終盤の演奏、なんかブルースマンを感じました。

Try: John Mayer Trio Live in Concert/John Mayer

¥812
Amazon.co.jp

クロスロード・ギター・フェスティヴァル 2010(DVD通常盤)/エリック・クラプトン

¥5,900
Amazon.co.jp

AD


たくさんの人がカバーしている名曲『なごり雪』。

イルカの代表曲ですが、彼女もカバーで歌っていたんですよね。

さて、私はこの秦基博ヴァージョンが大好きなのですよ。
近頃は、毎日のように聴いてます。

秦基博の3rdアルバムも、この曲が欲しいから買ったようなところがあって、
いったいどっちがオマケなんだろうって感じですな。

Documentary(初回生産限定盤B)/秦 基博

¥3,360
Amazon.co.jp

AD
ヘッドフォンJohn Mayer Trio『Ain't No Sunshine』ヘッドフォン



エリック・クラプトンのクロスロード・ギター・フェスティバルには常連参加のジョン・メイヤーですが、2010年には以前にもブログで書いた『Ain't No Sunshine』をやったようですね。

しかも、今回はジョン・メイヤー・トリオでの参加だったようで。

ドラムのスティーヴ・ジョーダン。いいんだよなあ。

そのプレーもいいけれど、彼がプロデューサーの作品は、買って損することなしかも。

クロスロードではノリのいい『Who Did You Think I Was』もやってくれました。
たしかこの曲もスティーヴ・ジョーダンが作曲者にクレジットされていたはず。
大好きな曲です。




クロスロード・ギター・フェスティヴァル 2010(Blu-ray通常版)/エリック・クラプトン

¥6,900
Amazon.co.jp

トライ!ライヴ・イン・コンサート/ジョン・メイヤー・トリオ

¥2,520
Amazon.co.jp

Try: John Mayer Trio Live in Concert/John Mayer

¥787
Amazon.co.jp

AD
行のアーティスト(邦楽)

荒井由実『晩夏(ひとりの季節)』

RC サクセション 『スローバラード』

アンダーグラフ 『ツバサ』

井上陽水 『東へ西へ』

Original Love 『接吻 Kiss』

------------------------------------------------------
行のアーティスト(邦楽)

KOKIA 『ありがとう…』

コブクロ『superstition』


COMPLEX 『Can't Stop The Silence』

------------------------------------------------------
行のアーティスト(邦楽)

サザンオールスターズ 『慕情』

SIAM SHADE『1/3の純情な感情』

椎名林檎『歌舞伎町の女王』

------------------------------------------------------
行のアーティスト(邦楽)

竹内まりや『駅』

チャットモンチー 『ここだけの話 』

------------------------------------------------------
行のアーティスト(邦楽)

中島らも『いいんだぜ』

西田敏行『もしもピアノが弾けたなら』

------------------------------------------------------
行のアーティスト(邦楽)

秦基博
『なごり雪』
『トレモロ降る夜』
『やわらかな午後に遅い朝食を』

ハンバート ハンバート 『罪の味』

BOOWY
『ハイウェイに乗る前に』
『IMAGE DOWN』


------------------------------------------------------
行のアーティスト(邦楽)

松山千春 『恋』

-MIYAVI-『SURVIVE』

MOON CHILD『ESCAPE』

------------------------------------------------------
行のアーティスト(邦楽)

矢井田瞳 『My Sweet Darlin'』
山崎まさよし『僕はここにいる』

------------------------------------------------------
行のアーティスト(邦楽)

レミオロメン 『3月9日』

------------------------------------------------------
行のアーティスト(邦楽)

和田アキ子 『あの鐘を鳴らすのはあなた』

------------------------------------------------------
数字・記号ではじまるアーティスト(邦楽・洋楽)

3OH!3『MY FIRST KISS』

------------------------------------------------------
Aからはじまるアーティスト(洋楽)

Albert King『Born Under a Bad Sign』

Arctic Monkeys 『Brianstorm』

------------------------------------------------------
Bからはじまるアーティスト(洋楽)

B.B. King 『Sweet Little Angel』

Bill Withers 『Ain't No Sunshine』

------------------------------------------------------
Cからはじまるアーティスト(洋楽)

Carole King『You've Got A Friend』

Creedence Clearwater Revival
『Fortunate Son』
『Have you ever seen the rain?』

------------------------------------------------------
Dからはじまるアーティスト(洋楽)

Daryl Hall & John Oates 『Say It Isn't So』

The Doobie Brothers 『Long Train Runnin』

------------------------------------------------------
Eからはじまるアーティスト(洋楽)

The Eagles 『Desperado』

------------------------------------------------------
Fからはじまるアーティスト(洋楽)

Fenton Robinson
『Somebody Loan Me A Dime』

Fleetwood Mac 『Need Your Love So Bad』

------------------------------------------------------
Gからはじまるアーティスト(洋楽)

Green Day 『Basket Case』

------------------------------------------------------
Hからはじまるアーティスト(洋楽)

HURTS 『Wonderful Life』

------------------------------------------------------
Iからはじまるアーティスト(洋楽)

Israel Kamakawiwo'Ole 『over the Rainbow』

------------------------------------------------------
Jからはじまるアーティスト(洋楽)

John Mayer
『Ain't No Sunshine』
『Half of my heart』
『Heartbreak Warfare』

------------------------------------------------------
Kからはじまるアーティスト(洋楽)

Keb' Mo' 『Love In Vain』

------------------------------------------------------
Lからはじまるアーティスト(洋楽)

Lin Yu Chun 『I Will Always Love You』

------------------------------------------------------
Mからはじまるアーティスト(洋楽)

Magic Sam 『All Your Love』

------------------------------------------------------
Nからはじまるアーティスト(洋楽)

Nirvana 『Smells Like Teen Spirit』

------------------------------------------------------
Oからはじまるアーティスト(洋楽)

Oasis 『Fucking in the Bushes』

------------------------------------------------------
Pからはじまるアーティスト(洋楽)

Petteri Sariola 『Distorted Love 』

Phil Collins 『Heatwave』

------------------------------------------------------
Qからはじまるアーティスト(洋楽)

Queen 『Bohemian Rhapsody』

------------------------------------------------------
Rからはじまるアーティスト(洋楽)

The Raconteurs 『Broken Boy Soldier』

RPA & THE UNITED NATIONS OF SOUND
『Are You Ready?』

------------------------------------------------------
Sからはじまるアーティスト(洋楽)

Stevie Ray Vaughan 『Texas Flood』

Sting『Englishman In New York』

------------------------------------------------------
Tからはじまるアーティスト(洋楽)

Taylor Swift『Love Story』

Tiago Iorc
『Ticket to ride』
『My Girl』
Tahiti 80 『Heartbeat』

------------------------------------------------------
Uからはじまるアーティスト(洋楽)
------------------------------------------------------
Vからはじまるアーティスト(洋楽)
------------------------------------------------------
Wからはじまるアーティスト(洋楽)
------------------------------------------------------
Xからはじまるアーティスト(洋楽)
------------------------------------------------------
Yからはじまるアーティスト(洋楽)
------------------------------------------------------
Zからはじまるアーティスト(洋楽)
ヘッドフォンFenton Robinson『Somebody Loan Me A Dime』ヘッドフォン



今でも飽きずにたまに聴いてるから、名盤だと思います。フェントン・ロビンソン(1935-97)の『Somebody Loan Me A Dime』。

でも、ブルーズの名盤なんかでは、あんまり紹介されないかもしれません。だからといって、「隠れた名盤」などというと、この作品に失礼ですね。

フェントン・ロビンソンはブルーズマンとしてそのプレイがちょいと異色です。ギターでブルーズの定番であるチョーキングはほとんど使わないし。ジャズのようなプレイだけど、決してジャズではない、やっぱりブルージーなんですよね。そこが不思議。

その音楽は、決して泥臭いものではなく、あくまでも繊細で、とにかく「甘い」。その甘さが日本で受けたのか、70年代に人気を博したそうです。愛称も「メロウ・ブルーズ・ジニアス」。

ブルーズの中では異色であって、ブルーズを知るにはこの名盤、とは紹介されないけれども、あんまりコテコテのブルーズというのは味が濃過ぎて、慣れない人には受け入れにくかったりします。だから、かえって、甘いフェントンや、あったかいケヴ・モなんかを聴いて、ブルーズに親しんでから、濃ゆいのを聴いた方がいいかもしれません。というか、ジャンルを超えて愛される音楽を、フェントンは創り上げたのかな。

僕がフェントンを知ったきっかけは、スティーヴィー・レイ・ヴォーン。彼のファーストアルバムのタイトルであり、彼の代表曲でもある『Texas Flood』は、フェントン・ロビンソンがオリジナルなんですね。

作曲者には「ラリー・デイヴィス」とクレジットされてますが、それはフェントンがラリーとデュオで活動していたからで、ラリー名義で『Texas Flood』を発表したということによるもの。デュオ時代の58年にレコーディングしたのがこちらの『Texas Flood』。フェントンのソロアルバムである『Somebody Loan Me A Dime』には、フェントンが歌う『Texas Flood』が収録されています。


レイ・ヴォーンはアルバート・キングの影響を強く受けていますが、そのアルバートもフェントンの『As the Years Go Passing By』という曲をカバーしています。これまた名曲。フェントンのアルバム『Somebody Loan Me A Dime』にも収録されていて、私はこの『As the Years Go Passing By』がアルバムのハイライトかな、なんて思ってます。まあ、ボーナストラックなんだけど…。たまにあるよね、アルバムの個性を食っちゃうくらいの強烈なボーナストラックって。



サムバディ・ローン・ミー・ア・ダイム/フェントン・ロビンスン

¥2,415
Amazon.co.jp

チョーキングってなんじゃい、って方のために、とりあえず動画を。よくあるこういうヤツです。


ヘッドフォンPetteri Sariola 『Distorted Love 』ヘッドフォン



ギターを触る人で、もし知らなかったら損というアーティストです。ペッテリ・サリオラ。

情報が少ないんですが、フィンランド出身のたぶん25歳(笑)。たぶん、YouTubeで自らアップしたのが評判になったのか、なんなのか、よく分かりません。



ただ、その映像を見るとなにをやってるのかよう分からないけれど、「こりゃすげえ演奏法だっ」ってことは分かる。非常におもしろい。ある意味、革命児ですね。スラム奏法というらしいです。

「ああ、ギターって打楽器だっただね。なるほど」
と、思っちまうわけです。

それにしてもフィンランドって国はすごいですよね。
人口は500万人ちょっとなのに、いろんな人が出てくる。
フライング・フィンでしたっけ? フィンランドってF1ドライバーを数多く輩出してるんです。人口が少ないのに信じられん、ってな意味合いを込めてフライング・フィン。ケケ・ロズベルグ(息子も現役ドライバー)、ミカ・ハッキネン、キミ・ライコネンとチャンピオンも3人も出てるし。Linuxの開発者もフィンランド出身、ムーミンもいるね。人じゃねーし。あと、ノキアか。これも人とじゃねーし。エア・ギター世界選手権をやってるのもフィンランドだし。まあ、変ですごい国です。

押尾コータローをして、「圧巻のアコギ」といわしめたペッテリ・サリオラですが、その2人のセッションがこちら。実に楽しそうです。ギターってこんな音するのかい。


私がペッテリ・サリオラを知ったのはごく最近のこと。いつも観ているギター講師の瀧澤さんの動画で紹介されたのがきっかけです。瀧澤さん、やたらと楽しそうです。


なんか平面的だったものが立体になるというか、それぐらいの変化をつけられます。瀧澤さんの仰る通り弾き語りなどにもずいぶん使えそうですね。いや、ほんと、これひとつでチャーハンの味がずいぶん良くなったよ、っていうような調味料が見つかった感じ。ん? なんか変な喩えだけど、まあ、よい調味料だぞ、スラム奏法。奥様、じゃなくてギター小僧の皆さんにぜひオススメしたい一品、じゃなくて奏法です。

PHASES/ペッテリ・サリオラ

¥2,800
Amazon.co.jp

サイレンス!/ペッテリ・サリオラ

¥2,800
Amazon.co.jp

ヘッドフォンThe Raconteurs 『Broken Boy Soldier』ヘッドフォン



僕が、んもぅ、んもぅ、んもぅ大好きで、敬愛するギタリストの一人、ジャック・ホワイトのバンドであるラカンターズ。

メグ・ホワイトと2人でやっていたホワイト・ストライプスがメグの体調不良もあって、活動休止になって(今は再開との話もあるんだけど、詳しいことはようわからん)、その頃に仲間たちとジャックが始めた活動が、このラカンターズ。

ホワイト・ストライプスでストイックに、身を削るように音楽に向き合っていたジャックが、ラカンターズでは自由気ままに、何でもアリでやっております。そこが好き。

この動画の頃は、たしか彼の喉がかなりヤヴァイ状態だったと思うのですが、今はどうなんでしょ。まあ、喉がどうの、こうのってのは彼の場合、あんまり関係ないんだけれどね。

ブロークン・ボーイ・ソルジャーズ/ザ・ラカンターズ

¥2,520
Amazon.co.jp

Broken Boy Soldiers/Raconteurs

¥1,233
Amazon.co.jp

ヘッドフォン椎名林檎『歌舞伎町の女王』ヘッドフォン



98年のシングル。もう10年以上経つのか…。

彼女のシングルの中では唯一、フィクションで歌詞がつくられたそうです。

椎名林檎のアルバムの中では、ファーストが一番好きなんだけれども、そのなかで最も聴き込んだのがコレですね。

ギターがすげえ、かっけええ、と思っていたけれど、スコット・マーフィーが見事にその「かっこよさ」を抽出してますね。
このアレンジはイイっ!



無罪モラトリアム/椎名林檎

¥3,059
Amazon.co.jp

Guilty PleasuresIII/スコット・マーフィー

¥2,000
Amazon.co.jp

ヘッドフォンTaylor Swift『Love Story』ヘッドフォン



テイラー・スィフトが好きです。いえ、大好きです。

何が好きかといえば、一言でいえば、容姿が。見た目が。

音楽を聴く際に、あんまり容姿とか関係ないと思いますが、動機が不純で申し訳ないとは思いますが、だって、かわええのだもの。いいの、いいの、音楽を聴く理由なんて単純なものほどええもんなのっ!

という冗談とも本気とも分からぬ話は措いといて、彼女の声、楽曲はやはりグラミーを最年少でいくつだっけ、忘れましたけど、たくさん獲っただけのことはあります。

うん、そうなのですよ。グラミーを獲るくらい優れているから聴いているのですよ。うん、それにしてもこのPVはかわええなあ。お姫様の格好は反則だよな。

フィアレス/テイラー・スウィフト

¥2,200
Amazon.co.jp

FEARLESS/TAYLOR SWIFT

¥1,580
Amazon.co.jp

ヘッドフォンCCR『Fortunate Son』ヘッドフォン



「Fortunate Son」、直訳すると「幸運な息子」ということになるのでしょうかね。

この曲がシングル(B面?)で出たのは69年。アメリカではニクソンが大統領に就任し、ベトナムで54万人にも達していた陸上部隊の撤退を始めた年でもあります。反戦ムードが強かったんですねえ。

で、「幸運な息子」って何なのよって話ですが、当時、政治家や偉い人の息子で兵役を免れていた輩がいたのですね。それを批判した曲だといわれてます。当時、僕は生まれていないので実際のところは伝聞でしか分かりませんが。

反戦のメッセージとか、そういうのはともかく、曲としてこの歌は好きです。なにかを絞り出すかのようなジョン・フォガティのボーカル、たまりませんねえ。その後、著作権がらみの問題でジョンは、自分の歌をコンサートなどで歌えなくなってしまい隠遁生活に入ります。すんごくもったいない。著作権ビジネスって本当にふざけてるよな。アーティストの利益を守るためのものなんだろうけど、本来の目的を多くが果たせてないもの。

閑話休題。それにしても、このミュージックビデオ。核実験ばかり映ってますが、それだけでも資料的価値があるなあ、なんて思ってしまいます。

Willy & The Poor Boys/Ccr

¥2,833
Amazon.co.jp