【ユニットブルージュ鈴鹿公演】

第二次オーディション&ワークショップ開催
鈴鹿市出身の主宰で脚本家・広光美絵が地元に元気をお届けします!

劇団ユニットブルージュは、3回目の地方公演として、主宰・広光美絵の地元鈴鹿市で初めての公演を開催します。戦後鈴鹿の発展のストーリーに鈴鹿の伝説を絡めて、地元キャストらとコラボし鈴鹿市初のオリジナルミュージカルをお届けします。

 

【公演概要】
日程 平成29年10月14日(土)
場所 鈴鹿文化会館けやきホール
概要 世界の鈴鹿への発展の礎を築いた名誉市民杉本龍造氏とその家族と仲間達、また鈴鹿に伝わる伝説も織り込んで、鈴鹿のヒストリーと今を伝えるオリジナルストーリー。【さぁ、きっと、もっと鈴鹿。】を好きになる。


出演 公演は劇団四季出身者らユニットブルージュのメンバーと、鈴鹿の地元キャスト・ダンスチーム・地元高校ブラスバンドらのコラボで開催します

 

【第二次オーディション&ワークショップ】
日程 平成29年3月25日(土)
場所 鈴鹿市文化会館3階音楽室
概要 主宰・広光よるオーディションを兼ねたワークショップです
13時〜16時
費用 無料

応募先方法
メールにてご応募ください。 送付先 → bluejuseisaku@gmail.com
① 氏名 ② 簡単なプロフィール

沢山の方のご応募御待ちしております!

 

※写真は第一次ワークショップの様子です。

また、オーディションの3月25日の夜19時〜は、東京からユニットブルージュの女優さん達を呼んで、鈴鹿でのコンサートを予定しております。また鈴鹿市のキャストの方も登壇予定。


こちらの詳細は近日発表します。
お楽しみにお待ち下さい★

 

AD

室蘭ワークショップレポート

テーマ:
2月5日室蘭ワークショップ終了しました爆 笑
 
広光美絵さんによる、演技・シーンワークは少人数での開催により、急遽「シナリオ分析」の授業に。
「幸せの黄色いハンカチ」を題材にシナリオを分析。
また、シナリオの構成を学んだ後に自分の人生のシナリオを書く作業へ。
受講生の中にはその書いたシナリオをコンクールに出すと意気込む方もいて、熱い1時間半でした。
 
続いて小俣彩貴さんによる「ジャズコンテ日舞」「ピラティス」。
最年少の受講生、小学2年生の女の子は普段はジャズダンスを踊る子なのですが、静かな動きのすり足、また扇子の扱いに少しとまどっている様子でしたが、最後は楽しんで舞を披露。
皆さん、空間を自在にデザインしていく、はんなりとした舞をそれぞれの感性で楽しんでいました。
 
ラストは野上結美さんによる「滑舌」「歌がうまくなる方法」。
受講生は10代から60代まで。
その場で発声の訓練をし、声の響きが明らかに変わっていくのを体感し、自分の声、身体の仕組みを丁寧に感じて頂きました。
最後は皆で「アメイジンググレイス」を教材に、上手に聞こえる方法を先生から伝授。
歌は感性ではなく、左脳で分析し、計算しながら一音符づつ丁寧に歌っているという作業に受講生は皆、驚き。実りある3時間でした。
 
全体を通して、ダンスや歌、演技に未経験の方が楽しめ、明日からすぐに実践できるような事を身につけた、簡単で楽しかった、と嬉しいご意見を沢山頂きましたニコニコ
 
<今後もワークショップを開催します>
こんな授業を受けたい!
これを教えて欲しいなど、ワークショップの意見&質問などいつでも受け付けております。
お気軽にお問い合わせ下さい。
 
<あの感動を再び!DVD発売中>
講師の小俣さん、野上さんも出演した「室蘭ブルーノート」DVD2枚組、絶賛発売中です。
室蘭市民の皆様と東京の女優さんとコラボしたオリジナルミュージカル第一部と、第二部は小俣さんの日本舞踊、野上さんの歌も収録されています。
送料込みの2000円。
 
お問い合わせ先はブルージュ制作部
bluejuseisaku@gmail.com
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
AD

鈴鹿初オリジナルミュージカル

 

【ユニットブルージュ鈴鹿公演】

オーディション&ワークショップ開催

鈴鹿市出身の主宰で脚本家・広光美絵が地元に元気をお届けします!

 

劇団ユニットブルージュは、3回目の地方公演として、主宰・広光美絵の地元鈴鹿市で初めての公演を開催します。戦後鈴鹿の発展のストーリーに鈴鹿の伝説を絡めて、地元キャストらとコラボし鈴鹿市初のオリジナルミュージカルをお届けします。

 

【公演概要】

日程 平成29年10月14日(土)

場所 鈴鹿文化会館けやきホール

概要 世界の鈴鹿への発展の礎を築いた名誉市民杉本龍造氏とその家族と仲間達、また鈴鹿に伝わる伝説も織り込んで、鈴鹿のヒストリーと今を伝えるオリジナルストーリー。【さぁ、きっと、もっと鈴鹿。】を好きになる。

出演 公演は劇団四季出身者らユニットブルージュのメンバーと、鈴鹿の地元キャスト・ダンスチーム・地元高校ブラスバンドらのコラボで開催します

 

【オーディション&ワークショップ

日程 平成29年1月14日(土)

場所 鈴鹿市文化会館3階音楽室

概要 主宰・広光よるオーディションを兼ねたワークショップです

1部・10時 2部・14時

費用 無料

 

応募先方法

メールにてご応募ください。 送付先 → bluejuseisaku@gmail.com

①    氏名 ② 簡単なプロフィール ③ 参加希望の時間 の記載をお願いします。

 

【ユニットブルージュ鈴鹿公演プロット】

名誉市民であり元鈴鹿市長、杉本龍造。

緑の工業都市を作ると決めて、HONDAや旭化成、AGFなどのいくつもの優良企業を次々と鈴鹿市へ誘致し、鈴鹿市が世界に名を知られるまでの発展に貢献した。

 

その杉本を支えた妻の存在も大きい。

企業誘致をする時の粘り強い交渉、職員には温情がありながらも厳しく接した日々、激務の中かけずり回る龍造を常に献身的に支え続けた。

 

そして古くから伝わる鈴鹿の伝説、竜ヶ池の人柱。

その昔、高い堤を作ったがいつも完成間近に壊れてしまう。そんな時、町娘の夏海の許嫁である伝介が人柱として埋められる事が決まり……

 

今でも語り継がれるまっすぐな男、元鈴鹿市長、杉本龍造とその妻の歩んだ生き様、そして2人の夫婦の軌跡に絡み合う悲しい人柱の伝説を、歌あり、ダンスあり、生演奏のオーケストラで描くオリジナルミュージカル。

 

なぜこれまでに鈴鹿が世界で名を馳せているのか。

先人たちによるたゆまない努力を五感で楽しめるミュージカル仕立て。

さぁ、きっと、もっと鈴鹿を好きになる。

 

【ユニットブルージュとは】

ブルージュの作品は、ダンスと歌と芝居を混ぜた「エンターテイメント」溢れるミュージカル仕立てであり、またそれと同時に日本の伝統である殺陣・日本舞踊・着物などの文化を取り入れて、日本伝統や様式美を若い世代に伝えていくことを目標にしています。

また、脚本と作曲・ダンスの振り付けは完全にオリジナル。原作ものは使用しません。

華やかで綺麗な個性あふれる20代~30代の女優が多いのも個性の一つです。

2010年に第1回公演。今年2016年6月に看板女優・小俣彩貴の故郷、北海道室蘭での地方公演を開催し、地域活性をテーマにした明確なメッセージが好評をはくし、地元メディアにも大きく取り上げられました。

 

【前回公演の様子】

 

AD