L' ange Noir~黒い天使~

言葉とキャンドルで人生に火を灯す*Hirokoのブログです。
日々の小さな幸せ、美しいもの、好きなもの、BUCK-TICK。
私の心に火を灯す、大切なものへの想いを綴っています。



テーマ:

image
慣れ親しんだ小さな世界から飛び出すとき。

自分を生きるのに、誰かの許可なんていらない。

~inspired by 「鼓動」


***


母の胎内という

静かで守られた場所から

この世界へ生まれ出る時。


私たちは(きっと)途方もない苦痛と

母と引き裂かれる悲しみを味わう。


新たな世界へ踏み出す時の恐怖は

ふたたびその苦しみを味わいたくない、という

防衛本能だろう、などと思うのだ。


それでも私たちは、同じ場所にはいられない。

胎児が、時が満ちたら生まれるしかないように。


私たちは、一生のうちに何度も生まれ変わる。

その時に必要なのは、自分を信じる強さと勇気。


***

image


image

黄色は、自信と強さ・支配と権力を司る第3チャクラの色。


「誰に何を言われても、自分がやりたいことを貫く強さ。」

今、ここを問われている人が多いと思う。(私もそのひとり。)


新たなステージへ踏み出す恐さ。

人生の決断を人に委ねて、逃げ出したくなる弱さ。

露わになってうんざりするけど、それも自分の一部。


それごと抱えて、豊かな未来へ思い切って飛び出そう。

誰かの許しを得るのではなく、自分で自分を愛し、赦して。


その先には、勇気を出したものだけが辿り着く

豊かで歓びに満ちた世界が待っている。


「アバンダンス(豊穣)」という精油を使ったキャンドルが

自分を信じるチカラをサポートします。


限定3個。

ピンときた方は、daisy21934@yahoo.co.jp までご連絡ください。

折り返し、金額等をお知らせいたします。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「おしらせ」 の記事

テーマ:

灯す言葉*あなたへの手紙(1通・5,000円)

image
お名前から浮かぶイメージを

メッセージにして郵送でお届けします。


手紙に書かれているのは、


あなたの本当の想いや個性、情熱に火を灯し

あなたの道を照らす灯火となる言葉。


言葉が呼び覚ます感情や記憶が

あなたに変化を起こし

命の灯火をさらに輝かせます。


現状を確認したいとき。 

動き出す勇気が欲しいとき。

ぼんやりとした感覚を、言葉で明確にしたいとき。

自分にあてた特別な言葉が欲しいとき。


新しい1年の始まりや誕生日、節目のときに

丁寧に綴られた言葉の贈り物はいかがですか?


***


手紙の特別感

待つ時間

届くタイミング

手書きの味わい

言葉の力、文字の力


そして、お申込み後から始まる

気持ちや現実面での変化。


そんな目に見えないものを

味わっていただきたくて郵送でお届けしています。


あなた宛ての手紙、どうぞお楽しみに。


***

 

【お申込み】

ご予約・お問合せフォーム

または

daisy21934@yahoo.co.jp

*お名前

*ふりがな

*郵便番号

*ご住所 をお知らせください。


※3日以上返信がない場合、

メールが届いていない可能性があります。

お手数ですが上記アドレスに再度ご連絡をお願いいたします。


*ご覧頂きありがとうございます*

L'ange Noirメニュー*
◆心に火を灯す『あなたへの手紙』
◆12か月の道標『1年間の未来地図
◆対面セッション
ご予約・お問合せフォーム

キャンドルWEBショップ*L'ange Noir
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

週末、久留米市美術館で開催中の吉田博展へ。

image
吉田博は、

明治~昭和にかけて活躍した久留米出身の画家。


水彩、油彩、木版画と表現方法を変えながら

一生を通して、自然を描き続け「絵の鬼」と呼ばれた男。


TVで初めて見たとき

作品の美しさはもとより、その生き様に強烈に惹かれた。


『石に齧りついてでも、ガラス拭きをやってでも

兎に角自分の體を日本の外に出してしまへ』


そんな強い想いでのアメリカ行きと

そこで掴んだ成功。


当時の日本画壇を占めていた勢力に対する反骨精神。


『描きたい』

ただそれだけで、ヒマラヤに登る情熱と行動力。


自分の表現を追求するために妥協しない姿勢。

 

彼の命の灯火そのものである作品に、圧倒される。


***


『帆船 朝』

image

同じ版木で色を変えた6連作のひとつ。

微妙なグラデ―ションで表現される時間の流れにため息。

ほぼ同じ構図の渡邊版との違いも興味深い。


『フワテプールシクリ』

image

細かい模様から透ける光の美しさ!

黒光りする床の質感もたまらない。


『雲海 鳳凰山』

image

隣の作品(渓流)との対比で際立つ静寂。

その神々しい美しさに、涙する。


***


木版画とは思えぬ色彩の美しさ。

その裏にある途方もない積み重ね。

 

画面を通しても伝わってきた

絵に込められた熱量のようなものが

作品からカタマリになって迫ってくる。


ひとつひとつが

生命力に満ちているのだ。


細部までこだわり、美しさを追求する姿勢。

天才的なデッサン力に裏打ちされた、細やかな描写。

陰影が生み出す柔らかな光。


温度や湿度はもちろん、

匂いや手触りまで、

はっきりと思い浮かべることができる。


どの作品も、

どこか「懐かしい」想いに包まれるせいで

そこに自分がいたかのような錯覚にとらわれる。


下絵を描く、版を彫る、色を刷り重ねる。

(作品によっては、100回近く刷り重ねたものも!)

気の遠くなるような工程を経て、生み出される美。


それはどこか、宗教画や宗教建築にしばしば感じる

ある種の狂気(その対象へのまっすぐな愛)と同じ匂いがする。


そしてわたしは、

その静寂の中にある狂気に惹かれるのだ。


自然の美しさを讃え

自らの持てる力を注ぎ込み

生み出された 愛ノ結晶(クリスタル)。


純粋な想いが形になったものは、

ただそこに在るだけで、胸を打つ。


***


終盤の従軍画家としての作品。

躍動感はあるものの、

時代背景を思うとやはり胸が痛んだ。


だからこそ、最後の作品が、

彼が愛した「高みから臨む自然」であることに

どこかほっとしたのだった。


出身地・久留米での初の里帰り展は

久留米市美術館にて3月20日まで開催中です。


素晴らしい作品の数々。

間近でゆっくり見られて幸せでした。


*ご覧頂きありがとうございます*


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。