Related Posts with Thumbnails
2012-10-09

夜のベンタイン市場(2)

テーマ:ローカル探検
AQUAのくらし++ 東南アジアでナチュラルに暮らす

夜のベンタイン市場(1) の続きです。


YAZAWA氏によると、ガイドブックに「べインタイン」となっていますが、南部(ここホーチミンも南部)では、「ベンタン」が正解。
ガイドブックに必ず載っているプリン屋さんも「キムタイン」と出てますが、「キムタン」ですよー。

日本も関西弁がありますように、ベトナムも南北で大きく発音が違います。
一番違うなぁと思うのが、「ザ・ジ・ズ・ゼ・ゾ」の発音。
これ、南部だと、「ヤ・イ・ユ・エ・ヨ」となります。

揚げ春巻きは、ガイドブックでは「チャーゾー」ですが、こちらでは「チャーヨー」。

当然、ガイドブックやベト語の本は、標準語である首都ハノイ(北部)の言葉で書かれているので、そのまま発音してはまず通じません。
というか、カタカナ読みじゃ、どっちにしろ通じないですけどね汗

困るのがタクシーに乗った時。
タクシーの運ちゃんがどちらの出身かによって、全くストリート名が通じません。
ただでさえ、声調が違うと全く通じないのに~

Nguyen Du 北:グエンズー 南:グエンユー
Le Duan 北:レズアン 南:レユアン
とかね。
とりあえず、通じないと別の言い方をしてみると、「おお!」となることが多いです^^


さて、役に立たないベト語マメ知識はこの辺にして、夜のベンタン市場に話は戻ります。

目的のシーフードの屋台を探します。
市場の両側のお店のメニューをちら見し、夫おすすめの↑こちらの貝がある方にしました!

貝大好き夫婦ですからね。

ローカル屋台で貝!?とまた友人たちに避難されそうです汗

この貝は、つぶ貝の小さい版?日本でいうバイ貝に近いかしら。

BBQにしていただきましたが、ゆでた方がおいしかったかな。
でも貝は大好きなので、普通においしかったです。

AQUAのくらし++ 東南アジアでナチュラルに暮らす

貝はこんな風に並んでいます。

右端に見えるおばちゃんが貝料理担当。

私たちはこの貝の真横の席だったので、おばちゃんに直接指さしで頼みましたが、メニューにはちゃんと英語表記もあり、写真つきのものも多く、言葉がわからなくても大丈夫。

ま、このドローカルなおばちゃんも、観光客慣れしていましたので、「BBQ?」とかね、英語もなんとか通じそう。

右端のはまぐり(ここではあさりといえばこれです)は、よく食べますし、その隣の赤貝(日本ではベロだけ食べますよね)は小さくて砂っぽくて美味しくないと夫。

ですので、ホタテの小さい版と、さきほどのバイ貝風の巻貝をオーダー。

AQUAのくらし++ 東南アジアでナチュラルに暮らす

左はホタテ小さい版の焼いたもの。
これも、日本ですと焼いた時に出てくる汁が美味しいじゃないですか。

こんな焦げるほど焼いてしまっては台無し。
ピーナッツやネギがのっていて、ヌクチャム(ヌクマム<魚醤>ベースの甘いタレ)をかけて食べます。

せっかくの貝が勿体ない気がしますが、これはこれでやっぱりふつーに美味しい。

右はカニスープ!これは味付けもよくカニもたっぷりで美味しかったです^^

AQUAのくらし++ 東南アジアでナチュラルに暮らす

左、イカ好きな夫がオーダーしたイカフライ。英語で「Hot Chili」的なものを選んだはずなのに出てきたのは全く味のついていないフライ・・・
英語は信用できません汗

夫は、結局チリソースを持ってこいと言って、↑のようにチリソースで食べました。

定番のエビのココナッツジュース蒸しは、えびプリップリで美味しかったです。
塩コショウにライムを絞ったものをつけて食べます。

AQUAのくらし++ 東南アジアでナチュラルに暮らす

屋外のテントの中は、次々お客さんが入れ替わり、観光客2割、地元客8割で大賑わい。

ちなみにメニューは、シーフード以外にも、普通に麺料理、野菜料理、お肉料理もあります。

私たちはこれらに、焼きそばとソフトドリンクで、合計2000円程度。

思ったより高いと思ったのですがどうでしょう?

感動する貝の美味しさには出会えませんでしたが、最後にベンタン夜食堂も経験でき、満足◎

数えきれないほど通った昼間のベンタンとはまた違う夜の顔を見ることができました。


*市場食堂は、衛生面では問題がある上、貝とかってこの上なく危ないですよね。自己責任でよろしく^^
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2012-10-07

夜のベンタイン市場(1)

テーマ:ローカル探検
AQUAのくらし++ 東南アジアでナチュラルに暮らす

残り少ない家族3人で過ごすサイゴン。

週末のお外ご飯は頭を悩ませています。

娘と二人でいけるようなところは、二人で平日の夜や、土曜日のお昼に行ったりすることもできますので、夫がいたほうがよいお店(フレンチ・鍋・などなど)を中心に、週末ディナーの予定を考えます。

おいしいものは、屋台から高級店まで一通りいただいたサイゴン生活でしたが、なかなか行く機会がなかったところということで先週セレクトしたのは、「ベンタン市場」。

ガイドブックには「ベンタイン市場」と書かれていますが、耳で聞く限りは「ベンタン市場」の方が近い気がするのですが、なぜベンタイン?

それはおいておいて、ベンタンといえばサイゴン随一の観光市場。

ベンタン内食堂のことは何度かお話していますが、今回私が行きたかったのは、夜になるとベンタンの周りに出現するナイトマーケット。そこで食べるローカルシーフード!

ローカル嫌い・シーフード嫌いの娘を連れては今までも行く機会がありませんでした。
衛生的にはかなり問題があるので、あまり子供は連れて行きたくありませんし。


今回は土曜日の夜、家でPHO24(フォーの有名チェーン店)のインスタントフォーを食べるという娘をおいて、夫に定時で帰宅してもらい、実現することができました。

通常の屋内の市場は、早朝、明るくなる前ぐらいからお店の準備が始まり、夕方にはお店が閉まってしまい、市場は閉鎖されます。

そして、7時には、市場の両側の道路は↑のように車が通行止めになり、昼間は車の駐車スペースであるところに、次々テントが張られてゆきます。

AQUAのくらし++ 東南アジアでナチュラルに暮らす

さて、このナイトマーケット、昼間は普通の道路&駐車場である場所です。

夕方になるとどこからともなく人々が↑のような大きなコンテナ風のものをゴロゴロ転がして集結してきます。

そのコンテナを開けると、テントから陳列棚、商品、テーブル・椅子・・・・などなどすべてがそこに収納されていて、次々お店ができあがっていきます。

普通、日本であればこういうの車やトラックで運んできますよね。
なんら不思議なことはないのですが、こちらはバイク社会。
自家用車を持っているのは、国民のほんの一部の超お金持ちだけなので、テキヤの人たちがトラックや車を持っていることはありえません。

どうやってどこからこのコンテナを持ってくるのだろう、、と夫と話しながら歩いていると・・・

AQUAのくらし++ 東南アジアでナチュラルに暮らす

そう、脇からバイクでコンテナを押して、道路をゴロゴロ転がして、やってきました!(@_@;)

こんな箱・・・公共道路(しかも市の中心部の超有名通りです)をバイクで転がしちゃうんですから、8年半いてもこの国のこんな「なんでもありっぷり」は笑えます。

前に、バイク事情についてちょっとご紹介した気がするのですが、過去記事が見つかりません・・
とにかくここの人たち、日本人の私たちが想像することができない程のバイク使いこなし術を心得ています。
バイク活用度200%美zep

バイクに関しては撮りためた写真もありますので、帰国前にご紹介したいなぁと思っています。

AQUAのくらし++ 東南アジアでナチュラルに暮らす

夜7時を過ぎると、お店もだんだん出来上がってきます。

夫は前に来たときはもっと飲食店が多かったということですが、飲食店は、西側道路と東側道路に1店舗ずつ。

それ以外は、昼間のベンタン市場で売っているような工芸品やなんちゃってブランドもの、刺繍製品に、安っぽいお洋服etc。

見た感じローカル向けではないと思うので、観光客向けのマーケットなんでしょうね。

ぼったくられそうな香りがプンプンしていました。
もし買われる方は、言い値の半額で交渉です!

我々は、目的のレストランへ・・・

後半へ続くラブラブ
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2012-10-01

HCMでTOEICを受ける

テーマ:ローカル探検
AQUAのくらし++ 東南アジアでナチュラルに暮らす

プライベートな内容も多かったこのブログ、ご存知のように国名、都市名も伏せ隠れブロガーとして過ごしてまいりましたが、ここでの生活も残り少しとなりまして、少しは他のブロガーの方たちのように役に立つ情報でも載せてみようかと今日だけ、心を入れ替えました!

ここでは日本より簡単にTOEICを受験できると聞いたのは夏前のこと。

娘のように帰国子女受験をする場合、「TOEIC XXX点以上の場合は、優遇」といった学校もあったりします。

最近は日本の企業でも、社員にTOEICを受験させるところ多いみたいですね。

実際、娘が受験する学校はこれに該当しませんが、お気軽に受けられるのなら一度くらいチャレンジしてもいいかもしれません。
TOEICは、英検のように合否が出るタイプのテストではなく、990点満点のうち何点とれるか?というテストなので、現時点での実力を試す良い機会です。
実力を試すのであれば、受験勉強もいりませんものね・

前置きが長いですが・・・そこで、まず訪れたのがこちら
ベトナム国内のTOEICを管轄している組織のようです。

ホーチミン支店の住所は:
8th Floor, 538 Cach Mang Thang Tam st,
Ward 11, District 3


カクマンタンタン通りを結構北上したところに、きれいなビルがありまして、その8Fです。

入ると、すぐに受付嬢が並んだ窓口があります。「TOEICを受けたいんですけど・・・」と言うと、

「写真3枚とパスポートはありますか?」とべト発音のキツイ超ハイスピードの英語で、、、
(私、ほとんど聞き取れないので、この時点で娘に丸投げ)

パスポートを忘れ痛い目にあったことが多いので、一応パスポートを持っていったのは大正解!
でも写真はないよ・・・汗
せっかくタクシー代かけてはるばる来たのに・・・

ベトナム語しかありませんがということですが、申し込み用の資料を見せてもらうと

3×4cmの写真が3枚必要です。

よくよく話を聞いてみると、ここではなんと、月から金まで毎日TOEICが受けられるんですって!!
毎日!?毎日まさか違う問題じゃないでしょうから、、、、金にモノ言わせて、連続で受けたらいい点数とれるかもしれませんクラッカー
毎週月から金まで、毎日2回、下記の通り実施されます。

毎週月~金
8:00-10:45
13:30-16:45

これ、当然ながら、昼間の仕事の方や、学生は無理な時間設定であります。
そこで、土日に受けられないのか聞いてみると、受験料は高いけど・・・ということで、紹介されたのは、
VUS という英語の学校でした。

その前に、一度シティセンターに戻り、写真を撮って、ランチをして、写真を受け取って、、
いくつか、市内に立派な学校がある有名英語学校のようですが、先のオフィスで教えていただいた校舎に行きました。(他の校舎でも受験できるかは不明)

VUS training centers
215 Nam Ky Khoi Nghia, Dist. 3
Tel: 3932 2880


タクシーで乗り付けてみれば、建物の前にいるガードが、ダメダメゼスチャー。
降りてみると、「13:30まで昼休み」汗
また出直しです。
仕方ないので再び街に戻り、新しくできた100均などで時間をつぶし、いざ申し込みへ!

窓口にいくと、まず「何歳?」と聞かれた娘。
「12歳」と答えると、「12歳、▼○▲□◎×」とベト語で隣の人と話し出しました。
年齢制限ないよね!?
結局年齢問題はクリアできたようで、ようやく手にした申込書↑の画像。

最初、ベト語版を渡され、項目をひとつ書く毎に「これ何?」って聞いていたら、イラッと来たようで、英語版をもってきました。てか、あるなら先に出そうよね。

申込書は同じものを2枚書かなければなりません。
(1枚は持ち帰り受験票になります)
娘と同時進行で私ももう1枚を書いてあげていたら、

「これは、全部本人が書かないとだめですー!!」とすごい勢いで怒られちゃったむかっ
普通、サインのところだけ本人でいいんとちゃう?と思ったんですが、ダメでした。
というわけで、1枚また無駄にし、娘が自力で2枚書きました。

さて、受験料金ですが、約80万ドンでした。
今のレートだと3000円以下です。
日本の受験料はわかりませんが、おそらく日本よりお安いでしょう。

最初に訪れたところはVUSでの受験は高いと言っていましたので、平日毎日受験のところでしたらもっとお安いということですよね、かなりお手軽です。

VUSでの受験スケジュールは、申し込み人数によって変わるとのことです。
申し込みが多ければ、月2回になることもあり、3回になることもあり、ということですかね。
ですので、申し込んだ時点でいつの受験になるか決まります。
日にちは選べない感じです。

時間は8時からと言われましたが、早い・・・しかも30分前にはくるようにって。
それって、ベト人向けのアナウンスでしょ?
まず時間通りにくる人少ないから、30分前とか言うんでしょう?

・・・とは言いませんでしたが。
7時半までにここに来るって、大変。
きっと7時半に来ても誰もいないと思うんだけど、律儀な日本人は7時半と言われたら、さらにその10分前ぐらいに来ちゃったりしますからね。


TOEICの申し込みのために朝10時に出発して、ようやく帰宅できたのが3時でした。
疲れましたーショック!
申し込み方法さえわかってしまえば、とてもお気軽に受けられるTOEIC、ぜひ力試しを!
窓口の方は、当然ながら皆さん、英語ぺらぺらなので、(すごい発音の人が担当にならない限り)困ることもありません。

当日は、「受験票」と「パスポート」を必ず持ってくるように何度も何度も念を押されました。
ひとつでも欠けたら受験はできませんからと。

無事に受験できたらまたそのときの様子をレポしますね!

ちなみに、TOEICってどんな問題出るんだろ?
何も知らずに受けてなんとかなるものなのかしら??
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2012-01-05

ルーム編@NIKKO SAIGON

テーマ:ローカル探検
AQUAのくらし++ 東南アジアでナチュラルに暮らす

さて、HOTEL NIKKO SAIGONの立地ですが、1区と5区の境目にあります。
1区というのが、ホーチミンの中心部。
こちらは宿泊した部屋から撮影した夜景ですが、高層ビルのある辺り、あの辺りが市内中心部。

旅行者の多いドンコイ通りやベンタン市場なども1区です。
5区というのは、チョロン(チャイナタウン)への入り口です。

NIKKOさんによりますと、市内中心部へ車で5分、チャイナタウンへも車で5分・・・とありますが、「市内中心部」をどこととるか。

ドンコイ辺りに行くにはとても5分では着きません。道も混んでいますし。
ニューワールドホテルの辺りまで行くのにも5分以上かかりました、実際。

この立地、旅行者にどうかと言うと、微妙ーとしか言いようがありません。
ショッピングセンター(NOW ZONE)直結といううたい文句も、かなり微妙。
だって、NOW ZONEって何も魅力ないもの(笑)
せいぜい、フードコートぐらいでしょうか。
これは、日本と違ってお安くてアジア各国のものが食べられるので旅行者にはおすすめですが。

チャイナタウンと言っても、買い付けでも無い限り、そうそう毎日行くようなところでもありません。

建築が決まったと聞いた時から、何故ここに??という意見が多かったのです。
中心部は飽和状態だから仕方ないのかしら。

オープンしたばかりで、まだタクシードライバーの認知度も低く、出かけて帰る度に遠回りになったり迷ったりして、ドライバーとケンカでした汗

市内中心部へのシャトルサービスなどは今後に期待です電車

AQUAのくらし++ 東南アジアでナチュラルに暮らす

お部屋のカテゴリーは、7種類。

デラックス
デラックスプレミアム
ニッコークラブ デラックス
ニッコークラブ プレミア
ニッコークラブ ジュニアスイート
ニッコークラブ エグゼクティブスイート
ニッコークラブ ロイヤルスイート

オープニングプロモーション価格だったので、ちょっと贅沢にジュニアスイートに宿泊しました。
Queenサイズのベッドが2つなので、添い寝も十分。
(小学生連れですから、エクストラ代金は必要です。)

ベッドルームもリビングルームも、開放的な作り。
写真の右側はすべて窓で、夜には先のような夜景も。(きれいじゃないけどあせる

AQUAのくらし++ 東南アジアでナチュラルに暮らす

ベッドルーム側から見るとこのような感じ。

テレビもベッドルームとリビングと2台あるので、リビング側でコアリズムも踊れちゃいます!(実際に踊りました汗

アメニティも充実、タオル交換やアメニティ交換も頻繁に行ってくれます。

中でもNIKKOならではの素晴らしいところは、お風呂とトイレが完全に別ルームになっていること!

お風呂も大きなバスタブに、洗い場もあります。
(洗い場といっても、桶や椅子はありません汗シャワールームといった感じですが、日本人なら洗い場として使用可能な作り。)

熱いお湯も豊富に出て、お湯を張っていても冷めません!
サイゴンではゆっくり熱いお湯につかることがなかなかできませんので、これは本当に泊った価値あり!の極楽気分でした温泉

残念ながらトイレの流れは悪かったですー

(注)お風呂とトイレの件、他のカテゴリーのお部屋の詳細は不明です。

AQUAのくらし++ 東南アジアでナチュラルに暮らす

お部屋のどのカテゴリー以上宿泊者対象なのかは結局不明でしたが、23Fにある「エグゼクティブラウンジ」では、朝食、アフタヌーンティー、ハッピーアワー(ドリンク、アルコール)が無料で楽しめます。

画像はアフタヌーンティーの時の画像ですが、デザートの種類もなかなか揃っていて、サンドイッチや小さなサラダなども食べられます。

もちろん、ジュース・コーヒー・紅茶あり。

インターネットルームもあり、こちらは回線が速かったです。(ちなみに部屋にはWifiは無く、有線でのネットは遅かった・・・)
さらにこのラウンジではフリーWifiもあり。

2日目、お昼過ぎまでジムやプールにいた私たちは、2時のアフタヌーンティーに張り切って一番乗りし、ランチ代わりにたくさんいただいちゃいました^^

ちなみに、チェックイン・チェックアウトもこのラウンジでゆったりとできますので、便利。

AQUAのくらし++ 東南アジアでナチュラルに暮らす
ジムはかなりこじんまりとしていました。
プールは普通かな。

そうそう、プールサイドではモデルさんの撮影をしていました。
私はこの時ジムで走りながら見ていたのですが、次から次にドレスを変えて撮影していました。

そのうちどこかの広告に載るのでしょか。
(←撮影:娘)

オープンしたばかりで、スタッフはまだまだのところもありましたが、サイゴンクオリティに甘んじず、ジャパンホスピタリティーなサービスを続けていけば、地の利の悪さも十分にカバーできると思います。

日本人スタッフも数名常駐しているようなので、言葉に不安がある旅行者の方も安心して宿泊できます。
グレイッシュなインテリア、スタッフのコスチュームなどは日本らしく落ち着いていて、とてもよかったです。


以上、NIKKO SAIGONレポでした。
本日も走ってきます走る人

インテリア・雑貨ランキング参加中。
 
応援クリック↑
どうぞお願いします

次に泊りたいホテルはここ!!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2012-01-03

食べ物編@NIKKO SAIGON

テーマ:ローカル探検
AQUAのくらし++ 東南アジアでナチュラルに暮らす

お正月をおうち(実家も含めて)以外で過ごすのは、実に5年ぶり。
初めてのアンコールワットで年越しをして以来です。

最後のサイゴン(ダジャレじゃないー!)でのお正月かも?ということで、ゆっくり寝正月を決め込みたい・・・と私の希望をかなえてもらいました。

私はかなりコンサバな人間なので、お正月に家にいるとなるとやっぱりお節を作らずにはいられません。
元旦からがたがたバタバタ・・・なかなか材料の揃わないこちらでお節を作るのは重労働。
その上、暑いですから頑張って作ったお節も日持ちせず。
自己満足以外は何も得るものがないお節作り、今年はお休みさせていただきました^^

AQUAのくらし++ 東南アジアでナチュラルに暮らす

そこで、選んだ滞在先は先月オープンしたばかりのHOTEL NIKKO SAIGON。
オープニングプロモーション中ということもあり、ちょっと贅沢にジュニアスイートに宿泊いたしました。

元旦の朝にはお餅つきやお雑煮サービスなどもあったようですが、我が家は1日からの宿泊。

元旦の夜は、こちらでは破格の160万ドン(約7000円)のビュッフェ。
NEW YEARのスペシャルバージョンです。

ここサイゴンでは、20~30ドルのホテルビュッフェでも、海老・蟹・カキ・ローストビーフに、フォアグラまで食べられちゃう豪華さが魅力なのですが、今回160万ドンということで、一体どんなご馳走が!?

AQUAのくらし++ 東南アジアでナチュラルに暮らす

じゃーんっ!
伊勢海老~!!

スタッフが慣れていないようで、いろいろとトラブルがあったのですが・・・なんだかんだ2匹の伊勢海老とワタリガニ3匹を調理していただいちゃいました。
ワタリガニのボイルの方が美味しかったかな。
伊勢海老は残念ながら鮮度がイマイチなお味でした。

先月クリスタルジェイド(有名な広東料理)でいただいた生け簀からの伊勢海老を調理していただいたものの方が抜群に美味しかった!(お値段が違うので比べちゃだめね・・・)

はっきり言って、このビュッフェ、そのお値段の価値があったかというと・・・なのですが。

ビュッフェってどうしても元をとろう!と思ってしまうので、なんだか無理して食べてしまい、結果満足度がイマイチという場合が多いですよね。
そもそも大ダイエット中にビュッフェは精神的に無理だわ汗

AQUAのくらし++ 東南アジアでナチュラルに暮らす

ディナーと同じオールディダイニングの「ラ・ブラッセリー」で朝食ビュッフェもいただきます。

ここはNIKKOの腕の見せ所!
その場で焼いていただける卵料理、各種サラダ、ハムにソーセージにポテトなどウエスタンなものから、中華がゆ、そして和食もそろっています。

ドリンクの種類やデザートのフルーツもたくさんありました。

↑は1月3日の日の朝ですが、田作りなどお正月らしい小鉢もあり。
何せダイエット中ですから、私が選んだのはシラスおろし、茄子の煮びたし、きんぴらごぼうにひじき、そして田作りであります^^

2日の日には紅白かまぼこも並んでいました。

ご飯・海苔・納豆・お味噌汁・お新香はもちろんございます。

そして、ベトナムと言えば麺料理。
どこのホテルビュッフェでもあるのですが、NIKKOの朝食では毎日日替わりの麺料理をその場で作っていただけます。

初日はブンボーフエ、そして↑の2日目は大好物のフーティウでした。
間違いなく、フォーの日もあることでしょう。

AQUAのくらし++ 東南アジアでナチュラルに暮らす

テーブルの上には贅沢にもボンヌママンのミニジャム&はちみつが4種類。

娘は持って帰るーと大騒ぎでした汗

そして、私と180度違う朝食を食べている娘(写真右)
パンケーキにワッフルにクレープ。

こちらもどれもその場で焼いてくださいます。

パンケーキだけ娘に一口分けてもらったのですが、とーーーっても美味しいの。
朝食のパンケーキと言えばサイゴン中のハイクラスホテルで朝食を食べたという友人がパークハイアットが一番!ということで何度か連れて行っていただいたことがあるのですが。

私はNIKKOの方が好きかも!
甘いもの苦手な私ですが、ついつい2日ともパンケーキまでいただいてしまいました。

ご飯食べて、麺食べて、お粥食べて(ピータン大好物なもので)、パンケーキ・・・って炭水化物満載で全くダイエットではない朝食になってしまいましたが。


アンコール旅行の続きの前に、もう少しだけNIKKOレポおつきあいください^^
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2011-05-16

名物!トイレの注意書き

テーマ:ローカル探検
AQUAのくらし++ 東南アジアでナチュラルに暮らす

日本食レストランの怪しい日本語について前回書きましたが、↑って紹介したことありませんよね?
最早、タンソンニャット空港名物といっていいほどの、女子トイレの中の注意書きですトイレピクト(女)

そのうち写真を撮ろうと思っていたのですが、いつもトイレに行く時はカメラがないので、チャンスがないまま数年。
2月の香港旅行の時にようやくシャッターチャンスが訪れました^^

レストランのメニューの日本語がおかしかったり、日本製を装った食品の表示がおかしかったりするのは、もう日常茶飯事で。(といっても笑わせてくれますが)
Litiさんのブログでも随分前ですがおもしろいメニューが紹介されていました→こちら

まあ、それは良しとしましょう。
私が書く、娘の連絡帳の英語や、各種習い事の先生とのやりとりのSMSもこんなレベルでしょう汗
想像力でカバーすれば、十分理解できます^^

しかーし、↑はですね、ベトナムが誇る国際空港。
古いところならまだしも、5年くらい前に新設されたばかりの空港なんです。
もう少しちゃんと仕事しましょうよ・・・

この間違えに我慢できない日本人女子がいるんでしょうね、笑っちゃうことに、どこのトイレの個室の中の表示にも修正が入っています(笑)
サイゴンを訪れたら、まず空港でトイレチェックしてくださいね~にひひ

ちなみに、中国語や韓国語はあってるんですかね??

AQUAのくらし++ 東南アジアでナチュラルに暮らす

その上にある表示。

何が書いてあるかは知りませんが、一番上の太文字読んでください。

「チューイ」。
そう、まさに「注意」なのです。

発音の差はあれ、同じなんですよ!
ベトナムも中国の影響を強く受けていますので、中国語に発音が似ているものが多いのです。
日本語もそうですから、こうして時々同じような言葉があるのに驚きです。

韓国語も、「カバン」や「調味料」など、同じような発音の言葉が多いですよね。
始めて、韓国人のお友達から「かばん」と聞いた時にはびっくりしました。

この注意!なんでしょうね。

トイレの後は流しましょう!かな?
土足で便座の上にあがって用を足さない!かな?

ベト語しか書いていないということは、ローカルの人に向けての注意!なんでしょうね。
分かる方いたら、教えてくださーい^^


先週の「ザ・少年倶楽部」は山Pがゲストだったので、父にDVD録画を頼んでおいたのに、最初の1分しか撮れてなかったですって!!!
かなりショックのワタクシでした。
でもこちらでのオンエアは今週末だと思いますので、目に焼き付けておきます。(アウトプットの端子が無いTVなので我が家では録画できないのです~しょぼん
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2010-03-30

手芸市場にて・・・

テーマ:ローカル探検
AQUAのくらし++ 東南アジアでナチュラルに暮らす

昨日は、お友達と一緒にショッピング。
おつきあいのつもりが、お店に寄るたびについつい私もお買い物をしてしまい・・・

ついでに、街中ではコメント欄に登場しているやざわ@ダジャレおばさんにも遭遇してしまう始末(笑)

午後からは在住2家族+元在住2家族の4家族で遊びました。
子供たちはプールに入り、ローラーブレードで遊び、砂場で遊び、夜はガールズチームは我が家でお泊りとなりました。

娘はまだ春休みではありませんので、眠い目をこすりつつ、今朝も学校へ行きました。
今日も放課後はお友達と存分に遊ぶ予定。


さて、画像は、先日帰任直前のお友達と一緒に行った手芸市場にて購入したもの。

ナチュラルカラーのものはもうすでに散々買い込み、在庫がありますので、今回はノスタルジッカカラーなものが多くなりました。
(色がわかりにくいですが、ピンクやむらさきが多いです。)

お友達も手芸マニアだけあり、お互いわき目も振らず次から次に目当てのお店に行き、買い物しまくりました。
ブログの更新はまだお休み中のようですが、日本で少し落ち着いたでしょうか?
とってもかわいい作品を作る方なので、ご了解を得たらこのブログでも彼女のブログをご紹介しますね。

最近は日本も安くて可愛いものが増えたなぁと思っていましたが、この市場に来るとまだまだここは安いなぁと思います。

YKKならぬ、HKKというファスナーなんて、10本くらい入って数十円でした。

昨日の街中でのショッピングは、3年ぶりのお友達も「高い!」を連発するほど、物価が上がってショッピングが楽しめなくなってきています。
(それでもノスタルジッカお買い上げありがとうございます^^)

そんな中、ちょっと町をはずれればまだまだこの国らしい楽しいショッピングが楽しめます^^
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
2009-11-08

Maxim's Nam An

テーマ:ローカル探検
AQUAのくらし++ 東南アジアでナチュラルに暮らす

今朝早くに、義父と夫はアンコールワット2人旅へ!

父と息子の二人旅なんてなかなかできないことなので、よい親孝行になることでしょう。

今日はアテンドなしなので、自分の仕事を片づけてしまおうと思います。
昨日からあまり体調もよくないので、ゆっくりお昼寝もしようっと。

AQUAのくらし++ 東南アジアでナチュラルに暮らす

昨晩は、義父が来てからようやく夫が早く帰宅できたので、4人でお食事に行きました。

せっかくなので、一度くらいはベトナム料理もよいかなぁと高級店にお連れしました。
今回行ったのは、「Maxim's Nam An 」。

ランチは数回訪れたことがありましたが、家族で夜でかけるのは初。
もと劇場だったという古い建物を改装してレストランにしたこちらは、広いワンフロアが落ち着いたインテリアでとても素敵な空間になっていますカクテルグラス

AQUAのくらし++ 東南アジアでナチュラルに暮らす

あまり、ローカル過ぎないお料理がよいと思い、エビやカニなどシーフード中心のお食事にしましたエビ
どれもおいしかったです。

今まで、お客様のアテンドというと、ここ とかここ が多かったのですが、雰囲気は今回のお店が抜群によかったと思います。

とくに、ここ は、日本人団体客が多く、せっかくの民族音楽生演奏も、「北国の春~♪」とか「我は行く~♪」みたいな曲が多くて、日本人観光客盛り上がる・・・的なガーン

ここ もバスで乗り付ける団体客が多かったりしますね。雰囲気は素敵なのですが。

今回のナムアンは、圧倒的に西洋人のお客様が多く、「生演奏」は、てっきり民族楽器かと思っていたら、ピアノ、バイオリン、アルトサックス、ダブルバスという、カルテットでした。

これはBGMとして最高でしたよ^^バイオリン
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008-09-03

川岸のレストランにて

テーマ:ローカル探検

郊外にあるアパートメントに住む私。
街中のアパートの時は、地球世界各国よりどりみどりでしたレストランも、今では皆無。
アパート内の唯一のレストランは、某有名地中海レストランにリニューアルされたにもかかわらず、高い・まずい(おいしい時もあるんですが、安定しない)・メニューが少ない!

ゲストが減る一方なので、ついにランチセットまでなくなってしまいました(←実質値上げ。)。
よっぽどのことがない限りお邪魔しません。

後は、徒歩圏にあるレストランと言えば、川岸にあるローカルレストラン。
ローカルメシ大好きな私は嫌いじゃないのですが、娘や夫には不評。

そんな私たちに朗報が!
まさにその川岸ローカルレストランのお隣に、超おしゃれなウエスタンレストランができたというのです。
オーナーは、在住外国人に人気の郊外にあるレストランと同じというのですから期待大♪
とっても素敵なサンデーブランチの予感音譜


御覧の通り、自然素材たっぷりのファニチャーやテーブルセット。
レストランの名前(「The DECK」)の通り、川に張り出したナチュラルなウッドデッキが、どこぞのリゾートホテルのように素敵。
川は汚いのですが、一番暑い時間のランチタイムですら、川岸をそよぐ風は気持ちい。
(インドアの席もあります。)


コッペパン出てきたサービスのパンのなんとおしゃれなこと!
おうちカフェでも真似したいアイディアですね。

3種類のソースもパンにあって美味しかったです。
私はバターよりも、バルサミコやオリーブオイルをつけてバケットを食べるのが好きなので、大満足♪


トマトサラダも、こんなこじゃれた盛り付け。


・・・でも・・・・でも・・・・

もう二度と行きませんっむかっ

・・・だって、めちゃくちゃ高いんだもの。(こんなド田舎なのにっパンチ!
しかも、メニューが少ないの。キッズメニューもないし。
その少ないメニューが、何故か不思議なメニューばかり。
もっとノーマルなお料理をなぜ出さないのかしら・・・。
よくあるパスタとか、普通のサラダとか。

これではアパート内のあのレストランと一緒じゃありませんか。
ワインメニューだけは充実しているというのもおんなじ。
ウエスタンの人は、ワインがいっぱいあって、こじゃれたお料理が少しあれば高くてもよいのかなー。

何を求めてオーナーがこのレストランを企画したのか疑問・・・謎4

安くておいしいレストランが近くにできないかな~。

インテリア・雑貨ランキング参加中。
 
応援クリック↑
どうぞお願いします

丸角 角型ランチョンマット 4枚セット スタンダード

ナチュラル・アジアンな食卓におすすめ。
我が家は楕円のを使っていますが、最近は角丸四角もあるんですね。
四角もいいなぁと思っていたのですが、角丸と迷っちゃいます~
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2008-06-18

サンダル修理

テーマ:ローカル探検

私の暮らす東南アジアの国はまだまだ発展途上。
最近は富裕層がものすごーーーく富んで来た分、庶民の貧しさとの格差が開き問題になりつつあります。
ここへきて、貨幣価値が急落してきたので、バブル崩壊の予兆では!?と思っている私です。
(ちなみに、お給料はお金ドル払い。ドルも使えるお店は多いのですが、こまごまな出費はやはり両替が必要です。)

貧しいだけに、日本が見習いたいこともたくさん。
きっと消費時代になる以前の日本もそうだったと思いますが、決してモノを無駄にしません。
どんなものでも、直して使います。
新品を買うより、修理した方がずっとお安いのです。

引っ越しの時、日本製のそのままでは使えない古いテレビも喜んで持って帰ったメイドさん。
ショートして煙が出てしまった扇風機をうれしそうに持って帰ったメイドさん。
もちろん、直せば使えますし、売ることもできるからです。

こちらで出た不用品は、まず日本人にあげられるものならまわしますが、後は、学校関連の慈善事業に寄付そして、寄付するのも悪いわ・・・というようなものはメイドさんやハウスキーパーに声をかけます。
これまでどんなモノでも、「要らない」と断られたことはありません。

最近、はまっているのが靴サンダルの修理。

以前一度靴を修理してもらったことがありました。
それはテニスシューズテニス
テニスシューズは、裏のストッパーが非常に重要。
しかし履いてプレイすれば、当然徐々にすり減ってきてしまいます。
そんな時はもちろん買換え!・・・ではなくって修理です。

どんな風に出来上がったかと申しますと、もともとついていたソールの半分くらいの厚みが削りとられ、そこに新たな靴裏がつけられています。

ウィルソンWilsonのテニスシューズだったのですが、修理後は、裏を見ると・・・
ナイキナイキとなっています(笑)
しかし素晴らしい出来で、修理後、1年以上十分に役割を果たしています。
そろそろ靴自体が怪しくなって来ましたので、この夏は日本で新調予定です!


テニスシューズはなんでも屋のお兄さんにお願いしたのですが、今回初めて靴修理屋さん(歩道にイスひとつ、鞄ひとつで開業している人が多いです。)チャレンジしてみました。

私は靴だけはこちらで買わない!と言っていましたのに、オーダーした黒いワンピースに合う黒のウエッジソールがお安く売っていたのでついつい買ってしまいました。

普段愛用しているカルザノールのウエッジソールと比べますと、なんと履きにくいこと(^^ゞ
特に靴裏が滑りやすく安定感がないのです。

そこで、ついついこのサンダルを履いている時に通りがかった修理屋さんに突撃してみたくなりました。
私が裏を見せると、すぐにわかってくれたようで、修理に入りました。
ものの15分ほどで完成!
裏には、ゴムのソールがつきました。

たいした道具も使わずにすべてフリーハンドで仕上げてしまうとは職人技。
最後の仕上げに、彫刻刀を使ってフリーハンドで溝を掘りだしたのには驚き。(画像参照)

たったの100円で、ずいぶん履きやすさが向上しました。

これに味をしめて、とっても気に入っていたのにもうヨレヨレ、ついにトング部分が切れてしまったサンダルも修理に後日だしてみました。
紺色レザーのシンプルなサンダル は、特にデニムとの相性がよくて超ヘビロテだったので、かなりショックだったんです。
もう捨てる寸前でした。

3日ほど預けておきましたらどこからから同じような色のレザーを調達してきて、切れた部分もきれいに補修。
裏にもやはりニューソールをつけてくれて、よみがえっただけでなく、以前より履きやすくなっちゃいました。
ちょっと手間がかかったようで、こちらは250円^^

日本でも靴の修理屋さんってあるんですね。
そういうプロの職人さんの仕事を守っていきたいという気持ちはあっても、ゴミを減らすためにも捨てずに直して履きたい気持ちはあっても・・・一万円くらいで買った靴を数千円で直すというのは、やはり躊躇してしまいますよね。

そういえば、ソールに穴が開いたblueのビルケン も穴が貫通する前に補修してもらえば、夏までもったかもしれませんね。

インテリア・雑貨ランキング参加中。
 
応援クリック↑
どうぞお願いします

made in spain!送料無料Calzanor 【カルザノール】バックバンドサンダル

履き心地抜群のカルザノール。
今年は4足目をゲットしようと思っていましたら、もうすでに完売の嵐ですね・・・。
今年はこのバタフライトゥのキャンバス地のタイプに惹かれています。
まだドット柄が残っているお店あります!

いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。