Powered by NINJA TOOLS
2011-05-30 09:12:46

フェアアイルのレッグウォーマー・仕上げの糸始末

テーマ:フェアアイルの編むポイント

こんにちは。akoです。


昨日はゴム編みの止めるときの糸の長さ

についてお話しましたが、

今日は、いよいよ仕上げについてお話しますね晴れ


フェアアイルに限らず、どんな編み物でも、

仕上げが一番大事だと思っています。


本体を編むことは、編み図が読めて、

その編み方ができれば、

ある程度みなさん、同じようにできます。

(多少、ゲージの違いが出たりしますが)


でも、「いかにも手づくり」と言われる作品になるか、

「まるでお店で買ったかのようだ」と言われる作品になるかは、

仕上げをきちんとやっているかどうかで決まってきます。


たとえば、ゴム編みがビロビロと伸びていないか。

(つまり、ゴム編みのゲージをきちんと計算して、

目を編みだしているか)


または、襟ぐりなどがきれいにできているか。など。


私が以前ヴォーグ学園の手編み指導員科に通っていたとき、

作品の出来不出来は、仕上げで7割決まる」と

言われました。


でも意外と、売っている編み物本は、

そのあたりのことが、分かりやすく

書かれているものが少ないんですよね汗


仕上げの一つで、裏の糸始末があります。


こちらの画像を見てください。


編み物職人akoのフェアアイル・ニッティング


これは、本体が編みあがって、裏返した状態です。

まだ裏の始末は何もしていません。

糸を変えた部分が、5cmくらいの長さで、

放置してあります。


糸を変えるときは、地糸は地糸同士、配色糸は配色糸同士を

結びます。

そして、結ぶ時は、結んだ玉が動くような結び方をします。

(これについては、以前のブログ をお読みくださいあじさい


結んだところは、とりあえず一度結んで固定してあるので、

あとはもう一度、ペアになっている糸同士を

1回結ぶだけです。

そして、結び目から1cmくらいのところで、

ハサミで切って出来上がりです。


つまり、今まで動いていた結び目が、

もう一度あらためて結ぶことで、

動かない結び目となるのです。


全部やると、このようになります。



編み物職人akoのフェアアイル・ニッティング


フェアアイル以外のニットだと、

5cmくらい残った糸に針を通して、

編み地にくぐらせて糸始末をする場合もありますよね。

フェアアイルでも、そのようにやっている方も

いらっしゃるかもしれません。


でも私の場合は、上のようにしています。

理由は二つ。

●フェアアイルは、糸を変えることが非常に多いので、

全ての糸を編み地にくぐらせて始末すると、

始末したところの編み地が、少し厚くなってしまう。

●数が多いので、とてもめんどくさい。

(どっちかと言うと、二つ目の理由の方が大きいかもあせる


結んだだけだと、ほどけてこないか心配ですか?

でも大丈夫。

後で水通しをすれば、結び目のところもフェルト化されて、

ほどけにくくなるので、

編み地にくぐらせなくても心配はいりませんチョキ


実際私もこの方法で編んだセーターを、

何年も着ているし、もちろん洗濯もしていますが、

ほつれたりしてません。


あ、ただし、ゴム編みの部分だけは、

結んだあと、いちおう編み地に通しています。


理由は、ほつれてくるのが心配だからと言うのではなく、

ゴム編みは端にあるので、

万が一裏が見えた時に、

結び目が見えずにきれいだから、ということです。


でもこれも、人によるので、参考にしていただければ、という感じです。


ペタしてね

ランキングに参加しています

ポチっとしてもらえたら、ウレシイです
Blue & Brown~knitting life~

人気ブログランキング


Blue & Brown~knitting life~

にほんブログ村


ニットカフェタイプのレッスンに参加しませんか?

お申込み・お問い合わせはコチラまで。

ako-hideo-daigo@biscuit.ocn.ne.jp

Blue & Brown


編み物作家akoのフェアアイル・ニッティング

AD

コメント

[コメントをする]

1 ■akoちゃん

前回の糸結びもそうだったけど
こういうさりげな情報を
きっとみんなフェアアイルに対する
苦手意識が払拭されると思うの。
かくいうあたしもそうだもん。

akoちゃん、
もっともっと

「フェアアイルはたのしくてかんたんで
こんなにキレイなのよ」

ってアピールしてよ~ヾ(@^▽^@)ノ

あたしはもういま、
猛烈にフェアアイルが編みたくてたまんなくなってる(爆)

2 ■>めり。さん

ありがと、めり。さん。

なんかすんごい、嬉しかったよ(*^▽^*)

そうなのよ、やっぱりみんな、「むずかしそう、私にはムリ~」って思ってるみたいなので、
そういうのを払拭したいなぁと思って、
最近こういう感じのブログに、ちょっと変えてみたよ。
「こんなマニアックな内容のブログ、読んでもらえるんかいな・・・?」って、思いながら書いてるんだけどね(汗)

3 ■面倒くさくて!

 糸の始末は結ぶだけでも大丈夫なんですね。私は本に書いてあるように5センチくらい残した糸端を編地の糸にくぐらせて始末していましたが、その作業がものすごく!面倒くさい!時間もかかりますし・・・。
 でもこれはフェアアイルニットだけにあてはまることなんでしょうか?水とおしなどしない普通の編み込みのニットでしかも糸もフェアアイルの糸よりは少し太めの日本のメーカーの糸ではやっぱり表にしたときもこもこになってしまう気がします。
 でも、こういう方法もあるんだ、と知ると気持ちが軽くなりますね!

4 ■>ヒロタックスさん

うーん、他の糸だと、どうなんだろう・・・?
シェットランドヤーンは、水通しすると、糸同士が絡まりあって、ほどけにくくなるので、この方法でも大丈夫なんですが、他の糸では、まだ試したことがないので・・・
今度このテーマについても、ブログで書いてみますね★

コメント投稿

[PR]気になるキーワード