鈴鹿初オリジナルミュージカル

 

【ユニットブルージュ鈴鹿公演】

オーディション&ワークショップ開催

鈴鹿市出身の主宰で脚本家・広光美絵が地元に元気をお届けします!

 

劇団ユニットブルージュは、3回目の地方公演として、主宰・広光美絵の地元鈴鹿市で初めての公演を開催します。戦後鈴鹿の発展のストーリーに鈴鹿の伝説を絡めて、地元キャストらとコラボし鈴鹿市初のオリジナルミュージカルをお届けします。

 

【公演概要】

日程 平成29年6月17日(土)・18日(日)

場所 鈴鹿文化会館けやきホール

概要 世界の鈴鹿への発展の礎を築いた名誉市民杉本龍造氏とその家族と仲間達、また鈴鹿に伝わる伝説も織り込んで、鈴鹿のヒストリーと今を伝えるオリジナルストーリー。【さぁ、きっと、もっと鈴鹿。】を好きになる。

出演 公演は劇団四季出身者らユニットブルージュのメンバーと、鈴鹿の地元キャスト・ダンスチーム・地元高校ブラスバンドらのコラボで開催します

 

【オーディション&ワークショップ

日程 平成29年1月14日(土)

場所 鈴鹿市文化会館3階音楽室

概要 主宰・広光よるオーディションを兼ねたワークショップです

1部・10時 2部・14時

費用 無料

 

応募先方法

メールにてご応募ください。 送付先 → bluejuseisaku@gmail.com

①    氏名 ② 簡単なプロフィール ③ 参加希望の時間 の記載をお願いします。

 

【ユニットブルージュ鈴鹿公演プロット】

名誉市民であり元鈴鹿市長、杉本龍造。

緑の工業都市を作ると決めて、HONDAや旭化成、AGFなどのいくつもの優良企業を次々と鈴鹿市へ誘致し、鈴鹿市が世界に名を知られるまでの発展に貢献した。

 

その杉本を支えた妻の存在も大きい。

企業誘致をする時の粘り強い交渉、職員には温情がありながらも厳しく接した日々、激務の中かけずり回る龍造を常に献身的に支え続けた。

 

そして古くから伝わる鈴鹿の伝説、竜ヶ池の人柱。

その昔、高い堤を作ったがいつも完成間近に壊れてしまう。そんな時、町娘の夏海の許嫁である伝介が人柱として埋められる事が決まり……

 

今でも語り継がれるまっすぐな男、元鈴鹿市長、杉本龍造とその妻の歩んだ生き様、そして2人の夫婦の軌跡に絡み合う悲しい人柱の伝説を、歌あり、ダンスあり、生演奏のオーケストラで描くオリジナルミュージカル。

 

なぜこれまでに鈴鹿が世界で名を馳せているのか。

先人たちによるたゆまない努力を五感で楽しめるミュージカル仕立て。

さぁ、きっと、もっと鈴鹿を好きになる。

 

【ユニットブルージュとは】

ブルージュの作品は、ダンスと歌と芝居を混ぜた「エンターテイメント」溢れるミュージカル仕立てであり、またそれと同時に日本の伝統である殺陣・日本舞踊・着物などの文化を取り入れて、日本伝統や様式美を若い世代に伝えていくことを目標にしています。

また、脚本と作曲・ダンスの振り付けは完全にオリジナル。原作ものは使用しません。

華やかで綺麗な個性あふれる20代~30代の女優が多いのも個性の一つです。

2010年に第1回公演。今年2016年6月に看板女優・小俣彩貴の故郷、北海道室蘭での地方公演を開催し、地域活性をテーマにした明確なメッセージが好評をはくし、地元メディアにも大きく取り上げられました。

 

【前回公演の様子】

 

AD

室蘭ブルーノートDVD発売中!

テーマ:

ユニットブルージュの看板女優、小俣彩貴の生まれ故郷で開催されたオリジナルミュージカル「室蘭ブルーノート」

 

室蘭で実際に生き抜いた人々の熱い思いを、歌あり、ダンスあり、オーケストラの生演奏ありで描いています。

室蘭市民在住の色々な年齢の方と、東京からは元劇団四季の女優が参戦。

室蘭工業大学の管弦楽団12人による生演奏。

 

一部はミュージカル、二部は創作舞踊やミュージカルの曲を披露など、盛り沢山の2枚組です。

 

是非、お買い求め下さい!

税込み2000円(送料込み)

 

お問い合わせはブルージュ制作部 bluejuseisaku@gmail.com

 

 

 

 

 

AD
広報担当ありさです

『室蘭ブルーノート』
6月18日(土)
大盛況満員御礼
で幕を閉じました!!


〈翌日の室蘭民報朝刊記事〉

〈翌日の北海道新聞朝刊記事〉


本当に本当に素晴らしい舞台でした!!!





みんな今できることを絞り出してやりきったと思います

一人一人素晴らしく輝いていて一つの作品を作り上げる楽しさや感動を強く実感しました。




開場の30分前からの行列・・・
当日券を求めてくださるお客様も大勢いて
常にに感動しっぱなし・・・


一日昼と夜の2公演で約900人の来場となり
室蘭市民会館の職員の方もこんなに来場するのも
ここ最近では無いとまで・・・

一言では表現できないくらいの充実感と達成感と感動が込み上げてきました



出演者・スタッフ多くの方々に協力をしていただいて
素晴らしい仲間にめぐり会えた事本当に感謝しています


公演後の一人ひとりの挨拶の際には
室蘭キャストの子供たちが
東京キャストとの共演で自分の夢に向かってもっと頑張る
と涙を流しながら話してくれました
広光・小俣の熱い思いを感じてもらえた事
子供たちの夢に向かうきっかけに少しでもなれた事
有言実行していく二人に本当に感動しました。


今回の更新で
私の『室蘭ブルーノート』の広報活動は
最後となりますが
これからも
劇団ユニットブルージュの活動を
応援してサポートしていこうと
思っております!!

目の前で広光と小俣の舞台に対する熱い思いを感じることができて
ますますブルージュファンになりました


最高の時間をありがとうございました!!
たくさんの事を得られた素晴らしい時間でした









AD