Let'sふ~ふ~!

風船、浮き輪やビーチボールなど(いわゆる空ビもの)を口で吹いて膨らますことが好きな人々のためのブログ


テーマ:

いちご狩り行ったことある?

▼本日限定!ブログスタンプ

あなたもスタンプをGETしよう

 注:この記事はバックアップから書き戻した。

こちらからの続き。

 「わたしのも!全然ふくらまないの。」

 近所のお姉ちゃんの浮き輪は何かとご縁のある?これ。

 というわけで、浮き輪を全部ふくらましてあげた。自分のも入れると、大小あわせて8個ふ~ふ~した。

 「ありがとうございます、助かりました。」

 お兄ちゃん2人が、ほぼパンパンにふくらました浮き輪を縦に置いてその上に跨がり、

 「タイヤエアーOK!」

 「ちょっと、何してるの?パンクしちゃうでしょ?」

 お母さんに怒られた2人は、浮き輪に跨がるのをやめた。

 流水プールに入ると、ストロベリー80cmのお姉ちゃんが近づき、私の浮き輪にするっと入り、くっついてきた。

 「あの子たち、いつもあんな感じよ。浮き輪に跨がってパンクさせちゃったこともあるの。(ここから秘密の話)あ、今のことは内緒ね。」

 彼女はそう耳打ちすると、思い切りキスして、舌を入れてきた。

 休憩時間も彼女と一緒。

 昼の部クローズまで、そのまま密着状態で流され続けた。

AD

テーマ:

いちご狩り行ったことある?

▼本日限定!ブログスタンプ

あなたもスタンプをGETしよう

 注:この記事はバックアップから書き戻した。

こちらからの続き。

 をかぶって、泳ぐというか遊ぶ気満々のようだった。



 それぞれ持って来た浮き輪

 をふ~ふ~し始めたが、ほとんど大きくならなかった。

 「ふくらまして~~!」

 そのお母さんも、

 「全然ふくらまないわね。酸欠になりそう。○○ちゃん、ふくらましてあげて。」

 「むりむり、わたしだってそれどころじゃないよ。」

 一緒に来ていたちょっと大きな女の子(近所のお姉ちゃん)もギブアップ。

 「ぼく、見てた!この人(私のこと)、すごいよ!」

 青浮き輪の大きなお兄ちゃんが、後ろで私のふ~ふ~をバッチリ見ていた。

 「ほんとに?」

 小さなお兄ちゃんと、大きなお姉ちゃんが、私の浮き輪をぷにぷに。

 「こんなにかたい!」

 「ほとんどパンパン!」

 お母さんもぷにぷに。

 「この子たちのもふくらましてもらえませんか?できればこれとこれも。」

 続きはこちら

AD

テーマ:

いちご狩り行ったことある?

▼本日限定!ブログスタンプ

あなたもスタンプをGETしよう

 注:この記事はバックアップから書き戻した。

 イチゴ狩りもいいけれど、真冬でもそれなりに楽しめる、屋内温水のDプールに行ってみた。

 いつものように、2階の突き当たりにあるトイレで着替え、持って来た浮き輪

 ダブルリングブルー100cmをふ~ふ~でほぼパンパンにふくらました。

 浮き輪の栓をしたとき、2組の親子連れがやって来た。子どもたちはその場で水着

 に着替え、

 続きはこちら

AD

テーマ:

 昨年のクリスマス、某プールにやって来た招かれざる客、例の空ビドロボーのことは、たまたま見たニュースで私も知った。その動画はこちら。確かYouTubeにも転がっていたような気がする。とんだハプニングニューイヤーとなってしまった。

 奴はプール施設内から水場でのお楽しみツールである空ビを盗んで、更に、どのような悪事を働こうとしていたのだろうか?

  • コレクションにする。
  • 空ビに興味があるというより金儲けに悪用する。つまりは転売して儲けようということ。
  • 「ピー!」(←あまりにも過激なため自主規制でこうした)なことに使う。

 などが考えられる。このまま放置すると、いつかどこかに模倣犯が現れるかもしれない。その前に何とかして対策を講じる必要がある。具体的には、

  • 忘れ物をしないこと。
  • 持ち物に名前を書いておくこと。自分だけがわかる目印でもOKだろう。
  • 施設管理者は忘れ物の管理を徹底すべきである。
  • オークションサイト管理者は、盗品の出品を漏れなくチェックすること。

 などだろう。一昔は、こちらの記事で書いた例よりも、浮き輪などの持ち物への記名が徹底されていた。個人情報保護などを考えてもいなかった時代の話だ。

 ここで改めて、

 HAPPY NEW INFLATABLE YEAR 2017!

 プールや海水浴場に行ってきたレポブログなどのふ~ふ~シーンを発掘した。

 まずはK県K市S保育園のブログから。2016年8月27日の様子。パソコン版はこちら、モバイル版はこちら

 記事1つ目の画像で浮き輪をふ~ふ~している彼女は、良いお嫁さん(お母さん)になるかもしれない。

 断定はできないが、その色からすると、3Coinsのスイカ柄浮き輪である可能性が大きい。公式ツイッター、パソコン版はこちら、モバイル版はこちらにそれぞれ画像が載っているので参考にされたし。

 そして、吹奏楽部の肺活量恐るべし、という感じのネタを紹介しよう。

 1つめのネタ、パソコン版はこちら、モバイル版はこちら

 もうひとつ。こちらの、一昔のブログ記事より。既に廃番となっているRLA-90M、IGARASHI i-colorセージ90cmとみられる。

こちらもそうかなと思ったら途中でギブアップし、ポンプを使ったという。近くにいればふ~ふ~してあげたいところだ。

 かわいい姉妹の長女ちゃんが、リラックマ浮き輪

 をふ~ふ~!記事はこちら

 今年というか今度のシーズンも、この浮き輪

 をふ~ふ~してあげて女の子とくっつく機会があるかもしれない。

 ふくらまし婚とか結婚浮き輪もありかも。(笑)


テーマ:

こちらからの続き。

 今シーズン大流行した

 の、24インチ~3フィートでお揃いにした親子や、柄物キャラもの無地もの

 といろいろあった。

 子どもたちは、それぞれ浮き輪を取り出して広げ、ふ~ふ~し始めた。ところが、逆止弁に阻まれ、2~3吹きでギブアップする子もいれば、全然ふくらますことができない子もいた。

 「ふくらまして~~~!!」

 お母さんたちもそれどころではなかった。大きい(といっても90cmほどだが)ドーナツや無地もので苦戦していた。

 「◎◎お姉ちゃんにしてもらったら?」

 ◎◎お姉ちゃんは、子どもたちの幼馴染で家も近く、プールに行こうと誘ったらやって来た、とのことだった。そんな彼女も、自分の浮き輪

 をふくらますことができず苦戦していた。

 小さなお兄ちゃんが、

 「ぼく見てたよ!この人が大きい浮き輪をぷーぷーってしてた!」

 その隣にいた小さなお姉ちゃんも、

 「わたしも見てた!すごかった~!」

 「えっ、本当?」

 「これ?そうですよ。」

 「吹いても吹いても大きくならなくて、プールに入る前に息切れしそうです…」

 根もとのつまみ方が不充分で逆止弁がまともに開いていなかったものもあれば、その逆につまみ過ぎで空気の通り道をふさいでいたものもあった。

 「どれどれ…ここが開きにくいやつのようですね。吹いちゃってよければふくらましてあげますよ。」

 「それじゃ全部お願い!」

 というわけで、持って来た浮き輪を全部ふ~ふ~ふくらましてあげた。小さな浮き輪は子どもの人数よりも2~3個多かった。万一の場合のスペアとのことだった。

 「うわ、すご~い!もうこんなに大きくかたくなったね。」

 「ありがとうございます、助かりました…」

 流水プールに入ると、ストロベリー浮き輪の◎◎お姉ちゃんが、突然私の浮き輪に入り、抱きつき、足(脚?)を絡ませてきた。そのまま密着状態で流され続けた。

 休憩時間中も、私が場内のベンチに座ると、トイレに行くとか言って一度その場を離れた彼女がやって来て、向き合って座り、というか乗って密着してきた。ペッチャンコなゆめゆめ75cmストロベリーを手に、

 「これもふくらまして!」

 彼女と密着しながら浮き輪をふ~ふ~ふくらましてあげた。

 休憩後の後半、ゆめゆめストロベリーには、小さな男の子と小さな女の子が密着状態で入っていた。それだけでなく、ふたりは浮き輪の中でしっかり抱きあってキスしていた。

 「このおふたりさん、お熱いこと!」

 昼の部クローズまで彼女と密着していた。人目に付きにくいところでは、彼女が積極的にキスしてきた。


テーマ:

こちらからの続き。

 に着替え、帽子

 をかぶって、泳ぐ気というか遊ぶ気満々だった。帽子が必要であることには変わりないが、なぜか競泳プール以外では体操帽子でもOKになっていた。

 続きはこちら


テーマ:

こちらからの続き。

 続きはこちら


テーマ:

 久々にDプールへと行ってみた。お盆休みや夏休み終盤ほどではなかったが、数少ない温水プールということもあって、それなりに混雑していた。

 昼の部オープンまで1時間を切ったかな、という頃、現地に着いた。2階の休憩スペースが飲食OKとなってからは、午前の部を楽しんだ後、プールからいったん出て、休憩スペースで食事をして午後の部に備える猛者もいる。

 いつものように、私も2階の休憩スペース突き当たりのトイレで着替え…というか服を脱いで帽子をかぶり、タオルを羽織って、用意した浮き輪

 ダブルリングブルーをふ~ふ~で充分にふくらました。かつてこのプールではMy浮き輪NGだったが、規制緩和により100cm以下のノーマルタイプは持ち込み・利用OKとなった。

 浮き輪と荷物を持って待っていると、親子連れが3組やって来た。

 子どもたちはみな既に水着

 続きはこちら


テーマ:

こちらからの続き。

 お姉ちゃんの浮き輪はこれ。

 妹の浮き輪はこれ。

 お母さんも浮き輪を持っていた。

 お手本を見せるからと自分の浮き輪をふ~ふ~してみたものの苦戦し、2~3吹きであえなくギブアップ。浮き輪をふくらませられなかった娘たちを怒ったことを後悔したとのことだ。

 「さっきはごめんね。ママも、ふーふーってできなかった。これ、案外きついのね…」

 「確かに、これ(私の浮き輪)みたいに昔よりも大きなものが多くなったり、ここ(逆止弁)が開きにくいものもあるから、ある程度は仕方ないでしょう。」

 「そうですね。それにしても、そんなに大きいのを口でふくらましちゃうなんて、すごいです。」

 「それほどでも…吹き慣れちゃったのでしょう。あ、お姉ちゃんたちの浮き輪、ふくらましてほしい?」

 「この子たちのだけでもお願い…」

 というわけで、お姉ちゃんの浮き輪をふ~ふ~。

 「わー、すごいすごい!もうこんなに大きくかたくふくらんだね。」

 その調子で妹のプリキュア浮き輪もふ~ふ~。

 お母さんの浮き輪をふ~ふ~してみたができなかったお姉ちゃんが、ストロベリー浮き輪をぷにぷにしながら、

 「ふくらましてくれてありがとう!できればこれもしてあげて。大きくかたくね。わたしがふーふーってしても、全然ふくらまなかったの。」

 「それじゃ、ふくらましてあげる。」

 お母さんの浮き輪もふ~ふ~ふ~。

 「すご~い!さっきまでペッチャンコだったのが、こんなにパンパン!あ、わたしと間接キスしちゃったね。」

 お姉ちゃんが私の手をしっかりつかんで、芋洗いマシンへと向かった。流水プールに入ると、早速お姉ちゃんがくっついてきた。お母さんは、プリキュア浮き輪を着けた妹と一緒にぷかぷかしていた。

 小さな彼女と密着漂流しながら、浮き輪のふくらまし方法というか逆止弁攻略の基本を教えてあげた。そうこうしているうちに突然、

ボン!

 向こう側で、誰かが浮き輪に空気を入れ過ぎて爆破させてしまったようだ。

 「びっくりしたね。」

 彼女が不意打ちで抱きつき、水中で足(脚)を絡ませながらキスしてきた。浮き輪爆破もそうだけれど、彼女のキスにも驚いた。姉妹のお母さんが、お姉ちゃんはキス魔だと言っていた。

 休憩中、彼女は隠すべきところを巧みに浮き輪で隠して手を入れ、空気栓?の根もとをつまみながら、

 「浮き輪ふくらますときには、こういうふうにつまむのね。」(耳打ち)

 「そうそう、そんな感じ」(これも耳打ち)

 「今したことは内緒ね。」(またまた耳打ち)

 クローズまで密着漂流した。帰り際には、お姉ちゃんが、また会おうね、今度は一緒に浮き輪ふくらませようね、と思い切りキスしてくれた。

 SPECIAL THANKS!

  • Salon 美ら 殿
  • 密着漂流してくれたお姉ちゃん
  • 本ブログ常連客 各位


テーマ:

こちらからの続き。

 それから、帽子

 をかぶっていた。

 お母さんも、スクール水着をおしゃれにしたようなもの

 を着ていた。

 続きはこちら

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。