マッターホルンの両壁

テーマ:
{197422E1-8F84-406E-9FC6-FC2855A509E1}

{B91D0428-02BA-4347-BDA0-BA9E48DD3205}

{22705876-F362-4595-B3DD-223925297F26}

{0F7713FB-0B11-444A-B39A-747FB0BC2C80}

 雲が出てきたので下山。
しかし、下山途中で雲が切れてきました。登りの時には見られなかったマッターホルンが途中の道からも こんにちは。

{92E6BE35-85BB-42C4-8C0A-A8E7B8D4CAB0}

ツイてるな~、私(自画自賛)

ツェルマットの1つ手前の駅で下車。
ツェルマットの街中を1時間程散策しながらツェルマット駅を目指します。

{CDC3EB83-2D2C-4052-B2DE-E5F3A8C6FCDA}

{0A48528F-F4F4-4F10-82F3-8C1716C7D32B}


こじんまりとした可愛い街並みですが、電気自動車は結構飛ばしてて運転荒い。
有名人の別荘も多く、結構お金持ちの街なそーです。

{346E7882-52DE-4976-B889-50BDCD76DBF8}

{F1B79A0E-9F56-481C-9522-25C3F9F1E0F3}

マッターホルンの両壁がくっきりと見えて感激!

{A3199AB6-048E-47B9-8717-93A3D6152A33}

{3DAEAB82-FF10-4213-9FBF-A3BABC6F06E7}

{713E253A-82FD-4777-B686-DED65BBF276C}

寒くてもやっぱりテラス席が人気のようです。どこもファーの敷物があり防寒対策はバッチリみたい。

{D2C4007C-0B6B-48CA-AFD7-EA33113AD114}

今回はこちらのパス1枚で全て乗車。
乗り換えごとにチケットを買う手間暇が省けて便利です。

{8035D518-988D-4086-B269-E0E8AC966F0B}

この後、ホテルに戻り荷物をピックアップして、一路チューリッヒ空港へ。ここからまた韓国の仁川空港経由で福岡に帰国。
今回の母娘旅は順調だったかな(笑)

{C453BF31-01D8-4E3B-A229-059DDAE64E26}




AD
ここんとこ、超イケテナイ隣のグループのマネジャーに振り回されて迷惑を掛けられまくってます。
そこのグループの子たちがマジで可哀想。
イケテナイ奴の上司も状況(彼のイケテナなさ加減)はきちんと把握してるんだけど、言っても直らない、どーしょーもないとサジを投げちゃって、こっちにしわ寄せ。
金曜日は、たまたま書庫でイケテナイ奴の部下と2人きりになったら、「ちょっと聞いてもらっていいですか?」から始まり、途中で彼女が泣き出しちゃって、、、
再来週のプレゼンも奴に代わって私が行うことに。
なんでやねーーーーんっ。
最近、本業よりもこーゆー穴埋め作業の方が多い私。イマイチ消化不良感が拭えません。

さて、そんなモヤモヤ感を払拭すべく、スパへ。
お誕生日プレゼントにアンダースのスパチケットを貰っちゃったんです♫

{9E89C2E6-4A17-4BF2-A41B-40C92328BF58}

{252947BF-52B7-4900-964D-85A2518AD54D}

受けたのはマッサージメニューの「エレメンタル」の90分。
最初にカウンターで、足浴のさいに使うスクラブを作製してもらいます。
乳鉢でゴリゴリ調合してくれるの、新鮮。

トリートメントのエリアは、海側のようで、部屋からは行き交う新幹線も見えました。
ベットに横になろ、後はもうなすがまま、オイルでうにうにグニグニ、至福のひと時へと旅立ちました。

スパなのでもちろん写真は撮れないのですが、スリッパがあまりにも可愛かったので。
ふわふわのタオル地で絣の柄。
さりげなく和。

{4AF0E209-C85E-4FF3-A580-248556C84AAF}

そして、これはどーよと思っちゃったのは、ロッカーキーのキーホルダー。
高級ホテルのスパで、手作りパウチはちょっとコンセプトからズレてない???

{CDF45C69-B0AE-4B1C-9195-6842AA7D6EB6}




AD
マッターホルンの麓の街、ツェルマットは、ガソリン車NGの街。
手前の街まで車で行き、翌朝電車で1駅移動。

{3E65650C-4A40-4FAC-914B-93766422CCF7}

{90423A5B-4678-48DE-A77E-FF781980E28F}

ここで電車を乗り換えて展望台へ。

{8599B2E3-B6A0-4094-A1CA-677CA7129A89}

{DCD17CF8-475B-4AA2-BED2-25A0BB53DC37}

雪の山をひたすら登り…厚い雲にちょっとがっかりしながら、展望台周辺は晴れてますようにとひたすら祈る。

{75F63DA1-D950-4915-A348-F06F4FF78A30}

で、着きました。標高3089mの駅。
青空!!!

{977191F2-8C24-41AD-A009-131C3811D32C}

マッターホルン♫

{E11DD1CD-2687-40EA-B14C-E806910A588F}

雲海と青空と白い山!

{2D925AA1-83F7-431E-895A-30B3234A8C10}

{1E8D3FFA-2511-4FEE-B1F0-452CFF4FCC7A}


アルプスの山々を眺めながらコーヒータイム。

{2E2B7403-30A1-47F1-BD3D-380FA1CC6DC6}

マッターホルンに乾杯(笑)

{43B1877B-B6DE-4460-B35E-04DAA0B6621F}



AD
展望台で待ってても雲がはれないので、諦めてケーブルカーで下山。

{B4E190EB-7C63-40F4-8D16-C75DBB2347E4}

{45D74F02-A2E7-4283-AEAD-B9BEDD39C6C9}

{DA516BE7-4008-4A3B-8040-7802505BDC93}

{A5498956-36BC-4361-A64C-B85D6B97C8F5}

街並みを眺めながら、レストランを物色。
☆☆☆☆☆ホテルの立派なこと!
素晴らしい藤棚です。

{1A52AAC3-201E-4F32-93F9-385083621811}


チーズフォンデュが食べたいというリクエストだったので、ホテルの1階のレストランへ。
そのレストラン、チーズフォンデュは匂うからということで、専用スペース持ってました。
そんなに匂うかなぁ?

{71BFBEBD-4244-45CF-8654-87EB9B7B5A57}

カウベルで装飾された店内は、牧歌的で、赤いギンガムチェックのエプロンを付けた店員さん達がキュートでした。

チーズフォンデュは、ベースコースが1人22フラン。それにオプションで好きな具材を加えていくというシステムでした。

{AF13D588-D2C0-4DD2-8A2B-2574B09EC21E}

私は飲めませんでしたが、母は地ビールを飲んでご満悦。

{0E5A44C0-4641-4F10-B0E6-9560E7EDB739}

ここから今度は、Taschを目指します。

{19F057B9-F777-4D9E-B4C2-D532594BAD7E}

途中、高速道路がレマン湖沿いを走るのですが、あの「シオンの囚人」の舞台となったシオンが見えたらしいです。

{8C4313DB-D1FA-40BA-B2E3-5FAFBA305F2C}

{FAB84FC0-A8FA-4CE3-8FD7-4C9957203857}


昨日は朝一で、驚きとワクワクを同時に与えてくれるようなメールを受け取り、やっぱり私ってば引きが強い!と1人で悦に入っておりました。
会いたいなーって思ってる人とは会えちゃうんですよね、私。

{68884FF8-3306-4FC5-94B7-2B0C2ECE46E6}

さてさて、ドイツを後にしてスイスのインターラーケンに移動。
夜半の小雨も朝には上がったものの、すっきり青空とはいかないお天気。

{F1408678-3B38-4C35-AD09-9734CD56C075}

{59B51179-B44F-4C4F-A7C9-89AEFDF95477}

{9E4D1583-4F78-4ED9-97E5-467EEC7C79CC}

{9F3F97A8-59A1-4115-9693-FC37B7A6FBDE}

{DB91D3FC-FC89-44E9-A200-56485FF24F4A}

{37477889-CE5E-4CF4-A242-0E5C30E53382}

ケーブルカーに乗って、ユングフランが見える展望台へ。
ゆうに100年は動いているというこのケーブルカー、なかなかの急角度。

登っている最中に雲で視界を遮られましたが、展望台のある山頂は雲の上。
雲の流れが速いのか、正面のユングフランは、見えたり隠れちゃったり。

{92426F6B-9AB8-455F-B21E-5EDCCD05E177}

展望台の牛が立ってる場所は、足元ガラス張りですが、雪が積もってて下が見えませんでした。
昨年できた新しいシンボルだそーです。

{950E8061-1E80-4F25-8BCD-E47A2A1D7E08}

{A4D79A26-9273-40DC-966E-FEAAAD6B272E}


{29C47E2A-F0B4-4C91-BA62-D8662C443238}