Powered by NINJA TOOLS
2011-05-31 07:46:22

フェアアイル特有の仕上げ方・水通しをしてフェルト化

テーマ:フェアアイルの編むポイント

こんにちは。akoです。


昨日は、裏の糸の始末の仕方 を書きましたので、

今日はいよいよ、最後の仕上げについて書きますね。


裏の糸始末が全て終わったら、

再び編み地を表に返します。


その状態がこれ左下矢印



編み物職人akoのフェアアイル・ニッティング


まだ何の処理もしていない編み地です。

編み地全体がボコボコしていて、

模様もはっきりとは分かりづらいですよね・・・汗

そして、触ってみると

ゴワゴワしていて、ちょっと固い感じです。

生徒さんにも、

「ほんとにこれで、着てもチクチクしないんでしょうか?」

と聞かれるくらいです。


もちろんこのままで完成ではありませんよニコニコ

この後に、フェアアイルならではの仕上げの方法が待っています。


それは、「水通し」です。


普通の編み物では、編みあがってからやることと言えば、

まあアイロンで編み地を整えるくらい・・・でしょうか?


でもフェアアイルの場合、

編みあがった作品を、

一度全て、ぬるま湯につけます。


セーターなどの大きな作品の時は、

私の場合は、キッチンで使っている桶(?っていうんだっけ?)

を使います。

今回のように小物の場合は、洗面器などでもOKですよ。


ここにぬるま湯をためて、

一気にドボンと作品をお湯につけます。


すると最初は、下の画像のように、

編み地が水をはじいて、

水の玉がコロコロと表面を転がる感じになります。



編み物職人akoのフェアアイル・ニッティング

この状態では、まだ編み地の中に

水が浸透していないのですが、

しばらく編み地をもんでいると、

ある瞬間に、「スーッ」っと水が入っていくのが分かります。


水が入っていったようなら、

水の中で編み地同士を優しくこすり合わせます。

するとだんだん、表面がけば立ってきて、

編み地が滑らかになってくるのが分かりますコスモス


水通しする前の編み地は、

編み地全体が「キュキュ」っとちぢこまっていて、

縦や横に伸ばそうとしても、

あんまり伸びないのですが、

水通しをすると、びっくりするくらいに

伸びるようになります。


そして、裏の渡り糸も均一になり、

編み地の表面のけば立ちが、良い感じにフェルト化されて、

ようやくフェアアイル独特の風合いが出てくるのです晴れ

編み物職人akoのフェアアイル・ニッティング

こんな感じ。

表面のデコボコがなくなり、

けば立ってフェルト化されているのが分かりますか?

そして、模様も以前よりははっきりと出るようになっています左下矢印

編み物職人akoのフェアアイル・ニッティング


水通しをするときは、やり残した部分がないように、

まんべんなく、すみずみまでやるようにします。

ゴム編みの部分も忘れずにグッド!

編み物職人akoのフェアアイル・ニッティング

だいたいできたかなぁと思ったら、小物だったら手で絞り、

セーターなどは、洗濯機の脱水機能で、

20秒ほど脱水します。


そして、平らな所にバスタオルなどをしいて、

きれいに形を整えながら、作品を置きます。


絞った跡が残らないように、

手のひらで軽くポンポン編み地をたたくようにして、

表面を平らにしながらやるといいでしょう。


この状態で、完全に乾くまで放置します。


その後、物干しざおなどに作品をかけて、

さらに乾燥させて、完成ですクラッカー


ペタしてね

ランキングに参加しています

ポチっとしてもらえたら、ウレシイです
Blue & Brown~knitting life~

人気ブログランキング


Blue & Brown~knitting life~

にほんブログ村


ニットカフェタイプのレッスンに参加しませんか?

お申込み・お問い合わせはコチラまで。

ako-hideo-daigo@biscuit.ocn.ne.jp

Blue & Brown


編み物作家akoのフェアアイル・ニッティング


AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

広島のイギリス伝統の編み物「フェアアイル」講師:高橋亜子さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

8 ■>erikaさん

あ~、たしかに、フェルト化という言葉から、「縮む」というふうに連想しちゃいますよね~。
でも大丈夫。安心してくださいね。
これは、今日のブログにも書いたのですが、やっぱりフェアアイルの糸の特性なのかなぁ?

7 ■>けいちゃんさん

そうなんですよ~!ほんと、乾くのが早いですよね。
もともとが、海で仕事している漁師さんの作業着、ということらしいので、フェルト化されて暖かく、しかも水にぬれても乾きやすい、というすぐれものなんですね。

6 ■参考になります!

「フェルト化=縮む」ってイメージだったので、
やる前はあまり伸びないのに、やった後は
よく伸びるっていうのが目からウロコです!

それはフェアアイルの糸だけの特性なのですか??

5 ■>はちみつ:)みつばちさん

いや、全然怖くないですよ~≧(´▽`)≦
私にとっては、とっても楽しい作業です。
それどころか、人によっては、普段のお洗濯を、洗濯機(しかも、おしゃれ着洗いじゃないコース)で洗っている人もいるくらいです。
さすがに私はまだ、それはチャレンジしたことはないですが・・・

4 ■>花子さん

コメント、ありがとうございます(*^▽^*)
私、フェアアイルを作る工程の中で、
実はこの「水通し」が一番好きかも。
だって、ウソみたいに編み地がやわらかく
なるんですもの。
私も心の中で、「うわっ!すげぇぇ!」って
叫びながら水通し作業してます(;^_^A

3 ■無題

前作水通しをして感じたこと・・・すごく乾きが早かったです。そしてフェルト化して落ち着いた感じになりました。シェットランド糸奥が深いです

2 ■無題

フェルト化、、、、
話には聞くものの、、
なんだか怖い~って思っていたりします。。

せっかく編んだものが、大丈夫かしら。。

でも、フェルト化された完成??されたものは
風合いも素敵で、、あたたかくて、
優しくて、、
こんなに詳しいやり方を読んだのは初めてでした。。
ほぉ~~~っとじっくり読まさせてもらっちゃいました( ´艸`)

1 ■無題

私には到底出来ないものですが、うわーっっすげぇっっっ!!!と騒ぎながら読ませていただきました。

コメント投稿

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。