映画★ ターミナル

テーマ:
角川エンタテインメント
ターミナル DTSスペシャル・エディション

葉山の花火は友人宅に泊まり、夫の仕事の関係で朝早く帰ってきましたが

その夜、長女次女とも熱を出してしまいました。^^; 

高熱の出る夏風邪がとても流行ってるみたいですね。



・・・というわけで、この週末は家でゆっくり過ごすことに。。。


休みになったら観てなかった映画を観たい!!と思っていたこともあって

先々週辺りからDVDで映画を10本近く観ているのですが(笑)

昨日はターミナル誰も知らないシャークテイルを借りてきました。



ターミナルは・・・自国でクーデターが起きたためにアメリカへ入国できず 

空港(ターミナル)で半年暮らす間に、友情が生まれ、恋もし、

「決められていること」と「人としての気持ち」...みたいなものが描かれ

最後に父親との約束を果たす...という男の話。

「待つ」がキーワードになっていました。


トム・ハンクスの涙している姿の予告がとても印象的だったので悲しいお話なのかと思っていたら、

中盤まではとにかくユーモラスなストーリー。

真面目すぎるビクター(トム・ハンクス)に苦笑いしてしまうところもありました。


最後はもう少しオチが欲しかったな、と思ってしまいましたが

キャサリン・ゼダ・ジョーンズもこの映画では細くて美しいし(夫が一番好きな人なのです。笑)

アメリカを風刺しながらも、アメリカらしい映画だなぁと。

私の中では見終わった後に「あぁ良かった良かった」と思えるのがアメリカ映画。笑



他の映画の感想はまた別記事で・・・☆

AD