「北海道の花」の画像検索結果いよいよ来週は羽生選手参戦・NHK杯がやってくる11/25(金)~11/27(日)

    「ブラジリエ作品」の画像検索結果

グランプリシリーズも 6試合中4試合が終了し ファイナル予想もちらほら見かけるが

「4回転ジャンプ新時代」の動向も気になるところだ。

今季よく目にするのがこんな文章だ

田村「現在の男子シングルでは最低でも2種類の4回転が必要とされる。ショートプログラムで2度、フリーで3度は4回転を跳べなければ世界のトップを狙うのは難しい時代になったのだ

この説は的を得ているが逆は必ずしも真ならず。跳べばいいというものではない。

(あくまでも)今の段階で4種類の4回転ジャンプを5本跳ぶネイサンチェンの構成は

どこまで高得点に結びついているのだろうか

フランス大会では4回転1本のアダムリッポンガ4回転5本のネイサンチェンに逆転勝ちしたリッポンは何が長けていたのか。今回はデータをもとにそれぞれの戦い方振り返ってみよう。ちなみに羽生選手はフリーで3種類の4回転を4本跳ぶ

 

🔶ネイサン・チェン選手コーチ変更

今回のフランス大会記事を書いた翌日の金曜日の朝突然のニュースに衝撃を受けている

ラファエル・アルトゥニアンラファエロ・アルトゥニアンko-ti

フランス大会後ネイサンチェンはズエバコーチを離れアルトゥニアンコーチに師事

することになったと聞く。なんと彼はアダムリッポンのコーチだ!アシュリーワグナーもいる。(過去ジェフリーバトルや浅田真央選手も師事していたコーチだ)17歳のアスリートに何があったのか。個人的にこれまでのジャンプ構成に私は疑問を感じてきた。体への負担が心配だったのだ。戦略は変わるのか NHK杯は1週間後だ

2016フランス杯

ショートプログラムはネイサン2位発進。リッポンは4位スタート

🔶2位ネイサンチェン:92.85点

「ネイサンチェン...」の画像検索結果4Lz+3T   4F    2A

(技術点:51.74点 演技構成点:41.11点 減点:0.00点)
彼の武器は安定したコンビネーションジャンプ4Lz+3Tだ。

これは基礎点だけで17.9点になる。

さらに宇野選手が成功したばかりの4Fも成功させ

この二つで約30点を獲得したことになる

またバレエで鍛えた体の使い方表現力も彼の個性だ

そのためSPの自己ベストを次々に更新してきた

一方で大きな弱点もある。SPで必須のアクセルジャンプ3Aが決まらない

3Aは8.5という高い基礎点があり男子シングルでは

欠かせないジャンプだ。羽生選手はこの3Aを武器にしてきた。

羽生選手は17歳でSP95.07点の世界レコードを出している

🔶4位アダム・リッポン:85.25点 ノーミス

「アダムリッポン...」の画像検索結果3F+3T   3A     3Lz

(技術点:43.33点 演技構成点:41.92点 減点:0.00点)
この大会で初めて4回転ジャンプを成功させたリッポンだが

SPはトリプルジャンプのみの構成だ。

それでもノーミスで演技構成点は若干ネイサンを上回ったが

この構成では90点以上は難しいだろう。ジェフリーバトルの振付が似合ってる。

🌹フリー で  アダムリッポンが逆転

🔶2位27歳アダム・リッポン 182.29点

「アダムリッポン...」の画像検索結果4T 3F+3T 3S 3A+2T 3A 3Lz+2T+2Lo 3Lo 3Lz

技術点:94.64点 演技構成点:87.64点 減点:0.00点

リッポンは27歳にして初めて4Tを着水

演技構成点は4項目が8点台一項目9点台とすべて高い評価だ

PCS SS8.68  TR 8.32  PE 8.96   CC8.07  IN 9.11
GOEもすべての項目で加点されておりスピンもレベル4評価だ。

彼は確かなスケーティングと表現力を誇るベテランだが

世界選手権以降非常に元気だ。今季は2試合とも3位だった。

ファイナルも夢ではない。

「ハビが17-18歳の頃

一緒のリンクで練習してて、
ハビはいっぱいクワドを飛んでた」(アダムリッポン)二人は仲よしだ。
{BB1ED9B7-AC69-4E70-95B2-92A95C2BB71E}
     

🔶4位17歳ネイサン・チェン: 171.95点

「ネイサンチェン...」の画像検索結果4Lz+3T 4F 4S 4T 4T 2A 3F+3T+2Lo 3Lz

技術点:94.59点 演技構成点:79.36点 減点:2.00点
4回転4種5本、転倒が2つありコンボ抜けのリカバリもできなかったので

4回転ジャンプのリスクの大きさを物語る結果になった。

ルッツ、フリップには高い加点。(パーフェクトなら100点近い技術点になりそう)

演技構成点は5項目中3個が7点台2個が8点台まだアダムリッポンに及ばない

ちなみにハビエルのPCSはすべて9点台である。

PCS SS8.11  TR 7.61  PE 7.96   CC8.07  IN 7.93

GOEは4Fが2.14これは素晴らしい。ジャンプ以外の加点が課題だろう。

本人の話では4Lz+3T 4F の段階で疲れが出てしまったとのことだが

最後まで気迫に満ちた演技だった。彼も相当の負けず嫌い。ジャンプの立て直しと

共にNHK杯までにどこまで立て直してくるか注目だ。

終わってみれば

総合1位はハビエル2位デニステン3位アダムリッポン4位ネイサンチェンとなった

{23B0773B-1662-4676-9CE9-BB3FEF9ECB3C}

17歳も27歳もそれぞれの戦い方でがんばってきた。

そして21歳の羽生選手も彼らしく戦うのだ!羽生選手全力で応援しています!

ネイサンチェン、NHK杯で会おう
「パリの散歩道」は4T1本だった。それで100点越えとは凄いではないか!

4回転ジャンプを芸術の域にまで磨き上げた羽生選手は

スポーツと芸術をひとつにする。

{055B8778-4681-432D-BE1F-5C68247571C1}全力応援!!!

/////////////////////////////////////////////////////////

ジャンプ基礎点

3回転トウループ

 

4.3

3回転サルコウ4.4
3回転ループ5.1
3回転フリップ5.3
3回転ルッツ6.0
3回転アクセル8.5
4回転トウループ10.3
4回転サルコウ10.5
4回転ループ12.0
4回転フリップ12.3
4回転ルッツ13.6
4回転アクセル15.0

PCS(演技構成点)

SSスケート技術TR要素のつなぎ・身のこなしPEパフォーマンス

CC 演技と実行 IT曲の解釈・タイミング
 

    {D38742C7-103E-4E31-B964-CB4201CD01A4}

GoGoYUZURU!!!

<TV放送予定>
フィギュアグランプリシリーズ2016 中国大会 男女ショート
2016年11月18日(金) 26時20分~28時25分 テレビ朝日
フィギュアグランプリシリーズ2016 中国大会 男女フリー
2016年11月19日(土) 26時45分~28時30分 テレビ朝日

<中国杯速報>

ボーヤンジンSP首位発進    96.17  TES 57,07

前回スケートアメリカではSP72.93  TES 37.89だった。やはり準備不足だったのだろう

2位ダニエル・サモヒンSP83.47 TES46.47

3位パトリック・チャン   SP 83.41 TES 38.52 カナダ大会よりかなり低い

スケートカナダのチャン選手SP90.56 TES46.06

昨シーズンもこうだった。スケートカナダは好成績で次が下がる展開なのだ

11月27日(日)NHK杯放送
NHK総合:ペアFS(録画) 1:35~2:10
NHK BS1:男子FS(録画) 10:00~10:50
NHK BS1:女子FS(録画) 11:00~11:35
NHK BS1:アイスダンスFD 11:40~13:30
NHK BS1:選手に生インタビュー・明子の部屋 13:40~14:45
NHK BS1:エキシビション 14:55~17:30
NHK総合アイスダンスFD/エキシビション(録画) 23:00~24:00
AD

コメント(4)