1000円という個人協賛金集めから始まった、地域振興映画製作プロジェクト。すでに撮影場所だった浜松では二万人超の観客動員を記録している。
 大資本でどうでもいい、後に何も残らない映画を作るばかりではなく、こうした観終わった後に心に何か残る作品が作られることは、とても大事なことだと思う。
 監督の太田隆文は06年に「ストロベリーフィールズ」という小品を撮影して以来の作品となるが、時間と資本さえ許せば、もっと映画を撮ってもらいたい、と密かに僕が思っている監督だ。
 なぜなら、監督の作品には〃大事なもの〃がしっかりと詰まっているからだ。
 書道の心の中にある〃うまく書くことではなく、自分の思いが詰まった文字を描くこと〃というものが、まさに太田監督の映画にはあるように、僕は思う。
 浜松で暮らす五人の女子高校生たち。それぞれに抱えるものはあるものの、何をどうしていいのかが分からない彼女たち。そんな彼女たちの前に現れた臨時教師が示してくれた書道というもの。彼女たちは書道大会出場を目指して練習を重ねていく。 
 〃書道〃をテーマにした映画は昨年も何本かあったが、どの作品もパターンにはまった青春エンタテインメントの域は出なかったように思う。
 もちろん観てそれなりに楽しめはするのだが、それだけだった。
 だが、本作は書道を通して(実は書道というものは、主人公の少女たちの成長に必要なピースとして使用されているもので、書道パフォーマンスを前面に出したものではない)、女子高校生たちの抱える様々な問題や思いを体言していく。
 僕が個人的にとても好きなのは、そんな彼女たちのハッキリと前に進むのだ、という意志を示す、書道大会の演目終了後にそれぞれが自分の名前をハッキリと観客らに告げるシーンだ。
 いろんなことを消化して、自分自身を自覚する少女たちの〃自立〃とも言える姿がそこにはある。
 それがこの映画の主題でもある〃伝えること〃につながっていくのだと、僕は思うのだ。
 来年の新人賞候補たちはこの映画に出演した五人の女の娘たちだ。彼女たちの名前を覚えておいて損はない。
 そして、そんな彼女たちを〃映画〃という画面に焼き付けた太田隆文という監督の名前も。

AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

永田よしのりさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

8 ■無題

>かおるこ?11.25浜松「青い青い空」上映決定?さん
お立ち寄りありがとうございます。
僕などは映画界の端っこの方でなんとか生きているみたいなものです。
ですが、伝える、ということを大事にしていきたいと思っています。
ただ好き嫌いだけで本欄を書いていても、そこには何も引っ掛かりが残りませんから。
またお時間ある時にのぞいてやってください。
永田よしのり

7 ■無題

>慶さん

お立ち寄りありがとうございます。
本当に心に引っ掛かるものは、多分その人にとって大事なものになるのだと思います。
またのぞきに来てやってくださいね。
永田よしのり

6 ■無題

はじめまして(^-^) 僕は青い青い空に高見沢ミチル役で出演している平沢いずみちゃんの大ファンです。この映画にとても感動して1人でも多くの人にこの映画を観てほしいと強く思っている1人です。
永田さんのこのブログの情報をある方から頂き読んでとても嬉しく思いコメントさせて頂きました。
はままつ映画祭での上映も決まりこれをきっかけに全国上映になればと願っています。

これからも永田さんのブログに訪問させていただきます(^-^)/

5 ■はじめまして

はじめまして。
私も「青い青い空」が大好きなので、嬉しくてついコメントさせていただきました。

私はもともとドラマや映画を観ることが苦手で、たいてい何を観ても「でもこのシーン終わったら、これ現実の話じゃないし」って、撮影の裏を想像してしまって全然泣けないというていたらくなのですが。

でもこの「青い青い空」だけは、何回観ても最初のシーンあたりから引き込まれて、高校生たちの思いや熱意、先生の思い、母親の思い、いろんなところで感動して泣いてしまいます。

映画でこんなに泣けるということが、本当に初めての体験で、この映画で初めて「映画には人を変える力がある」ことを実感しました。

この「青い青い空」だけは、たくさんの人に観てもらいたいし、この震災後の、放射能の広がった世界で、もっと見てもらうべき作品だと思っています。

なので、こうして映画批評家の永田さんに魅力を支持してもらえると、ファンとしてめちゃめちゃ嬉しく、力をもらえます。
ありがとうございます。感謝です。

4 ■無題

>小玉虫シスターズさん

お立ち寄りありがとうございます。
親子で同じ映画が好きなんて、いいですね。うらやましい! 
新作映画を私なりに紹介していますので、気になる映画とかあったら、またのぞきに来てくださいね。
ありがとね。
永田よしのり

3 ■はじめましてです

こんばんわ

お父さんのブログから失礼します。
和歌山の小玉虫シスターズと言います。
私たちは太田監督のストロベリーフィールズが生まれて初めて涙した映画です。
それ以来、ストロベリーフィールズと太田監督の大大大ファンになりました。

実は私たちのお父さん(たんどぅ)も青い青い空に先生役で出ています(笑)

青い青い空は去年のクリスマスに和歌山から見に行きました。

めちゃめちゃ泣きました。

三美子ちゃんの土手のシーンはココロに響きました。

書道パフォーマンス書き終えたあと、クールなミチルちゃんが、とびきり大きな声で自分の名前を言ったシーンも大好きです。


太田監督の映画は本当にココロに大切な物をきちんと置いてくれる映画だと思います。

太田監督の映画もっともっと見たいです(^O^)

2 ■無題

>おおかみ-青い青い空-応援団さん


お立ち寄りありがとうございます。ヨコハマ映画祭では新人賞にあの娘たちを薦すつもりでおります。
お金をかけてコマーシャルばかりで、一般の人がだまされてしまうような娯楽ばかりでは、今の人たちが映画の見方が分からなくなるのは当たり前で、ちゃんと見せて来なかった大人たちに責任があります。
これからも自分の根っこに引っ掛かる映画を愛してやってください。
機会があればこれから公開の「CUT」も観てみてください。心に引っ掛かりができるはずです。
またお時間ある時にでもお立ち寄りいただけますよう。永田よしのり

1 ■初めまして

素晴らしい映画のお話を、有難うございます。

私も同じ映画で、ものすごい感銘を受けた者です。
日付からしまして、もう随分と気が付かずにいた事が判りました。
失礼致しました。もっと早くに気が付いて、お話を伺う機会でもあればと、図々しく思った次第であります。
他の「書道のモノ」とは、明らかに一線を画す作品であると、プロの批評家の方に、太鼓判を押して戴けますと、応援している者としては、大変に心強いです。
本当に、本当に有難うございましたv。  伏して拝

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。