ワイズエンタープライズ ひげおやじのつぶやきブログ

ワイズエンタープライズグループの様々な情報をいいかげんに適当にマニアックに紹介をしていきます。

ホワイツブーツ、フライトジャケット A-2 M422A等ミリタリーに関する事、革に関する事、オーダーメイドバックに関することなど多岐にわたりぶつぶつとひとり言をつぶやきます。


テーマ:

2017年 酉年

今年も、早いもので後2日。
来年の干支にちなんで阪本高生堂製クックグリース XXXを紹介します。
当、ヘアサロンでも取扱い開始です。鶏のデザインでトサカ頭もめっちゃ決まります。

ポマードとグリースの気になるネーミングの由来

ポマードもグリースも、名称が異なるだけで内容に大きな違いはありません。名称が複数に分かれている理由は諸説あるのですが、もっとも有力な説は1960年代の不良をさすグリーサーという言葉。ポマードをたっぷりと髪になでつけ、自慢のリーゼントスタイルを仕上げていた彼らグリーサーの存在が、のちにグリースという呼称になったのだそうです。

クックグリース XXXは、水溶性です。水に溶けやすいため、洗髪でスタイリング剤を洗い落としやすいのが利点です。また、手のひらで伸ばしやすいのもメリット。ここ数年間で発売されている多くのポマードやグリースは、こちらに該当します。この会社は、ここ数年間でメンズヘアスタイリング剤にグリースという製品を浸透させた立役者の筆頭です。
1953年創業以来、現在では10種類以上ものグリースを展開しています。
ベリーショート派の方にはおすすめです。シリーズ中最強のセット力とツヤを持った逸品ですので、スーパーハードなスタイルも、これ一つで決まります。キープ力も抜群で、一日中髪型が崩れません。香りは、パインアップルの香りです。

価格:1,620円
内容量:210g

酉年は、このグリースでどうでしょうか?

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

Merry Christmas

2016年9月に開催された、Coterie New Yorkに「JAPANIA」と「豊冨-JAPAN-」の2ブランドを出展いたしました。イタリア・ミラノ「Mipel THE BAGSHOW」に引き続き、大変多くの海外バイヤーに高評価をいただきました。そのニューヨークでの街並みを撮影してカレンダーを作りました。数に限りがありますが、THE PLANカバスト店に置いてます。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

Merry Christmas

いよいよクリスマスです。日本は、雪降るホワイトクリスマス、とってもロマンチック。
しかし当然ながら、世界には真夏にクリスマスを迎える国もたくさんあります。

サンタがサーフィンに乗ってやってくる?サンタが海からやってくる?
なんて言われているニュージーランドに行ってきました。

※ニュージーランドのテカポ湖は世界一星空が美しいといわれている。

サンタクロースは、ニュージーランドでもちゃんと赤い服を着ていますが。半ズボンだったり、裸足だったりで面白い。ニュージーランドのクリスマスでは、食卓に上る料理やクリスマスプレゼントにも季節が表れています。ビーチサンダルやビーチタオルがプレゼントとして人気です。ローストの代わりにビーチでバーベキューを囲んだりします。

お土産にサーフィンサンタのぬいぐるみを買ってきました。

クリスマスとクリスマスイブの違い!

衣装の違いを説明したのでついでに
クリスマスとクリスマスイブの違いについてもいっちゃいましょう。。

クリスマスは、ご存じイエス・キリストの降誕(誕生)を祝う祭りです。
そして、クリスマスイブというのは、クリスマスの日のイブ(イブニング/夕方)
の事を指してます。つまり、クリスマスと、クリスマスイブは、
本来は同じ日なんです。ところが、テレビやショップでは、

12月24日をクリスマスイブ

12月25日をクリスマスと言っています。

これだとと、24日が前日で、25日がクリスマス本番のように思えてしまいます。

なぜそうなったのか?クリスマスの日を定めたのがユダヤ教の暦を引き継いだ教会暦だからなんです。教会暦だと、1日の変わりが日没になってるんです。
現在の日付カウントは、0:00(深夜)で変わります。現在の文化では、24日と25日になってしまうわけです。典礼(神への公的礼拝を表現するために定められた儀式)が行われるのは、現在の時間で換算すると、12月24日の夕方~12月25日の夕方までとなります。これが教会暦の1日となるわけです。ですから本来の意味での典礼というのは、12月25日の夜には終わってるんです。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

杉玉(すぎたま)

本来、杉玉(すぎたま)とは、スギの穂先を集めてボール状にしたもので、酒蔵の玄関などにぶら下がっているものです。日本酒の造り酒屋などの軒先にこの杉玉が吊されると、それは搾りを始めたことを意味し、新酒が出来たことを知らせる役割を担っています。専門的には酒林(さかばやし)と呼ばれています。吊るされたばかりの杉玉は蒼々としていますが、やがて茶褐色になって行きます。この色の変化が人々に、新酒の熟成の具合を物語るとのことです。杉玉を見ると酒屋の看板のように受け取るひとが多いと思いますが、元々は酒の神様に感謝を捧げるものでした。酒神である奈良県桜井市の大神神社(おおみわじんじゃ)の三輪山のスギにあやかったというのがその起源です。毎年11月14日に行われる醸造安全祈願祭(酒まつり)で拝殿に杉玉が吊るされます。これが各地の造り酒屋へと伝わっていったと言われています。また、一説にはスギの葉は酒の腐敗をなおすからスギの葉を吊るすとも言われています。


ワイズエンタープライズの杉玉(すぎたま)

ワイズエンタープライズの軒先にこの杉玉が吊されると、それは、今期初の新作が出来たことを意味します。吊るされたばかりの杉玉は蒼々としていますが、やがて茶褐色になって行きます。その頃には、職人の手も慣れていき量産体制に向けての熟成が始まります。
ワイズエンタープライズの杉玉は、鞄の神様に感謝を捧げるものです.

ワイズエンタープライズの商品を扱って頂いてるTHE PLANさんの軒先にも新商品のできあがりを意味する杉玉が吊り下げられています。

 

THE PLANカバスト店

 

THE PLAN城崎店

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

イタリア ミラノの展示会撮影で、モデルの動きに追いつけず、思うような写真がまったく取れませんでした。

そこで見つけたのが、綾瀬はるか出演 パナソニックのコマーシャルでした。

 

秒間30コマ長時間連写が決定的瞬間をとらえるのキャッチコピーにつられ、LUMIX GX7 MarkIIを入手した。4K PHOTOは秒間30コマ連写の連続した撮影が実現する、決定的瞬間をとらえるための新しい撮影スタイルです。A3相当のサイズまで引き伸ばせる高解像度で、跳ねる水、羽ばたく蝶、子供の自然な表情など、これまでの写真ではとらえきれなかった躍動感あふれる瞬間を作品にすることができます。LUMIX GX7 MarkIIは、「4K PHOTO」をもっと身近にする3つの4Kフォトモードを搭載。私の撮影スタイルが、さらに進化するはずです。

海外出張が多く荷物を軽くしたいが為にどうしてもフルサイズ一眼を持っていけない私はいつもLUMIX GM1を相棒にしていましたが、いつも後悔の連続です。
やはり物足りなさが多く次回は、フルサイズと帰りの飛行機では心に決めるのですが、次の出発の時には軽さ優先という選択になります。今回のLUMIX GX7 MarkIIは、軽快に撮れて高画質。 やっぱり最強の出張カメラでした。


小型で高画質。普段使いのメインシステムとしてオススメです。
GX7 Mark IIを使ってみて感じたことは、そんなに重くなく小型で取り回しがいいということと画質がいいということです。小型であるがゆえ、旅行や街でのスナップ撮影などに最適です。特に、以前から持っている小型のレンズが豊富にあるマイクロフォーサーズならば、
本機とレンズ数本を持ち歩いても、デジタル一眼レフ+高倍率ズームレンズという組み合わせよりもかなり軽快になります。

 

背面液晶はタッチパネルに対応した3型液晶を搭載。ボタン類は適切な大きさで操作しやすいです。背面液晶は上下に稼働できるチルト式。ハイアングルやローアングルでの撮影に威力を発揮します。

電子ビューファインダーは約276万ドット。そんなにタイムラグは感じられず、快適に使えます。

詳細は、以下の通りです。

パナソニック LUMIX GX7 MarkII
新ヴィーナスエンジンを搭載したマイクロフォーサーズのミラーレス一眼。
ローパスフィルターレス仕様で、解像感の高い細部まで忠実な描写を実現しています。
5軸ボディ内手ブレ補正と、2軸レンズ内手ブレ補正の組み合わせによる新開発の手ブレ補正システム「Dual I.S.」を搭載し、手ブレを強力に補正。4K動画から静止画を切り出せる「4Kフォト」モードや撮影後に好きなフォーカスポイントの写真を選べる「フォーカスセレクト」なども搭載します。

【SPEC】
撮像素子:1600万画素、4/3型 Live MOS センサー
レンズマウント:マイクロフォーサーズマウント
 モニター:3型/約104万画素
サイズ:W122×H70.65×D43.9mm/約426g(バッテリー等含む)
カラー:ブラック(K)、シルバー(S)

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

一年を振り返り、ブログ更新の少なさを実感!

今から取り戻しにかかります。

2016年は、エキゾチックレザーへの取り組みに力が入りました。

なんといってもLEONに掲載されたことが、大きな喜びとなりました。

LEON(レオン)2017年1月号掲載商品

 本物のクロコダイルを贅沢に使用した、ボウタイとカマーバンドです。

LEON別注コレクションのコーナー「パーティーシーンにリッチなエキゾの一点差し!」
 掲載ページは、P.236です。

[商品詳細]
夜のフォーマルシーンで活躍するアイテム「カマーバンド」と「ボウタイ」のセットです。

ブラックスタイルに、光沢の美しいクロコダイルの上品なカマーバンドとボウタイは、夜の正礼装を一段とファッショナブルに仕上げてくれるフォーマルアイテムです。

カマーバンドの「ひだ」は、上方に開くように使うのが正しい装着方法です。

これはチケットポケットとも呼ばれています。

 【カマーバンド】
・素材:クロコダイル(シャムクロコダイル)
・仕上げ:マット仕上げ
 ・カラー:ブラック
 ・サイズ:W107cm×H14cm ※ベルト調整可能
・価格:200,000円(税別)

 【ボウタイ】
・素材:クロコダイル(シャムクロコダイル)
・仕上げ:マット仕上げ
 ・カラー:ブラック
 ・サイズ:W10.5cm×H5.5cm ※ベルト調整可能
・価格:60,000円(税別)

※コチラの商品は、受注生産商品となっております。
※納期は、一度お問い合わせ願います。

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
目的は、クロコダイルの原皮の調達です。フィリピン政府の貿易産業省(DTI)※日本で言うところの経済産業省の依頼でクロコダイルの原皮を見に行きました。ここは、エルメスやルイヴィトンも調達しているところです。



弊社の現地法人で原皮の取扱いを開始します。これと同時に、アバカ(マニラ麻)の輸出も開始します。クロコダイルの原皮の輸出は、まだまだ課題が山積みですが徐々に開始します。
アバカ(マニラ麻)の輸出は、3月から開始します。
マニラ麻の繊維は植物繊維としては最も強靭なものの1つです。またマニラアサは水に浮き、太陽光や風雨などに対しても非常に高い耐久性を誇ります。ロープや、高級な紙(紙幣や封筒)、織物などに用いられています。この織物をかばんへと変身させます。


ダバオ市って?

このダバオ市は、英語で(Davao City)。
フィリピン南部ミンダナオ島ダバオ地方 (Davao Region, Region XII) のダバオ・デル・スル州にある、メトロ・マニラ、メトロ・セブ(セブ市とその周囲)に次ぐフィリピン第3位の都市です。面積2,400km2、人口は約145万人。国際空港と港を持ち、フィリピン南部の政治・経済・文化の中心地です。実際にはダバオ市は州からは独立していますが、
ダバオ・デル・スル州の一部として見られることもあります。またダバオ地方の中心都市としても位置づけられています。2,400km2もの広さを誇るダバオ市は世界最大の行政面積を持つ都市の一つです。
このダバオ市は、19世紀にスペインに征服されるまでは、先住民やイスラム教徒が集落を開いて暮らしていました。この都市が発展したきっかけは、20世紀初頭の日本人によるアバカ(マニラ麻)栽培の農園経営で、当時は2万人の日本人が住む東南アジア最大の日本人街もありました。現在でも多くの日系人が住み、定年を迎えた日本人の移住先としても注目されています。

現在は木材の積出港や郊外にはドール社による広大なバナナプランテーションが広がり、
その加工や輸出でも有名です。近年はアメリカ企業によるコールセンター業務などのアウトソーシング先として開発されており、巨額の収益が期待されています。



いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

年末年始の営業日のご案内

平素は格別のご愛顧を賜り厚く御礼申し上げます。
年末年始の営業日を下記の通りご案内申し上げます。

本年度は、12月29日(月)12時をもちまして業務を終了する予定でございます。
甚だ勝手ではございますが何卒ご了承下さいますようお願い申し上げます。
なお、メールでのお問い合わせに関しましてのご返答は、
1月5日より随時ご連絡させて頂きます。

本年中のご愛顧に心より御礼申し上げますと共に、新年も変わらぬお引き立ての程、
よろしくお願い申し上げます。

平成26年 12月29日 12時営業終了
平成27年  1月 5日 通常通り営業

有限会社 ワイズエンタープライズ
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

いよいよ今年も終わろうかとしているこの時期にボスは、毎日鉄工所に通い詰めです。
どうやら本気の様です。何でも完全手作りでないと駄目らしく一つ一つがまったく同じでは、意味がないそうです。
このアラジン ブルーフレームヒーター(Aladdin Blue Flame Heater)は、80年の歴史があり、その当時の作り方で
作らないと気が済まないようです。二つとて一緒のものがない手作りの良さを表現しなければいけないそうです。
まったくもって意味がわかりません!こんなことでは、量産が間に合いません。どうも完全受注生産で待てない人は、
買ってもらわなくていいそうです。このストーブガードの味がわかる人に買って頂きたいそうです。

完全手作りのストーブガードを自動車板金工場にお願いしてアラジン ブルーフレームヒーター(Aladdin Blue Flame Heater)
と同じアイボリーか、グリーンに塗装するそうです。ワイズネット事業部としては、お客様をお待たせしないないように
量産体制を作っていく所存ですのでこれから毎日、ボスとの戦いとなるでしょう。
ブランド名についても前回、お伝えしたジャスミンももう一度練り直しが必要と考えています。
ボスの言うようにアラジンとくればジャスミン。トムとくればジェリー。ポパイとくればオリーブという安易な考えでは
いけないと思います。
がそれは、さておき現在進行中の詳細をお披露目します。


まず、このような治具をつくりこれに沿うように鉄に熱を加え曲げて行くそうです。
とても大変な作業です。





そして出来上がったS字を本体に取り付けます。


とても大変な作業です。鉄工所の職人さんもボスのわがままにほとほとお疲れの様子です。
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
今年も残すところ僅かとなりました。
この忙しい12月にまた、ボスがなにやら始めました。
先日の雪がちらほら見えたときのことです。ガレージからマイコレクションを引っ張り出してきてなにやらボツボツと独り言が始まりました。
来年は、これや!と大声で叫びました。
石油ストーブです。いったい何を考えているのやら?


来年のMYブームは決まったみたいです。我が社は、縫製工場でまったく関係のない代物です。
前回は、静止画から動画だ!といいながら映画でも作るのかと思うほど機材を揃え、たいして使いこなしもできないまま今度は、石油ストーブです。
なにやら、80年も歴史のあるイギリスのストーブらしくその名をアラジンというらしいです。
ボスのうんちくは後ほど説明しますが、そのストーブのガードを作るみたいです。


その名もジャスミンだそうです。アラジンとくればジャスミン。トムとくればジェリー。ポパイとくればオリーブだそうです。この歴史あるレトロ感満載のストーブにあうストーブガードがないみたいで作ってしまえという発想のようです。そのストーブガードのブランド名がジャスミンです。ロゴまでこの忙しい中、弊社クリエイティブ事業部の手を止めて作らせていました。
そのロゴが、これです。

そして、アラジンストーブのロゴがこれです。ほんまにええんかいなって感じです。

ボスは、大々的に販売するつもりです。東急ハンズ、ロフトなどに電話を入れていました。
本業にもっと力を入れてほしいと思っているのは、私だけではないはずです。
といいながら、いまさらあのボスが止めるわけもないのでワイズネット事業部としても赤字が出ないように全総力を挙げこのジャスミンを販売していきます。
来年もまた、ボスに振り回される1年となりそうです。

ここから、ボスのうんちくとアラジンの歴史等をを紹介していきます。

信頼の青い炎
アラジン ブルーフレームヒーター(Aladdin Blue Flame Heater)
このアラジンストーブは、独特の存在感、レトロな風貌、美しい青色の炎など
それらが織りなす空間はまるで映画のワンシーンのようだと申しております。

どこか昔懐かしい親しみのあるデザインで、和室や洋室など、どこに置いても違和感を感じさせません。このオシャレで存在感のある「ブルーフレーム」は、実はとってもコンパクトでどこに置いても邪魔になりません。おしゃれなお部屋作りには欠かせない存在です。
80年以上も基本的なデザインを変えずに作り続けられている、イギリスの伝統的なストーブで、青く美しい炎で優しくお部屋を暖めます。アラジンストーブが誕生したイギリスには、古き良き物を何代も受け継ぎ使い続ける心があります。
80年にわたり愛され続けるアラジンの製品も、少しずつ改良を加えてはいますが、基本的な形はほとんど変わっていません。アラジンストーブを手に入れたその日から、間違いなく一生の付き合いになると申しております。
もちろん消耗品などのアフターパーツが充実しているので、傷んだら新しい部品に交換し続けることで何年も、何十年も使い続けることができます。
アラジンとの新たな歴史を、あなたのお部屋で刻んでみませんか? と申しております。

アラジンストーブの歴史

1930年代初頭
米国アラジン社と英国の企業家ジャック・インバー氏との間に合弁会社「英国アラジン     社」設立。
英国にて、インバー・リサーチ社を新たに設立。ブルーフレーム石油ストーブの研究開     発 に着手。
アラジンブルーフレームの原型「I・R」完成。
  インバー・リサーチ社を英国アラジン社に合併。著名ブランドアラジンをこ商品につけ、   「アラジンブルーフレーム」とした。
世界各国にアラジン社設立。日本でもディック家庭機器株式会社(旧・日本アラジン社)設    立。
1957年 I・R (株)ヤナセが日本へアラジンを輸入開始。 アラジンストーブ シリーズ15
1960年 シリーズ15 アラジンブランドとなる。
1961年 暮らしの手帖で紹介され、市場にある全石油ストーブの中から、「アラジンブルーフ     レームヒーター」品質・性能の両面で高い評価を受ける。
1966年 この年でシリーズ15が終わる。
1970年 シリーズ16 安全二重タンクの採用でシリーズ16となる。 アラジンストーブ シリーズ    16
1970年 シリーズ16(新) シリーズ16の外枠とクリップの形状が変わった。 アラジンストーブ     シリーズ16(新)
1971年 シリーズ25 対転倒自動消火装置を英国で開発、シリーズ25として発売。 アラジンス     トーブ シリーズ25
1972年 シリーズ32 JISの改訂に応え英国で対震自動消火装置を開発し、シリーズ32とする。     アラジンストーブ シリーズ32
1973年 シリーズ37PKD 日本アラジン社設立。
(英国製部品を日本で組み立て)日本製の対震自動消火装置を採用のため、一部ノックダウ    ン方式をとる。純英国製より好評となった。 アラジンストーブ シリーズ37
1974年 シリーズ37PKD 燃焼部英国製、その他国産の日本での組立て。前年と同様油タンクや     バーナーまわりは英国製で上面板・外筒等を国産化、この頃から日本製の材料・部品が    英国製を上まわって、英国製のテストもOKとなる。
1975年 シリーズ38
J380001, J380002, J380002S(国産) 日本の新JIS規格に合わせ、タンクも国産    のステンレススチール製とする。芯等の一部のみ輸入とし、しかも品質が一段と向上。     アラジンストーブ シリーズ38
1976年~1977年 シリーズ38
J380003、J38000 芯繰り出し機構、振子カバー等が付き、性能・品質共に向上。
1978年~1993年 シリーズ39
J390001(W)、J390001(G) 正面ギヤーに芯上下方式が変わる。対震自動消火装置を芯    下げのみとして、機構をコンパクトにする。燃焼性能一段と向上する。 アラジンストー    ブ シリーズ39
1994年~2007年 シリーズ39
BF3902(W)、BF3902(G) 外筒下部を透明な二重透明ガラスで覆うことにより、ディ     スプレイ効果を発揮。 アラジンブルーフレーム シリーズ39
2008年~現在 シリーズ39
BF3905(W)、BF3905(G)、BF3906(K) 安全対策のための排ガス浄化触媒を搭載、CO     の発生を軽減。 アラジンブルーフレーム シリーズ39
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。