October 11, 2016 01:34:56

アラスカCAF~永遠と続けていくこと

テーマ:ブルージェット

アラスカでは、冬になる前に各地でお祭りが週末どこかで行われている。

CAFアラスカ支部は、土日に認められたパイロットが交代で遊覧飛行をして活動資金を得たり

お祭りのスポンサーからの資金でイベントを盛り上げるための飛行を実施する。

今回は、パルマの町のイベントへの飛行依頼が来たので、僕の編隊飛行の訓練を兼ねて

BT-13とHarvardの2機で飛ぶことになった。

BT-13のパイロットは、アラスカ支部リーダーのクリケット、彼はイラク戦争の英雄で

F-16ファイティングファルコンで50回以上の出撃をした、僕が一緒にHarvardで飛行する

パイロットのクライドは、昨年メンバーになったが、F117ナイトホーク、ステレス戦闘機で

イラク戦争を戦った英雄であり、2人共にアラスカ航空でB737の現役パイロットである。

地上でのブリーフィングを聞いて、アメリカ軍の合図の仕方そのままを確かめる。

2人共に大ベテラン、しかし、基本に忠実で、当前のことさえ必ず確認する。

クリケットが手で合図をして会場に進入していく、僕らはそれを追う。速度は150MPH。

数万人はいるだろう会場に低空で2機で進入して翼を振った。

もう一回、クリケットが会場上で左旋回でブレイクする。僕らはそれに続きフルパワー。

帰りは、アラスカの大自然を見ながら、近づいたり、離れたり、この楽しさはたまらない。

土日にCAFみんなで交代で活動資金や飛行機の整備維持、購入資金を貯める。

来年は、僕もBT-13に挑戦したい。

アラスカ支部の全員が、僕がゼロで飛ぶことを応援してくれる。

CAFでも組織の小さなアラスカ支部は、みんなあたたかい。

「タケが、ゼロで飛んだら、俺たちロサンゼルスに行くぞ!」

パイロット同士の友情は、お金では買えない。

天気がいいので、燃料を入れて、またひとりで飛んでいく。

ふと、思ったことがある。

飛行機を操縦して、26年目になる、着陸回数は5000回にもなる。

僕の情熱は、まだ冷めない、人生でそういうことに出会えた僕は幸せだ。

様々な困難を乗り越えて、自分で稼いだお金で、自分のために自分を鍛える。

この世界大戦機は、いつでも緊急事態が想定される。

操縦桿を握りながら、情熱は増々、胸を熱くする。

 

bluejet

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

ブルージェットさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。